ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「うつ」の検索結果

「うつ」に関連する情報 14423件中 1〜10件目

イナビル

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


リレンザ

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


タミフル

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


大川こども&内科クリニック

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


ゾフルーザ

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


インフルエンザ

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


池袋大谷クリニック

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


しまだクリニック

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


厚生労働省

新薬「ゾフルーザ」について解説する。従来の薬と対比すると、内服で1日1回でいい。タミフルは、拡散を抑制する作用がある。ゾフルーザは、増殖を抑制するとのこと。解熱まではタミフルと変わらないという。感染リスクの時間が違う。ゾフルーザのほうが短い。少し高額だ。うつしてしまう可能性が減る。今後は顆粒が出るという。80キロの人には4錠必要となる。40-80キロの人は2錠でいい。妊婦には安全なタミフルがいいという。発症後、48時間以内に飲むのがいい。発症から数時間待つと確実な診断ができる。


東京サイト

イルミネーションで冬の桜を楽しめる。川面にうつるイルミネーションが美しい。大崎駅周辺から五反田駅までの目黒川沿い1.1kmでおこなわれている。関係者によると「熱を持ちそうな器具を使っている部分は養生を巻いて木を傷めない工夫している」という。東日本大震災の経験から、使用している電力は100%自家発電。使用済みの食用油を近隣の飲食店などから回収し、バイオディーゼル燃料にリサイクルして使用している。五反田ふれあい水辺広場には、冬の桜のお花見スポットも用意されている。