ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「おおたわ史絵」の検索結果

「おおたわ史絵」に関連する情報 497件中 1〜10件目

たんぱく質

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


糖質

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


「おおたわ史絵」に関連するグルメ情報

甘酒

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


酵素ドリンク

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


高橋克典公式ブログ

”ファスティング”とは固形物を摂らない断食のことで、高橋克典や小島よしおなど多くの芸能人も実践している。ファスティングマイスターの田中裕規さんいわく、現代のファスティングは必要最低限の栄養を摂るため、食事の代わりに酵素ドリンクを摂取するのが一般的なやり方だという。酵素ドリンクの他にも、糖質やタンパク質などが含まれている甘酒もファスティングに適している。一方、内科医のおおたわ史絵は「自己流のファスティングは危険」と指摘。持病がある人やお年寄りにはオススメ出来ないと注意を促している。


「おおたわ史絵」に関連するグルメ情報

あきたこまち

本日の最終得点を発表、チャンピオンのおおたわ史絵に、優勝賞品としてあきたこまちが贈られた。


「おおたわ史絵」に関連するイベント情報

金日成氏生誕105周年慶祝軍事パレード

北朝鮮のミサイルの失敗について。矢野義昭氏は「アメリカが意図的に妨害工作している可能性は否定できない。」とした。金日成生誕105年 軍事パレードについて。10面にかけてパレードの様子を伝えた北朝鮮の新聞。6面には偉大なる首領 金日成同志 生誕105周年慶祝軍事パレードが盛大に行われた。わが党と国家 軍隊の最高領導者金正恩同志が出席されたとある。おととい初めて公開された新型ミサイルを含むミサイルが4つ公開された。北極星・北極星2型とICBMではないかと言われるミサイルが2つ公開。矢野義昭氏が解説。SLBMは移動式と言われている。ICBM弾はアメリカ本土までいくと言われている。おおたわ史絵氏は「まったく対話をしないでのケンカが始まっているというのが怖い。」とコメント。辺真一氏は「一文字についてこれは北朝鮮の十八番。学生の場合は放課後、昼休みの合間などそれぞれの職場で練習をしている。」と話した。

北朝鮮の核開発について。北朝鮮の核は長崎を21、広島を15とすると少しずつ規模は大きくなっていっている。今回は282キロトンの実験が可能だとされている。矢野氏は「水爆をするのであればそのくらいの数値が出る」と話した。辺真一氏は4月25日、朝鮮人民軍創建85周年に核実験を行う可能性が極めて高い、その理由は太陽節で軍事パレードをすでに行っているためとした。辺真一氏によると太陽節の軍事パレードに異変があったという。史上初各部隊の将軍が先頭を行進、場内アナウンスで全員紹介。辺真一氏はこれについて金正恩氏からトランプ大統領に戦うシフトは完了した、攻めるなら覚悟を決めてこいとのメッセージなのではないか。さらには金正恩委員長に対して先頭準備はと問いました。いつでもアメリカと戦えますという報告とも見える行為ではないかという分析。


朝鮮中央通信

北朝鮮が金正男氏殺害事件についてはじめて触れた。朝鮮中央通信が初報道。今回の事件は韓国当局が予見しシナリオまで作っていたなどと報じている。辺真一は予想された反応、北朝鮮は本来遺体を引き取り一件落着の狙い、シナリオが崩れたことが読み取れるとコメント。春川正明は状況からみてマレーシアを選んだ可能性が高いと指摘する。黒井文太郎は使用された毒物が謎、おおたわ史絵は共犯者が隠れている可能性がある、なにかをどこかで接触している可能性があると分析した。


豊洲新市場

豊洲新市場への移転を占う第9回地下水モニタリング調査の結果が発表された。72か所から基準値を超えるベンゼン、ヒ素、シアンいずれかの物質を検出。中でも青果棟からは基準値の79倍のベンゼンが検出された。専門家たちもこのデータを検討もつかないという状況。小池都知事が就任する前までに行われた調査全9回中7回まで環境基準値を超える有害物質の検出はゼロ。8回目の調査で成果頭の3か所から基準値をわずかに超えるベンゼンとヒ素を検出。水浸しになった巨大な地下空間の存在が明るみになった。その後、去年10月中旬に地下水管理システムが本格稼働。11月には小池都知事が豊洲移転に向けたロードマップを発表。ことし冬には移転環境が整う可能性も視野に入れた。そして先週、小池都知事は移転延期発表後初めて築地市場を視察し移転の二文字が現実味を帯びていた。今回のモニタリング結果を受けて、小池都知事は「不安を超える数値が出てきた事に私自身驚いた」とコメント。市場関係者の中には怒りと疑念を東京都職員にぶつける仲卸業者の姿もあった。このあと、移転問題を追い続けるジャーナリストの池上正樹氏と、地下水汚染調査の第一人者の丸茂克美教授がスタジオに生出演し、衝撃の調査結果の正体に迫る。

豊洲市場の地下水の水質問題について土壌汚染調査の専門家・丸茂克美氏、ジャーナリスト池上正樹氏とスタジオ解説。豊洲移転を延期した2016年8月、小池知事は「第9回モニタリング調査を見て判断」とし、その後地下水管理システムが本格稼働。ロードマップも発表していたが、おととい衝撃の数値が続出した。201か所中72か所で環境基準値を超えたが7回目までの調査では0か所で、8回目でも3か所、最高でも基準1.9倍という値だった。本来不検出であるべき危険物質のシアンも検出されたが、丸茂氏によると水の環境がアルカリ性なら気化して体内に入ることはあまりないという。

調査結果を受け、小池知事は「(これまでの)数値に疑義があると承知している」などとし、専門家会議の平田座長や中島氏も戸惑いを示し、市場関係者からは「改ざんを疑われても仕方ない」の声も出ている。池上氏は、市場関係者にとってもともと不安なところにまた見通しが立たなくなる、今後データの再確認や再検査が行われると話した。おおたわ史絵は、健康被害が本当に起きるのかどうかを冷静に考える時期なのではと話した。池上氏は、これはイメージや風評の問題でもあると指摘した。丸茂氏は、どの程度汚染が残っているか、現在も高濃度の汚染が残っている可能性はあると話した。共産党都議団曽根さんは「地下汚染が残されていることは確実、実態調査や2年間のモニタリングなどを改めて行うべき」としている。

豊洲市場では地下水管理システムが動き出している。地下水が海抜1.8m以上に上がってこないようコントロールしているはずだが、12月の都議会では共産党里吉氏から「稼働から2か月たっても海抜2.5〜4m程度にとどまっている」と質問があり、小池知事は「地下空間のたまり水を強制排水している」と答えていた。それでも今月12日時点の水位は2.1m〜3.9mで、曽根氏は「システムが破たん状態」と指摘している。丸茂氏は、ポンプのトラブルや海水の侵入が考えられると話した。また、管理システム稼働前に地下水の移動がなかったことも今回の数値急変につながった考えられるが、土壌汚染対策が不十分だったことが実証される形。デーブ・スペクターは、弁償問題に発展してもおかしくない、不信感もあるので調査はネット中継すべき、ここまで来たら別の使い方の案を考えるべきと話した。


気道熱傷

きょう午前、新潟・糸魚川市で、飲食店や住宅など少なくとも10棟以上焼く火事があり、現在も延焼中。現場は、糸魚川市大町のJR糸魚川駅前。警察によると、きょう午前10時半ごろ「中華料理店の厨房で煙が充満している」と近くの住民が消防に通報があった。1人が煙を吸って病院に搬送された他、1人が逃げる際に転倒し軽傷を負っている。糸魚川市は、「大町2丁目」と「本町」の合わせて273世帯586人に避難勧告を出した。当時は強風注意報が出され風の強い状態だった。スタジオでは、煙が真横に流れていて延焼が心配などと話し、おおたわ史絵は直接火にあたってやけどをしなくても、煙を吸うことで気道熱傷が起きるので煙から離れてほしいと話した。