テレビ紹介情報

「バイキング」で紹介された情報

「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 48 / 48 ページ )

「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

未病革命

先週水曜日、片山さつき大臣への疑惑として野党はさいたま市に設置されている看板が公職選挙法違反ではないかと追及。片山大臣は「書籍を発売・販売した時の宣伝広告。政治活動に使用するものではない。ここにしかないと思う。」などと話していた。看板公職選挙法では選挙運動に使う看板の大きさなどを細かく規制している。しかし先週金曜日、野党側は浜松市にも違う書籍の看板が2ヶ所あったことを指摘。片山大臣は「この書籍の看板と同じものはここにしかないと申し上げた」などと話した。どのような経緯で設置されたかについて出版社に問い合わせてみると、出版社の一つは「設置には関与していない」との返答があった。他にも名古屋市の熱田神宮そばにも吊り下げ式の広告があった。他にもカレンダーを巡る新たな疑惑も。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

御意見番が斬る!ニュースランキング1位。渋谷ハロウィーン迷惑行為続出。ハロウィーン直前の週末、仮装する人で溢れかえった渋谷で軽トラックを横転させるなど迷惑行為が続出し6人の逮捕者が出た。この迷惑行為にご意見番はバカじゃないの!?などとコメント。銀河鉄道999のメーテルに扮した小池百合子都知事の仮装はご意見番からは好評だった。そしてご意見番が仮装初体験、メイド姿を披露した。そして昨日のハロウィーンは…。

「銀河鉄道999 1 (My First WIDE)」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

男は東京屈指の高級住宅街・港区元麻布住まいとなっていたが、ミスター慶応ファイナリストに選ばれた際のPR動画では父に相談していると「生きる意味」という本を渡されたと話していて、キスについては私生活では経験が少ないと明かし、演技を終えると顔が赤くなるということを話していた。また、エントリーの理由について当時の男は祖父のためだと話す一面も見せていたものの、グランプリを取ることはできなかった。男の友人たちからは気さくだったが授業には来ていなかった・女の子とよくいたと話していて、酔っ払うと暴れるなどの話もあった。

「生きる意味 (岩波新書)」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

原田龍二デジタル写真集「愛シリーズ」

先週金曜日、俳優・原田龍二さんがグラビア写真集の発売記念イベントとして、47歳にして史上初の全裸会見を行った。40人を超える報道陣の前で、洗面器を手に笑顔で原田100%を披露。発売される写真集にはセクシーショットが満載で、コラムニスト山田美保子さんによると、写真集の発売に関しては娘に秘密にしているという。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

一歩前へ

尾畠春夫さん(79)の初の著書が先週金曜日に発売予定だったが、友人から出版を初めて聞いた尾畠さんは「本について話をされた記憶がない。これは違反本と書くべき。」などと待ったをかけた。しかし出版社側は「承諾を得ており、印税も契約書も不要と伝えられている。印税は寄付させていただきたい。」などと主張している。発売2日前には出版社のホームページに延期を発表する文を掲載した。箕輪氏は「本を作る際に契約書を結ぶのは稀。最初は著者と編集者の信頼関係でスタートし契約書を結ぶのはある程度固まってから。決めることも印税の割合や部数など多くはない。内容は少なくとも1回は確認してもらわないとダメ。本人が友達から知るのはありえない。」などとコメント。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

三田佳子の次男は2度目の逮捕時、獄中で日記をつけていた。その内容は自著で語られており「覚醒剤は絶対にやめよう」などと書かれていた。出演者らはその内容について「この時はそういう気持ちだったのだろう」、「文章の中には覚醒剤という言葉が多く書かれており、獄中で薬物からは隔離されていたが頭の中は覚醒剤でいっぱいだったのだろう」などと話した。

「YUYA」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

2度めの逮捕後、三田佳子の次男は自著で母との手紙のやりとりの内容を公開した。それによれば三田は「あなたは今度の事件をどう捉えていますか。自分はあなたの心の奥底を理解できていなかったと痛感しました」などとし、容疑者は「つらい思いをさせて悪かった。薬を使ったことは全て自分の甘えだった」などとした。また、その後の手紙では容疑者は自身の今後などを語っていた。その後のインタビューでは、容疑者は「手紙は10年後に読み返せるように母が全て持っている」、三田は「このやりとりは宝物」などと話した。また、このインタビューで容疑者は覚醒剤について「若ければ若いほど依存しやすい」などとその恐ろしさを語っていた。

「YUYA」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

ONE PIECE

ちびまる子ちゃんの原作者で漫画家のさくらももこさん(享年53歳)が乳がんのため今月15日に亡くなっていたことについて各界からのコメントを紹介。B.B.クイーンズの近藤房之助さんは「さくらももこ先生には本当に感謝してもしきれるものではありません」とコメント。山本リンダは「来星でもきっと描いてくださいね」と寄せた。またさくらさんから直筆の手紙をもらった事がある大島美幸さんは「涙が止まりません」とコメントし、2人のエピソードを綴った。そしてONE PIECEの作者の尾田栄一郎さんがさくらさんに向けたイラストを発表した。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

ちびまる子ちゃん

「訃報 さくらももこさん(53)死去 広がる悲しみの声」などきょう扱う内容が伝えられた。さくらももこさんが乳がんにより53歳で亡くなった。バイキングではフジテレビに残るちびまる子ちゃんの秘蔵映像を公開する。また、閉館した千葉県の水族館に半年以上イルカなどが放置されていたことが騒動を呼んでいる。


「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌

ハリー・ポッター

原作者と主張する男性が覚えた、映画の内容とは違う不快感。男性ははじめ、この作品を見て嬉しかった。しかし、エンドロールに自身の劇団名と作品名が入っていなかったからだった。これを受け、エンドロールに原案として劇団名・作品名、スペシャルサンクスに男性の名前が書かれるようになった。ただ、男性としては「原作」という形で載せて欲しいと、法廷で争う準備をしているのだった。有村によれば、原案と原作の違いは、原案が”アイデア”、原作が”脚本”であるだけではなく、原作とは違って原案は著作権が保護されにくい。原作は二次利用などに際して金銭契約が発生する。これらの点で”原案”と”原作”は雲泥の差。しかし、清原はその2つに「法律だと差はない」とし、表記や金銭も含めて監督と男性で話し合うべきだとコメントした。また、有村は、ハリウッドでリメイクされて原作料が3億円以上になるケースを出し、「お金じゃなくて権利」とはいえ、お金はついてくるものだと一同が納得する。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「バイキング」で紹介されたすべての情報
  • 「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「バイキング」で紹介された音楽・CD
  • 「バイキング」で紹介された映画・DVD
  • 「バイキング」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「バイキング」で紹介されたグルメ情報
  • 「バイキング」で紹介された料理レシピ
  • 「バイキング」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「バイキング」で紹介された観光・地域情報
  • 「バイキング」で紹介されたイベント情報
  • 「バイキング」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する