ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 3068件中 1〜10件目

「うつ病」に関連する本・コミック・雑誌

精神薬を服用するきっかけとして、2001年くらいに弟が急死をした過去を明かした。それから、呼吸困難や精神的なダメージを感じ、病院に駆け込んだところパニック障害だと診断されたという。

「「うつ病」が僕のアイデンティティだった 薬物依存というドロ沼からの生還」

Amazon.co.jp


うつ病

有名ギタリストである山口岩男さんが登場。合計35種類の精神薬を12年間飲み続けていたほど、依存症に苦しんでいた過去を暴露する。薬を服用していたころには、薬の影響で約40kg太っていいたことや、2010年頃の2年間に車の事故を7回起こしていたことなどを明かし、まともに生活できないほど体はボロボロになっていたという。さらに、現在処方されている薬に対し、「不思議なんですけど精神安定剤というのは落とすんですよね。同時に、気分が落ちてっていうと、抗うつ剤がでるんですよ。電車に飛び込んじゃうあれのほとんどは、抗うつ剤でテンションがあがって、落ち込んで行くんじゃなくてハイになっちゃってる」と語った。そんな地獄のなか、新たにアルコールに手を出してしまったという。「缶ビールからはじまって、ワイン1本は最低飲んでいたかな…だんだん食べられなくなるんですよね。そのうち、優先順位の低い約束は延期したりしはじめて…突然吐くとか」。


東京拘置所

先週死刑が執行されたオウム真理教の元教祖。刑を執行された当日、朝の様子が関係者の取材で明らかになった。今月6日午前7時40分ごろ、東京拘置所の独居房で朝食を済ませた元教祖に刑務官が声をかけた。刑務官に付き添われ元教祖が向かったのは祈りを捧げたり遺書を書くことができる教誨室。終始呆然としていたという。引き取りについて聞かれると、少し間が空いたあと遺骨の引き取り先として四女の名前を口にしたという。教誨室を出て刑場に入った元教祖は所長から執行を告げられ午前8時過ぎ刑が執行。その後、東京拘置所では教団幹部2人の死刑を執行された。3人の死刑執行は2時間余で終わったという。

死刑執行された幹部の1人は遺体の引き渡し先を問われるとアレフの担当者の名前を挙げ、今日さいたま市内で関係者らが集まり火葬された。もう1人の幹部は死刑執行の時期が近いと感じると暴れる傾向にあったという。遺骨は婚約者の女性に引き渡された。東京拘置所の刑場では執行室の隣の部屋で目隠しをされ、前に手錠をかけられる。その後執行室に連れて行かれ踏み板の上に乗せられる。両足を縛られ、首にロープがかけられる。裏手には踏み板を開けるためのボタンが3つあり、責任者が無言で手を振り下ろすのを合図に3人が一斉に押す。作動したボタンは分からず、踏み板から4m下に落下する。元刑務官はボタンを押した人が殺したことの負担が強いというとそうじゃない。それよりも直接肌に触れた刑務官の方が辛い。うつ病になり免職になった人もいるとした。現在収容中の確定死刑囚は116人、内閣府の世論調査では死刑制度についてやむを得ないを考える人が8割に昇る。上川法相をは減段替の執行方法の見直しは考えないとしたが、専門家は執行方法を検討すべきと指摘している。


うつ病

服役中にノーベル平和賞を受賞し去年死去した劉暁波さんの妻の劉霞さんがきょう北京からベルリン行きの飛行機の搭乗した。劉霞さんについて知人は出国が認められず外部との連絡も厳しく制限されていたためうつ病を患っていたと話している。欧米諸国は中国に対し劉霞さんを自由にするよう要求しており、中国は劉暁波さんの一周忌を前に出国を認めた可能性がある。


うつ病

娘さんの元カレが住んでいる。上下は同じ間取り、2Kで家賃45000円、風呂なし。現在上の部屋から下に荷物を卸している。父と彼氏が釣り好き。元彼と女友達とは幼馴染。釣り帰りの元彼は新中川でスズキ4匹が連れたという。元彼は娘と現在7年付き合っており結婚を考えていると話す。娘、友人らは障害者手帳を持っている。友人は知的障害、娘は精神疾患。元彼は自立出来るようになっているが女友達の方はまだだという。娘はバツ2、22歳ごろと27歳ごろに離婚。元彼とは友達経由で知り合った。現在生活保護を貰っており働いていない。


うつ病

鶴岡市にあるサリバテック社では医療機関と提携し唾液によるがんのスクリーニング検査を行っている。鶴岡市は研究所から技術が生まれればベンチャー企業が立ち上がり、街の活性化につながると考えた。慶応大学先端生命科学研究所の冨田所長は「地域のためではなく社会などのために産業を興す、それがうまく行けば地元も潤う」などとコメントした。


うつ病

座りすぎが原因で年間200万人が亡くなっているという。海外では喫煙と同様健康にリスクがあると指摘されている座りすぎ。早稲田大学の岡教授は座りすぎにより糖尿病や心疾患などの恐れがあると指摘。2012年にオーストラリアで発表された研究結果によると、座っている時間が長い人は死亡のリスクが高くなるという。調査によると1日に4時間未満しか座らない人と比べ、11時間以上座っている人は死亡リスクが40%以上高まるという。また、今年4月アメリカのカリフォルニア大学では座りすぎはアルツハイマーなどの認知症のリスクが高まると発表。オーストラリアの研究では世界20か国を調査したところ日本がもっとも長く座って生活しているという。 


老人性うつ病

きょうのゲストは安藤和津。母が病気により人格が変わってしまい、その母を在宅介護するうちに疲れていった心が、ふと見たお笑い番組によってお腹の底から笑うことができ、以前の自分に戻ったといった話をした。


塩野義

シオノギ製薬はアメリカの製薬会社うつ病治療の新薬について日本国内での販売権を取得する契約をしたと発表。新薬は効果が出るまでの期間を大幅に短縮でき、収益に大きく貢献する可能性。シオノギ製薬は契約一時金として約100億円、今後最大530億円を追加負担する。


躁うつ病

旧優生保護法をめぐり、「障害などが遺伝する」という旧優生保護法の根拠に1970年代に疑問の声があがっていたことがわかった。野田正彰は、1973年に精神病は遺伝ではなく環境が原因ではと疑問をなげかけていた。同年に、国会で知的障害は遺伝するという学校の教科書などの記述に批判の声があがっていた。1980年ごろまでに教科書から「障害などが遺伝する」という文章は無くなっていった一方、強制不妊手術については続けられていた。野田正彰は「遺伝するという考えが日本社会の常識になってしまった。行った人と国が謝罪をしないといけない」などと話した。