ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 2829件中 1〜10件目

うつ病

おととし兵庫県警の機動隊員2人が相次いで自殺した問題で、そのうちの1人の遺族が「上司によるパワハラが原因だった」と県に対して損害賠償を求める訴えを起こした。訴状によると機動隊員は上司から暴言や体罰を受け、うつ病を発症したという。兵庫県警は内部調査を行ったが、「パワハラやいじめと言えるまでの言動はなかった」と遺書に名指しされた上司や同僚らの処分は行っていない。


川越法律事務所

A氏にインタビューを行った。労働組合に相談したことが消防長の逆鱗に触れた。1年間で全ての仕事ができなければ退職するという誓約書を提出させられたという。現場出動の業務からは外され、事務処理作業を行う毎日。さらに、炎天下で1日中草むしりをさせられたり、パソコンにペンを置いただけで始末書を書かされたこともあるという。A氏は2013年にうつ病を発症。診断書を提出した際にも「君にはここは向かない、向く仕事を探した方がいい」などと約80分に渡り言われ続けた音声データが記録されていた。担当弁護士は数年にわたっての退職勧奨、誓約書を書かせていることなどがパワハラにあたると指摘。提訴された行田市は「現時点で訴訟内容を精査しており今後、法廷での審議を通じで明らかにしていきたい」としている。行田市消防本部は誓約書の提出指示に関して「本人の自覚を促す努力目標として誓約書を求めた。退職強要とは認識していない。しかし、適切さを欠く行為であったと受け止めている」などとコメント。行田市は消防長に対して訓告処分を行った。来月17日に行われる裁判ではパワハラの事実があったかどうかについて争われることになる。


うつ病

今月11日、埼玉県行田市消防本部で消防長から退職を強要されるなどのパワハラを受けた男性消防士長がうつ病を発症。市を相手取り慰謝料など約1117万円の支払いを求め提訴した。2011年5月、消防士長のA氏は公務外で左アキレス腱を断裂し完治まで有休を使うことを消防長に相談。約3か月、職場復帰をしたが2か月後には部署異動。A氏は現場出動の業務から外れ事務処理作業を毎日行うことになった。また、些細なことで度々激しい叱責を受けるようになった。番組は消防長とのやり取りが録音された音声データを独自入手した。「あんたの給料出すためにもっとまともな職員が1人雇える」などパワハラとも受け取れる数々の音声が記録されていた。消防長は3か月間休んだA氏を厳しく非難。A氏が自治労連に相談したところ消防長に連絡が入ったという。

A氏にインタビューを行った。労働組合に相談したことが消防長の逆鱗に触れた。1年間で全ての仕事ができなければ退職するという誓約書を提出させられたという。現場出動の業務からは外され、事務処理作業を行う毎日。さらに、炎天下で1日中草むしりをさせられたり、パソコンにペンを置いただけで始末書を書かされたこともあるという。A氏は2013年にうつ病を発症。診断書を提出した際にも「君にはここは向かない、向く仕事を探した方がいい」などと約80分に渡り言われ続けた音声データが記録されていた。担当弁護士は数年にわたっての退職勧奨、誓約書を書かせていることなどがパワハラにあたると指摘。提訴された行田市は「現時点で訴訟内容を精査しており今後、法廷での審議を通じで明らかにしていきたい」としている。行田市消防本部は誓約書の提出指示に関して「本人の自覚を促す努力目標として誓約書を求めた。退職強要とは認識していない。しかし、適切さを欠く行為であったと受け止めている」などとコメント。行田市は消防長に対して訓告処分を行った。来月17日に行われる裁判ではパワハラの事実があったかどうかについて争われることになる。


行田市役所

今月11日、埼玉県行田市消防本部で消防長から退職を強要されるなどのパワハラを受けた男性消防士長がうつ病を発症。市を相手取り慰謝料など約1117万円の支払いを求め提訴した。2011年5月、消防士長のA氏は公務外で左アキレス腱を断裂し完治まで有休を使うことを消防長に相談。約3か月、職場復帰をしたが2か月後には部署異動。A氏は現場出動の業務から外れ事務処理作業を毎日行うことになった。また、些細なことで度々激しい叱責を受けるようになった。番組は消防長とのやり取りが録音された音声データを独自入手した。「あんたの給料出すためにもっとまともな職員が1人雇える」などパワハラとも受け取れる数々の音声が記録されていた。消防長は3か月間休んだA氏を厳しく非難。A氏が自治労連に相談したところ消防長に連絡が入ったという。

A氏にインタビューを行った。労働組合に相談したことが消防長の逆鱗に触れた。1年間で全ての仕事ができなければ退職するという誓約書を提出させられたという。現場出動の業務からは外され、事務処理作業を行う毎日。さらに、炎天下で1日中草むしりをさせられたり、パソコンにペンを置いただけで始末書を書かされたこともあるという。A氏は2013年にうつ病を発症。診断書を提出した際にも「君にはここは向かない、向く仕事を探した方がいい」などと約80分に渡り言われ続けた音声データが記録されていた。担当弁護士は数年にわたっての退職勧奨、誓約書を書かせていることなどがパワハラにあたると指摘。提訴された行田市は「現時点で訴訟内容を精査しており今後、法廷での審議を通じで明らかにしていきたい」としている。行田市消防本部は誓約書の提出指示に関して「本人の自覚を促す努力目標として誓約書を求めた。退職強要とは認識していない。しかし、適切さを欠く行為であったと受け止めている」などとコメント。行田市は消防長に対して訓告処分を行った。来月17日に行われる裁判ではパワハラの事実があったかどうかについて争われることになる。


行田市消防本部

今月11日、埼玉県行田市消防本部で消防長から退職を強要されるなどのパワハラを受けた男性消防士長がうつ病を発症。市を相手取り慰謝料など約1117万円の支払いを求め提訴した。2011年5月、消防士長のA氏は公務外で左アキレス腱を断裂し完治まで有休を使うことを消防長に相談。約3か月、職場復帰をしたが2か月後には部署異動。A氏は現場出動の業務から外れ事務処理作業を毎日行うことになった。また、些細なことで度々激しい叱責を受けるようになった。番組は消防長とのやり取りが録音された音声データを独自入手した。「あんたの給料出すためにもっとまともな職員が1人雇える」などパワハラとも受け取れる数々の音声が記録されていた。消防長は3か月間休んだA氏を厳しく非難。A氏が自治労連に相談したところ消防長に連絡が入ったという。

A氏にインタビューを行った。労働組合に相談したことが消防長の逆鱗に触れた。1年間で全ての仕事ができなければ退職するという誓約書を提出させられたという。現場出動の業務からは外され、事務処理作業を行う毎日。さらに、炎天下で1日中草むしりをさせられたり、パソコンにペンを置いただけで始末書を書かされたこともあるという。A氏は2013年にうつ病を発症。診断書を提出した際にも「君にはここは向かない、向く仕事を探した方がいい」などと約80分に渡り言われ続けた音声データが記録されていた。担当弁護士は数年にわたっての退職勧奨、誓約書を書かせていることなどがパワハラにあたると指摘。提訴された行田市は「現時点で訴訟内容を精査しており今後、法廷での審議を通じで明らかにしていきたい」としている。行田市消防本部は誓約書の提出指示に関して「本人の自覚を促す努力目標として誓約書を求めた。退職強要とは認識していない。しかし、適切さを欠く行為であったと受け止めている」などとコメント。行田市は消防長に対して訓告処分を行った。来月17日に行われる裁判ではパワハラの事実があったかどうかについて争われることになる。


過敏性腸症候群

一日の中でも寒暖差があるなか、秋バテになる可能性がある。短期間に8℃の寒暖差が起きると、秋バテになる可能性がある。スタジオメンバーも秋バテを患っている可能性がある。秋バテをこじらせると季節性うつ病・過敏性腸症候群になる可能性もある。秋バテの仕組みは、寒暖差によって血管の伸縮が不調になるからである。


季節性うつ病

一日の中でも寒暖差があるなか、秋バテになる可能性がある。短期間に8℃の寒暖差が起きると、秋バテになる可能性がある。スタジオメンバーも秋バテを患っている可能性がある。秋バテをこじらせると季節性うつ病・過敏性腸症候群になる可能性もある。秋バテの仕組みは、寒暖差によって血管の伸縮が不調になるからである。


うつ病

女性が、亡くなった父親が残した手紙を読み上げた。女性の父親は、甲子園出場経験がある。


アキレス腱断裂

埼玉の行田市消防本部に勤務する30代男性は2011年以降上司から退職を迫られるなどパワハラを受けうつ病と診断された。男性は行田市に対し慰謝料など約1100万円の支払いを求めさいたま地裁に提訴した。アキレス腱断裂時に完治するまで有休を使うしかないがそういう形で良いかと上司に伝えたところ「入庁3年目で3か月も休むやつがいるか。そんなやつはいらない」とパワハラが始まったという。男性は2013年にうつ病と診断され休職、2016年から復職するも嫌がらせが続いたという。この問題では地方公務員災害補償基金県支部が1月に男性の公務災害を認定、市は4月に上司の消防長を訓告処分としている。市では「現時点で訴状内容を確認できていないので確認でき次第検討の上対応して参りたい」としている。


うつ病

埼玉の行田市消防本部に勤務する30代男性は2011年以降上司から退職を迫られるなどパワハラを受けうつ病と診断された。男性は行田市に対し慰謝料など約1100万円の支払いを求めさいたま地裁に提訴した。アキレス腱断裂時に完治するまで有休を使うしかないがそういう形で良いかと上司に伝えたところ「入庁3年目で3か月も休むやつがいるか。そんなやつはいらない」とパワハラが始まったという。男性は2013年にうつ病と診断され休職、2016年から復職するも嫌がらせが続いたという。この問題では地方公務員災害補償基金県支部が1月に男性の公務災害を認定、市は4月に上司の消防長を訓告処分としている。市では「現時点で訴状内容を確認できていないので確認でき次第検討の上対応して参りたい」としている。