ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ」の検索結果

「うつ」に関連する情報 13000件中 1〜10件目

大泉警察署

逮捕されたのはトラック運転手の20歳の男性。きのう午後11時前、20歳の会社員の背中を包丁で刺し殺害しようとした疑いがある。警察は男性の友人が大泉警察署に駆け込み「友達が刺されている」と助けを求め、現場に向かうとうつぶせで倒れている男性と背中を刺している容疑者が発見された。警察は拳銃を構えて警告しその場で取り押さえられた。男性はその後死亡が確認された。


あじさい

鷲子山上神社では、40種類1500株のあじさいが見語をを迎えている。そのようすをうつした。


鷲子山上神社

鷲子山上神社では、40種類1500株のあじさいが見語をを迎えている。そのようすをうつした。


「うつ」に関連するグルメ情報

グリーンバナナ

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。


「うつ」に関連するイベント情報

ワールドカップ

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。


「うつ」に関連するグルメ情報

パタコネス

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。


「うつ」に関連するグルメ情報

豚チュソジャンボ

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。


「うつ」に関連するグルメ情報

牛チュソジャンボ

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。


「うつ」に関連するレストラン・飲食店

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。


東京タワー

コロンビアに勝利したサッカー日本代表。日本列島が歓喜に湧く一方で、その一戦を複雑な思いで見ていた日本人とコロンビア人の夫婦がいるという。その観戦の様子に密着した。東京・日暮里にある居酒屋は、店主のエルメスさんがコロンビア人、妻の恵美さんは日本人。先週店を訪ねると、エルメスさんが母国の料理を作っていた。店では、ジャンボ串焼きのチュソに、料理用のグリーンバナナを潰して揚げた裏メニュー、パタコネスなどを提供している。シェフとして日本へ渡った母親に呼ばれ、エルメスさんは17歳で来日、恵美さんと結婚して8年になるという。今もラブラブな2人に、ワールドカップでどちらを応援するか聞いてみると、コロンビアを応援するというエルメスさんに対し、恵美さんは迷い気味だったが日本を応援することにした。5歳の息子、太陽くんはコロンビアと答えた。昨夜、1階には青いユニホームを着た日本人のお客さんが集まり、2階にはコロンビアの黄色いユニフォームを着た人が集まった。試合開始から6分、日本に先制点が入るとニッポンコールをするお客さんと恵美さん。 しかし前半39分には同点に。後半28分、日本に2点めが入ると2対1で日本が勝利。うつむくエルメスさんに、恵美さんが涙を拭う素振りをした。息子の太陽くんは、今度日本とコロンビアが戦う時は日本を応援すると話した。日本代表の第2戦はアフリカ、セネガルとの対戦となる。