ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ざわちん」の検索結果

「ざわちん」に関連する情報 596件中 1〜10件目

ざわちんさんのブログ

スキージャンプの高梨沙羅選手がW杯通算55勝のギネス世界記録に認定された。平昌五輪金メダルのルンビ選手はインスタグラムで「史上最多勝のスキージャンパーと記念撮影」と祝福した。高梨選手は「56勝、57勝と積み重ねていけるように練習に励みたい」などとコメント。さらに中学校の道徳の教科書に登場することになり、遠くに飛ぶためにストイックな生活を送っていることが紹介された。イベントに参加する日も睡眠時間を削ってトレーニングをした後で会場入りしたという。高梨選手は「4年後に向けて金メダルが取れるように頑張っていきたい」と語った。


「ざわちん」に関連するイベント情報

ソチ五輪

スキージャンプ女子・高梨沙羅選手の成長の軌跡をたどった写真展が昨日初日を迎えた。平昌五輪では大人っぽいメイクでも話題を呼んだ高梨選手、そんな高梨選手がメイクの師匠と公言しているものまねメイクの第一人者・ざわちんさんに高梨選手の大人メイクのポイントを聞いた。ノーズシャドーと鼻筋のハイライトが大人らしい印象を出していると話した。


「ざわちん」に関連するイベント情報

平昌五輪

スキージャンプ女子・高梨沙羅選手の成長の軌跡をたどった写真展が昨日初日を迎えた。平昌五輪では大人っぽいメイクでも話題を呼んだ高梨選手、そんな高梨選手がメイクの師匠と公言しているものまねメイクの第一人者・ざわちんさんに高梨選手の大人メイクのポイントを聞いた。ノーズシャドーと鼻筋のハイライトが大人らしい印象を出していると話した。


「ざわちん」に関連するイベント情報

SARA’S PROGRESS

スキージャンプ女子・高梨沙羅選手の成長の軌跡をたどった写真展が昨日初日を迎えた。平昌五輪では大人っぽいメイクでも話題を呼んだ高梨選手、そんな高梨選手がメイクの師匠と公言しているものまねメイクの第一人者・ざわちんさんに高梨選手の大人メイクのポイントを聞いた。ノーズシャドーと鼻筋のハイライトが大人らしい印象を出していると話した。


セブンカフェ

スキージャンプ女子・高梨沙羅選手の成長の軌跡をたどった写真展が昨日初日を迎えた。平昌五輪では大人っぽいメイクでも話題を呼んだ高梨選手、そんな高梨選手がメイクの師匠と公言しているものまねメイクの第一人者・ざわちんさんに高梨選手の大人メイクのポイントを聞いた。ノーズシャドーと鼻筋のハイライトが大人らしい印象を出していると話した。


「ざわちん」に関連するイベント情報

ソチオリンピック

さらに選手村について布団は持ち帰りOKと広野あさみ選手が明かし、スタジオには実物が登場。スタジオでも大半の選手が持って帰ってきていた。一方で持ち帰らなかった小野塚選手はソチオリンピックの時に持って帰っており、今回はいいかなと思ったという。原選手は持ち帰りは知らなかったという。さらにVRもやれなかったと明かす。

ここからは小平奈緒選手らのスクープを公開。加藤条治選手は前回のオリンピック終了後に全く関係ない金メダリストに弟子入りしていたと紹介。その相手はアテネオリンピックの男子ハンマー投金メダリストの室伏広治さんでカラダの動かし方を覚え直すトレーニングを行っていた。自分のカラダを知ることで無理な動きを回避しケガをしにくい体になる。また。清水宏保さんによると長年同じ筋肉を使い続けるとケガの原因になりやすいなど話した。

続いて高梨沙羅選手のスクープで高梨沙羅選手は出演。ソチオリンピック以降夢の中でも練習していたと明かす。当時について追い込まれすぎて自分のジャンプの映像を夢で見るようになっていててその時は悪夢だったと明かす。最初は自分の目線で飛んでいる感覚だったが、第3者目線で見れるようになり力みすぎているなど気づいてフォームを直したりしたと明かす。

さらに去年から始めた練習で3点にカメラを設置し、スキー板の開き具合を変えた事がメダルに獲得につながったと話した。また、メイクについてソチオリンピックからまた変化しており、「ざわちん」を参考にしていると話した。

ジャンプ直前に考えている事についてメダル獲得直後のインタビューで「無心で最後は自分を信じて飛べた」と話していた。高梨沙羅選手は普段からゾーンにどうしたら入れるかを考えておりそのゾーン状態を自由自在に操れるようになったと明かした。


「ざわちん」に関連するイベント情報

平昌オリンピック

平昌オリンピックの選手村の娯楽について、自動販売機でストラップをかざすだけもらえるやレストランで広野あさみ選手が韓国のりを大量にポケットに入れていたと明かす。江陵の選手村にはマクドナルドが設置されており、選手だったらどっちの選手村でも村用で利用できる。中でも美味しかったのは「ビビンバ」でスタジオにいる選手は全員が食した。

さらに選手村について布団は持ち帰りOKと広野あさみ選手が明かし、スタジオには実物が登場。スタジオでも大半の選手が持って帰ってきていた。一方で持ち帰らなかった小野塚選手はソチオリンピックの時に持って帰っており、今回はいいかなと思ったという。原選手は持ち帰りは知らなかったという。さらにVRもやれなかったと明かす。

帰国直後の女子団体パシュート選手たちにインタビュー。インタビューを行うのは初挑戦である藤ヶ谷太輔。帰国して、たくさんの人に出迎えられびっくりしたやスターの気分など話した。中居は美帆選手に血症をしていると質問。練習など何もしないで出たほうが乱れが少ないと話し、表彰式などではしていると話す。メイクはスタイリストの方にやってもらったと明かした。

平昌オリンピック・女子団体パシュートについて全6周のうち、高木菜那選手が1周、佐藤選手が1.5周で美帆選手が3.5周を担当している。パシュートの中で先頭周回数が一番少ない高木菜那選手だが実は一番しんどいと告白。体力的に一番キツイ終盤で先頭にたってリードをしなければいかず、さらにラストで体力を温存した美帆選手のスパートに付いて行かなければならないと明かす。ヘッドコーチのヨハン・デヴィットさんも他のチームは3、4週目はスピードを落とすが高木菜那選手は最低でもスピードをキープしているなど話していた。美帆選手も今の自分のポジションが良く、菜那選手と佐藤選手の場所はやりたくないと述べた。

ここからは小平奈緒選手らのスクープを公開。加藤条治選手は前回のオリンピック終了後に全く関係ない金メダリストに弟子入りしていたと紹介。その相手はアテネオリンピックの男子ハンマー投金メダリストの室伏広治さんでカラダの動かし方を覚え直すトレーニングを行っていた。自分のカラダを知ることで無理な動きを回避しケガをしにくい体になる。また。清水宏保さんによると長年同じ筋肉を使い続けるとケガの原因になりやすいなど話した。

小平奈緒選手についてのスクープはスタート時にピクッと反応していなければ世界記録を出していたと清水宏保が告白。清水宏保さんは小平奈緒選手はもっと速くて、スタート時にやり直しかと迷いが出ていたと話す。また、清水さんは女子団体パシュートメンバーについてネットで言われているのが高橋大輔と清水さんの時に女子力が違うと話した。

続いて高梨沙羅選手のスクープで高梨沙羅選手は出演。ソチオリンピック以降夢の中でも練習していたと明かす。当時について追い込まれすぎて自分のジャンプの映像を夢で見るようになっていててその時は悪夢だったと明かす。最初は自分の目線で飛んでいる感覚だったが、第3者目線で見れるようになり力みすぎているなど気づいてフォームを直したりしたと明かす。

さらに去年から始めた練習で3点にカメラを設置し、スキー板の開き具合を変えた事がメダルに獲得につながったと話した。また、メイクについてソチオリンピックからまた変化しており、「ざわちん」を参考にしていると話した。

ジャンプ直前に考えている事についてメダル獲得直後のインタビューで「無心で最後は自分を信じて飛べた」と話していた。高梨沙羅選手は普段からゾーンにどうしたら入れるかを考えておりそのゾーン状態を自由自在に操れるようになったと明かした。


オフィシャルブログ

スキー・ジャンプ女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得した高梨沙羅選手は、韓国では見た目の美しさから「美女鳥」と呼ばれるほど人気。SNSには、「高梨沙羅さんのメーク私も見習いてぇ〜」「あのキリッとしたアイメークカッコいい」などと絶賛する声が寄せられていた。以前番組で高梨選手は、ものまねメークの第一人者・ざわちんのメーク画像などをよく見ていると話していて、ざわちんは高梨選手がメダルを獲得した際、ブログで祝福。高梨選手のものまねメークも披露した。長沢美月は、タレ目と平行眉が特徴の高梨選手メークをざわちんに施してもらった。


「ざわちん」に関連するイベント情報

テンピュール ブランドアンバサダー就任式

映画「あなたの旅立ち、綴ります」のPRイベントに泉ピン子と村上佳菜子が出演。村上佳菜子は、「メダルをとった3人がみんな悔しいと言っていたので、メダルとっても次に向かう姿がアスリートとして素晴らしい。」とコメント。泉ピン子は、「あれを見せていただくだけですごい。」とコメント。また、高梨沙羅のメイクの師匠であるざわちんは昨夜、高梨沙羅のものまねメイクで応援した。ざわちんは、「機会があれば高梨沙羅とメイクの話をしてメイクをしてあげたい。」とコメント。また、高梨沙羅が大ファンだというmiwaは、「沙羅ちゃんのジャンプに感動した。かっこよかった。」と祝福。miwaはフジテレビの音楽番組で高梨沙羅と共演している。高梨沙羅はmiwaの「don’t cry anymore」が勝負曲と公言している。俳優の和田正人は「日本史上初の銀メダル。すげー。」と高木美帆を祝福。他にも三村マサカズや有吉弘行などがツイッターで祝福した。また、フジテレビのミライモンスターで去年特集した原大智が銅メダルを獲得。番組MCの関根勤と元AKB の高橋みなみが祝福した。また、枕のPRイベントに出席した松井秀喜は、「全てを出し切るのは難しいと思うが、全てを出し切れることを祈っている。」とこれから競技を行う選手を応援した。やくみつるは、「スタート前に高梨沙羅の眼球が微動だにしなかった。眼球に注目。」とコメント。


ツイッター

映画「あなたの旅立ち、綴ります」のPRイベントに泉ピン子と村上佳菜子が出演。村上佳菜子は、「メダルをとった3人がみんな悔しいと言っていたので、メダルとっても次に向かう姿がアスリートとして素晴らしい。」とコメント。泉ピン子は、「あれを見せていただくだけですごい。」とコメント。また、高梨沙羅のメイクの師匠であるざわちんは昨夜、高梨沙羅のものまねメイクで応援した。ざわちんは、「機会があれば高梨沙羅とメイクの話をしてメイクをしてあげたい。」とコメント。また、高梨沙羅が大ファンだというmiwaは、「沙羅ちゃんのジャンプに感動した。かっこよかった。」と祝福。miwaはフジテレビの音楽番組で高梨沙羅と共演している。高梨沙羅はmiwaの「don’t cry anymore」が勝負曲と公言している。俳優の和田正人は「日本史上初の銀メダル。すげー。」と高木美帆を祝福。他にも三村マサカズや有吉弘行などがツイッターで祝福した。また、フジテレビのミライモンスターで去年特集した原大智が銅メダルを獲得。番組MCの関根勤と元AKB の高橋みなみが祝福した。また、枕のPRイベントに出席した松井秀喜は、「全てを出し切るのは難しいと思うが、全てを出し切れることを祈っている。」とこれから競技を行う選手を応援した。やくみつるは、「スタート前に高梨沙羅の眼球が微動だにしなかった。眼球に注目。」とコメント。