ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「さゆり」の検索結果

「さゆり」に関連する情報 5623件中 1〜10件目

「さゆり」に関連する音楽・CD

PPAP

奈良から世界一になったのは林玲那君。中学2年生。3年前までは田舎で暮らす小学生だったがある一芸を初めて3年で世界チャンピオンに。さらに石川さゆりとペプシコーラのCMに大抜擢された。東京・渋谷に向かうとそこはクラブで、林玲那君が舞台の上でDJを行っていた。彼はDJの世界王者で史上最年少でチャンピオンに。先輩DJも化物というほど凄いと語る。中でもバトルDJという一般的なDJの場合は曲をきれいに重ねてつなぎながら流すがバトルDJは逆再生、速度の変更やテンポアップなどのテクニックで2つの曲を組み合わせてオリジナルの曲を作り上げるDJのこと。林玲那君の凄さは手数の多さ。世界チャンピオンになるまでは田舎ならではの苦悩があった。DJをしているというだけで珍しく、林玲那君は世界一になれば認めてくれると思い猛練習を行った。人生大逆転の大技を取得。「ボディトリック」は世界で数人しか出来ない体を回転させる技で世界大会で披露し優勝した。


ペプシコーラ

奈良から世界一になったのは林玲那君。中学2年生。3年前までは田舎で暮らす小学生だったがある一芸を初めて3年で世界チャンピオンに。さらに石川さゆりとペプシコーラのCMに大抜擢された。東京・渋谷に向かうとそこはクラブで、林玲那君が舞台の上でDJを行っていた。彼はDJの世界王者で史上最年少でチャンピオンに。先輩DJも化物というほど凄いと語る。中でもバトルDJという一般的なDJの場合は曲をきれいに重ねてつなぎながら流すがバトルDJは逆再生、速度の変更やテンポアップなどのテクニックで2つの曲を組み合わせてオリジナルの曲を作り上げるDJのこと。林玲那君の凄さは手数の多さ。世界チャンピオンになるまでは田舎ならではの苦悩があった。DJをしているというだけで珍しく、林玲那君は世界一になれば認めてくれると思い猛練習を行った。人生大逆転の大技を取得。「ボディトリック」は世界で数人しか出来ない体を回転させる技で世界大会で披露し優勝した。


「さゆり」に関連する音楽・CD

U-18四天王の称号を背負っている民謡日本一の女子医大生である竹野留里。15歳で民謡の大会で優勝など、数多くの賞を総なめ。カラオケ★バトルには、16歳から出場している。今大会、優勝候補の竹野留里は、重圧を乗り越え、年間チャンピオン決定戦に進むことができるか。

「天城越え」

Amazon.co.jp


「さゆり」に関連するイベント情報

東京パラリンピック

33位は三波春夫の「東京五輪音頭」。この曲は当時同じ楽曲を異なる歌手が発売した。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け新たな東京五輪音頭が発売された。加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルが歌っている。


「さゆり」に関連するイベント情報

東京オリンピック

33位は三波春夫の「東京五輪音頭」。この曲は当時同じ楽曲を異なる歌手が発売した。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け新たな東京五輪音頭が発売された。加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルが歌っている。


「さゆり」に関連する音楽・CD

東京五輪音頭

33位は三波春夫の「東京五輪音頭」。この曲は当時同じ楽曲を異なる歌手が発売した。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け新たな東京五輪音頭が発売された。加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルが歌っている。


奥武山公園

33位は三波春夫の「東京五輪音頭」。この曲は当時同じ楽曲を異なる歌手が発売した。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け新たな東京五輪音頭が発売された。加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルが歌っている。


「さゆり」に関連する音楽・CD

暁月夜

第2次バンドブームのバンド四天王の活動期間を紹介。THE BOOMの活動期間は、休止期間をはさんで25年。THE BOOMがメジャーデビューしたとき、月給は15万円だった。THE BOOMの元メンバーの小林孝至が、バンドの解散危機やギャラ事情などについて語った。THE BOOMの島唄は、150万枚超えの大ヒットとなった。THE BOOMは、2014年9月に解散した。


「さゆり」に関連する本・コミック・雑誌

さらに国生さゆりは自ら発案した国生体操を行っている。去年9月本を出版し、年齢に負けない体を作るという。ボールを持って行う体操などが紹介された。

「国生体操 身体を整えることは、心を整えること」

Amazon.co.jp


「さゆり」に関連する音楽・CD

国生さゆりはノーメイクで自宅を紹介。コンパクトな部屋で間取りは1K。広さ37平米の部屋で一人暮らししている。同居人は一匹の猫だけ。引っ越すつもりで借りた部屋に住み続けている。現在断捨離を行っており、10点の家具を処分し服も大量に処分した。かつての恋人との品もあり、自分自身だけで良いと語る。さらに特注で作ったハリウッドミラーは女優としてとっておいていいと答える。国生さゆりは当時を振り返り女優になりたかったと答える。1985年におニャン子クラブとして華々しく歌手デビューした。 連続ドラマの主役にも抜擢されたが女優としての人気は長続きしなかった。それに危機感を抱いてしまい、自信をなくしていたと語る。恋愛に走り二度の離婚と結婚をし、次第にバラエティが主戦場に。50歳を機に半生を振り返り、反省と後悔を断ち切るために断捨離をしたという。

「GOLDEN☆BEST/国生さゆり SINGLES」

Amazon.co.jp