ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > 映っちゃった映像GP
テレビ紹介情報

「映っちゃった映像GP」で紹介された情報

「映っちゃった映像GP」で紹介されたすべての情報 ( 5 / 5 ページ )

チェイテ城

エリザベートと交信した峯岸みなみは5分間にわたり涙を流し続けた。峯岸は「ひとりぼっちみたいな気持ちになりました」と話した。イセトはエリザベートが「エリザベートはお城に閉じ込められ寂しくて哀しい気持ちをわかって欲しかったのよ」と話した。最後に幽閉されていたという場所へ向かい、写真を撮ってみると大量のオーブが。祈りを捧げてロケ終了。


「映っちゃった映像GP」で紹介された映画・DVD

アイアン・メイデン血の伯爵夫人バートリ

エリザベートと交信した峯岸みなみは5分間にわたり涙を流し続けた。峯岸は「ひとりぼっちみたいな気持ちになりました」と話した。イセトはエリザベートが「エリザベートはお城に閉じ込められ寂しくて哀しい気持ちをわかって欲しかったのよ」と話した。最後に幽閉されていたという場所へ向かい、写真を撮ってみると大量のオーブが。祈りを捧げてロケ終了。


チェイテ城

チェイテ城第2の門で写真を撮ると無数のオーブが、殺された少女たちの怨念だとイセト。次に地下室で異常な空気の湿りを感じるといい、一説では別荘の地下室への通路だったという。案内人ミロが頭痛し始め危険を感じたイセトが脱出を促した。エリザベートが幽閉されていたという部屋へ向かう道中で、イセトが今までと違う強い存在を感じ取った。強い存在の正体はエリザベートの霊だというイセト。エリザベートが峯岸みなみと交信したがっているという。


「映っちゃった映像GP」で紹介された映画・DVD

アイアン・メイデン血の伯爵夫人バートリ

チェイテ城第2の門で写真を撮ると無数のオーブが、殺された少女たちの怨念だとイセト。次に地下室で異常な空気の湿りを感じるといい、一説では別荘の地下室への通路だったという。案内人ミロが頭痛し始め危険を感じたイセトが脱出を促した。エリザベートが幽閉されていたという部屋へ向かう道中で、イセトが今までと違う強い存在を感じ取った。強い存在の正体はエリザベートの霊だというイセト。エリザベートが峯岸みなみと交信したがっているという。


「映っちゃった映像GP」で紹介された映画・DVD

アイアン・メイデン血の伯爵夫人バートリ

ルーマニアのフネドアラ城では心霊現象が報告されていて、昔恨みを抱えた貴族が幽閉されていたという。スロバキアのチェイテ城は血の伯爵夫人エリザベート・バートリが幽閉されていたと言われる。約600人の少女を殺害し血液を肌に塗りたくって若返りを試みていたといい、チェイテ城では怪奇現象が起きるという。スロバキア・チェイテ城へ向かったのは峯岸みなみ。案内人はミロスラヴ・ヴィタロヴスキーさん。エリザベートの遺体は未だに発見されていないという。

名門貴族バートリ家のお嬢様だったエリザベート。15歳で結婚したが、夫は戦に明け暮れて戻って来ない。姑のと確執も手伝って次第に部屋に引きこもるようになったエリザベートはお友達は鏡だけ。肌にいい薬草を塗り続けたが、夫はほとんど戻らず寂しさは募るばかり。20年後、散髪中にメイドが首に傷を付けてしまい激怒したエリザベートはメイドをハサミで刺した。そして血を浴びた部分の肌だけ若返っていると勘違い。暴走したエリザベートは少女たちを誘拐しては別荘の地下で殺害し血を風呂にして浴びた。

その別荘の地下へ潜入。当時使われていた拷問器具もそのまま残っていた。写真を撮るとオーブが映っていた。大量殺人の罪に問われてチェイテ城に幽閉されたエリザベートは罪を認めないまま死亡、遺体は未だ行方不明だという。ヨーロッパ屈指の霊能者・イセト氏も参加しチェイテ城へ潜入、霊に対して尊敬の念を忘れない事を注意した。第1の門の中に入ると霊を感じるというイセト、「馬車の上に死体がある」という。第2の門で再びイセトが「大勢いる」と話し突然ドアが動く音がした。


チェイテ城

ルーマニアのフネドアラ城では心霊現象が報告されていて、昔恨みを抱えた貴族が幽閉されていたという。スロバキアのチェイテ城は血の伯爵夫人エリザベート・バートリが幽閉されていたと言われる。約600人の少女を殺害し血液を肌に塗りたくって若返りを試みていたといい、チェイテ城では怪奇現象が起きるという。スロバキア・チェイテ城へ向かったのは峯岸みなみ。案内人はミロスラヴ・ヴィタロヴスキーさん。エリザベートの遺体は未だに発見されていないという。

その別荘の地下へ潜入。当時使われていた拷問器具もそのまま残っていた。写真を撮るとオーブが映っていた。大量殺人の罪に問われてチェイテ城に幽閉されたエリザベートは罪を認めないまま死亡、遺体は未だ行方不明だという。ヨーロッパ屈指の霊能者・イセト氏も参加しチェイテ城へ潜入、霊に対して尊敬の念を忘れない事を注意した。第1の門の中に入ると霊を感じるというイセト、「馬車の上に死体がある」という。第2の門で再びイセトが「大勢いる」と話し突然ドアが動く音がした。


フネドアラ城

ルーマニアのフネドアラ城では心霊現象が報告されていて、昔恨みを抱えた貴族が幽閉されていたという。スロバキアのチェイテ城は血の伯爵夫人エリザベート・バートリが幽閉されていたと言われる。約600人の少女を殺害し血液を肌に塗りたくって若返りを試みていたといい、チェイテ城では怪奇現象が起きるという。スロバキア・チェイテ城へ向かったのは峯岸みなみ。案内人はミロスラヴ・ヴィタロヴスキーさん。エリザベートの遺体は未だに発見されていないという。


新潟ロシア村

島田が水の中に入ってドアを開けてみると、人のような顔が映っていた。西澤氏は「悲しみと恨みの霊」と話した。すると意思とは関係なく涙が溢れ出す島田。


新潟ロシア村

廃墟と化している「新潟ロシア村」。中川翔子と島田秀平がウワサを街で聞き込み。現在ロシア村で解体作業をしているという男性は「誰もいないはずなのになぜかホテルの方から視線を感じる」などの体験を語った。夜になりロシア村へ潜入。まずはシンボルだった教会へ、先に隣の建物を探索すると火災のあったホテルで「視線を感じる」と中川翔子。

ホテルに足を踏み入れると、ロビーは火災によって焼きただれていた。写真を撮ると謎の発光体・オーブが映っていた。BARだった場所には手形があり、恐らくイタズラだろうと話した。ホテル1階の広間は視線を感じると言っていた場所、写真を撮ると無数のオーブが。西澤氏は「集会で集まっている」と解説した。

ホテル2階の火災で焼けた客室へ。中川翔子だけが声が聞こえたと話し、次にスタッフにも聞こえたという。西澤氏は「早く出て行け」という意味だと話した。続いて教会へ礼拝堂を探索し地下へ行くと水が溜まっていた。機械室も浸水し水深50cmほど、島田がドアを発見し水の中に入って開けてみることに。


新潟ロシア村

「新潟ロシア村」はロシアをモチーフにしたテーマパークだったが13年前に閉園、その後火災などがあり廃墟と化している。


2017年07月 2017年08月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介されたすべての情報
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介された音楽・CD
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介された映画・DVD
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介されたグルメ情報
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介された料理レシピ
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介された観光・地域情報
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介されたイベント情報
  • 「映っちゃった映像GP」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する