ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > 林修のニッポンドリル
テレビ紹介情報

「林修のニッポンドリル」で紹介された情報

「林修のニッポンドリル」で紹介されたすべての情報 ( 96 / 96 ページ )

「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報

粗挽きせいろ

明治神宮前駅から徒歩6分のところにあるミシュラン6年連続掲載されているお店「玉笑」の絶品年越しそばを紹介。その看板メニューの「粗挽きせいろ」の作り方を見せてもらうことに。使っているのは常陸秋蕎麦で、店主が長年そば畑をめぐりやっとたどり着いた蕎麦だという。作業はまずそばに入っている小さな石を取り除き、粉にする工程がスタートする。店主がもっとも重要視しているのは素材を生かす方法で、風味を残すためにそばがらも混ぜてこねて、湯で時間はわずかに20秒だという。スタジオに登場した玉笑のそばを出演陣で堪能した。


「林修のニッポンドリル」で紹介されたレストラン・飲食店

明治神宮前駅から徒歩6分のところにあるミシュラン6年連続掲載されているお店「玉笑」の絶品年越しそばを紹介。その看板メニューの「粗挽きせいろ」の作り方を見せてもらうことに。使っているのは常陸秋蕎麦で、店主が長年そば畑をめぐりやっとたどり着いた蕎麦だという。作業はまずそばに入っている小さな石を取り除き、粉にする工程がスタートする。店主がもっとも重要視しているのは素材を生かす方法で、風味を残すためにそばがらも混ぜてこねて、湯で時間はわずかに20秒だという。スタジオに登場した玉笑のそばを出演陣で堪能した。


明治神宮前駅

明治神宮前駅から徒歩6分のところにあるミシュラン6年連続掲載されているお店「玉笑」の絶品年越しそばを紹介。その看板メニューの「粗挽きせいろ」の作り方を見せてもらうことに。使っているのは常陸秋蕎麦で、店主が長年そば畑をめぐりやっとたどり着いた蕎麦だという。作業はまずそばに入っている小さな石を取り除き、粉にする工程がスタートする。店主がもっとも重要視しているのは素材を生かす方法で、風味を残すためにそばがらも混ぜてこねて、湯で時間はわずかに20秒だという。スタジオに登場した玉笑のそばを出演陣で堪能した。


蟹満寺

「なぜ小さなお寺の蟹満寺に貴重な仏像が安置されているのか?」出演陣がそれぞれ推理した。戸花亜利州先生は日本書紀を見ればわかるが、実は蟹満寺は元々大きな寺であり国宝が作られたのではないかとした。しかし、戸花亜利州先生は誰がこの仏様を作ったのか、ご本尊を誰が作ったか?はわかっておらず、これからそれを解明していきたいと語った。


薬師寺

蟹満寺の国宝「釈迦如来坐像」とご対面。高さ2.4m重さ2.2トンの像は当時高価だった銅で出来ており、天皇や時の権力者でなければ作れなかった貴重な仏像になっている。またこの仏像は非常に薄く作られており、薄い所だと約2mmしかなく、奈良時代の最先端の技術で作られた仏像となる。それではなぜ貴重な国宝が小さな蟹満寺にあるのか?ちなみに釈迦如来坐像は蟹満寺を除いては、興福寺、飛鳥寺、薬師寺と奈良を代表する有名なお寺にあり、長年専門家からなぜここにあるのか?「蟹満寺論争」が繰り広げられ、未だにその謎が解明されてないのだという。そんな中、戸花亜利州先生は謎が解明されていると断言する。


飛鳥寺

蟹満寺の国宝「釈迦如来坐像」とご対面。高さ2.4m重さ2.2トンの像は当時高価だった銅で出来ており、天皇や時の権力者でなければ作れなかった貴重な仏像になっている。またこの仏像は非常に薄く作られており、薄い所だと約2mmしかなく、奈良時代の最先端の技術で作られた仏像となる。それではなぜ貴重な国宝が小さな蟹満寺にあるのか?ちなみに釈迦如来坐像は蟹満寺を除いては、興福寺、飛鳥寺、薬師寺と奈良を代表する有名なお寺にあり、長年専門家からなぜここにあるのか?「蟹満寺論争」が繰り広げられ、未だにその謎が解明されてないのだという。そんな中、戸花亜利州先生は謎が解明されていると断言する。


興福寺

蟹満寺の国宝「釈迦如来坐像」とご対面。高さ2.4m重さ2.2トンの像は当時高価だった銅で出来ており、天皇や時の権力者でなければ作れなかった貴重な仏像になっている。またこの仏像は非常に薄く作られており、薄い所だと約2mmしかなく、奈良時代の最先端の技術で作られた仏像となる。それではなぜ貴重な国宝が小さな蟹満寺にあるのか?ちなみに釈迦如来坐像は蟹満寺を除いては、興福寺、飛鳥寺、薬師寺と奈良を代表する有名なお寺にあり、長年専門家からなぜここにあるのか?「蟹満寺論争」が繰り広げられ、未だにその謎が解明されてないのだという。そんな中、戸花亜利州先生は謎が解明されていると断言する。


蟹満寺

蟹満寺の国宝「釈迦如来坐像」とご対面。高さ2.4m重さ2.2トンの像は当時高価だった銅で出来ており、天皇や時の権力者でなければ作れなかった貴重な仏像になっている。またこの仏像は非常に薄く作られており、薄い所だと約2mmしかなく、奈良時代の最先端の技術で作られた仏像となる。それではなぜ貴重な国宝が小さな蟹満寺にあるのか?ちなみに釈迦如来坐像は蟹満寺を除いては、興福寺、飛鳥寺、薬師寺と奈良を代表する有名なお寺にあり、長年専門家からなぜここにあるのか?「蟹満寺論争」が繰り広げられ、未だにその謎が解明されてないのだという。そんな中、戸花亜利州先生は謎が解明されていると断言する。


「林修のニッポンドリル」で紹介された本・コミック・雑誌

今昔物語

棚倉駅から1時間に1本だけ出るバスに乗り戸花先生と共に蟹満寺口で下車。ここから閑静な住宅街を10分歩くと、小さなお寺「蟹満寺」に到着。林先生は以前に観音寺に行った時に、蟹満寺の所に国宝と書かれていたので驚いて観に行ったことがあるとのこで、「こんなに素晴らしいものか」と思ったと話した。その日本に4体しかない国宝がなぜこの小さな寺になるか?実はこの蟹満寺は今昔物語に、鶴の恩返しの様なお話で出てくるのだという。いよいよ戸花先生が本堂を開ける。


棚倉駅

続いては日本有数の国宝が住宅街の小さなお寺にあるのか?ミステリーに迫る。お釈迦様と同じ大きさで作られた仏像を丈六と呼ぶのだが、奈良時代以前に作られた銅製の丈六仏像は日本に4体しかなく国宝中の国宝で、どれも興福寺、飛鳥寺、薬師寺と奈良を代表する有名なお寺にあるのだが、そのうちの1体だけがなぜここに??と思う、とても小さなお寺にあるという。スタッフはそのミステリーを探る為に、京都の棚倉駅でこのミステリーを長年研究している戸花先生と出会う。戸花先生はその仏像と20数年前に初めてお会いしたが、そこからずっと惹きつけられているという。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたすべての情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された音楽・CD
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された映画・DVD
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された料理レシピ
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された観光・地域情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたイベント情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する