ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > いただきハイジャンプ
テレビ紹介情報

「いただきハイジャンプ」で紹介された情報

「いただきハイジャンプ」で紹介されたすべての情報 ( 35 / 35 ページ )

こけし

エンディングでは東京こけしについてメンバーらが「お父さんがグッズ作らしてくれって言っていた」「いたジャンジャージの色違いの9体とか作ってくれれば」など述べていた。


東京こけし

エンディングでは東京こけしについてメンバーらが「お父さんがグッズ作らしてくれって言っていた」「いたジャンジャージの色違いの9体とか作ってくれれば」など述べていた。


番組HP

テロップ:家族やあなたの周りの一大事を大募集!!JUMPが全力で解決します!詳しくは番組HPまで


「いただきハイジャンプ」で紹介されたレストラン・飲食店

原宿のアイデアをもとに新作東京こけしが完成。試作品のこけしの形は「ソフトクリーム」。あんなに恥ずかしがっていたお父さんもどうやら原宿を楽しんでいた様子。ハートやリボンなど原宿の女の子向けの仕上がり。これをこけしと言っていいのかわからないが、確かに今まで見たことない作品が完成。これで勢いづいたのか、数日後に新作完成の連絡が。完成したのが「大正ロマン着物風」デザイン。さらに色はアイスクリームのお店で見付けた若い女の子が好きなピンク。お花の色はモンスターカフェのようなカラフルな仕上がり。顔はたんぽぽ川村似。結果新作のヒントになったのは川村だった。

 (カフェ、パスタ、ケーキ)

こけし

原宿のアイデアをもとに新作東京こけしが完成。試作品のこけしの形は「ソフトクリーム」。あんなに恥ずかしがっていたお父さんもどうやら原宿を楽しんでいた様子。ハートやリボンなど原宿の女の子向けの仕上がり。これをこけしと言っていいのかわからないが、確かに今まで見たことない作品が完成。これで勢いづいたのか、数日後に新作完成の連絡が。完成したのが「大正ロマン着物風」デザイン。さらに色はアイスクリームのお店で見付けた若い女の子が好きなピンク。お花の色はモンスターカフェのようなカラフルな仕上がり。顔はたんぽぽ川村似。結果新作のヒントになったのは川村だった。


東京こけし

原宿のアイデアをもとに新作東京こけしが完成。試作品のこけしの形は「ソフトクリーム」。あんなに恥ずかしがっていたお父さんもどうやら原宿を楽しんでいた様子。ハートやリボンなど原宿の女の子向けの仕上がり。これをこけしと言っていいのかわからないが、確かに今まで見たことない作品が完成。これで勢いづいたのか、数日後に新作完成の連絡が。完成したのが「大正ロマン着物風」デザイン。さらに色はアイスクリームのお店で見付けた若い女の子が好きなピンク。お花の色はモンスターカフェのようなカラフルな仕上がり。顔はたんぽぽ川村似。結果新作のヒントになったのは川村だった。


ミズキ

伝統工芸がなくなるという危機に直面している東京こけし。その危機を脱しようと有岡・川村は原宿で新作アイデア探し。高木はこけしの材料であるミズキを自ら伐採。娘さんに会い、今後の東京こけしへの思いを知った。木工所に帰ってきたお父さんとお母さん。高木が持ってきたミズキについて「これ一番小さいこけしができる。本当良かった」と評した。また、高木からお父さんお母さんへサプライズ。娘さんが両親へ気持ちを伝えたいという事で手紙を書いた。「木工所について誰もあとを継がずわたしができればいいと思ったことがありましたが、現実的にみて様々な問題がありあとを継ぐことは難しいとわかり残念に思っています。今まで休みなく働き続けてきましたが、ふたりとも今後はもう少し身体のことを考えて、少しお休みしながらいつまでも元気でいてください。今後少しずつでもこけしの削り方を教えてください。このままなくなるのは本当にもったいないです」などと伝えた。お父さんは「普段からいろんな手伝いはしてもらっているし、だけども…あとを継ぐことは難しい」など、お母さんは「嬉しかったです。手紙なんて何十年ぶり」など述べていた。


こけし

伝統工芸がなくなるという危機に直面している東京こけし。その危機を脱しようと有岡・川村は原宿で新作アイデア探し。高木はこけしの材料であるミズキを自ら伐採。娘さんに会い、今後の東京こけしへの思いを知った。木工所に帰ってきたお父さんとお母さん。高木が持ってきたミズキについて「これ一番小さいこけしができる。本当良かった」と評した。また、高木からお父さんお母さんへサプライズ。娘さんが両親へ気持ちを伝えたいという事で手紙を書いた。「木工所について誰もあとを継がずわたしができればいいと思ったことがありましたが、現実的にみて様々な問題がありあとを継ぐことは難しいとわかり残念に思っています。今まで休みなく働き続けてきましたが、ふたりとも今後はもう少し身体のことを考えて、少しお休みしながらいつまでも元気でいてください。今後少しずつでもこけしの削り方を教えてください。このままなくなるのは本当にもったいないです」などと伝えた。お父さんは「普段からいろんな手伝いはしてもらっているし、だけども…あとを継ぐことは難しい」など、お母さんは「嬉しかったです。手紙なんて何十年ぶり」など述べていた。


東京こけし

伝統工芸がなくなるという危機に直面している東京こけし。その危機を脱しようと有岡・川村は原宿で新作アイデア探し。高木はこけしの材料であるミズキを自ら伐採。娘さんに会い、今後の東京こけしへの思いを知った。木工所に帰ってきたお父さんとお母さん。高木が持ってきたミズキについて「これ一番小さいこけしができる。本当良かった」と評した。また、高木からお父さんお母さんへサプライズ。娘さんが両親へ気持ちを伝えたいという事で手紙を書いた。「木工所について誰もあとを継がずわたしができればいいと思ったことがありましたが、現実的にみて様々な問題がありあとを継ぐことは難しいとわかり残念に思っています。今まで休みなく働き続けてきましたが、ふたりとも今後はもう少し身体のことを考えて、少しお休みしながらいつまでも元気でいてください。今後少しずつでもこけしの削り方を教えてください。このままなくなるのは本当にもったいないです」などと伝えた。お父さんは「普段からいろんな手伝いはしてもらっているし、だけども…あとを継ぐことは難しい」など、お母さんは「嬉しかったです。手紙なんて何十年ぶり」など述べていた。

お父さんの気持ちは変わらなかったが、東京こけしを残したいという思いは伝わったのか、工房では新作作りに打ち込むお父さん。原宿で見たアイデアを思い出しながら新たな東京こけしの構想を重ねる。


東京こけし

約40年前に東京で生まれた東京こけしは、1本の角材から削り出される。特徴は首の部分にあるリング。職人技が必要なため、大蔵國宣しか作ることができない。大蔵國宣しは東京こけしを世に知らせるため、常に新作を考えているという。そこで、ジャンプとこけしマニアの川村エミコが協力し、新作こけしを作ることに。そのヒントを求めて、一行は原宿へ向かうことに。これまでに採用されたアイデアは、大正ロマン風の着物でピンク色。

カラフルなこけしを作るアイデアを得るために、「KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU」を取材。店内はモンスターをテーマにしており、カラフルでエンターテイメント性も抜群。メニューもカラフルで、「カラフルレインボーパスタ」は人気メニュー。チリトマトやバターソース、チェダーチーズクリームなどを使ったソースで味付けされていてカラフル。川村エミコは、「ペペロンチーノとマヨネーズが絡まっていて美味しい。」とコメント。大蔵國宣は、「不思議な味だね。」とコメント。また、「カラフルポイズン CAKE(ケミカル)」は食欲を奪いかねないカラーリング。これを見た、大蔵夫婦からは、イメージが出たのか前向きな意見がでた。ケーキを食べた川村エミコは、「ふわふわで美味しい。」とコメント。カラフルな配色も新作に取り入れることになった。

その頃高木は娘さんのともみさんと待ち合わせしていた。実はこのこけしプロジェクトには後継者問題が。重い木を運んだり重労働を伴うこけし作り。大変な思いを子どもにさせたくないと話してくれたお父さん。しかしともみさんには「伝統工芸品としてお父さんが作った東京こけしを残したい」という別の思いが。

遂に新作東京こけしが完成!!


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介されたすべての情報
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介された音楽・CD
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介された映画・DVD
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介されたグルメ情報
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介された料理レシピ
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介された観光・地域情報
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介されたイベント情報
  • 「いただきハイジャンプ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する