テレビ紹介情報

「FNNプライムニュース α」で紹介された情報

「FNNプライムニュース α」2018年12月3日(月)放送内容「FNNプライムニュース α」2018年12月5日(水)放送内容

「FNNプライムニュース α」 2018年12月4日(火)放送内容

2018年12月4日(火) 23:40〜2018年12月5日(水)00:25 フジテレビ
【レギュラー出演】 椿原慶子 , 安宅晃樹 , 松江英夫 , 内野泰輔
【その他】 藤田早織 , 長倉紀子 , 東智美 , 藤井瑞希 , 垣岩令佳

CM

(オープニング)

(ニュース)

山手線

JR山手線・田町〜品川間に半世紀ぶりに誕生する新駅名についてJR東日本が12月4日会見を行い「高輪ゲートウェイ」に決まったと発表した。JR東日本は命名の理由について、「高輪ゲートウェイ」駅付近が江戸の玄関口だった地域で、未来と世界を結ぶ結節点になって欲しいという願いを込めて社内の選定委員会で決定したという。応募があった約6万4000件の案では、1位が「高輪」で8398票、「高輪ゲートウェイ」は130位で36票だった。駅舎は隈研吾氏が設計し、山手線に新しい駅が建設されるのはおよそ50年ぶりで、30番目の駅になる。


高輪ゲートウェイ

JR山手線・田町〜品川間に半世紀ぶりに誕生する新駅名についてJR東日本が12月4日会見を行い「高輪ゲートウェイ」に決まったと発表した。JR東日本は命名の理由について、「高輪ゲートウェイ」駅付近が江戸の玄関口だった地域で、未来と世界を結ぶ結節点になって欲しいという願いを込めて社内の選定委員会で決定したという。応募があった約6万4000件の案では、1位が「高輪」で8398票、「高輪ゲートウェイ」は130位で36票だった。駅舎は隈研吾氏が設計し、山手線に新しい駅が建設されるのはおよそ50年ぶりで、30番目の駅になる。


Sansan

4日、東京・千代田区の神田明神で行われたご祈祷。神職が箱に入れていたのは、大量の名刺だった。この「名刺納め祭」は、名刺のデータ管理を行う企業が企画したもの。参列者に、いらなくなった名刺を奉納箱に入れてもらい、処分することで、新年をすっきりと迎えてもらおうというイベント。働く人500人を対象にした調査では、オフィスの大掃除の際に「整理したいが捨てられないモノ」があり、困った経験があると答えた人が、7割以上に。年賀状や紙の書類を抑えて、捨てられず困ったもののトップになったのが、「もらった名刺」だった。


神田明神

4日、東京・千代田区の神田明神で行われたご祈祷。神職が箱に入れていたのは、大量の名刺だった。この「名刺納め祭」は、名刺のデータ管理を行う企業が企画したもの。参列者に、いらなくなった名刺を奉納箱に入れてもらい、処分することで、新年をすっきりと迎えてもらおうというイベント。働く人500人を対象にした調査では、オフィスの大掃除の際に「整理したいが捨てられないモノ」があり、困った経験があると答えた人が、7割以上に。年賀状や紙の書類を抑えて、捨てられず困ったもののトップになったのが、「もらった名刺」だった。


名刺

4日、東京・千代田区の神田明神で行われたご祈祷。神職が箱に入れていたのは、大量の名刺だった。この「名刺納め祭」は、名刺のデータ管理を行う企業が企画したもの。参列者に、いらなくなった名刺を奉納箱に入れてもらい、処分することで、新年をすっきりと迎えてもらおうというイベント。働く人500人を対象にした調査では、オフィスの大掃除の際に「整理したいが捨てられないモノ」があり、困った経験があると答えた人が、7割以上に。年賀状や紙の書類を抑えて、捨てられず困ったもののトップになったのが、「もらった名刺」だった。

名刺について街で聞いた。「(登録した名刺は?)捨てます。ちゃんと、びりびりっとシュレッダーかけます。この場で名刺とって写真撮れば、そのまま登録されるっていう機能もあるので、そういった部分では活用しやすいかなと」「(名刺交換する頻度は?)年に何回か、名刺交換するのが多いですね。捨てるのはちょっと難しいですね」「自分の渡したものが、そこに(シュレッダー)されるのは、やっぱり嫌でしょう。デジタル化して捨てられたら、あまりうれしくないね」といった意見が出た。松江は「デジタルにしていけばいくほど、なくせないアナログな感情も大事なのかなって気づいた」と語った。


ソフトバンク

ソフトバンクとヤフーが手掛ける、スマートフォンを使ったQRコード決済サービス「PayPay」は、今朝から、買い物代金の20%分をポイント還元するキャンペーンを開始したが、午後0時半すぎから約1時間、決済サービスが使いづらい状況になった。「PayPay」によると、昼休みに利用者が集中し、システム障害が発生した為と見られ、一部の店舗では、買い物代金を二重に決済してしまうトラブルも起きたという。二重に決済した客に対しては、店側より連絡し、返金の手続きをとるという。


ヤフー

ソフトバンクとヤフーが手掛ける、スマートフォンを使ったQRコード決済サービス「PayPay」は、今朝から、買い物代金の20%分をポイント還元するキャンペーンを開始したが、午後0時半すぎから約1時間、決済サービスが使いづらい状況になった。「PayPay」によると、昼休みに利用者が集中し、システム障害が発生した為と見られ、一部の店舗では、買い物代金を二重に決済してしまうトラブルも起きたという。二重に決済した客に対しては、店側より連絡し、返金の手続きをとるという。


RAKUNI

IT雑貨に詳しい東さんが香港貿易ショーを取材。スマートスピーカーを通して音声で家の中の家電を制御することができる。スマートドアロックはスマートフォンで外出中でも来客時にロックを解除できるもの。スマートミラーは鏡に情報を表示する。ガーデニングへの水やりもスマートフォンで操作できる水やり機も展示された。東さんは「これまで各メーカーごとに家電を操作するリモコンや独自アプリを開発する必要があったが、スマートスピーカーの登場によりAPIを使えるようになり、独自のリモコンやアプリを開発する必要がなくなってコスト面でもスピード面でも開発しやすくなった」と語った。


CM

(ニュース)

東名高速

神奈川県の東名高速で2017年6月、あおり運転の結果、一家4人が死傷し、危険運転致死傷などの罪に問われた男の裁判員裁判で、17歳の長女は、別の部屋からカメラ映像で証言し、事故直前の高速道路での状況を「殺されてしまうと、怖く思いました」「世の中にあおり運転が多くあるので、少しでも減らすために重い刑罰になってほしい」と訴えた。


(スポーツニュース)

CM

(スポーツニュース)

「FNNプライムニュース α」で紹介されたイベント情報

バドミントン全日本総合選手権

バドミントン全日本総合選手権 女子ダブルス2回戦で敗れて引退した藤井瑞希・垣岩令佳ペア。最後の相手は共に日本代表として戦ったタカマツペアだった。藤井は「最後に一緒に頑張ってきた高橋・松友ペアとできてうれしかった」と語った。二人は先に社会人になっていた藤井が高校の後輩の垣岩を誘ってロンドン五輪を目指すために再結成のが始まり。そしてロンドン五輪に出場し、日本勢初の銀メダルを手にした。二人をみて奮起したタカマツペアはリオ五輪で金メダルを獲得した。松友美佐紀は「先輩たちとできたことは本当に幸せだった」と語った。高橋礼華は「先輩たちがいなかったら今の自分達はない」と語った。藤井は「辞めてからも家族のような存在でいてほしいし、私も何でも話しているので何でも許してくれる」と語った。


「FNNプライムニュース α」で紹介されたイベント情報

ロンドン五輪

バドミントン全日本総合選手権 女子ダブルス2回戦で敗れて引退した藤井瑞希・垣岩令佳ペア。最後の相手は共に日本代表として戦ったタカマツペアだった。藤井は「最後に一緒に頑張ってきた高橋・松友ペアとできてうれしかった」と語った。二人は先に社会人になっていた藤井が高校の後輩の垣岩を誘ってロンドン五輪を目指すために再結成のが始まり。そしてロンドン五輪に出場し、日本勢初の銀メダルを手にした。二人をみて奮起したタカマツペアはリオ五輪で金メダルを獲得した。松友美佐紀は「先輩たちとできたことは本当に幸せだった」と語った。高橋礼華は「先輩たちがいなかったら今の自分達はない」と語った。藤井は「辞めてからも家族のような存在でいてほしいし、私も何でも話しているので何でも許してくれる」と語った。


「FNNプライムニュース α」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

バドミントン全日本総合選手権 女子ダブルス2回戦で敗れて引退した藤井瑞希・垣岩令佳ペア。最後の相手は共に日本代表として戦ったタカマツペアだった。藤井は「最後に一緒に頑張ってきた高橋・松友ペアとできてうれしかった」と語った。二人は先に社会人になっていた藤井が高校の後輩の垣岩を誘ってロンドン五輪を目指すために再結成のが始まり。そしてロンドン五輪に出場し、日本勢初の銀メダルを手にした。二人をみて奮起したタカマツペアはリオ五輪で金メダルを獲得した。松友美佐紀は「先輩たちとできたことは本当に幸せだった」と語った。高橋礼華は「先輩たちがいなかったら今の自分達はない」と語った。藤井は「辞めてからも家族のような存在でいてほしいし、私も何でも話しているので何でも許してくれる」と語った。


CM

(番組宣伝)

(スポーツニュース)

カポレイゴルフクラブ

リーグ3連覇の広島は選手・家族ら200人で優勝旅行先のハワイへ。今日は監督と選手たちがカポレイゴルフクラブでゴルフを楽しんだ。


CM

(ニュース)

「FNNプライムニュース α」で紹介されたイベント情報

新人王戦

史上最年少で新人王戦を制した将棋の藤井聡太七段の表彰式が、都内で行われた。藤井聡太七段は、「優勝目指して指してきたんですけど、こうして優勝という結果を残すことができて、とてもうれしく思っています」と語った。藤井七段は、新人王戦を16歳2カ月で優勝し最年少記録を31年ぶりに塗り替える快挙を達成した。表彰式で藤井七段は、「優勝を機に、さらなる飛躍ができるよう、日々精進していきたい」と話した。


CM

(エンディング)

CM

(番組宣伝)

「FNNプライムニュース α」2018年12月3日(月)放送内容「FNNプライムニュース α」2018年12月5日(水)放送内容