テレビ紹介情報

「バイキング」で紹介された情報

「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 47 / 47 ページ )

「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

現代用語の基礎知識1991年版

平成2年にはたまが「さよなら人類」で人気となったが、彼らは「いかすバンド天国」に出演するとメジャーデビュー・CM出演に続いて、紅白歌合戦にもなり「現代用語の基礎知識」の1991年版にも名前が乗る影響力を持っていたが、平成15年に解散となっていて、石川浩司さんを直撃すると現在はコレクターになっていた。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

平成15年の流行語。400万部以上のベストセラーを記録し流行語になった本のタイトルは何?正解はバカの壁。

「バカの壁」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

平成2年はバブル時代を象徴するように漫画「スイートスポット」がヒットした。

「スイートスポット」がきっかけで広まった男性顔負けの女性をさす流行語は?をヒロミに出題。正解はオヤジギャルだった。

「OLゴルフ説教スイート・スポット vol.1」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

日本代表のベルギー戦のスターティングメンバーは、初戦、2戦目と同じラインナップだった。ポーランド戦のパス回しに痛烈な批判をしていた小林信也は今回の試合について「素晴らしい試合でしたね」とコメント。2点先制した時点でベルギーが攻めてくるのはわかっているので引いて守ったらやられるのは間違いないので、3点目も取りにいける勢い、姿勢が強かったという。イギリスの公共放送ではベルギー戦について、日本の2ゴールはいずれも衝撃的だった、ベルギーの攻撃にさらされた後も戦士の気概を示したなどと伝えている。イタリアのメディアは、東洋の祭典、乾貴士のプレーはまるでキャプテン翼のようだったと伝えている。長谷部誠は「自分たちからどんどん仕掛けていこうと話し合っていた、勝負の甘さが出たと思います」などとコメントしている。柴崎岳は「日本のチーム力というか、試合展開で出せるものは出したが相手が一枚上手だった。2点先行してからの試合運びはもっとうまくできた、惜しい試合をしたなと思う」などとコメントしている。

「キャプテン翼」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

昨日の朝、警察が愛犬の埋められた場所を掘り起こして亡骸を捜査した。亡くなった男性の妻は「私も家政婦も殺していない。自殺はないと思う。」等と話している。男性は自身の著書の中で『去年の秋、羽田空港で転倒した際に優しく助けてくれたのが出会いだった。』等と語っていた。しかし、男性の妻は「友人の紹介で主人と田辺で知り合った。美味しい話だと思って、2月に結婚した。私がやるわけない。」等と話している。妻の母親は「娘から結婚の事を聞かされていなかった。」等と話している。佐々木さんは「警察はスマートフォン等の履歴調べる等すると思う。」等とコメントした。(FRIDAY)

「紀州のドン・ファン 野望篇   私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

ニュースランキング2位は、紀州のドン・ファンと呼ばれた男性に関するニュース。紀州のドン・ファンと呼ばれた男性の遺体からは致死量の覚醒剤の成分が検出され、死因は急性覚醒剤中毒だったことを警察が発表した。

「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

高須院長が炎上を恐れない事について語られた。最近でも美容クリニックのCMは陳腐だという発言に対して議員を提訴したことがあった。ツイッターでの過激な発言により殺害予告も多数届いたという。だが、殺害予告に対して高須氏は「全然怖くない、だって本当に殺される時は何も知らずに暗殺されるんだから」と著書で語ったという。スタジオでは「脅迫されてボコボコにされてから殺されるパターンもあるでしょ」と語られた。また、炎上については「炎上させたいわけじゃない、自分の筋は曲げないだけ。正しいことは正しい、間違ってることは間違ってると言っているだけ」と語っており、「僕はこれで良いと思います」「でも間違ってる時は謝らないとね」「そうですね」などと語られた。また「炎上ってネット上でのことでしょう?そういうの何ていうんでしたっけ?」「そういうのクズって言うんです」などという発言も出た。

「炎上上等 (扶桑社新書)」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

Dancin’ on The Edge〜平昌フィギュア報道写真集

羽生結弦についてガダルカナル・タカは「個人でこんなに人を集められるアスリートは日本に何人いるか」と話した。野々村真は「10万人もの女性を虜にするのはすごい」と話した。今回のパレードではグッズが売られていて、ラバーバンド1600セットが3時間で完売した。また、10万人が詰めかけたので大量のゴミが産卵することも想定されたが、終わってみればボランティアが「拾うゴミがない」と驚いた。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

砂風

被告が獄中で綴った手記「砂風」は、400字詰め原稿用紙177枚にも及ぶ。生い立ちから事件の背景までが綴られている。タイトル理由について「自分の人生は何も残らない砂だったということから」などと話しているという。1955年に熊本・益城町で生まれ、幼い頃から男性に好かれる術が身についていたとのこと。男性教諭に対して、先生に叱られると相手の目を見て瞬きをせずに、涙を一粒流すとほとんどの先生を許してくれたなどと書かれていた。タカさんは「子役になっていればよかったのに」などとコメント。1975年20歳で結婚し専業主婦なった。一男一女を設けたという。20歳の頃、嫉妬の囁きや嫌味が聞こえてくることが自分の満足度が満たされ、幸福感を感じていたとのこと。アンミカさんは「嫉妬を快感にして煽る人が、一番人間関係を破壊する」などとコメント。小川氏は「本人は男性からは好かれたが女性からは本当に嫌われ、母親からも嫌われていたと話していた。」などとコメント。1985年30歳の頃に離婚をし、巧みに男を操って支援者を得ていったという。無邪気な仕草で頷くことが得意技の1つだったとのこと。1988年33歳の時にスナック・会員制クラブの2つの店のオーナーとなった。美人の若いホステス達が色褪せる瞬間が快感だったとのこと。坂上は「無意識ではなく狙っている。役者・女優基質」などとコメント。1990年代の30代後半では、会社社長の金で贅沢三昧をしていた。2001年46歳の時に、支援者のおかげで会社社長となる。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

小保方晴子さんが先日出版した「小保方晴子日記」には、2016年3月23日に瀬戸内寂聴さんから手紙をもらったことが書いてあった。前日の様子も書かれていた。2016年4月21日に行われた対談では「あなたは必ず蘇る」などと言葉をかけてもらったという。坂上氏は「けじめはつけていないのでは」などとコメント。弁護士からも「小保方さんは芸能界できっとやっていける」と言われたことも日記には書いていた。小保方さんは現在の心境について「社会の役に立ちたい」などとしている。

「小保方晴子日記 (単行本)」

Amazon.co.jp


2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「バイキング」で紹介されたすべての情報
  • 「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「バイキング」で紹介された音楽・CD
  • 「バイキング」で紹介された映画・DVD
  • 「バイキング」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「バイキング」で紹介されたグルメ情報
  • 「バイキング」で紹介された料理レシピ
  • 「バイキング」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「バイキング」で紹介された観光・地域情報
  • 「バイキング」で紹介されたイベント情報
  • 「バイキング」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する