テレビ紹介情報

「バイキング」で紹介された情報

「バイキング」で紹介された音楽・CD ( 193 / 193 ページ )

「バイキング」で紹介された音楽・CD

西城秀樹さんは2003年、48歳で脳梗塞を発症。その後対談番組で病気後の人生観の変化を語っていた。2011年、復活を果たした西城さんを再び脳梗塞が襲い、右半身と言葉に障害が残った。フジテレビは2度目の脳梗塞発症から4ヶ月後に密着。再びステージに立つため、地道なリハビリと真剣に向き合った。

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された音楽・CD

また、西城秀樹さんはいろいろな初を生み出していて、「薔薇の鎖」という曲で日本歌謡界で初めてマイクスタンドアクションを披露していて、これはロッド・スチュワートさんに影響されて初めたものだった。また、球場でのワンマンコンサートも初めて行っている。さらに、コンサートでペンライトを使い始めたのも西城秀樹さんが初めてだと言い、中西さんは事前に懐中電灯を持ってくるように宣伝し、暗い場所でペンライトの代わりに使い始めたのだという。また、記者などにも年齢に関わらず裏表のない性格で話しかけていて、評判が良かったという。

「薔薇の鎖」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された音楽・CD

ヤングマン(Y.M.C.A.)

西城秀樹さんは先月救急搬送されると、5月16日に急性心不全のために亡くなったが、中西さんは倒れた日にもリハビリを行っていて、家族で食事をしているときに倒れてしまい、翌日もリハビリの予約はあったと話した。西城さんは「恋する季節」でデビューし「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズだった。1973年に「ちぎれた愛」がオリコン1位に輝くと、郷ひろみさん・野口五郎さんとともに新御三家と呼ばれるようになり、歌手活動にとどまらずドラマでも「寺内貫太郎一家」への出演などの活躍があった。1979年には「ヤングマン(Y.M.C.A.)」がミリオンセラーに迫るヒットとなり、数々の音楽賞を受賞した。東国原さんはたけしさんと同じぐらい人気だったと話していて、坂上さんは寺内貫太郎一家に出た印象が強いと話していた。


「バイキング」で紹介された音楽・CD

ちぎれた愛

西城秀樹さんは先月救急搬送されると、5月16日に急性心不全のために亡くなったが、中西さんは倒れた日にもリハビリを行っていて、家族で食事をしているときに倒れてしまい、翌日もリハビリの予約はあったと話した。西城さんは「恋する季節」でデビューし「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズだった。1973年に「ちぎれた愛」がオリコン1位に輝くと、郷ひろみさん・野口五郎さんとともに新御三家と呼ばれるようになり、歌手活動にとどまらずドラマでも「寺内貫太郎一家」への出演などの活躍があった。1979年には「ヤングマン(Y.M.C.A.)」がミリオンセラーに迫るヒットとなり、数々の音楽賞を受賞した。東国原さんはたけしさんと同じぐらい人気だったと話していて、坂上さんは寺内貫太郎一家に出た印象が強いと話していた。


「バイキング」で紹介された音楽・CD

恋する季節

西城秀樹さんは先月救急搬送されると、5月16日に急性心不全のために亡くなったが、中西さんは倒れた日にもリハビリを行っていて、家族で食事をしているときに倒れてしまい、翌日もリハビリの予約はあったと話した。西城さんは「恋する季節」でデビューし「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズだった。1973年に「ちぎれた愛」がオリコン1位に輝くと、郷ひろみさん・野口五郎さんとともに新御三家と呼ばれるようになり、歌手活動にとどまらずドラマでも「寺内貫太郎一家」への出演などの活躍があった。1979年には「ヤングマン(Y.M.C.A.)」がミリオンセラーに迫るヒットとなり、数々の音楽賞を受賞した。東国原さんはたけしさんと同じぐらい人気だったと話していて、坂上さんは寺内貫太郎一家に出た印象が強いと話していた。


「バイキング」で紹介された音楽・CD

ヤングマン

西城秀樹さんは情熱的で迫力ある歌い手として・タレントや俳優としても活躍したが、今月16日の午後11時53分に急性心不全のために63歳で亡くなった。西城秀樹さんは1972年に「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズでデビューすると人気になり、ハスキーな歌声を押し出した歌唱法は絶唱型とも呼ばれていた。中でも有名なのは「ヤングマン」で、アメリカのディスコサウンドをカバーしたこの曲はアルファベットを両手であらわす振り付けも人気となり、日本レコード大賞などを獲得した。


「バイキング」で紹介された音楽・CD

西城秀樹さんは情熱的で迫力ある歌い手として・タレントや俳優としても活躍したが、今月16日の午後11時53分に急性心不全のために63歳で亡くなった。西城秀樹さんは1972年に「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズでデビューすると人気になり、ハスキーな歌声を押し出した歌唱法は絶唱型とも呼ばれていた。中でも有名なのは「ヤングマン」で、アメリカのディスコサウンドをカバーしたこの曲はアルファベットを両手であらわす振り付けも人気となり、日本レコード大賞などを獲得した。

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

Amazon.co.jp


「バイキング」で紹介された音楽・CD

傷だらけのローラ

西城秀樹さんは情熱的で迫力ある歌い手として・タレントや俳優としても活躍したが、今月16日の午後11時53分に急性心不全のために63歳で亡くなった。西城秀樹さんは1972年に「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズでデビューすると人気になり、ハスキーな歌声を押し出した歌唱法は絶唱型とも呼ばれていた。中でも有名なのは「ヤングマン」で、アメリカのディスコサウンドをカバーしたこの曲はアルファベットを両手であらわす振り付けも人気となり、日本レコード大賞などを獲得した。


「バイキング」で紹介された音楽・CD

昨日、西城秀樹さんが急性心不全のため63歳で亡くなった。4月25日に自宅で倒れ救急搬送されていた。西城さんは1972年に「恋する季節」でデビュー後、73、74年と日本レコード大賞歌唱賞を受章。郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれトップアイドルとなった。2003年と11年に脳梗塞を発症し、右半身麻痺の後遺症が残っていた。倒れた後も3人の子ども達のために一生懸命仕事をしていたという。

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

Amazon.co.jp


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「バイキング」で紹介されたすべての情報
  • 「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「バイキング」で紹介された音楽・CD
  • 「バイキング」で紹介された映画・DVD
  • 「バイキング」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「バイキング」で紹介されたグルメ情報
  • 「バイキング」で紹介された料理レシピ
  • 「バイキング」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「バイキング」で紹介された観光・地域情報
  • 「バイキング」で紹介されたイベント情報
  • 「バイキング」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する