ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「いしかわじゅん」の検索結果

「いしかわじゅん」に関連する情報 8件中 1〜8件目

代々木ゼミナール

代々木ゼミナールが校舎の7割に当たる20校を来年の春に閉鎖する方針を発表。いしかわじゅんは「みんなして予備校に行っていた」と話した。


ジュゴン

スタジオでは沖縄・辺野古市の海で日本テレビのカメラが捉えたジュゴンの位置情報を整理した。生息してるのは少なくとも3頭で、うち1頭は左尾びれに切れ込みがある。いしかわじゅんは産業の少ない沖縄とって環境は資源だが、基地移設や開発などでその価値を小さくしていると指摘。野村修也は基地の移設によるジュゴンへの影響を確認することが大事で、環境団体は連邦裁判所にジュゴンへの影響が見込まれるとして移設を差し止めて欲しいという訴えを起こしているとコメント。1日に30kgのアマモを食し、哺乳動物で肺で呼吸するという特徴などまだまだ生態が明らかにされていないジュゴンを今後どのように保護していくかが大事となる。


フレーベル館

「それいけ!アンパンマン」の映像が流れた。街の人からは「子どのころ自分もよく見ていた」などの意見が出た。13日、やなせたかしさんが心不全のため亡くなった。やなせさんは「アンパンマンを見ていてば自然に良い子になる」などと語った。

2002年TBS「ジャスト」に出演した時の映像が流れた。やなせさんの自宅兼スタジオは食器や家具、扉や床などにアンパンマンが溢れていた。

作家は、東京・港区の土佐料理「袮保希」を通っていた。従業員の村瀬貴子さんは「コースターの裏にサインをいただきました」などと明かし、「シャキッとした感じだった」などと語った。やなせさんは、近年は10以上の病気を相次いで発症し、引退を切り出したこともあった。フレーベル館は、やなせさんが東日本大震災の子供たちをきっかけに「死ぬまで現役だ」と話していたエピソードを語った。

2011年7月に「仙台アンパンマンこども&モール」が開館した。2012年5月13日に開かれた「やなせたかしとアンパンマンコンサート」で、やなせさんは「僕はすごい責任を感じました」などと語った。いしかわじゅん氏は「アンパンマンがやなせさんであって、ヤナセさん自身もアンパンマンそのものの人生でしたね」と語った。


「いしかわじゅん」に関連するレストラン・飲食店

袮保希

「それいけ!アンパンマン」の映像が流れた。街の人からは「子どのころ自分もよく見ていた」などの意見が出た。13日、やなせたかしさんが心不全のため亡くなった。やなせさんは「アンパンマンを見ていてば自然に良い子になる」などと語った。

2002年TBS「ジャスト」に出演した時の映像が流れた。やなせさんの自宅兼スタジオは食器や家具、扉や床などにアンパンマンが溢れていた。

作家は、東京・港区の土佐料理「袮保希」を通っていた。従業員の村瀬貴子さんは「コースターの裏にサインをいただきました」などと明かし、「シャキッとした感じだった」などと語った。やなせさんは、近年は10以上の病気を相次いで発症し、引退を切り出したこともあった。フレーベル館は、やなせさんが東日本大震災の子供たちをきっかけに「死ぬまで現役だ」と話していたエピソードを語った。

2011年7月に「仙台アンパンマンこども&モール」が開館した。2012年5月13日に開かれた「やなせたかしとアンパンマンコンサート」で、やなせさんは「僕はすごい責任を感じました」などと語った。いしかわじゅん氏は「アンパンマンがやなせさんであって、ヤナセさん自身もアンパンマンそのものの人生でしたね」と語った。


それいけ!アンパンマン

「それいけ!アンパンマン」の映像が流れた。街の人からは「子どのころ自分もよく見ていた」などの意見が出た。13日、やなせたかしさんが心不全のため亡くなった。やなせさんは「アンパンマンを見ていてば自然に良い子になる」などと語った。

2002年TBS「ジャスト」に出演した時の映像が流れた。やなせさんの自宅兼スタジオは食器や家具、扉や床などにアンパンマンが溢れていた。

作家は、東京・港区の土佐料理「袮保希」を通っていた。従業員の村瀬貴子さんは「コースターの裏にサインをいただきました」などと明かし、「シャキッとした感じだった」などと語った。やなせさんは、近年は10以上の病気を相次いで発症し、引退を切り出したこともあった。フレーベル館は、やなせさんが東日本大震災の子供たちをきっかけに「死ぬまで現役だ」と話していたエピソードを語った。

2011年7月に「仙台アンパンマンこども&モール」が開館した。2012年5月13日に開かれた「やなせたかしとアンパンマンコンサート」で、やなせさんは「僕はすごい責任を感じました」などと語った。いしかわじゅん氏は「アンパンマンがやなせさんであって、ヤナセさん自身もアンパンマンそのものの人生でしたね」と語った。


「いしかわじゅん」に関連する本・コミック・雑誌

ミミ正〜吉祥寺で暮らすミミと正太郎の物語〜

第二試合は小鳥遊しほvsいしかわじゅん。2人に出されたお題はミロのヴィーナス。女性の柔らかな丸みの表現などがデッサンポイント。例として、絵心のない人が描いた作品ということで、劇団ひとりのデッサンを公開。

まずはじめに、雑誌「mini」などで活躍するモデル・小鳥遊しほから。像に向かって左斜め前からの構図に決め、作品をスタジオで公開。採点の結果、合計で20点を獲得した。

続いては、代表作は「ミミ正」のいしかわじゅん。簡略的なキャラクターが特徴で、繊細な背景はプロの技。構図は像に向かって右斜め前に決め、採点の結果合計で24点を獲得。第二試合はいしかわじゅんの勝利となった。


「いしかわじゅん」に関連する本・コミック・雑誌

mini

第二試合は小鳥遊しほvsいしかわじゅん。2人に出されたお題はミロのヴィーナス。女性の柔らかな丸みの表現などがデッサンポイント。例として、絵心のない人が描いた作品ということで、劇団ひとりのデッサンを公開。

まずはじめに、雑誌「mini」などで活躍するモデル・小鳥遊しほから。像に向かって左斜め前からの構図に決め、作品をスタジオで公開。採点の結果、合計で20点を獲得した。

続いては、代表作は「ミミ正」のいしかわじゅん。簡略的なキャラクターが特徴で、繊細な背景はプロの技。構図は像に向かって右斜め前に決め、採点の結果合計で24点を獲得。第二試合はいしかわじゅんの勝利となった。


鹿島建設

今回の事故についてスタジオトーク。いしかわじゅんは、毎日同じことを繰り返すのは面倒で退屈だが、毎日やらないと事故が起こると話した。野村修也は、怠りがなかったかしっかり調べてほしいなどと話した。


検索結果の絞り込み