ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「おおたわ史絵」の検索結果

「おおたわ史絵」に関連する情報 499件中 1〜10件目

Bunkamuraシアターコクーン

おおたわ史絵は麗禾ちゃんの顔はブログでも隠していることが多く、今日見られて感動したとコメント。この次いつ出演するかはわからない。市川海老蔵自主公演ABKAI「石川五右衛門〜外伝」は今月25日まで開催している。来月の歌舞伎座の公演には勸玄くんが登場し、史上最年少での宙乗りを披露する。宙乗りは見てみたいですね、来月が楽しみですと宮根誠司。


「おおたわ史絵」に関連するイベント情報

市川海老蔵自主公演 ABKAI 「石川五右衛門〜外伝」

おおたわ史絵は麗禾ちゃんの顔はブログでも隠していることが多く、今日見られて感動したとコメント。この次いつ出演するかはわからない。市川海老蔵自主公演ABKAI「石川五右衛門〜外伝」は今月25日まで開催している。来月の歌舞伎座の公演には勸玄くんが登場し、史上最年少での宙乗りを披露する。宙乗りは見てみたいですね、来月が楽しみですと宮根誠司。


たんぱく質

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


糖質

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


「おおたわ史絵」に関連するグルメ情報

甘酒

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


酵素ドリンク

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


高橋克典公式ブログ

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


「おおたわ史絵」に関連するグルメ情報

あきたこまち

本日の最終得点を発表、チャンピオンのおおたわ史絵に、優勝賞品としてあきたこまちが贈られた。


「おおたわ史絵」に関連するイベント情報

金日成氏生誕105周年慶祝軍事パレード

北朝鮮のミサイルの失敗について。矢野義昭氏は「アメリカが意図的に妨害工作している可能性は否定できない。」とした。金日成生誕105年 軍事パレードについて。10面にかけてパレードの様子を伝えた北朝鮮の新聞。6面には偉大なる首領 金日成同志 生誕105周年慶祝軍事パレードが盛大に行われた。わが党と国家 軍隊の最高領導者金正恩同志が出席されたとある。おととい初めて公開された新型ミサイルを含むミサイルが4つ公開された。北極星・北極星2型とICBMではないかと言われるミサイルが2つ公開。矢野義昭氏が解説。SLBMは移動式と言われている。ICBM弾はアメリカ本土までいくと言われている。おおたわ史絵氏は「まったく対話をしないでのケンカが始まっているというのが怖い。」とコメント。辺真一氏は「一文字についてこれは北朝鮮の十八番。学生の場合は放課後、昼休みの合間などそれぞれの職場で練習をしている。」と話した。

北朝鮮の核開発について。北朝鮮の核は長崎を21、広島を15とすると少しずつ規模は大きくなっていっている。今回は282キロトンの実験が可能だとされている。矢野氏は「水爆をするのであればそのくらいの数値が出る」と話した。辺真一氏は4月25日、朝鮮人民軍創建85周年に核実験を行う可能性が極めて高い、その理由は太陽節で軍事パレードをすでに行っているためとした。辺真一氏によると太陽節の軍事パレードに異変があったという。史上初各部隊の将軍が先頭を行進、場内アナウンスで全員紹介。辺真一氏はこれについて金正恩氏からトランプ大統領に戦うシフトは完了した、攻めるなら覚悟を決めてこいとのメッセージなのではないか。さらには金正恩委員長に対して先頭準備はと問いました。いつでもアメリカと戦えますという報告とも見える行為ではないかという分析。


朝鮮中央通信

北朝鮮が金正男氏殺害事件についてはじめて触れた。朝鮮中央通信が初報道。今回の事件は韓国当局が予見しシナリオまで作っていたなどと報じている。辺真一は予想された反応、北朝鮮は本来遺体を引き取り一件落着の狙い、シナリオが崩れたことが読み取れるとコメント。春川正明は状況からみてマレーシアを選んだ可能性が高いと指摘する。黒井文太郎は使用された毒物が謎、おおたわ史絵は共犯者が隠れている可能性がある、なにかをどこかで接触している可能性があると分析した。