ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ」の検索結果

「うつ」に関連する情報 12469件中 1〜10件目

テレビ朝日

財務省前事務次官のセクハラ問題。麻生財務相は「女性本人から直接聞かないとわからない」 とコメント。また、週刊誌の記事については「女性の声が入っていない。事実か定かではない」として弁護士が女性本人から話しを聞くことで事実関係の調査を進めたい意向。そして、前事務次官について「飛び抜けて優秀というつもりもないが飛び抜けて悪かったという実績でもない。この一件で全否定されるものでもない」と話し、自らの進退については考えていないとしている。


テレビ朝日

財務省事務次官から女性社員がセクハラ行為を受けたとしてテレビ朝日が財務省に抗議文を提出した事を受け、麻生財務相は弁護士が女性社員本人から話を聞くことで事実関係の調査を進めたい意向を示した。週刊誌の記事については「女性の声が入っていない。事実か定かではない。」とした。次官については「飛び抜けて優秀というつもりはないが悪かったという実績でもない。」などとした上で、「この一件をもって全否定されるべきものではない」と述べた。自らの辞任は否定した。


キューバ共産党

社会主義国キューバで19日、国家元首であるカストロ議長が退任し、新たな議長が選出された。革命以来続いたカストロ兄弟による体制から新たな時代にうつる。キューバでは59年前の革命でラウル・カストロ氏の兄、フィデル氏が政権をとって以降、カストロ兄弟による体制が続いていたが、ラウル氏は引退の意向を表明していた。19日、ラウル氏の後任に選出されたのはこれまで副議長を務めていたディアスカネル氏。革命後に生まれた若い世代。アメリカトランプ政権による経済制裁への対応が注目されているが、ディアスカネル氏はカストロ体制の支持者であり、ラウル氏は共産党第1書記にとどまることから、これまでの路線から大きな変更はないものとみられる。


週刊新潮

きのう福田淳一事務次官が辞任を表明した。しかし、セクハラ発言については裁判で争うとして、事実を改めて否定した。音声データは次官の声なのか?福田事務次官は「録音された声が自分のものかよく分からない。男女問わず記者と1対1で会合をもつことはある。週刊誌に書かれている発言をしたことはない。あんなひどい会話をした記憶はない」とし、さらに、次官は「会話の全てを順番にとっているというふうにも見えないので」と公開された音声データに疑問を呈した。さらに、3日前のコメントで「時には女性が接客をしている店に行き、女性と言葉遊びを楽しむようなことはある」などと見解を示した。次官は「”言葉遊び“に対して批判があるのは今の時代はそういう感じなのかと思った。女性記者に名乗り出てほしいということも批判されているが、担当者がこういう問題の専門家に聞いてあのような整理をしたのではと思う」などとコメントした。次官の辞任を受け与野党からは「迷惑をかけてはいけないという思いで対応したと思うので、追い打ちをかけるようなことを言うつもりはない」、「麻生大臣の任命責任が問われるのでは」などとコメントがあった。福田次官の辞任に麻生太郎財務相は「辞任を認めることにしている」などとコメントした。疑惑から1週間。きのうになってなぜ突然、辞任表明したのか?次官は「新聞などいろんな事が書いてあるが、職責を全うできないと気がついた。こういう問題が起きて個人的な感情は恥ずかしい」などと話し、20分程度の会見は終了した。

財務省・財務次官のセクハラ発言疑惑をめぐり、テレビ朝日は自社の女性社員が被害を受けていたと発表した。財務省次官はセクハラの事実関係については否定していて、女性との会合を持つことはあるが録音にあるような発言は否定。しかしテレビ朝日は記者会見でセクハラ行為があったことは事実と主張。週刊新潮が公開した音声データはテレビ朝日記者が渡したものかどうかはわかっていないが、セクハラ行為をされた記者は音声を録音していたという。女性社員は1年半ほど前から数回取材目的で財務次官と1対1で会食してきたがその度にセクハラ発言があり身を守るために会話の録音を始めたとしている。女性記者は上司に報道するよう相談したが、上司から二次被害などを理由に報道は難しいと伝えられた。女性記者はセクハラが黙認され続けるのではないかと考え、週刊新潮の取材を受けた。テレビ朝日が取材活動で得た情報を第三者に流してしまったことに対して遺憾であると述べ、不適切な行為だとしている一方で、適切な対応ができなかったことに反省の弁を述べた。テレビ朝日は女性記者へのセクハラ行為を財務省に対して正式に抗議する予定。財務省としては、麻生太郎がセクハラ被害を受けた女性に対して名乗りをあげることを要求していたが、実際に名乗りがでたことで、財務省によるセクハラの事実認定をしなければならない、事実であれば麻生太郎の任命・監督責任が問われる可能性があるという。

昨夜辞任を表明しながらもセクハラ発言については否定した事務次官、そんな中新たな疑惑が浮上した。今日発売の週刊新潮はセクハラがあったとされる夜の詳しい状況や、別の新たな音声を入手したと報じた。週刊新潮によると2016年11月に品川区にある店でも女性記者に対しセクハラ発言をしていたという。週刊新潮は女性記者に対するセクハラ発言は確実にあったとしているが、事務次官は記事に対し事実と異なるとして裁判で争う姿勢を示している。


テレビ朝日

きのう福田淳一事務次官が辞任を表明した。しかし、セクハラ発言については裁判で争うとして、事実を改めて否定した。音声データは次官の声なのか?福田事務次官は「録音された声が自分のものかよく分からない。男女問わず記者と1対1で会合をもつことはある。週刊誌に書かれている発言をしたことはない。あんなひどい会話をした記憶はない」とし、さらに、次官は「会話の全てを順番にとっているというふうにも見えないので」と公開された音声データに疑問を呈した。さらに、3日前のコメントで「時には女性が接客をしている店に行き、女性と言葉遊びを楽しむようなことはある」などと見解を示した。次官は「”言葉遊び“に対して批判があるのは今の時代はそういう感じなのかと思った。女性記者に名乗り出てほしいということも批判されているが、担当者がこういう問題の専門家に聞いてあのような整理をしたのではと思う」などとコメントした。次官の辞任を受け与野党からは「迷惑をかけてはいけないという思いで対応したと思うので、追い打ちをかけるようなことを言うつもりはない」、「麻生大臣の任命責任が問われるのでは」などとコメントがあった。福田次官の辞任に麻生太郎財務相は「辞任を認めることにしている」などとコメントした。疑惑から1週間。きのうになってなぜ突然、辞任表明したのか?次官は「新聞などいろんな事が書いてあるが、職責を全うできないと気がついた。こういう問題が起きて個人的な感情は恥ずかしい」などと話し、20分程度の会見は終了した。

財務省・財務次官のセクハラ発言疑惑をめぐり、テレビ朝日は自社の女性社員が被害を受けていたと発表した。財務省次官はセクハラの事実関係については否定していて、女性との会合を持つことはあるが録音にあるような発言は否定。しかしテレビ朝日は記者会見でセクハラ行為があったことは事実と主張。週刊新潮が公開した音声データはテレビ朝日記者が渡したものかどうかはわかっていないが、セクハラ行為をされた記者は音声を録音していたという。女性社員は1年半ほど前から数回取材目的で財務次官と1対1で会食してきたがその度にセクハラ発言があり身を守るために会話の録音を始めたとしている。女性記者は上司に報道するよう相談したが、上司から二次被害などを理由に報道は難しいと伝えられた。女性記者はセクハラが黙認され続けるのではないかと考え、週刊新潮の取材を受けた。テレビ朝日が取材活動で得た情報を第三者に流してしまったことに対して遺憾であると述べ、不適切な行為だとしている一方で、適切な対応ができなかったことに反省の弁を述べた。テレビ朝日は女性記者へのセクハラ行為を財務省に対して正式に抗議する予定。財務省としては、麻生太郎がセクハラ被害を受けた女性に対して名乗りをあげることを要求していたが、実際に名乗りがでたことで、財務省によるセクハラの事実認定をしなければならない、事実であれば麻生太郎の任命・監督責任が問われる可能性があるという。


東京新聞

新潟県の米山知事の辞職騒動について買春トラブル疑惑が浮上した。 会見において知事の発言から相手は独身の成人女性なので交際しても問題はなさそうだが「金銭の授受」については言葉を濁し、違法性の有無に関しては「自分の中ではそういうつもりではないが、そうであると取られる余地はある」と語ったという。また、出会い系のサービスを使ったかという点については否定がなかったとのこと。今日の東京新聞は、米山氏が周辺関係者に話した内容として当時大学生の女性とネットで知り合い交際したが、女性には別に交際する男性が降り米山市に金銭を要求した、米山氏は弁護士を立てたが解決しなかったと報じたという。週刊誌の報道もまだよく分かっていない。スタジオでは「女性問題が何かわからないが、やりたい事があるならもう少しねばっても良いのではないか」などと語られた。(夕刊フジ)


夕刊フジ

大リーグの公式サイトが17日(日本時間18日)のレッドソックス戦に登板するエンゼルスの大谷翔平の攻略法を書いた「大谷問題を解決するためにレッドソックスができること」といいう異例のコラムが掲載した。1番のベッツ選手には「とにかくバットに当てることに集中、広いストライクゾーンを使われないようにしろ」と助言が掲載され、実際に打ってしまったという。レッドソックスのマーティン投手は大谷選手に関して「キャンプではアドレナリンが出ない」と語るなど、様々な大谷の分析が行われている様子。(夕刊フジ)

新潟県の米山知事の辞職騒動について買春トラブル疑惑が浮上した。 会見において知事の発言から相手は独身の成人女性なので交際しても問題はなさそうだが「金銭の授受」については言葉を濁し、違法性の有無に関しては「自分の中ではそういうつもりではないが、そうであると取られる余地はある」と語ったという。また、出会い系のサービスを使ったかという点については否定がなかったとのこと。今日の東京新聞は、米山氏が周辺関係者に話した内容として当時大学生の女性とネットで知り合い交際したが、女性には別に交際する男性が降り米山市に金銭を要求した、米山氏は弁護士を立てたが解決しなかったと報じたという。週刊誌の報道もまだよく分かっていない。スタジオでは「女性問題が何かわからないが、やりたい事があるならもう少しねばっても良いのではないか」などと語られた。(夕刊フジ)


新潟県庁

新潟県の米山知事が明日発売の週刊誌に掲載される女性問題をめぐり緊急会見を行った。自身の行為について違法性があるかどうか問われると、知事は「こちらとしてはそういうつもりではなかったが、そうであるととる余地もあると思う」などと述べた。知事は独身だが、女性問題は知事になる前からあり、相手は複数の独身女性だという。米山知事は原発の再稼働に慎重な姿勢を示し2016年野党統一候補で知事に初当選した。知事は女性問題の具体的内容や自身の進退については明言を避けた。明日改めて開く会見で何らかの判断が示されると見られる。 


柏崎刈羽原子力発電所

明日発売の週刊誌に女性問題を報じられる新潟県知事が緊急会見を開いた。知事は会見で「自身としてはそういうつもりではなかった」が、「そうであるととる余地もあった」などと述べた。知事は独身だが、知事になる前から女性問題があったとし、相手は複数の独身女性だという。原発の再稼働に慎重な姿勢を示す知事は2016年野党統一候補で知事に初当選している。知事は女性問題の具体的内容や自らの進退については明言しなかった。明日改めて開く会見で何らかの判断がくだされるとみられる。


新潟県庁舎

明日発売の週刊誌に女性問題を報じられる新潟県知事が緊急会見を開いた。知事は会見で「自身としてはそういうつもりではなかった」が、「そうであるととる余地もあった」などと述べた。知事は独身だが、知事になる前から女性問題があったとし、相手は複数の独身女性だという。原発の再稼働に慎重な姿勢を示す知事は2016年野党統一候補で知事に初当選している。知事は女性問題の具体的内容や自らの進退については明言しなかった。明日改めて開く会見で何らかの判断がくだされるとみられる。