ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 2666件中 1〜10件目

うつ病

大手広告会社・電通による違法残業事件で、東京地検が近く、法人としての電通を略式起訴する方針を固めたことがわかった。法人としての電通とその幹部は、去年12月に新入社員で過労の末に自殺した女性ら2人に対して、労使協定の上限を超える違法な長時間労働をさせた疑いで東京労働局から書類送検されていた。


うつ病

週刊新潮によると、先月支持者に送ったバースデーカードの宛先が間違っていたことが発覚。元政策秘書のA氏に容赦ない暴言が浴びせられた。日常的に「死ね」などと言われていたという。豊田議員の事務所に入ってすぐうつ病で辞めてしまう秘書もいたとの証言もある。支持者に見せる優しい顔と、事務所でのギャップが激しかったとA氏は話している。


週刊新潮

週刊新潮によると、先月支持者に送ったバースデーカードの宛先が間違っていたことが発覚。元政策秘書のA氏に容赦ない暴言が浴びせられた。日常的に「死ね」などと言われていたという。豊田議員の事務所に入ってすぐうつ病で辞めてしまう秘書もいたとの証言もある。支持者に見せる優しい顔と、事務所でのギャップが激しかったとA氏は話している。

暴行報道がきっかけで離党届を提出する羽目になった豊田真由子衆院議員。重婚ウエディング騒動の中川俊直衆院議員。ゲス不倫の末、議員辞職に追い込まれた宮崎謙介元衆院議員。不祥事をおこした議員には共通点がある。それは自民党二期目の議員ということ。魔の2回生などと揶揄する向きもある。


週刊新潮

豊田議員が元秘書へ暴言・暴行を働いたとされるが、どういった罪に問われるのか。録音された音声データを専門家2人に判断してもらった。秘書の娘を引き合いに出し、「ぐちゃぐちゃにする」と言った残酷な表現をしている部分を指摘、秘書がうつ病やPTSDを発症した場合には傷害罪にあたる可能性がある。元秘書は豊田議員から「鉄パイプで頭を砕いてやろうか」と言われたとのことで、これについて脅迫罪が十分成立するとも話している。三宅正治はあの怒り方は人としてどうかという気になりますよねとコメント。


うつ病

弁護士らが全国一斉の電話相談を行った。この電話相談は今年で30回目だが、きょうは「長時間労働でうつ病になった」「飲食業で働く息子が長時間労働で自殺した」といった相談が全国32都道府県から278件よせられた。最近は20〜30代の倒れたり倒れそうだという相談が多くなってきている。精神的なストレスがとてもひどい状況だという。主催者は社会全体が関心を持つことが大事だと話している。


うつ病

午前0時、患者同士のトラブルが発生。認知症の男性が記憶障害の男性と揉めていた。二人は同室で、記憶障害の男性が大声を出したため認知症の男性が怒っていたようだ。すると認知症の男性が突然失禁してしまい、下着やシーツの交換を行う。午前4時、いのちの電話が鳴った。先ほどと同じ電話だ。ずっと不安で眠れずにいたが、話している内に安心したという。いのちの電話は一晩で13件もあるときも。スタッフの仮眠は1時間ほどしか取れなかった。午前8時半、夜勤看護師が引き継ぎを行い、11時に退勤した。大変な仕事だが、朝患者さんが元気だとやってよかったと思うという。春には新人看護師が4人加わる。日々まなびの毎日で大変だが充実しているとコメント。国は早めの退院を進めようとしているが、現実の医療の現場を知ってから考えてほしいとコメント。


アルコール依存症

精神科病棟には統合失調症、うつ病、アルコール依存症の患者が入院している。医師と看護師は365日24時間体制でのぞむ。睡眠薬の大量服用の処置や、情緒不安定になり1人なく女性にも寄り添う。心をつなぐ電話も行う。患者同士のトラブルにも対応。

長野県北安曇郡池田町にある医療センターあづみ病院の精神科病棟には統合失調症やうつ病、アルコール依存症などの患者120人が入院している。激しい幻覚症状から自らや他人を傷つけてしまう重症患者もいる。10人の医師と看護師・臨床心理士など120人が365日24時間体制でつとめている。この日も40代の統合失調症男性が外来で運ばれてきた。向精神薬を投与しても効き目がなかったという。男性スタッフ4人が救急車を待ち構えた。しかし救急車内で車酔いしておとなしかった。感染性胃腸炎の可能性もあるが、男性は暴言を吐き続けていた。検査結果では心因性の頭痛や吐き気と判明。しかし家族は引き取り拒否。

救急搬送されてくるのは年間200人にものぼる。この日通院している統合失調症の女性が運ばれてきた。大量の睡眠薬を不安にかられ飲んでしまったという。薬を吐き出させ、レントゲン撮影。観察のため一晩入院した。落ち着きを取り戻すと自宅へ戻っていった。

国の統計では精神史一環患者は全国で392万人余り、3年前よりも70万人以上増えている。しかし他診療科に比べ診療報酬が低いことなどを原因に、総合病院の精神科の閉鎖や縮小は相次いでいる。また非情に対応困難で、精神科の治療が必要な認知症患者も増えている。暴力や徘徊、身寄りがなく家族が引き取りを拒否していることも。注射や薬の投与などを行うはずの看護師たちは介護業務にも追われている。認知症患者を持つ家族は、暴力が原因で預けることにしたと話す。行き場のない患者を最終的に引き受けているのが精神科の現状だ。あづみ病院は2013年12月に増床し、ニーズが増えているのだと話した。受け入れを断らないとつねに満床になってしまう。総合病院精神科の生き残りをかけている。もともと文学少女だった村田志保女医は、作家で精神科医の北杜夫にあこがれて今の仕事に就いた。精神疾患の家族も抱えていた。黒子的な意味合いで、精神科は必要。ほんのちょっとの会話から患者の人生と長くじゃまにならないように付き合っていくのだと話した。躁鬱病の男性の診察でも、男まさりながら気遣いを見せていた。

夜間体制では1回病棟で看護師3人が患者60人をケアする。高根看護師は「予想できない行動や様子もあるため、夜間は緊張する」と話す。統合失調症と知的障害を抱えた女性への薬の投与では、一時的に行動を規制するような処置も行っている。他人を傷つけてしまうおそれがあるためだ。また認知症の90代男性が下血してしまい、当直の医師が駆けつけた。3時間おきの巡回も行った。午後9時過ぎ、消灯後もナースコールは鳴り止まない。統合失調症の男性が全身が痒いと訴えていたため塗り薬を処方したが、舐めてしまったため急遽医師も呼び出される。その後、発達障害で通院中の30代男性から電話があり、「職場が変わって不安で眠れない」と話があった。昼間は普段通りに見えても、夜突然命を絶ってしまうことがあるため、いのちの電話は重要だ。

その最中、2階のリネン庫から火災発生の警報がなった。2ヶ月前に患者が火を付けた事件も起きている。駆けつけたが火の元はなく、統合失調症患者が非情ボタンを押してしまったのだと発覚。数ヶ月に一度あるという。午後11時、ようやくスタッフは夕食の時間だ。こうした時間が取れない日もある。しかし病室から物音を聞きつけ、看護師が駆けつけると患者同士のトラブルが起きていた。


うつ病

精神科病棟には統合失調症、うつ病、アルコール依存症の患者が入院している。医師と看護師は365日24時間体制でのぞむ。睡眠薬の大量服用の処置や、情緒不安定になり1人なく女性にも寄り添う。心をつなぐ電話も行う。患者同士のトラブルにも対応。

長野県北安曇郡池田町にある医療センターあづみ病院の精神科病棟には統合失調症やうつ病、アルコール依存症などの患者120人が入院している。激しい幻覚症状から自らや他人を傷つけてしまう重症患者もいる。10人の医師と看護師・臨床心理士など120人が365日24時間体制でつとめている。この日も40代の統合失調症男性が外来で運ばれてきた。向精神薬を投与しても効き目がなかったという。男性スタッフ4人が救急車を待ち構えた。しかし救急車内で車酔いしておとなしかった。感染性胃腸炎の可能性もあるが、男性は暴言を吐き続けていた。検査結果では心因性の頭痛や吐き気と判明。しかし家族は引き取り拒否。

救急搬送されてくるのは年間200人にものぼる。この日通院している統合失調症の女性が運ばれてきた。大量の睡眠薬を不安にかられ飲んでしまったという。薬を吐き出させ、レントゲン撮影。観察のため一晩入院した。落ち着きを取り戻すと自宅へ戻っていった。

国の統計では精神史一環患者は全国で392万人余り、3年前よりも70万人以上増えている。しかし他診療科に比べ診療報酬が低いことなどを原因に、総合病院の精神科の閉鎖や縮小は相次いでいる。また非情に対応困難で、精神科の治療が必要な認知症患者も増えている。暴力や徘徊、身寄りがなく家族が引き取りを拒否していることも。注射や薬の投与などを行うはずの看護師たちは介護業務にも追われている。認知症患者を持つ家族は、暴力が原因で預けることにしたと話す。行き場のない患者を最終的に引き受けているのが精神科の現状だ。あづみ病院は2013年12月に増床し、ニーズが増えているのだと話した。受け入れを断らないとつねに満床になってしまう。総合病院精神科の生き残りをかけている。もともと文学少女だった村田志保女医は、作家で精神科医の北杜夫にあこがれて今の仕事に就いた。精神疾患の家族も抱えていた。黒子的な意味合いで、精神科は必要。ほんのちょっとの会話から患者の人生と長くじゃまにならないように付き合っていくのだと話した。躁鬱病の男性の診察でも、男まさりながら気遣いを見せていた。

夜間体制では1回病棟で看護師3人が患者60人をケアする。高根看護師は「予想できない行動や様子もあるため、夜間は緊張する」と話す。統合失調症と知的障害を抱えた女性への薬の投与では、一時的に行動を規制するような処置も行っている。他人を傷つけてしまうおそれがあるためだ。また認知症の90代男性が下血してしまい、当直の医師が駆けつけた。3時間おきの巡回も行った。午後9時過ぎ、消灯後もナースコールは鳴り止まない。統合失調症の男性が全身が痒いと訴えていたため塗り薬を処方したが、舐めてしまったため急遽医師も呼び出される。その後、発達障害で通院中の30代男性から電話があり、「職場が変わって不安で眠れない」と話があった。昼間は普段通りに見えても、夜突然命を絶ってしまうことがあるため、いのちの電話は重要だ。

その最中、2階のリネン庫から火災発生の警報がなった。2ヶ月前に患者が火を付けた事件も起きている。駆けつけたが火の元はなく、統合失調症患者が非情ボタンを押してしまったのだと発覚。数ヶ月に一度あるという。午後11時、ようやくスタッフは夕食の時間だ。こうした時間が取れない日もある。しかし病室から物音を聞きつけ、看護師が駆けつけると患者同士のトラブルが起きていた。


統合失調症

精神科病棟には統合失調症、うつ病、アルコール依存症の患者が入院している。医師と看護師は365日24時間体制でのぞむ。睡眠薬の大量服用の処置や、情緒不安定になり1人なく女性にも寄り添う。心をつなぐ電話も行う。患者同士のトラブルにも対応。

長野県北安曇郡池田町にある医療センターあづみ病院の精神科病棟には統合失調症やうつ病、アルコール依存症などの患者120人が入院している。激しい幻覚症状から自らや他人を傷つけてしまう重症患者もいる。10人の医師と看護師・臨床心理士など120人が365日24時間体制でつとめている。この日も40代の統合失調症男性が外来で運ばれてきた。向精神薬を投与しても効き目がなかったという。男性スタッフ4人が救急車を待ち構えた。しかし救急車内で車酔いしておとなしかった。感染性胃腸炎の可能性もあるが、男性は暴言を吐き続けていた。検査結果では心因性の頭痛や吐き気と判明。しかし家族は引き取り拒否。

救急搬送されてくるのは年間200人にものぼる。この日通院している統合失調症の女性が運ばれてきた。大量の睡眠薬を不安にかられ飲んでしまったという。薬を吐き出させ、レントゲン撮影。観察のため一晩入院した。落ち着きを取り戻すと自宅へ戻っていった。

国の統計では精神史一環患者は全国で392万人余り、3年前よりも70万人以上増えている。しかし他診療科に比べ診療報酬が低いことなどを原因に、総合病院の精神科の閉鎖や縮小は相次いでいる。また非情に対応困難で、精神科の治療が必要な認知症患者も増えている。暴力や徘徊、身寄りがなく家族が引き取りを拒否していることも。注射や薬の投与などを行うはずの看護師たちは介護業務にも追われている。認知症患者を持つ家族は、暴力が原因で預けることにしたと話す。行き場のない患者を最終的に引き受けているのが精神科の現状だ。あづみ病院は2013年12月に増床し、ニーズが増えているのだと話した。受け入れを断らないとつねに満床になってしまう。総合病院精神科の生き残りをかけている。もともと文学少女だった村田志保女医は、作家で精神科医の北杜夫にあこがれて今の仕事に就いた。精神疾患の家族も抱えていた。黒子的な意味合いで、精神科は必要。ほんのちょっとの会話から患者の人生と長くじゃまにならないように付き合っていくのだと話した。躁鬱病の男性の診察でも、男まさりながら気遣いを見せていた。

夜間体制では1回病棟で看護師3人が患者60人をケアする。高根看護師は「予想できない行動や様子もあるため、夜間は緊張する」と話す。統合失調症と知的障害を抱えた女性への薬の投与では、一時的に行動を規制するような処置も行っている。他人を傷つけてしまうおそれがあるためだ。また認知症の90代男性が下血してしまい、当直の医師が駆けつけた。3時間おきの巡回も行った。午後9時過ぎ、消灯後もナースコールは鳴り止まない。統合失調症の男性が全身が痒いと訴えていたため塗り薬を処方したが、舐めてしまったため急遽医師も呼び出される。その後、発達障害で通院中の30代男性から電話があり、「職場が変わって不安で眠れない」と話があった。昼間は普段通りに見えても、夜突然命を絶ってしまうことがあるため、いのちの電話は重要だ。

その最中、2階のリネン庫から火災発生の警報がなった。2ヶ月前に患者が火を付けた事件も起きている。駆けつけたが火の元はなく、統合失調症患者が非情ボタンを押してしまったのだと発覚。数ヶ月に一度あるという。午後11時、ようやくスタッフは夕食の時間だ。こうした時間が取れない日もある。しかし病室から物音を聞きつけ、看護師が駆けつけると患者同士のトラブルが起きていた。


うつ病

井上裕介の口からABCお笑い新人グランプリに絡まなかったら解散すると告げられ、石田明は内心喜んだ。しかし審査員特別賞を受賞し運命は芸人を辞めるなと言っていると感じた。病院の医師は今の状態を共有できる方がいいとアドバイスし石田は薬を腰にぶら下げこれがないと自分は無理だとアピールしだした。他の芸人仲間は面白おかしく笑ってくれた。噂を聞き出して吉田敬が石田を呼び出し緊張などから同じような悩みを持っている事を話してくれた。おかげで石田の体調は回復し2008年M-1グランプリに優勝。フリートークでも喋れるようになった。