テレビ紹介情報

「直撃LIVE グッディ!」で紹介された情報

「直撃LIVE グッディ!」2018年6月13日(水)放送内容「直撃LIVE グッディ!」2018年6月15日(金)放送内容

「直撃LIVE グッディ!」 2018年6月14日(木)放送内容

2018年6月14日(木) 13:50〜15:50 フジテレビ
【レギュラー出演】 三田友梨佳 , 八嶋智人 , 安藤優子 , 長谷川聖子 , 田村勇人 , 広瀬修一 , 大村正樹 , 倉田大誠 , 寺川奈津美
【声の出演】 田南部力 , 森一丁 , 仮屋昌伸
【その他】 安達巧 , 小林信也 , 木下康太郎

(オープニング)

(ニュース)

CM

(提供)

CM

(ニュース)

「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

明治杯・全日本選抜選手権

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。今日から始まる明治杯・全日本選抜選手権を前に行われた。伊調馨選手などへのパワハラ認定後初の会見を行った。 終始伏し目がちで手元にはこの会見のための資料が握られていた。冒頭栄氏は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びしたい」と話し、自分の考えとして「第三者委員会および内閣府からの指摘があったパワハラ認定を真摯に受け止め、伊調選手、田南部コーチ、そしてレスリング協会関係者、また内閣府を始めとする関係省庁、さらに国民の皆様に対しお詫びを。4月6日強化本部長を辞任するにあたりマスコミ等には書面にて謝罪文を送ったが体調も芳しく無く、また日本レスリング協会から裁定を受ける身であったため公式行事の出席および公の場での発言を自粛していた。6月8日の理事会において常務理事の解任の決議がなされ、6月23日の評議員会にて正式に決まる運びとなった。今後は、常に他人に敬意を持って接していくことを心がけたい。協会の改善策プログラムに沿って日々精進したい」と語った。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

ロンドン五輪

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

世界選手権

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

アジア大会

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。


駒沢体育館

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。今日から始まる明治杯・全日本選抜選手権を前に行われた。伊調馨選手などへのパワハラ認定後初の会見を行った。 終始伏し目がちで手元にはこの会見のための資料が握られていた。冒頭栄氏は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びしたい」と話し、自分の考えとして「第三者委員会および内閣府からの指摘があったパワハラ認定を真摯に受け止め、伊調選手、田南部コーチ、そしてレスリング協会関係者、また内閣府を始めとする関係省庁、さらに国民の皆様に対しお詫びを。4月6日強化本部長を辞任するにあたりマスコミ等には書面にて謝罪文を送ったが体調も芳しく無く、また日本レスリング協会から裁定を受ける身であったため公式行事の出席および公の場での発言を自粛していた。6月8日の理事会において常務理事の解任の決議がなされ、6月23日の評議員会にて正式に決まる運びとなった。今後は、常に他人に敬意を持って接していくことを心がけたい。協会の改善策プログラムに沿って日々精進したい」と語った。

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。

会見で栄氏はパワハラに対する研修制度を利用して勉強していきたいと語った。会見に先立って伊調選手と田南部氏に謝罪しようとしたというが、伊調選手が所属しているところの監督に連絡して会って謝罪したいと話はしていたがまだできていないという。そして栄監督が今指導している選手達にどんな言葉をかけたのか問われた時に声を震わせながら今回の件で選手達を動揺させたことについて謝罪し、試合が近いから自分の練習をしっかりするよう、頑張ってほしいという言葉をかけたと説明した。進退については大学側の判断に委ねるとしていて、自分の判断ではどうしようもないと話した。そしてパワハラと認定されたことについてはコミュニケーション不足が招いた結果だと話した。


ALSOK

会見で栄氏はパワハラに対する研修制度を利用して勉強していきたいと語った。会見に先立って伊調選手と田南部氏に謝罪しようとしたというが、伊調選手が所属しているところの監督に連絡して会って謝罪したいと話はしていたがまだできていないという。そして栄監督が今指導している選手達にどんな言葉をかけたのか問われた時に声を震わせながら今回の件で選手達を動揺させたことについて謝罪し、試合が近いから自分の練習をしっかりするよう、頑張ってほしいという言葉をかけたと説明した。進退については大学側の判断に委ねるとしていて、自分の判断ではどうしようもないと話した。そしてパワハラと認定されたことについてはコミュニケーション不足が招いた結果だと話した。


至学館大学

至学館大学レスリング女子の栄和人監督がパワハラ認定後初めて謝罪会見を行った。約15分間。教え子に対する思いを涙声で話した。パワハラを受けた田南部氏は「(今まで直接の謝罪電話はあったかについて)一切ない。なんでこのタイミングで会見したのかわからない。認識がまだまだされていないかな」とコメント。

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。今日から始まる明治杯・全日本選抜選手権を前に行われた。伊調馨選手などへのパワハラ認定後初の会見を行った。 終始伏し目がちで手元にはこの会見のための資料が握られていた。冒頭栄氏は「まず伊調選手、田南部コーチに深くお詫びしたい」と話し、自分の考えとして「第三者委員会および内閣府からの指摘があったパワハラ認定を真摯に受け止め、伊調選手、田南部コーチ、そしてレスリング協会関係者、また内閣府を始めとする関係省庁、さらに国民の皆様に対しお詫びを。4月6日強化本部長を辞任するにあたりマスコミ等には書面にて謝罪文を送ったが体調も芳しく無く、また日本レスリング協会から裁定を受ける身であったため公式行事の出席および公の場での発言を自粛していた。6月8日の理事会において常務理事の解任の決議がなされ、6月23日の評議員会にて正式に決まる運びとなった。今後は、常に他人に敬意を持って接していくことを心がけたい。協会の改善策プログラムに沿って日々精進したい」と語った。

至学館大学レスリング女子の栄和人監督によるパワハラ問題。会見時間は20分間と時間を区切っての謝罪会見。パワハラ認定されたのは4つ。一つ目は「よく俺の前でレスリングできるな」との言葉。2010年にロンドン五輪前、栄監督は合宿参加中の伊調選手を部屋に呼び出し発言。そして2つ目2012年のアジア大会の代表選考、伊調選手は選考基準である2大会で優勝するも選ばれなかった。 3つ目2010年の世界選手権に伊調選手の指導をしていた田南部氏に対し、伊調の指導をするなと発言。そして、2015年の男女合同合宿中には栄氏が田南部氏に対して「目障りだ、出て行け」と発言。これらの発言について尋ねられると「8年前に私自身が一字一句言ったことに関しては覚えていないが、コミュニケーション不足が生んだことがこのような事態になったと反省している」と謝罪した。

会見で栄氏はパワハラに対する研修制度を利用して勉強していきたいと語った。会見に先立って伊調選手と田南部氏に謝罪しようとしたというが、伊調選手が所属しているところの監督に連絡して会って謝罪したいと話はしていたがまだできていないという。そして栄監督が今指導している選手達にどんな言葉をかけたのか問われた時に声を震わせながら今回の件で選手達を動揺させたことについて謝罪し、試合が近いから自分の練習をしっかりするよう、頑張ってほしいという言葉をかけたと説明した。進退については大学側の判断に委ねるとしていて、自分の判断ではどうしようもないと話した。そしてパワハラと認定されたことについてはコミュニケーション不足が招いた結果だと話した。


CM

(ニュース)

至学館大学

謝罪会見の後栄監督は至学館大学の選手達の試合が行われている会場の観客席にいた。谷岡学長が周囲と談笑する中、栄監督はスマホで何かを撮影していた。そして至学館大学の試合を近くで見守っていたのは吉田沙保里選手だった。そして栄監督は観客席で見守り、愛弟子が勝利すると笑みをこぼしていた。グッディは今日の謝罪会見を聞いた告発者2人の思いを取材し、謝罪会見の舞台裏に迫った。


駒沢体育館

スタジオトークが展開された。真摯に謝っていたとは思ったが、質疑応答の中で本当に言いたいことはあるという思いは感じた。せっかく謝ったのにコミュニケーション不足と言ったら否定することになる。これを言ったらパワハラになるという認識がないのが問題。謝っているところは謝っているけど、裏にそれだけじゃないという感じの匂いがした。会見がある事自体にびっくりしたが、発覚した時点から何も変わっていないとコメントした。


CM

(提供)

CM

(ニュース)

駒沢体育館

栄監督の謝罪会見について、安達氏が違和感を感じた点を紹介。指導者としての復帰について栄監督は「学長から全員が貴方のを受けたいと言っていると聞いた時に、伊調選手や田南部コーチに対して申し訳ない気持ちも持ちつつ「どうにかしてあげたい」という思いで涙が出てきたという。安達氏は「反省してるのは良いと思うが、本来なら至学館大学レスリング部に何らかの処罰があっていい案件。所詮パワハラだからとしか学連なども認識していない。その中で学生らは嫌とは言えない。監督の不祥事はチームとして問題で指導を仰ぎたい大学側もわかるが、指導したくても出来ないということを学生に伝えないといけない。」などと述べた。更に「栄監督が復帰するのを大学側も学連側も協会がも止めていな。栄監督の処罰は強化本部長と常務理事の解任だがそれは当たり前の話。」などと述べた。小林氏は「告発された大きな理由は協会の体質で、栄氏のみがバッシングなどを受けているが協会は何も動いていないのが問題。」などと述べた。


至学館大学

栄監督の謝罪会見について、安達氏が違和感を感じた点を紹介。指導者としての復帰について栄監督は「学長から全員が貴方のを受けたいと言っていると聞いた時に、伊調選手や田南部コーチに対して申し訳ない気持ちも持ちつつ「どうにかしてあげたい」という思いで涙が出てきたという。安達氏は「反省してるのは良いと思うが、本来なら至学館大学レスリング部に何らかの処罰があっていい案件。所詮パワハラだからとしか学連なども認識していない。その中で学生らは嫌とは言えない。監督の不祥事はチームとして問題で指導を仰ぎたい大学側もわかるが、指導したくても出来ないということを学生に伝えないといけない。」などと述べた。更に「栄監督が復帰するのを大学側も学連側も協会がも止めていな。栄監督の処罰は強化本部長と常務理事の解任だがそれは当たり前の話。」などと述べた。小林氏は「告発された大きな理由は協会の体質で、栄氏のみがバッシングなどを受けているが協会は何も動いていないのが問題。」などと述べた。


CM

(ニュース)

ALSOK

レスリングの栄監督について。これまで伊調選手が所属するALSOKの監督を通じて謝罪したいという話はしていた、これから協会を通して直接謝罪したいと話していた。おとといレスリング協会からALSOKレスリング部の監督に、栄監督が伊調選手と田南部コーチに会って謝罪し「和解した」と言いたいと言っていると伝え、時間を設けてくれと頼んだ。ALSOK側は協会からの連絡を待っていたが結局連絡はなかった。スタジオの三田友梨佳はタイミングといいやり方といい、本当に謝罪したいと思ったのではなく監督に復帰するための舞台装置としてこのようにしただけではないかとコメントした。安達巧氏にもこの話がきたが都合がつかなかった、協会の報告書を自分たちは見せてもらっていないのに先にそんな話をされても困るなどと話した。なぜこんなに時間がかかっているのかいまだに納得がいかない、これは協会のガバナンスの問題だとも安達氏は話している。


駒沢体育館

レスリングの栄監督について。これまで伊調選手が所属するALSOKの監督を通じて謝罪したいという話はしていた、これから協会を通して直接謝罪したいと話していた。おとといレスリング協会からALSOKレスリング部の監督に、栄監督が伊調選手と田南部コーチに会って謝罪し「和解した」と言いたいと言っていると伝え、時間を設けてくれと頼んだ。ALSOK側は協会からの連絡を待っていたが結局連絡はなかった。スタジオの三田友梨佳はタイミングといいやり方といい、本当に謝罪したいと思ったのではなく監督に復帰するための舞台装置としてこのようにしただけではないかとコメントした。安達巧氏にもこの話がきたが都合がつかなかった、協会の報告書を自分たちは見せてもらっていないのに先にそんな話をされても困るなどと話した。なぜこんなに時間がかかっているのかいまだに納得がいかない、これは協会のガバナンスの問題だとも安達氏は話している。

東京・駒沢体育館から生中継。今まさにこの会場でレスリングの大会が行われている。栄監督、至学館大学学長はスタンドで試合を観戦、田辺コーチも会場の何処かで観戦しているようだ。栄監督は今朝会見を終えた後控えめに試合を眺めておりリアクションはしなかった。時々選手から挨拶などされた時はリラックスした様子も見られたが、至学館の試合が1時からあったが試合を見ずに12時40分頃一旦関係者と会場の外に出たという。近くには学長と吉田沙保里選手が観戦しており、 学長は機嫌がいい印象を受けた。監督ら3人が接触する様子は確認できていない。栄監督は午後2時半ごろ千原せいじさんと会場に戻っており、栄監督・学長・千原せいじさんが横並びでリラックスして試合を見ている状況になった。監督と千原せいじさんの接点は分かっていない。

午後2時半すぎ差し入れを配る栄監督の姿が見られた。至学館学長はご機嫌に至学館の活躍を見ているようだ。学長は問題発言があった中で、伊調選手に謝罪等したのかが気になるところ。今回の関係者は皆黙っている。安達さんらは田南部コーチと弁護士と作り上げてこの機会しか無いと思い今回の告発内容には自信があると話した。今月の23日に協会として処分が決まる栄監督の今後について、トップの判断で今後も指導を続ける、選手が望むなら少しでも力になりたい、パワハラ改善プログラムに取り組む等と話している。安達さんは栄監督の指導力はある、やり方が違うだけだとし、現場は若いコーチに任せても成績は出ているので栄監督でなくても東京オリンピックでメダルは狙えると話した。関係者に田南部コーチとは話すななどの通達が協会から通達されたこともあるため、協会自体がパワハラを認識していないのではと話した。安藤さんは協会そのものに対する不信感が根強く、問題等無かった事にしたいとの思惑が透けて見える所がさらなる不信感に繋がるのではないかとした。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

全日本選抜選手権

東京・駒沢体育館から生中継。今まさにこの会場でレスリングの大会が行われている。栄監督、至学館大学学長はスタンドで試合を観戦、田辺コーチも会場の何処かで観戦しているようだ。栄監督は今朝会見を終えた後控えめに試合を眺めておりリアクションはしなかった。時々選手から挨拶などされた時はリラックスした様子も見られたが、至学館の試合が1時からあったが試合を見ずに12時40分頃一旦関係者と会場の外に出たという。近くには学長と吉田沙保里選手が観戦しており、 学長は機嫌がいい印象を受けた。監督ら3人が接触する様子は確認できていない。栄監督は午後2時半ごろ千原せいじさんと会場に戻っており、栄監督・学長・千原せいじさんが横並びでリラックスして試合を見ている状況になった。監督と千原せいじさんの接点は分かっていない。

午後2時半すぎ差し入れを配る栄監督の姿が見られた。至学館学長はご機嫌に至学館の活躍を見ているようだ。学長は問題発言があった中で、伊調選手に謝罪等したのかが気になるところ。今回の関係者は皆黙っている。安達さんらは田南部コーチと弁護士と作り上げてこの機会しか無いと思い今回の告発内容には自信があると話した。今月の23日に協会として処分が決まる栄監督の今後について、トップの判断で今後も指導を続ける、選手が望むなら少しでも力になりたい、パワハラ改善プログラムに取り組む等と話している。安達さんは栄監督の指導力はある、やり方が違うだけだとし、現場は若いコーチに任せても成績は出ているので栄監督でなくても東京オリンピックでメダルは狙えると話した。関係者に田南部コーチとは話すななどの通達が協会から通達されたこともあるため、協会自体がパワハラを認識していないのではと話した。安藤さんは協会そのものに対する不信感が根強く、問題等無かった事にしたいとの思惑が透けて見える所がさらなる不信感に繋がるのではないかとした。


至学館大学

東京・駒沢体育館から生中継。今まさにこの会場でレスリングの大会が行われている。栄監督、至学館大学学長はスタンドで試合を観戦、田辺コーチも会場の何処かで観戦しているようだ。栄監督は今朝会見を終えた後控えめに試合を眺めておりリアクションはしなかった。時々選手から挨拶などされた時はリラックスした様子も見られたが、至学館の試合が1時からあったが試合を見ずに12時40分頃一旦関係者と会場の外に出たという。近くには学長と吉田沙保里選手が観戦しており、 学長は機嫌がいい印象を受けた。監督ら3人が接触する様子は確認できていない。栄監督は午後2時半ごろ千原せいじさんと会場に戻っており、栄監督・学長・千原せいじさんが横並びでリラックスして試合を見ている状況になった。監督と千原せいじさんの接点は分かっていない。

午後2時半すぎ差し入れを配る栄監督の姿が見られた。至学館学長はご機嫌に至学館の活躍を見ているようだ。学長は問題発言があった中で、伊調選手に謝罪等したのかが気になるところ。今回の関係者は皆黙っている。安達さんらは田南部コーチと弁護士と作り上げてこの機会しか無いと思い今回の告発内容には自信があると話した。今月の23日に協会として処分が決まる栄監督の今後について、トップの判断で今後も指導を続ける、選手が望むなら少しでも力になりたい、パワハラ改善プログラムに取り組む等と話している。安達さんは栄監督の指導力はある、やり方が違うだけだとし、現場は若いコーチに任せても成績は出ているので栄監督でなくても東京オリンピックでメダルは狙えると話した。関係者に田南部コーチとは話すななどの通達が協会から通達されたこともあるため、協会自体がパワハラを認識していないのではと話した。安藤さんは協会そのものに対する不信感が根強く、問題等無かった事にしたいとの思惑が透けて見える所がさらなる不信感に繋がるのではないかとした。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

午後2時半すぎ差し入れを配る栄監督の姿が見られた。至学館学長はご機嫌に至学館の活躍を見ているようだ。学長は問題発言があった中で、伊調選手に謝罪等したのかが気になるところ。今回の関係者は皆黙っている。安達さんらは田南部コーチと弁護士と作り上げてこの機会しか無いと思い今回の告発内容には自信があると話した。今月の23日に協会として処分が決まる栄監督の今後について、トップの判断で今後も指導を続ける、選手が望むなら少しでも力になりたい、パワハラ改善プログラムに取り組む等と話している。安達さんは栄監督の指導力はある、やり方が違うだけだとし、現場は若いコーチに任せても成績は出ているので栄監督でなくても東京オリンピックでメダルは狙えると話した。関係者に田南部コーチとは話すななどの通達が協会から通達されたこともあるため、協会自体がパワハラを認識していないのではと話した。安藤さんは協会そのものに対する不信感が根強く、問題等無かった事にしたいとの思惑が透けて見える所がさらなる不信感に繋がるのではないかとした。


急性覚醒剤中毒

紀州のドン・ファンと呼ばれた男性の死について。番組では男性の会社の従業員4人から独自証言を得た。突然男性宅宛に送られてきた謎の小包。それが送られてきたのはイブが休止する少し前だったという。この小包はインドネシアから。これまでに男性宅に海外から荷物が届いたことはなかったため従業員は強く記憶に残っているという。さらに別の従業員もイブが変死する前にインドネシアから謎の小包が届いたと証言。中には何が入っていたのか。そしてこの約三週間後にイブは謎の死を遂げた。動物病院に向かう車内ではもがき苦しむように暴れていたという。愛犬イブの死に落胆していた男性、だがこの18日後男性自身も急性覚醒剤中毒で死去。口から覚醒剤を摂取したと見られる男性。現在警察は男性の自宅や会社から押収したビール瓶約2000本を鑑定している。そして警察が解明を進める愛犬イブの死因。先日従業員たちもイブが死ぬ前に届いた小包の存在を怪しく思い警察に報告。警察は強い興味を示したという。昨日、和歌山の自宅で行われた男性の法要。法要には今週月曜日に自宅に戻った22歳の妻と会社の従業員2人と3人だけの出席。法要に出席した従業員によると22歳の妻は、法要にお供えする料理を自ら作っていたという。

紀州のドン・ファンと呼ばれた男性の死について。今男性の会社の従業員からは不安の声があがっている。男性が亡くなったため、会社の存続は難しく破綻寸前だという。そして将来を案ずる社員たちが、今後相談する相手は22歳の妻になりそうだという。従業員の1人は「亡くなった社長の妻が次期社長になるかもしれない。社長が亡くなったあと妻が”もし何かあってもちゃんと退職金は私に任せてください”みたいなことを言っていた。でも会社は亡くなった社長にしか絶対にできない」と話した。さらに別の従業員は「(妻が次期社長になる可能性について)ないことはない。親族だから」と話した。亡くなった男性の会社がどうなるのか不安を抱える中で妻が会社の今後に積極的に関わっていく可能性があると複数の従業員たちが証言。妻の代理人の弁護士事務所に聞くと「個別の取材はお断りしている」とコメント。

紀州のドン・ファンと呼ばれた男性の死について。男性た不審死をしてこれまでの経緯。5月6日に愛犬が急死。その愛犬が死ぬ2〜3週間前に海外から小さな小包みが届いたという。この海外からということで従業員は強く印象に残っているという。 海外から荷物が届いたのははじめてだったという。海外から覚醒剤の郵送は可能か?について。日本の税関で検査。検査方法としてはX線検査、麻薬探知犬などがある。元刑事の吉川氏は「税関で発見されやすいので覚醒剤の可能性は高い。住所も記載されていてリスクが高い」とコメント。


CM

(ニュース)

朝鮮中央放送

米朝首脳会談から2日経った今日、会談で衝撃発言があったことがわかった。それはトランプ大統領が会談で拉致問題を提起した時、金正恩委員長が安倍総理と会う用意があると発言したという。政府は今日からモンゴルで開催される国際会議で政府は北朝鮮と接触を図るつもりだ。一方北朝鮮では米朝関係の改善が報じられ、住民たちは衝撃を受けていた。しかし韓国はトランプ大統領の米韓合同軍事演習を中止するという発言に動揺していた。なぜなら韓国政府に軍事演習の中止が知らされていなかったからだという。そしてトランプ大統領は会談の結果について自画自賛していた。


ツイッター

米朝首脳会談から2日経った今日、会談で衝撃発言があったことがわかった。それはトランプ大統領が会談で拉致問題を提起した時、金正恩委員長が安倍総理と会う用意があると発言したという。政府は今日からモンゴルで開催される国際会議で政府は北朝鮮と接触を図るつもりだ。一方北朝鮮では米朝関係の改善が報じられ、住民たちは衝撃を受けていた。しかし韓国はトランプ大統領の米韓合同軍事演習を中止するという発言に動揺していた。なぜなら韓国政府に軍事演習の中止が知らされていなかったからだという。そしてトランプ大統領は会談の結果について自画自賛していた。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介された観光・地域情報

カペラホテル

セントーサ島はアミューズメントパークになるため、会談が行われていても普通に入ることができ、観光客もいたという。しかし厳重な警備が敷かれていてカペラホテルをみることすらできなかった。そして2人が出会った時はプレスセンターにいる記者全員が立ち上がって撮影をしていて、想像していたよりも冷静な出会いになっていて、みんな冷静に見守っていた。この瞬間は期待は少し低めな感じがしたという。そして地元のビジネスマンたちにインタビューを試みたが、全員が取材拒否して何も聞くことができなかった。


シャングリラホテル

セントーサ島はアミューズメントパークになるため、会談が行われていても普通に入ることができ、観光客もいたという。しかし厳重な警備が敷かれていてカペラホテルをみることすらできなかった。そして2人が出会った時はプレスセンターにいる記者全員が立ち上がって撮影をしていて、想像していたよりも冷静な出会いになっていて、みんな冷静に見守っていた。この瞬間は期待は少し低めな感じがしたという。そして地元のビジネスマンたちにインタビューを試みたが、全員が取材拒否して何も聞くことができなかった。


「直撃LIVE グッディ!」で紹介された観光・地域情報

セントレジスホテル

セントーサ島はアミューズメントパークになるため、会談が行われていても普通に入ることができ、観光客もいたという。しかし厳重な警備が敷かれていてカペラホテルをみることすらできなかった。そして2人が出会った時はプレスセンターにいる記者全員が立ち上がって撮影をしていて、想像していたよりも冷静な出会いになっていて、みんな冷静に見守っていた。この瞬間は期待は少し低めな感じがしたという。そして地元のビジネスマンたちにインタビューを試みたが、全員が取材拒否して何も聞くことができなかった。


プレスセンター

セントーサ島はアミューズメントパークになるため、会談が行われていても普通に入ることができ、観光客もいたという。しかし厳重な警備が敷かれていてカペラホテルをみることすらできなかった。そして2人が出会った時はプレスセンターにいる記者全員が立ち上がって撮影をしていて、想像していたよりも冷静な出会いになっていて、みんな冷静に見守っていた。この瞬間は期待は少し低めな感じがしたという。そして地元のビジネスマンたちにインタビューを試みたが、全員が取材拒否して何も聞くことができなかった。


CM

(ニュース)

CM

テラカワのお天気マニア

CM

(エンディング)

「直撃LIVE グッディ!」2018年6月13日(水)放送内容「直撃LIVE グッディ!」2018年6月15日(金)放送内容

2018年05月 2018年06月 2018年07月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたすべての情報
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介された音楽・CD
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介された映画・DVD
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介された料理レシピ
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介されたイベント情報
  • 「直撃LIVE グッディ!」で紹介された雑学・豆知識