ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > 林修のニッポンドリル
テレビ紹介情報

「林修のニッポンドリル」で紹介された情報

「林修のニッポンドリル」で紹介されたすべての情報 ( 78 / 78 ページ )

「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報

いちょう

林修先生が愛する名店「芳光」には今の時期にしか食べられない「いちょう」がある。銀杏の葉をイメージした和菓子で、ういろうで白あんを包んでいる。使うのは緑色・黄色の2種類のういろう、生地の厚さを一定にするため1つ1つ丁寧に伸ばしている。白あんには隠し味の味噌が入っている。


「林修のニッポンドリル」で紹介されたレストラン・飲食店

林修先生が愛する名店「芳光」には今の時期にしか食べられない「いちょう」がある。銀杏の葉をイメージした和菓子で、ういろうで白あんを包んでいる。使うのは緑色・黄色の2種類のういろう、生地の厚さを一定にするため1つ1つ丁寧に伸ばしている。白あんには隠し味の味噌が入っている。


「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報

黒千石

長嶋一茂がオススメするもう1品は「果匠 正庵」の「黒豆さらさら」。あんと寒天に黒蜜をかけて味わう一品、味の決め手は黒豆「黒千石」の煮汁。黒千石は粒が小さいのが特徴、豆に含まれる水分が少ないため濃い煮汁がとれる。丸々2日間かけて旨味を抽出、極上の黒豆寒天ができあがる。


「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報

黒豆さらさら

長嶋一茂がオススメするもう1品は「果匠 正庵」の「黒豆さらさら」。あんと寒天に黒蜜をかけて味わう一品、味の決め手は黒豆「黒千石」の煮汁。黒千石は粒が小さいのが特徴、豆に含まれる水分が少ないため濃い煮汁がとれる。丸々2日間かけて旨味を抽出、極上の黒豆寒天ができあがる。

スタジオに「果匠 正庵」の「黒豆さらさら」が登場し出演者らが味わった。黒豆には一切砂糖を入れておらず、豆の味だけを楽しめる。


果匠 正庵

長嶋一茂がオススメするもう1品は「果匠 正庵」の「黒豆さらさら」。あんと寒天に黒蜜をかけて味わう一品、味の決め手は黒豆「黒千石」の煮汁。黒千石は粒が小さいのが特徴、豆に含まれる水分が少ないため濃い煮汁がとれる。丸々2日間かけて旨味を抽出、極上の黒豆寒天ができあがる。

スタジオに「果匠 正庵」の「黒豆さらさら」が登場し出演者らが味わった。黒豆には一切砂糖を入れておらず、豆の味だけを楽しめる。


「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報

スタジオに「果匠 正庵」の「あんず大福」が登場し出演者らが味わった。実は杏はドライ杏を使用、そのため濃い味を楽しめる。


JR山手線

長嶋家が愛する「果匠正庵」の「あんず大福」を紹介。店の場所は恵比寿駅から徒歩8分。杏の酸味をいかすため、杏をお餅で包み上からあんを包む2層構造にしている。


恵比寿駅

長嶋家が愛する「果匠正庵」の「あんず大福」を紹介。店の場所は恵比寿駅から徒歩8分。杏の酸味をいかすため、杏をお餅で包み上からあんを包む2層構造にしている。


「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報

あんず大福

長嶋家が愛する「果匠正庵」の「あんず大福」を紹介。店の場所は恵比寿駅から徒歩8分。杏の酸味をいかすため、杏をお餅で包み上からあんを包む2層構造にしている。

スタジオに「果匠 正庵」の「あんず大福」が登場し出演者らが味わった。実は杏はドライ杏を使用、そのため濃い味を楽しめる。


果匠 正庵

長嶋家が愛する「果匠正庵」の「あんず大福」を紹介。店の場所は恵比寿駅から徒歩8分。杏の酸味をいかすため、杏をお餅で包み上からあんを包む2層構造にしている。

スタジオに「果匠 正庵」の「あんず大福」が登場し出演者らが味わった。実は杏はドライ杏を使用、そのため濃い味を楽しめる。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたすべての情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された音楽・CD
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された映画・DVD
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたグルメ情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された料理レシピ
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された観光・地域情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介されたイベント情報
  • 「林修のニッポンドリル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する