ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 3351件中 1〜10件目

過呼吸

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。


ぜんそく

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。


うつ病

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。


ディズニー

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。


JR

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。


舞浜駅

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。

2人の女性社員がオリエンタルランドを訴えていたが、紹介されたパワハラ問題だけでなく、過重労働問題も告発されていた。組織図を見てみると社員は入社2年目までのA区分・模範演技者らC区分までの間に3つの区分があり、スーパーバイザー・ユニットマネージャーがその上にいるという構成となっていて、2人はそれぞれB区分の所属となっていたが、労働条件の改善も求めていて、まず着ぐるみや冷却材を合わせて10〜30kgとなることから「胸郭出口症候群」を発症したとして、気ぐるみの軽量化を求めている。2つ目はショーへの出演時間の短縮をあげていて、クリスマスになると午前8時に出勤し、40分ごろまでに着ぐるみを着用すると30分の仕事と10分弱の休憩を7回ほど繰り返すのだという。一方で別の従業員も午後10時30分ごろに仕事を終えると、11時20分頃に舞浜駅から帰宅し、午前6時45分には出勤が始まるというシフトになっていた。このことから労災に認定されたものの会社側の姿勢は変わらなかったということを主張していた。一方これについてオリエンタルランドは今後の訴訟手続きの中で主張していくとコメントしていた。


オリエンタルランド

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。

オリエンタルランドで働く社員は2万人だが、この女性はキャラクターであることを知られないために閉められた部屋で1日を過ごしていたと話し、仕事の内容がもれないように常に気を使っていたという。さらに、キャラクターであることを知られないために窓もカーテンも開かない部屋で待機するだけでなく、仕事の中身についても話してはいけないという決まりがあり、けがをした際にも業務内容を漏らさないように注意していたという。女性は夢を守るために裁判に躊躇していたが、相談しても変わらなかったことから訴えを行ったとしていて、女性は労働環境の改善・職場への復帰を希望していた。これを受けてオリエンタルランドは仕事と病気の因果関係の説明や、パワハラの客観的資料の掲示を求めている。

2人の女性社員がオリエンタルランドを訴えていたが、紹介されたパワハラ問題だけでなく、過重労働問題も告発されていた。組織図を見てみると社員は入社2年目までのA区分・模範演技者らC区分までの間に3つの区分があり、スーパーバイザー・ユニットマネージャーがその上にいるという構成となっていて、2人はそれぞれB区分の所属となっていたが、労働条件の改善も求めていて、まず着ぐるみや冷却材を合わせて10〜30kgとなることから「胸郭出口症候群」を発症したとして、気ぐるみの軽量化を求めている。2つ目はショーへの出演時間の短縮をあげていて、クリスマスになると午前8時に出勤し、40分ごろまでに着ぐるみを着用すると30分の仕事と10分弱の休憩を7回ほど繰り返すのだという。一方で別の従業員も午後10時30分ごろに仕事を終えると、11時20分頃に舞浜駅から帰宅し、午前6時45分には出勤が始まるというシフトになっていた。このことから労災に認定されたものの会社側の姿勢は変わらなかったということを主張していた。一方これについてオリエンタルランドは今後の訴訟手続きの中で主張していくとコメントしていた。


東京ディズニーランド

東京ディズニーランドでは女性が暴言を吐かれるなどのパワハラ被害を訴えていて、この女性は着ぐるみを着て働いてショーなどに出演する契約社員となっていた。女性は仕事を行っていたときにゲストにも指を攻撃されることもあったといい、その際に上司に警察への被害届提出や労災申請の協力を求めると「エンターだから我慢しなきゃ」と言われ、その際に暴言を言われいじめを受けることがふえたことでうつ病にもなったといい、これを受けて女性が参加する労働組合が舞浜駅で被害への呼び掛けを行っていた。


うつ病

LINAがインスタグラムのフォロワーとの交流イベントに参加し、ファンの女性が涙する場面があった。LINAは真面目すぎる性格から人間関係に悩み摂食障がいからくるうつ病に苦しんでいた。2人は環境を変えスペインに住むようになった。野菜中心の食生活ビーガンに切り替え克服。経験を活かしビーガンカフェも開いた。


悩み摂食障がい

LINAがインスタグラムのフォロワーとの交流イベントに参加し、ファンの女性が涙する場面があった。LINAは真面目すぎる性格から人間関係に悩み摂食障がいからくるうつ病に苦しんでいた。2人は環境を変えスペインに住むようになった。野菜中心の食生活ビーガンに切り替え克服。経験を活かしビーガンカフェも開いた。