ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「おおたわ史絵」の検索結果

「おおたわ史絵」に関連する情報 543件中 1〜10件目

「おおたわ史絵」に関連する本・コミック・雑誌

デヴィ夫人の年越しについて、おおたわ史絵は孫のキランくんがかわいい、夫人はいい年のとり方をされている、タレントへの転身がよかったかもしれないとコメントした。夫人は1月2日にはもう生放送の番組に出ており、今月17本の番組に出演予定。さらに79回目のお誕生日パーティー開催、書籍「選ばれる女におなりなさい」も2月に出版される。春川正明は読んでみたいとコメントした。

「選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論」

Amazon.co.jp


武道館

先日、優一氏はミヤネ屋に出演し離婚原因が優一氏と報じられたことについて「初めて報道で見たときはビックリした。とても愛情が深い2人で熱があつい家族で、焦がすこともあるのかな」と話していた。元貴乃花親方は優一氏を巡る意見の相違があったと告白している。おおたわ史絵さんは「離婚原因が一つで離婚する夫婦はいなくて多くのことが転がってこの先がこうなった。お父さんとして言ってることはちゃんと一人前になりなさいと言いたいのは分かるけど、本人に直接言えばいいのにねと思う」と話した。ミヤネ屋に出演した際、優一氏は芸能活動について、最初にテレビ出演したときに父に「こういった意図で出させていただきます」と言い、お父さんは納得したと番組で話していた。一方、元貴乃花親方は「職人を語る以上チャラチャラと表に出ている暇があるなら靴を作って土台をしっかり築くべき。息子は花田姓を名乗る資格はありません」などと告白している。宮根さんは「親方が仰ってるのは一流の職人になっていない。お父さん、お母さんの名前でメシを食ってるのが現状といってる」と言い、橋本五郎さんは「私は貴乃花さんに賛成。生きるということは自分の仕事をどれだけ極めるか。その道を追求することが生きること」などとコメント。おおたわさんは「ONE OK ROCKのTakaくんだってお父さんの進一さんが見放すときもあった。でも今はONE OK ROCKですよ。お父さん、お母さんを武道館に招待して歌った歌は今聞いても涙が出る。ああいうときもあるので、優一くんは今は過渡期では」などと述べた。


オオバコ

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


フィオーレ・ピアンタッジネ

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


「おおたわ史絵」に関連するイベント情報

秋田巡業

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


週刊文春

息子とは音信不通状態と明かした元貴乃花親方。しかし優一氏は連絡は取り合ってると話している。さらに追い打ちをかけるように夫婦関係も崩壊していった。今年10月に離婚成立。原因の一つとされるのが子育て観のズレ。優一氏に表に出ず、職人として徹して欲しいとする元貴乃花親方と、靴職人とタレントの両立を容認する景子さんの子育て観にズレが生じた。そして愛する息子への悲しすぎる最後通告が語られた。元貴乃花親方は「父の背中を見て育ったというのなら私の教えには反している。今のままハンパな生き方をすれば息子は花田姓を名乗る資格はありません」と突き放した。他にも元貴乃花親方は週刊文春に衝撃の激白を連発していた。

今回週刊文春に元貴乃花親方が語ったことは?相撲協会について「あのまま協会に残っていたら死んでいた」、政界進出について「60歳以降に国のためにできることがあれば」、再婚の条件「表に出ないでついてきてくれる人」、今後の人生について「スポーツビジネスと花屋と絵本作り」、母・紀子さんと虎上さんさんについて「この先も会うことはない」と言っている。激動の2018年を振り返って、元貴乃花親方は「この1年のうちに部屋も弟子も経歴も何もかも失いました。離婚して妻とも別々の人生を歩むことに決めた。悔いは一切ありません。いま46歳。いったんすべてを引退して一から出直すところです」、「日本相撲協会を離れてまだ3か月ですが、もう3年くらいは経ったような気がします。親方になっても勝負を続けていたらそりゃ身がもたなくなりますね。今は生きた心地がしています」としている。パックンは「バイタリティも半端ないなと感じる。築いた土台にたってれば僕らから見れば楽な人生かなと思う」と話し、おおたわ史絵さんは「そこまで自分は頑張ってきたから息子にも同じように生きて欲しいという気持ちの裏側がある気がしますけどね」と話した。

元貴乃花親方は今年1月理事解任、2月理事選落選、3月内閣府に告発状提出。相撲協会との関係が悪化。貴公俊関が付け人暴行。8月、秋田巡業で倒れ緊急搬送された。9月引退会見、10月退職が決定、部屋が消滅。弟子は千賀ノ浦部屋へ。景子さんと離婚。12月貴ノ岩関が付け人に暴行し、被害者から加害者へ。先月30日にそれまで代表取締役は景子さんがしていたのを登記変更し社名も変えて花田光司さんが代表取締役になった。社名は「フィオーレ・ピアンタッジネ」。オオバコの花という意味で花言葉は足跡を残す。おおたわ史絵さんは「お花の名前になってるのが意味深な気もしますが」と話した。元貴乃花親方は景子さんについて「23年間連れ添った元妻にはこれまで苦労をかけてきました。いまでも普通に連絡は取ってますし、今後は彼女なりに自分の人生を謳歌してほしいと思っています」としている。先月生出演した優一氏は「今でも連絡を取り合ってる姿を見てますし、両親が笑顔でいられる選択なら息子として何の躊躇もありません。両親が両親であることに変わりはありません」と話していた。離婚後、景子さんは「度重なる困難には二人三脚で乗り越えてきた自負もあります。ともに歩んできた元夫への尊敬の念と感謝の心は失うことなくこれからの人生を進んでまいりたいと思います」とコメントしている。


関東学生連盟

関東学生連盟、日大の第三者委員会は前監督と前コーチの反則指示を認定。これを受け、日大は2人を懲戒解雇にしている。日大・第三者委員会では部員や教職員ら約100人を聴取。反則タックルは2人の指示。日大関係者が学生らに対し、指示について”口封じ”を図っていた。不自然な弁解を繰り返し、自らの責任を逃れようとする2人の態度は極めて悪質とし懲戒解雇処分。おおたわ史絵氏は「ここまでの段階では非常に腑に落ちることが多かった。選手も新しいスタートを切った。警視庁側からは新しいことが出てきてしまった」とコメント。

警視庁は試合動画の解析、関係者や専門家など200人以上を聴取。「相手選手がケガをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」と選手が先輩からコーチの伝言として聞いたというがそうした事実は確認されていない。「潰せ」という表現はアメフトで一般的に使われている言葉。前監督は試合中、悪質タックルはみていなかった。ケガをさせる意図でタックルを指示した事実は認められないとしている。嵩原氏は「一般的に確認されていないというのはないと断言するのではなく、見つからなかったということ。伝言した先輩が見つからなかったというのもあるのではないか。勘違いという選択もあるのではないかと思う」などと話した。


関西学院大学

関東学生連盟、日大の第三者委員会は前監督と前コーチの反則指示を認定。これを受け、日大は2人を懲戒解雇にしている。日大・第三者委員会では部員や教職員ら約100人を聴取。反則タックルは2人の指示。日大関係者が学生らに対し、指示について”口封じ”を図っていた。不自然な弁解を繰り返し、自らの責任を逃れようとする2人の態度は極めて悪質とし懲戒解雇処分。おおたわ史絵氏は「ここまでの段階では非常に腑に落ちることが多かった。選手も新しいスタートを切った。警視庁側からは新しいことが出てきてしまった」とコメント。

警視庁は試合動画の解析、関係者や専門家など200人以上を聴取。「相手選手がケガをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」と選手が先輩からコーチの伝言として聞いたというがそうした事実は確認されていない。「潰せ」という表現はアメフトで一般的に使われている言葉。前監督は試合中、悪質タックルはみていなかった。ケガをさせる意図でタックルを指示した事実は認められないとしている。嵩原氏は「一般的に確認されていないというのはないと断言するのではなく、見つからなかったということ。伝言した先輩が見つからなかったというのもあるのではないか。勘違いという選択もあるのではないかと思う」などと話した。


日大

関東学生連盟、日大の第三者委員会は前監督と前コーチの反則指示を認定。これを受け、日大は2人を懲戒解雇にしている。日大・第三者委員会では部員や教職員ら約100人を聴取。反則タックルは2人の指示。日大関係者が学生らに対し、指示について”口封じ”を図っていた。不自然な弁解を繰り返し、自らの責任を逃れようとする2人の態度は極めて悪質とし懲戒解雇処分。おおたわ史絵氏は「ここまでの段階では非常に腑に落ちることが多かった。選手も新しいスタートを切った。警視庁側からは新しいことが出てきてしまった」とコメント。

警視庁は試合動画の解析、関係者や専門家など200人以上を聴取。「相手選手がケガをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」と選手が先輩からコーチの伝言として聞いたというがそうした事実は確認されていない。「潰せ」という表現はアメフトで一般的に使われている言葉。前監督は試合中、悪質タックルはみていなかった。ケガをさせる意図でタックルを指示した事実は認められないとしている。嵩原氏は「一般的に確認されていないというのはないと断言するのではなく、見つからなかったということ。伝言した先輩が見つからなかったというのもあるのではないか。勘違いという選択もあるのではないかと思う」などと話した。


オリエンタルランド

6位、東京ディズニーランド出演女性が過労・パワハラ訴え。東京ディズニーランドで着ぐるみを着てショーに出演していた女性2人が過重労働やパワハラを訴え損害賠償を求めた裁判で、1回目の口頭弁論が開かれた。20代女性は腕に激しい痛みが走る病気が労災と認定され、30代の女性は上司の暴言から体調を崩したという。原告側弁護士によると、被告のオリエンタルランドは請求の棄却や、事実関係を明らかにする書面の提出などを求めているとのこと。

原告側が訴えたいことは2つ。1つは20代のAさんによる過重労働で、労働の長さや過酷さは何度主張しても改善されなかったという。もう1つは30代のBさんによるパワハラの訴えで、上司から「病気なのか。それなら死んじまえ」と言われ、何度相談しても変わらず逆に周囲からのいじめがひどくなったとのこと。以上のことから業務改善と、計約755万円の損害賠償を求めている。それに対し被告のオリエンタルランド側は、請求の棄却と、事実関係を明らかにする書面や証拠の提出を求めている。原告2人によると、会社には守秘義務があるため周囲に仕事内容を話したり相談したりできないため、より閉鎖的になり過重労働やパワハラが公にされない状況とのこと。おおたわ史絵さんは「オーディションを行えば多くのパフォーマーやダンサーが応募するため、雇用側主体で使い捨てになっているのは否めないのでは」とコメントした。