ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ病」の検索結果

「うつ病」に関連する情報 3024件中 1〜10件目

うつ病

西城秀樹さんは二度の脳梗塞に倒れリハビリを続けてきた。その中でも障害歌手として生きていきたいという強い思いを持っていた。言語障害や右半身麻痺といった歌手生命に関わる後遺症を乗り越えようと頑張っていたという。西城さんは2001年に一般女性と結婚、2002年には長女が誕生した。だが48歳で脳梗塞を発症、その後うつ病と戦っていた事を告白し、2011年には脳梗塞の再発が発表された。右半身麻痺の後遺症を残しながらも2015年には還暦バースデーライブを行った。ライブには野口五郎さんも駆けつけ、抱擁を行った。西城さんの活力の源は子供たちで楽屋にはいつも写真が貼られていたという。自身の著書では「末っ子が成人式を迎えるまではどんなことがあっても元気でいたい」などと語っていた。2015年の還暦記念アルバムには思いを込めた新曲が収録された。


脳梗塞

西城秀樹さんは2度の脳梗塞で倒れリハビリをしながら歌手活動をしてきた。先月25日に自宅で倒れ横浜市内の病院に入院しおととい亡くなった。郷ひろみさんは「デビュー当時右も左も分からない僕に親身になってくれたこと一生忘れない」、野口五郎さんは「あまりにも突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい」とコメントしている。街の人は「昭和のすごいスターがまた一人いなくなった」等と話した。

西城秀樹さんは二度の脳梗塞に倒れリハビリを続けてきた。その中でも障害歌手として生きていきたいという強い思いを持っていた。言語障害や右半身麻痺といった歌手生命に関わる後遺症を乗り越えようと頑張っていたという。西城さんは2001年に一般女性と結婚、2002年には長女が誕生した。だが48歳で脳梗塞を発症、その後うつ病と戦っていた事を告白し、2011年には脳梗塞の再発が発表された。右半身麻痺の後遺症を残しながらも2015年には還暦バースデーライブを行った。ライブには野口五郎さんも駆けつけ、抱擁を行った。西城さんの活力の源は子供たちで楽屋にはいつも写真が貼られていたという。自身の著書では「末っ子が成人式を迎えるまではどんなことがあっても元気でいたい」などと語っていた。2015年の還暦記念アルバムには思いを込めた新曲が収録された。


「うつ病」に関連する音楽・CD

蜃気楼

西城秀樹さんは二度の脳梗塞に倒れリハビリを続けてきた。その中でも障害歌手として生きていきたいという強い思いを持っていた。言語障害や右半身麻痺といった歌手生命に関わる後遺症を乗り越えようと頑張っていたという。西城さんは2001年に一般女性と結婚、2002年には長女が誕生した。だが48歳で脳梗塞を発症、その後うつ病と戦っていた事を告白し、2011年には脳梗塞の再発が発表された。右半身麻痺の後遺症を残しながらも2015年には還暦バースデーライブを行った。ライブには野口五郎さんも駆けつけ、抱擁を行った。西城さんの活力の源は子供たちで楽屋にはいつも写真が貼られていたという。自身の著書では「末っ子が成人式を迎えるまではどんなことがあっても元気でいたい」などと語っていた。2015年の還暦記念アルバムには思いを込めた新曲が収録された。


「うつ病」に関連する音楽・CD

YOUNG MAN(Y.M.C.A.)

西城秀樹さんは2度の脳梗塞で倒れリハビリをしながら歌手活動をしてきた。先月25日に自宅で倒れ横浜市内の病院に入院しおととい亡くなった。郷ひろみさんは「デビュー当時右も左も分からない僕に親身になってくれたこと一生忘れない」、野口五郎さんは「あまりにも突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい」とコメントしている。街の人は「昭和のすごいスターがまた一人いなくなった」等と話した。

西城さんは広島県出身で高1のときに上京し1972年にデビューした。1973年には”情熱の嵐”で初のオリコンチャートベストテン入りし、ザ・ベストテンでは9999点を獲得するという番組史上初の偉業を達成した。出演したCMでは「ヒデキ感激」という流行語が生まれ、「寺内貫太郎一家2」では長男役を演じた。ドラマ名物お父さん役の小林亜星さんとの乱闘シーンでは撮影中に骨折し、ギプスをしたまま出演した。デビューから46年、病と戦い続けながら最期までステージに立ち続けた。スタジオの夏目三久は「画面がキラキラしていてほんとにスターだった」浜田敬子は「ザ・ベストテンを観て、みんなで歌と振り付けを覚えた」などとコメントした。

西城秀樹さんは二度の脳梗塞に倒れリハビリを続けてきた。その中でも障害歌手として生きていきたいという強い思いを持っていた。言語障害や右半身麻痺といった歌手生命に関わる後遺症を乗り越えようと頑張っていたという。西城さんは2001年に一般女性と結婚、2002年には長女が誕生した。だが48歳で脳梗塞を発症、その後うつ病と戦っていた事を告白し、2011年には脳梗塞の再発が発表された。右半身麻痺の後遺症を残しながらも2015年には還暦バースデーライブを行った。ライブには野口五郎さんも駆けつけ、抱擁を行った。西城さんの活力の源は子供たちで楽屋にはいつも写真が貼られていたという。自身の著書では「末っ子が成人式を迎えるまではどんなことがあっても元気でいたい」などと語っていた。2015年の還暦記念アルバムには思いを込めた新曲が収録された。


「うつ病」に関連する音楽・CD

ブーメランストリート

西城秀樹さんは二度の脳梗塞に倒れリハビリを続けてきた。その中でも障害歌手として生きていきたいという強い思いを持っていた。言語障害や右半身麻痺といった歌手生命に関わる後遺症を乗り越えようと頑張っていたという。西城さんは2001年に一般女性と結婚、2002年には長女が誕生した。だが48歳で脳梗塞を発症、その後うつ病と戦っていた事を告白し、2011年には脳梗塞の再発が発表された。右半身麻痺の後遺症を残しながらも2015年には還暦バースデーライブを行った。ライブには野口五郎さんも駆けつけ、抱擁を行った。西城さんの活力の源は子供たちで楽屋にはいつも写真が貼られていたという。自身の著書では「末っ子が成人式を迎えるまではどんなことがあっても元気でいたい」などと語っていた。2015年の還暦記念アルバムには思いを込めた新曲が収録された。


うつ病

西城秀樹さんは2003年に脳梗塞を発症した。言語障害などの後遺症に見舞われたが、リハビリを経て復帰した。後に出演したTV番組では闘病生活について「うつ病になったり、極度な世界に入り込んでいた。ただかけがえのないものを得た。技術ではなく伝えたいという思いで戦っていきたい」などと語った。病気を経験し歌への思いをより強めていた。西城さんを支えたのは2001年に結婚した妻だった。歌手をやめようと言ったときに「パパの考えならついていくけど答え出すの早くない?命助かったじゃない」と言われ、なんでもやろうという気持ちになったという。2011年、56歳のときに再び脳梗塞を発症。後遺症は前回よりも重かったが、リハビリを経て再びステージに立った。3年前に還暦を迎えたときには還暦記念ライブを開催し、野口五郎さんが登場した。


言語障害

西城秀樹さんは2003年に脳梗塞を発症した。言語障害などの後遺症に見舞われたが、リハビリを経て復帰した。後に出演したTV番組では闘病生活について「うつ病になったり、極度な世界に入り込んでいた。ただかけがえのないものを得た。技術ではなく伝えたいという思いで戦っていきたい」などと語った。病気を経験し歌への思いをより強めていた。西城さんを支えたのは2001年に結婚した妻だった。歌手をやめようと言ったときに「パパの考えならついていくけど答え出すの早くない?命助かったじゃない」と言われ、なんでもやろうという気持ちになったという。2011年、56歳のときに再び脳梗塞を発症。後遺症は前回よりも重かったが、リハビリを経て再びステージに立った。3年前に還暦を迎えたときには還暦記念ライブを開催し、野口五郎さんが登場した。


脳梗塞

歌手の西城秀樹さん(63)が急性心不全で亡くなった。先月25日に体調を崩し入院し、おととい息を引き取った。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらもステージに立ち続けた。”絶唱型”と呼ばれる激しいパフォーマンスが人気となり、ヒット曲を次々と送り出した。1979年に発表した「YOUNG MAN」は週間ランキング1位を記録し80万枚を超える最大のヒット曲となった。1972年に「恋する季節」でデビューした当時のキャッチフレーズは“ワイルドな17歳”。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ、一躍トップアイドルになった。1973年、74年に2年連続で「日本レコード大賞 歌唱賞」を受賞した。1973年から12年間出演したハウスバーモントカレーのCMでは、「ヒデキ、感激!」が名フレーズとなった。放映していたハウス食品は「TVCMは大変好評をいただきそのお陰もあって今日カレーライスが国民食とまで言われ皆様に愛されるようになりました」などとコメントを発表した。

西城秀樹さんは2003年に脳梗塞を発症した。言語障害などの後遺症に見舞われたが、リハビリを経て復帰した。後に出演したTV番組では闘病生活について「うつ病になったり、極度な世界に入り込んでいた。ただかけがえのないものを得た。技術ではなく伝えたいという思いで戦っていきたい」などと語った。病気を経験し歌への思いをより強めていた。西城さんを支えたのは2001年に結婚した妻だった。歌手をやめようと言ったときに「パパの考えならついていくけど答え出すの早くない?命助かったじゃない」と言われ、なんでもやろうという気持ちになったという。2011年、56歳のときに再び脳梗塞を発症。後遺症は前回よりも重かったが、リハビリを経て再びステージに立った。3年前に還暦を迎えたときには還暦記念ライブを開催し、野口五郎さんが登場した。


万里の長城

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


大阪スタヂアム

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。