ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ」の検索結果

「うつ」に関連する情報 10565件中 1〜10件目

千葉大学

性暴力被害を受けた女性のうち警察に連絡をしたのはわずか4.3%しかないとのこと。一昨日文京区で開かれた性犯罪について考えるイベント。主催の中心メンバーである山本さんは13歳から20歳まで父に性暴力を受けていたという。アルコール依存や男性不信に陥り、その後看護師として性犯罪被害の支援を学び、本当のことを伝えていきたいと思ったという。今年3月に閣議決定された刑法改正法案では強姦罪は強制性交等罪となり罰則強化、また告訴がなくても性犯罪を罪に問えるようになるとのこと。また、監護者についての罪が新設される。早い審議入りが期待されていたが、共謀罪に審議が優先され今国会での成立の見通しは立っていない。今回の改正案について山本さんら被害者は前進していると評価する一方で被害の実態と合っていないと訴えている。性犯罪として認められる条件に被害者による必死の抵抗を加害者が抑え込むという条件が必要なため、摘発できない事件が残るという指摘がある。内閣府の調査では異性から無理やり性行為をされた女性の中で、心身に不調をきたした人は4人に1人。中には経済的な負担もあるという。うつ病などを引き起こす割合が高く、日常生活を送ることが難しくなるとのこと。山本さんは今でも1ヶ月に一度セラピーに通っているとのこと。料金は1回1万円で今後も通い続けるという。国は2020年までに全国の都道府県に1つは被害者の支援センターを設置する目標を掲げていて、今年度初めて1億6000万円の予算を計上した。


うつ病

性暴力被害を受けた女性のうち警察に連絡をしたのはわずか4.3%しかないとのこと。一昨日文京区で開かれた性犯罪について考えるイベント。主催の中心メンバーである山本さんは13歳から20歳まで父に性暴力を受けていたという。アルコール依存や男性不信に陥り、その後看護師として性犯罪被害の支援を学び、本当のことを伝えていきたいと思ったという。今年3月に閣議決定された刑法改正法案では強姦罪は強制性交等罪となり罰則強化、また告訴がなくても性犯罪を罪に問えるようになるとのこと。また、監護者についての罪が新設される。早い審議入りが期待されていたが、共謀罪に審議が優先され今国会での成立の見通しは立っていない。今回の改正案について山本さんら被害者は前進していると評価する一方で被害の実態と合っていないと訴えている。性犯罪として認められる条件に被害者による必死の抵抗を加害者が抑え込むという条件が必要なため、摘発できない事件が残るという指摘がある。内閣府の調査では異性から無理やり性行為をされた女性の中で、心身に不調をきたした人は4人に1人。中には経済的な負担もあるという。うつ病などを引き起こす割合が高く、日常生活を送ることが難しくなるとのこと。山本さんは今でも1ヶ月に一度セラピーに通っているとのこと。料金は1回1万円で今後も通い続けるという。国は2020年までに全国の都道府県に1つは被害者の支援センターを設置する目標を掲げていて、今年度初めて1億6000万円の予算を計上した。


うつ状態

寝具の見直し、ヨガの呼吸が寝付きにいいという。寝不足は女性の肌によくない。女性は家事、育児で男性より睡眠時間が少ない。冷え性で睡眠時間が減ることもある。うつ状態になることもあるという。寝る前にリラックスすることが必要だ。呼吸に意識を向けることで、考え事から離れることができる。睡眠日記をつけることもいい。眠くならなければ、布団から出て過ごすことも必要だ。(読売新聞)


冷え性

寝具の見直し、ヨガの呼吸が寝付きにいいという。寝不足は女性の肌によくない。女性は家事、育児で男性より睡眠時間が少ない。冷え性で睡眠時間が減ることもある。うつ状態になることもあるという。寝る前にリラックスすることが必要だ。呼吸に意識を向けることで、考え事から離れることができる。睡眠日記をつけることもいい。眠くならなければ、布団から出て過ごすことも必要だ。(読売新聞)


読売新聞

寝具の見直し、ヨガの呼吸が寝付きにいいという。寝不足は女性の肌によくない。女性は家事、育児で男性より睡眠時間が少ない。冷え性で睡眠時間が減ることもある。うつ状態になることもあるという。寝る前にリラックスすることが必要だ。呼吸に意識を向けることで、考え事から離れることができる。睡眠日記をつけることもいい。眠くならなければ、布団から出て過ごすことも必要だ。(読売新聞)


思春期うつ

去年8月、青森市でいじめを訴えて13歳の少女が自殺。第三者による審議会が報告書の原案をまとめた。いじめは自殺の背景の1つだが、両親の指導を原因とする「思春期うつ」と記載。先月の会見で、父親は「会ったこともない人に勝手にうつにされていることは許せるわけがない」と主張。同じ医療機関から委員に選ばれた精神科医と臨床心理士が思春期うつと判断。この精神科医は3年前に17歳の少女が自殺した件も母親の指導を背景とするうつなど複合的要因と結論づけた。青森市は県外から委員を選び直し再調査する方針。


うつ病

桂ざこばさんが一昨日体長を崩し、稽古場に到着時に足がもつれ言葉も不明瞭で入院となった。機能所属事務所がFAXで発表し1か月出演休止となった。金曜会ったときは普通だったという。台詞の入が悪いなと話していたという。稽古場へはいつも車だったがこの日は地下鉄で行かれているという。左中大脳動脈閉塞症、塞栓性脳梗塞は左中大脳動脈閉塞症は左側の中大脳が詰まった。塞栓性脳梗塞は心臓などでできたものが脳に詰まったという。心臓に出来た血の塊が脳のどこかに行ってしまうという。中大脳動脈は血管が太く行くことが多いという。中大脳は手足の運動中枢、言葉の理解や視覚中枢の通り道などである。発見が早いほど後遺症が残りにくいという。現在はカテーテル治療などを受けており意思疎通可能でトイレなどにも行き体も動かせる状態だという。実は過去に脳梗塞を起こしたあとがあり不安がっていたという。薬なども飲むこともあるという。脳梗塞の痕跡はドッグに行くとよく言われるという宮根さんと井上さん。隠れ脳梗塞は放置されるという。前兆は体の半身に力が入らない、体の半身がしびれる。めまいやものが二重に見える。舌がもつれるなどがある。24時間以内に症状が消え後遺症が残らない。症状が消えても脳内で何かが起きている可能性があるという。一時的に詰まったものがとれると治るがダメージは残っており2回めつまりに弱くなるという。治ってしまったら病院には行かないという。なりやすいひとは高血圧、高血糖、高脂血症で特に夏はやってはいけないことがあるという。


左中大脳動脈閉塞症

桂ざこばが脳梗塞のため緊急入院した。以前から不安がっていたという。昨日放送のテレビ番組に出ていたが収録は金曜日で、そのあと緊急入院したと発表。異変が生じたのは一昨日。舞台稽古のために向かった時足元がふらつき言葉も不明瞭になり異変に気がついた弟子が119番。医師から塞栓性脳梗塞と言われた。中大脳動脈に血栓がみつかったという。番組で一緒だった辛坊さんはいつものような調子で元気に出演してくれていたという。6月半ばにパーティーがあり行くと話していた。15歳の頃桂米朝に弟子入りし芸歴55年となった。独演会も開き高見を求め続けている。なくなった師匠に変わり米朝一門を取りまとめている。闘病が伝えられたのは今回が初めてではなく34歳でうつ病になり7つあったレギュラー番組を降板した。10年以上闘病し講座にも登板した。今年3月芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。1ヶ月の入院が必要だとした。ざこばさんは脳梗塞発症の不安を口にしていたという。


塞栓性脳梗塞

桂ざこばが脳梗塞のため緊急入院した。以前から不安がっていたという。昨日放送のテレビ番組に出ていたが収録は金曜日で、そのあと緊急入院したと発表。異変が生じたのは一昨日。舞台稽古のために向かった時足元がふらつき言葉も不明瞭になり異変に気がついた弟子が119番。医師から塞栓性脳梗塞と言われた。中大脳動脈に血栓がみつかったという。番組で一緒だった辛坊さんはいつものような調子で元気に出演してくれていたという。6月半ばにパーティーがあり行くと話していた。15歳の頃桂米朝に弟子入りし芸歴55年となった。独演会も開き高見を求め続けている。なくなった師匠に変わり米朝一門を取りまとめている。闘病が伝えられたのは今回が初めてではなく34歳でうつ病になり7つあったレギュラー番組を降板した。10年以上闘病し講座にも登板した。今年3月芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。1ヶ月の入院が必要だとした。ざこばさんは脳梗塞発症の不安を口にしていたという。


うつ病

桂ざこばが脳梗塞のため緊急入院した。以前から不安がっていたという。昨日放送のテレビ番組に出ていたが収録は金曜日で、そのあと緊急入院したと発表。異変が生じたのは一昨日。舞台稽古のために向かった時足元がふらつき言葉も不明瞭になり異変に気がついた弟子が119番。医師から塞栓性脳梗塞と言われた。中大脳動脈に血栓がみつかったという。番組で一緒だった辛坊さんはいつものような調子で元気に出演してくれていたという。6月半ばにパーティーがあり行くと話していた。15歳の頃桂米朝に弟子入りし芸歴55年となった。独演会も開き高見を求め続けている。なくなった師匠に変わり米朝一門を取りまとめている。闘病が伝えられたのは今回が初めてではなく34歳でうつ病になり7つあったレギュラー番組を降板した。10年以上闘病し講座にも登板した。今年3月芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。1ヶ月の入院が必要だとした。ざこばさんは脳梗塞発症の不安を口にしていたという。