ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 2609件中 1〜10件目

認知症

レビー小体型について説明。レビー小体型認知症・患者の実体験によれば、幻視で虫や人が家の中にいるように見えたり、じーっと見ていてパっと消えた時に幻視と気づくという。主に、床の模様や窓の外の風景が動いて見える。他にも、ナイフで切られた痛みやタバコの火を押し付けた熱さを感じたりするものは、樋口さんによれば「特に初期は物忘れがない人が多いためうつ病や統合失調症と診断され処方薬で悪化する。」など話した。RIKACOさんは「最初は4年ぐらいまえに落ち着きないことから始まってアルツハイマー病と診断された後、症状が変わってきて2年前にレビー型って分かった。そこまでの経緯が悪化していったけれど、はっきりわからない限り家族もどう対応したらいいかわからない」など話した。

認知症の4つのタイプについて説明。全体60%ほどあるアルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変成し機能を悪化させ、記憶障害が特徴となっている。20%ほどある脳血管性認知症は、脳梗塞など脳の出血障害により神経細胞が破壊・死滅してしまうことが原因となっていて、性格の変化が特徴となっている。花田さんは「イライラしている方多い」などコメントした。10%ほどあるレビー小体型認知症は、レビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能を低下させるもの、幻視・歩行障害などが特徴となっている。同じく10%ほどある前頭側頭型認知症は、前頭葉と側頭葉の神経に特に異常が見られ、感情の起伏が激しい特徴があるという。レビー型について花田さんは「ちょっと歳のいった方に多いが、若い方からなるのはある」など話した。

4つの認知症診断について説明。「5分前に聞いた話を思い出せないことがある」「慣れているところで道に迷う」「よく会う人の名前が出てきないことがある」「きょうが何月何日かわからない」「自分のいる場所がわからなくなることがある」「これまで好きだった趣味に興味がなくなった」「受診日に薬が余っている」「財布や鍵など物を置いた場所がわからなくなる」「家賃や公共料金の支払いが一人でできない」「脳梗塞や脳出血・くも膜下出血などの脳の血管の病気になったことがある」「最近よくむせる、のみにくいことがある」「以前よりイライラして家族や友人と口論になることが多くなった」「実際にはないものが見える」「バタンとこけやすくなった」「日によってボーッとしている日とはっきりしている日がある」「反社会的な行動をとるが罪悪感がない」「食欲が異常に旺盛となったり同じものばっかり食べるなど食習慣が変わった」。1〜9に◯が3個以上でアルツハイマー型の可能性、1〜9に◯2個以上なおかつ10〜12に◯2個以上で脳血管性の可能性。1〜9に◯2個以上・13〜15に◯2個以上はレビー小体型の可能性。16〜17に◯1個以上で前頭型頭型の可能性がある。

認知症にとって最も重要なのが早期発見。その早期発見に最も重要なのが家族の目。 花田一志は「家族が日々の生活の中で『物忘れだけでは発症しない』ことはみなさんに知って頂きたい」「認知度予防は頭をよく使う、運動するなど生活習慣病予防に近いものが予防法になる。決定的な予防法はない」など述べた。アルツハイマー型認知症は脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変性し機能を低下させる記憶障害の特徴がある。レビー小体型認知症はレビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能低下させる。特徴は幻視・歩行障害など。これらの症状の病院での診断について花田は「一般の病院では難しい。最新技術があるところであればアミロイドβなどわかることはある」など述べた。認知症患者数は国内に現在462万人、予備軍は400万人。2025年には高齢者の3人に1人が認知症または軽度認識障害に。

認知症の治療法について、薬物療法では完治できないが症状軽減や進行を遅らせることが可能。薬について花田一志は「神経を活性化させる薬が挙げてある。神経が活性化していると死滅しにくい。アリセプトはレビー小体型認知症の方に投与すると原子が収まることがある」など、パーキンソン病の方が薬を飲むことで幻覚が見えるという話には「実はレビー小体はパーキンソン病より溜まる。レビー小体型認知症とパーキンソン病は親戚のような病気なのでどっちにも出たりする」など、幻覚を見た際の家族の接し方には「そこに何もないと言うより確かめるというのが良い」など述べた。


アルツハイマー病

レビー小体型について説明。レビー小体型認知症・患者の実体験によれば、幻視で虫や人が家の中にいるように見えたり、じーっと見ていてパっと消えた時に幻視と気づくという。主に、床の模様や窓の外の風景が動いて見える。他にも、ナイフで切られた痛みやタバコの火を押し付けた熱さを感じたりするものは、樋口さんによれば「特に初期は物忘れがない人が多いためうつ病や統合失調症と診断され処方薬で悪化する。」など話した。RIKACOさんは「最初は4年ぐらいまえに落ち着きないことから始まってアルツハイマー病と診断された後、症状が変わってきて2年前にレビー型って分かった。そこまでの経緯が悪化していったけれど、はっきりわからない限り家族もどう対応したらいいかわからない」など話した。


統合失調症

レビー小体型について説明。レビー小体型認知症・患者の実体験によれば、幻視で虫や人が家の中にいるように見えたり、じーっと見ていてパっと消えた時に幻視と気づくという。主に、床の模様や窓の外の風景が動いて見える。他にも、ナイフで切られた痛みやタバコの火を押し付けた熱さを感じたりするものは、樋口さんによれば「特に初期は物忘れがない人が多いためうつ病や統合失調症と診断され処方薬で悪化する。」など話した。RIKACOさんは「最初は4年ぐらいまえに落ち着きないことから始まってアルツハイマー病と診断された後、症状が変わってきて2年前にレビー型って分かった。そこまでの経緯が悪化していったけれど、はっきりわからない限り家族もどう対応したらいいかわからない」など話した。


うつ病

レビー小体型について説明。レビー小体型認知症・患者の実体験によれば、幻視で虫や人が家の中にいるように見えたり、じーっと見ていてパっと消えた時に幻視と気づくという。主に、床の模様や窓の外の風景が動いて見える。他にも、ナイフで切られた痛みやタバコの火を押し付けた熱さを感じたりするものは、樋口さんによれば「特に初期は物忘れがない人が多いためうつ病や統合失調症と診断され処方薬で悪化する。」など話した。RIKACOさんは「最初は4年ぐらいまえに落ち着きないことから始まってアルツハイマー病と診断された後、症状が変わってきて2年前にレビー型って分かった。そこまでの経緯が悪化していったけれど、はっきりわからない限り家族もどう対応したらいいかわからない」など話した。


幻視

50歳で「レビー小体型認知症」と診断された樋口直美さんは、日常生活で突然襲う悩みと苦しみを襲いかかる幻覚と語った。幻視では窓の外の風景が電車乗ってきているように視え、幻聴は誰もいない部屋から物音がするものが聞こえるなど心を苦しむ他、病としてなってしまったものは体感幻覚として生み出してしまう。一番恐れたことは、「病そのものではなく、自分そのものに怖い」と感じてしまった。治療で多くの症状が改善されたとされるが、自身の体験などから語る「ある問題点」は、物忘れない方が多く認知症と思わないこと。

レビー小体型について説明。レビー小体型認知症・患者の実体験によれば、幻視で虫や人が家の中にいるように見えたり、じーっと見ていてパっと消えた時に幻視と気づくという。主に、床の模様や窓の外の風景が動いて見える。他にも、ナイフで切られた痛みやタバコの火を押し付けた熱さを感じたりするものは、樋口さんによれば「特に初期は物忘れがない人が多いためうつ病や統合失調症と診断され処方薬で悪化する。」など話した。RIKACOさんは「最初は4年ぐらいまえに落ち着きないことから始まってアルツハイマー病と診断された後、症状が変わってきて2年前にレビー型って分かった。そこまでの経緯が悪化していったけれど、はっきりわからない限り家族もどう対応したらいいかわからない」など話した。

認知症の4つのタイプについて説明。全体60%ほどあるアルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変成し機能を悪化させ、記憶障害が特徴となっている。20%ほどある脳血管性認知症は、脳梗塞など脳の出血障害により神経細胞が破壊・死滅してしまうことが原因となっていて、性格の変化が特徴となっている。花田さんは「イライラしている方多い」などコメントした。10%ほどあるレビー小体型認知症は、レビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能を低下させるもの、幻視・歩行障害などが特徴となっている。同じく10%ほどある前頭側頭型認知症は、前頭葉と側頭葉の神経に特に異常が見られ、感情の起伏が激しい特徴があるという。レビー型について花田さんは「ちょっと歳のいった方に多いが、若い方からなるのはある」など話した。

認知症にとって最も重要なのが早期発見。その早期発見に最も重要なのが家族の目。 花田一志は「家族が日々の生活の中で『物忘れだけでは発症しない』ことはみなさんに知って頂きたい」「認知度予防は頭をよく使う、運動するなど生活習慣病予防に近いものが予防法になる。決定的な予防法はない」など述べた。アルツハイマー型認知症は脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変性し機能を低下させる記憶障害の特徴がある。レビー小体型認知症はレビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能低下させる。特徴は幻視・歩行障害など。これらの症状の病院での診断について花田は「一般の病院では難しい。最新技術があるところであればアミロイドβなどわかることはある」など述べた。認知症患者数は国内に現在462万人、予備軍は400万人。2025年には高齢者の3人に1人が認知症または軽度認識障害に。


レビー小体型認知症

オノ・ヨーコが幻覚型認知症であると実弟が告白した。オノ・ヨーコはジョン・レノンの妻として、世界で最も有名な日本人とも呼ばれた。先日デイリー・メールが報道したのはオノ・ヨーコが車椅子に座る姿。オノ・ヨーコは現在もジョン・レノンが射殺された場所であるダコタ・ハウスに住み続けている。その記事から10日後、日本の週刊新潮に弟の啓輔氏が語った話で現在幻覚型認知症で悩んでいると言う記事が載った。一般的な認知症であるアルツハイマーではなく、レビー小体型認知症とは幻視が見え、感覚にも現れるという。

オノ・ヨーコが車椅子に乗っている姿が報じられて話題となり、実弟が幻覚型認知症に悩まされていると明かした。この認知症はレビー小体型認知症と呼ばれている。レビー小体というタンパク質が脳内のものを考える中枢部分などに現れ神経細胞を破壊する。レビー小体が蓄積した場所では神経伝達がうまく行かず認知症の症状が出るという。その出て来る原因は分かっていないという。去年2月脳卒中で倒れたというニュースが世界中をめぐり、息子は脱水症状と過労だと報道を否定した。今年に入り反トランプデモに参加するなど健在な姿を見せていたが4月にオノ・ヨーコさんが車に乗っている姿を報じた。テリー伊藤は車椅子で人前に現れることがオノ・ヨーコさんの生き様を表していると言い、この歳ならば車椅子に載っていてもおかしくないという意志を見せているのではないかと話した。レビー小体型認知症は症状が多彩なため正確な診断が難しく、他の病気と診断されると処方された薬で悪化する可能性もあるという。

50歳で「レビー小体型認知症」と診断された樋口直美さんは、日常生活で突然襲う悩みと苦しみを襲いかかる幻覚と語った。幻視では窓の外の風景が電車乗ってきているように視え、幻聴は誰もいない部屋から物音がするものが聞こえるなど心を苦しむ他、病としてなってしまったものは体感幻覚として生み出してしまう。一番恐れたことは、「病そのものではなく、自分そのものに怖い」と感じてしまった。治療で多くの症状が改善されたとされるが、自身の体験などから語る「ある問題点」は、物忘れない方が多く認知症と思わないこと。

レビー小体型について説明。レビー小体型認知症・患者の実体験によれば、幻視で虫や人が家の中にいるように見えたり、じーっと見ていてパっと消えた時に幻視と気づくという。主に、床の模様や窓の外の風景が動いて見える。他にも、ナイフで切られた痛みやタバコの火を押し付けた熱さを感じたりするものは、樋口さんによれば「特に初期は物忘れがない人が多いためうつ病や統合失調症と診断され処方薬で悪化する。」など話した。RIKACOさんは「最初は4年ぐらいまえに落ち着きないことから始まってアルツハイマー病と診断された後、症状が変わってきて2年前にレビー型って分かった。そこまでの経緯が悪化していったけれど、はっきりわからない限り家族もどう対応したらいいかわからない」など話した。

認知症の4つのタイプについて説明。全体60%ほどあるアルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変成し機能を悪化させ、記憶障害が特徴となっている。20%ほどある脳血管性認知症は、脳梗塞など脳の出血障害により神経細胞が破壊・死滅してしまうことが原因となっていて、性格の変化が特徴となっている。花田さんは「イライラしている方多い」などコメントした。10%ほどあるレビー小体型認知症は、レビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能を低下させるもの、幻視・歩行障害などが特徴となっている。同じく10%ほどある前頭側頭型認知症は、前頭葉と側頭葉の神経に特に異常が見られ、感情の起伏が激しい特徴があるという。レビー型について花田さんは「ちょっと歳のいった方に多いが、若い方からなるのはある」など話した。

4つの認知症診断について説明。「5分前に聞いた話を思い出せないことがある」「慣れているところで道に迷う」「よく会う人の名前が出てきないことがある」「きょうが何月何日かわからない」「自分のいる場所がわからなくなることがある」「これまで好きだった趣味に興味がなくなった」「受診日に薬が余っている」「財布や鍵など物を置いた場所がわからなくなる」「家賃や公共料金の支払いが一人でできない」「脳梗塞や脳出血・くも膜下出血などの脳の血管の病気になったことがある」「最近よくむせる、のみにくいことがある」「以前よりイライラして家族や友人と口論になることが多くなった」「実際にはないものが見える」「バタンとこけやすくなった」「日によってボーッとしている日とはっきりしている日がある」「反社会的な行動をとるが罪悪感がない」「食欲が異常に旺盛となったり同じものばっかり食べるなど食習慣が変わった」。1〜9に◯が3個以上でアルツハイマー型の可能性、1〜9に◯2個以上なおかつ10〜12に◯2個以上で脳血管性の可能性。1〜9に◯2個以上・13〜15に◯2個以上はレビー小体型の可能性。16〜17に◯1個以上で前頭型頭型の可能性がある。

認知症にとって最も重要なのが早期発見。その早期発見に最も重要なのが家族の目。 花田一志は「家族が日々の生活の中で『物忘れだけでは発症しない』ことはみなさんに知って頂きたい」「認知度予防は頭をよく使う、運動するなど生活習慣病予防に近いものが予防法になる。決定的な予防法はない」など述べた。アルツハイマー型認知症は脳内にアミロイドβが蓄積することで神経線維が変性し機能を低下させる記憶障害の特徴がある。レビー小体型認知症はレビー小体というたんぱく質が脳内に蓄積することで機能低下させる。特徴は幻視・歩行障害など。これらの症状の病院での診断について花田は「一般の病院では難しい。最新技術があるところであればアミロイドβなどわかることはある」など述べた。認知症患者数は国内に現在462万人、予備軍は400万人。2025年には高齢者の3人に1人が認知症または軽度認識障害に。

認知症の治療法について、薬物療法では完治できないが症状...


うつ病

労働災害で亡くなった電通の女性社員の母親が女性社員の母校である東京大学で講演を行った。講演では「健康で幸せになれる社会を実現してほしい」など訴えた。


うつ病

労働災害で亡くなった電通の女性社員の母親が女性社員の母校である東京大学で講演を行った。講演では「健康で幸せになれる社会を実現してほしい」など訴えた。


うつ病

労働災害で亡くなった電通の女性社員の母親が女性社員の母校である東京大学で講演を行った。講演では「健康で幸せになれる社会を実現してほしい」など訴えた。


パーキンソン病

妻・寿美花代さんが夫・忠夫さんを15年前から介護生活をしていた。1998年から高島忠夫さんがうつ病を発症。寿美花代さんは仕事を続けながら自宅介護を開始。忠夫さんは他にも糖尿病・心臓病・パーキンソン病を患った。19年間に渡って介護生活が続いている。徳光さんは「心臓病を患ったときにカミさんがいなかったら死んでいた。カミさんと一緒にゴルフをするためにホテルに宿泊。そのときに支障をきたして病院に連れて行かれた。少し遅かったら危なかった」と話した。