ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「さゆり」の検索結果

「さゆり」に関連する情報 5828件中 1〜10件目

伊勢志摩物産館 ささゆりの郷

突然死のリスクを下げる緑の食べ物を求め、やって来たのは三重・志摩市の物産館。突然死のリスクを下げるという食材はアオサで、アオサは三重県が生産量日本一。アオサに含まれるマグネシウムが、血管を拡張するという。マグネシウムを多く含む食事をしていた人は、心筋梗塞などを発症するリスクが3割〜4割低いという研究結果がある。


伊勢志摩物産館 ささゆりの郷

心筋梗塞のリスクを下げる緑の海の幸。その食材を売っているという三重・志摩市の物産館を訪れた。


「さゆり」に関連するイベント情報

日経新春杯

さゆりんご・DAIGO・こじはるの日経新春杯の予想を紹介した。


「さゆり」に関連する音楽・CD

水前寺清子、八代亜紀、石川さゆり「三百六十五歩のマーチ」の映像。

「三百六十五歩のマーチ/真実一路のマーチ/ウォーキングマーチ」

Amazon.co.jp


「さゆり」に関連する音楽・CD

10歳のオスで犬のヒロくんが登場。石川さゆりの狭霧の宿に合わせて鳴いている様子を披露した。3人から「面白い」の判定。

「狭霧の宿」

Amazon.co.jp


「さゆり」に関連する音楽・CD

夜明けのスキャット

一部では本番でも息ぴったりの演技、そしてヒット曲を歌い継ぐコンサート部分では50年目の「夜明けのスキャット」だと言い、歌った。由紀さゆりとしてのデビュー曲、150万枚を超えるミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦にも初出場。あっという間に由紀さゆりの名前は全国に知られるようになった。このヒットに裏には意外なエピソードがあった。ラジオのワンコーラスから火がつき、昭和から平成、栄光とともに駆け抜けた50年。由紀さんにとってどのようなものだったのか。由紀さゆりさんは「いろんなものを切り捨ててこの道を選んできてしまった。病気もした、お母さんにもなれなかった。それだけのものがここにあるんだっていうことを自分もつかみそれを皆さんにお見せしないことには終わっちゃいけないんじゃないかっていう気がすごく自分のなかにあった」などと話した。


明治座

今年芸能生活50周年を迎えた歌手の由紀さゆりさん。この日は年明けから始まる50週年記念公演の舞台稽古の日。記念公演は由紀さんが往年のヒット曲を歌い継ぐコンサートと、昭和の下町を舞台にした演劇の2部構成となっている。演劇では渡辺正行さんや篠田三郎さんなどが脇を固め、由紀さんは食堂を営む人情に厚い女店主を演じる。最初こそ余裕が見られた由紀さんだが、稽古が進むと、主役とあってそのセリフの量は膨大。しかも稽古がディナーショーの時期と重なっていたため、満足に自主練習ができていなかったという。そんな焦る由紀さんをリラックスさせているのが渡辺正行さん。舞台では初共演となる。お調子者の元恋人が渡辺さんのキャラクターにぴったり合うと由紀さん自身の希望でキャスティングしたという。御年70の大ベテランにして誰とでも気さくに接する由紀さん。ときには意外なメンバー、ロバートの秋山君と綾部さんとの食事会もしているという。由紀さんの舞台は今月6日に本番を迎えた。

一部では本番でも息ぴったりの演技、そしてヒット曲を歌い継ぐコンサート部分では50年目の「夜明けのスキャット」だと言い、歌った。由紀さゆりとしてのデビュー曲、150万枚を超えるミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦にも初出場。あっという間に由紀さゆりの名前は全国に知られるようになった。このヒットに裏には意外なエピソードがあった。ラジオのワンコーラスから火がつき、昭和から平成、栄光とともに駆け抜けた50年。由紀さんにとってどのようなものだったのか。由紀さゆりさんは「いろんなものを切り捨ててこの道を選んできてしまった。病気もした、お母さんにもなれなかった。それだけのものがここにあるんだっていうことを自分もつかみそれを皆さんにお見せしないことには終わっちゃいけないんじゃないかっていう気がすごく自分のなかにあった」などと話した。

設楽さんは「50年間デビュー曲でヒットしてからずっと芸能界の最前線で頑張ってきた」などと話した。虻川さんは「艶っぽい、どうしたらこうなれるんだろうとそればかり思ってしまう。」など話した。由紀さゆりさんが歌の先生と慕っているのが姉の安田祥子さん。お互いがリスペストしあう関係だといい、由紀さゆりさんが声の出し方が分からないときなどに相談しているそう。由紀さゆりさんと安田祥子さんといえばデュエット、きっかけは由紀さゆりさんの15周年の時のコンサートで誰かゲストを呼んでみたいなと思っていたところ、母親からアドバイスされ共演することになったという。共演し始めたころに感じた姉妹のズレがあったそう。姉妹がそれぞれ寄り添うキッカケになった。由紀さゆりさんの記念公演は明治座で行われている。


「さゆり」に関連するイベント情報

由紀さおり 50周年記念公演

今年芸能生活50周年を迎えた歌手の由紀さゆりさん。この日は年明けから始まる50週年記念公演の舞台稽古の日。記念公演は由紀さんが往年のヒット曲を歌い継ぐコンサートと、昭和の下町を舞台にした演劇の2部構成となっている。演劇では渡辺正行さんや篠田三郎さんなどが脇を固め、由紀さんは食堂を営む人情に厚い女店主を演じる。最初こそ余裕が見られた由紀さんだが、稽古が進むと、主役とあってそのセリフの量は膨大。しかも稽古がディナーショーの時期と重なっていたため、満足に自主練習ができていなかったという。そんな焦る由紀さんをリラックスさせているのが渡辺正行さん。舞台では初共演となる。お調子者の元恋人が渡辺さんのキャラクターにぴったり合うと由紀さん自身の希望でキャスティングしたという。御年70の大ベテランにして誰とでも気さくに接する由紀さん。ときには意外なメンバー、ロバートの秋山君と綾部さんとの食事会もしているという。由紀さんの舞台は今月6日に本番を迎えた。

一部では本番でも息ぴったりの演技、そしてヒット曲を歌い継ぐコンサート部分では50年目の「夜明けのスキャット」だと言い、歌った。由紀さゆりとしてのデビュー曲、150万枚を超えるミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦にも初出場。あっという間に由紀さゆりの名前は全国に知られるようになった。このヒットに裏には意外なエピソードがあった。ラジオのワンコーラスから火がつき、昭和から平成、栄光とともに駆け抜けた50年。由紀さんにとってどのようなものだったのか。由紀さゆりさんは「いろんなものを切り捨ててこの道を選んできてしまった。病気もした、お母さんにもなれなかった。それだけのものがここにあるんだっていうことを自分もつかみそれを皆さんにお見せしないことには終わっちゃいけないんじゃないかっていう気がすごく自分のなかにあった」などと話した。

設楽さんは「50年間デビュー曲でヒットしてからずっと芸能界の最前線で頑張ってきた」などと話した。虻川さんは「艶っぽい、どうしたらこうなれるんだろうとそればかり思ってしまう。」など話した。由紀さゆりさんが歌の先生と慕っているのが姉の安田祥子さん。お互いがリスペストしあう関係だといい、由紀さゆりさんが声の出し方が分からないときなどに相談しているそう。由紀さゆりさんと安田祥子さんといえばデュエット、きっかけは由紀さゆりさんの15周年の時のコンサートで誰かゲストを呼んでみたいなと思っていたところ、母親からアドバイスされ共演することになったという。共演し始めたころに感じた姉妹のズレがあったそう。姉妹がそれぞれ寄り添うキッカケになった。由紀さゆりさんの記念公演は明治座で行われている。


「さゆり」に関連する音楽・CD

平成で最もカラオケで歌われた曲(DAMより)。1位は一青窈の「ハナミズキ」。カラオケが好きな牧島に千原ジュニアが「何歌うんです?」と聞くと、牧島は「天城越えです」と答えた。

「天城越え」

Amazon.co.jp


「さゆり」に関連するイベント情報

平成で最もカラオケで歌われた曲

平成で最もカラオケで歌われた曲(DAMより)。3位は高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」、2位はMONGOL800の「小さな恋のうた」だった。

10位:涙そうそう 夏川りみ、9位:I LOVE YOU 尾崎豊、8位:キセキ GReeeeN、7位:Story AI、6位:世界に一つだけの花 SMAP、5位:チェリー スピッツ、4位:天城越え 石川さゆり、3位:残酷な天使のテーゼ 高橋洋子、2位:小さな恋のうた MONGOL800、1位:ハナミズキ 一青窈

平成で最もカラオケで歌われた曲(DAMより)。1位は一青窈の「ハナミズキ」。カラオケが好きな牧島に千原ジュニアが「何歌うんです?」と聞くと、牧島は「天城越えです」と答えた。