ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ちい散歩 3」の検索結果

「ちい散歩 3」に関連する情報 10696件中 1〜10件目

おおもり 木田屋

つづいては、去年12月5日放送の大森散歩。大森銀座商店街 Milpaにて散歩シリーズのレジェンドが登場。昭和2年操業のおおもり 木田屋へ。全国から厳選した大粒の小豆“大納言”や、うぐいす豆を使った甘納豆が愛され続ける大森の名店。社長からかかってきた電話に出た高田は、「ちい散歩」の地井武男と偽り番組を見るよう勧めたが、実際にはバカっぽい奴が出ていると話した。性格はいいと思うので見てやってとし電話を店員に変わったが、店員に知らない人と言われると“加山雄三”と名乗った。


Milpa

高田純次はガードに頭をぶつけないか心配するようなことを通りがかりの人に尋ね、ガード下を歩いた。ガードを抜けたその先は、Milpaになっていた。

高田純次はMilpaを歩いた。MilpaはMill Parkの略語で、昭和62年に公募した大森銀座商店街の新ネーム。自転車を漕いでいる人に「まさか自転車って電動じゃないでしょ?」と声をかけたところ、電動との声が返ってきた。見かけた人が3人連続して電動自転車で、意外と見ちゃうもんだねと話した。

高田純次は店先に並ぶお惣菜に関心を持ち柏庵に立ち寄った。訪れているお客さんに何が好きかを聞きながら、「牛ごはん」「親子丼」が安いなどと話した。高田は村上春樹と名乗りお弁当を購入した。元々は履物屋として昭和3年に創業した。20年前に履物屋をやめてお惣菜屋を新しく始めた。お店のモットーは、作りおきをしないこと。

高田純次は再びMilpaを歩く。屋根がなくなったところで、通行人から「ちい散歩?」と聞かれ、高田は「僕は地井武男です」と自己紹介した。


「ちい散歩 3」に関連する映画・DVD

ちい散歩

鎌田さんは子供の頃から旅行の添乗員に憧れていたとのこと。そして旅行会社に就職後、36歳のときに友人に誘われ海外旅行専門会社アースウェイの立ち上げに参加したとのこと。その翌年に街歩きブームの火付け役となる「ちい散歩」がスタートし、それをヒントに「街歩きの達人事務局」を開局した。しかし最初のお客さんは1人で、その後街の歴史を学び、企画を練ることで今に至るとのこと。ここで東京に詳しい鎌田さんにクイズを出してみると、見事正解した。


スカイツリー

スカイツリーが見える吾妻橋は、ちい散歩やゆうゆう散歩が始まった場所で散歩の聖地であるという。ちい散歩では、スカイツリーは工事が始まる前の吾妻橋を散歩しており、下町界隈を散歩する度に、少しずつ大きくなっていき、2012年の完成までに街の移り変わりも記録していた。高田が吾妻橋を散歩し、観光客と交流する。


週刊文春

群馬県内のホテルで歯ブラシを届けに来た40代女性従業員に性的暴行を加えたうえにケガをさせた容疑から先月、示談が成立して不起訴処分・釈放された高畑裕太さん。彼は合意があったものと考えており、引きずり込んだという事実はなかったと弁護人は説明している。仮に起訴されて裁判になっていた場合、無罪主張をしたと思われた事件らしい。そして今週、週刊現代が相手女性による告白を初めて報じた。「FAXのコメント内容を知った時に全身から血の気が引くのを感じました」など、180分に渡るインタビューが載せられた。被害者女性は部屋に引きずり込まれて押し倒されたと主張し、「やめてくれ」と訴え続けていたが「いいから黙れ」と脅されたそうだ。それを受けた弁護士は「高畑は拒否の意思を認識できていなかった、明らかな暴行や脅迫は認められないものと認識している」と当初の見解に変更がないことを示した。

慶応大学名物・ミス慶応コンテストの中止が発表されている。歴代の受賞者には各局のアナウンサーたちが名を連ね女子アナの登竜門とも言われているコンテストであるが、広告学研究会の未成年学生が飲酒し、主催団体に大学側から解散命令が下った。さらに、女子学生がテキーラなどを飲まされて性的暴行を受けたと訴えた。大学はその場にいた学生らから事情聴取し性行為が行われたことまで確認したが「主張に異なる部分があり事件性を確認できなかった」と述べている。事件性が確認されるような場合は厳正な対処を行う、と回答している。広告学研究会は大正13年に設立された大学公認団体だ。「ミス慶応コンテスト」企画・運営と「学生キャンプストア」運営と「機関紙」発行の3部で構成され、全体で約80人が所属しているものの各部門との交流はほとんどない。今回の騒動を起こしたのは「学生キャンプストア」運営部との主張もあり、慶応大学三代チャラサーに間違いはないという。

週刊文春が、矢島悠子アナウンサーと50代製作会社社長との不倫を報じた。プライベートでは2011年・28歳の時に、長年アシスタントを務めていた”ちい散歩”の番組プロデューサーだった16歳年上の男性と結婚した。矢島アナの不倫相手とされるのが、50代バツイチ独身の、報道ステーションなどの番組制作を担当している会社の社長M氏。関係者によると、矢島アナは現在夫と別居状態で、M氏の家に入り浸っており、ベタ惚れだという。今月2日には手を繋いで歩き、杉並区にあるM氏のマンションへ入っていく姿が目撃されている。週刊文春の直撃に対し、矢島アナは「男女の関係ではない」と顔を隠しながら答えていた。

週刊文春が、矢島悠子アナウンサーと50代製作会社社長との不倫を報じた。


肉のサトー

谷中銀座の名物店「肉のサトー」に訪れた黒柳徹子と綾小路きみまろは、一番人気の「谷中メンチ」を店頭で食べた。黒柳徹子は「ちい散歩」のようにスタッフに谷中メンチを食べさせていた。


谷中銀座

下町ぶらりロケの定番「初めての商店街食べ歩き」を行う黒柳徹子と綾小路きみまろは、まずは谷中銀座を散策した。

谷中銀座の名物店「肉のサトー」に訪れた黒柳徹子と綾小路きみまろは、一番人気の「谷中メンチ」を店頭で食べた。黒柳徹子は「ちい散歩」のようにスタッフに谷中メンチを食べさせていた。

谷中銀座を散策中、「ちょんまげいも」という看板が目に入り「ちょんまげいも たまる」に訪れ、「ちょんまげいも」を味わった。さらに、隣にある「ちょんまげいも」を名付けたというご主人の雑貨店に行くと、パンダグッズがありさっそく手に入れていた。

谷中銀座を散策中に100円ショップを見つけた100円ショップの大ファンだという黒柳徹子は、「キャン・ドゥ 谷中銀座店」で次々に100円グッズを購入していた。


3点3寸カンつき

続いてやってきたのはがま口のお店「プセット」。88歳の現役ミシンを使い、店主・小川大介(35歳)が一つ一つ手作りをしている。人気は「3点3寸カンつき」のがま口。地井武男さんも「ちい散歩」の時にこちらのお店のがま口を使っていたという。西岡徳馬は皮で出来た非売品のがま口第一号が欲しい様子で粘っていた。


プセット

続いてやってきたのはがま口のお店「プセット」。88歳の現役ミシンを使い、店主・小川大介(35歳)が一つ一つ手作りをしている。人気は「3点3寸カンつき」のがま口。地井武男さんも「ちい散歩」の時にこちらのお店のがま口を使っていたという。西岡徳馬は皮で出来た非売品のがま口第一号が欲しい様子で粘っていた。


「ちい散歩 3」に関連するレストラン・飲食店

下町ぶらりロケの定番「初めての商店街食べ歩き」を行う黒柳徹子と綾小路きみまろは、まずは谷中銀座を散策した。

谷中銀座の名物店「肉のサトー」に訪れた黒柳徹子と綾小路きみまろは、一番人気の「谷中メンチ」を店頭で食べた。黒柳徹子は「ちい散歩」のようにスタッフに谷中メンチを食べさせていた。

下町ぶらりロケの定番「初めての商店街食べ歩き」を行う黒柳徹子と綾小路きみまろは、まずは谷中銀座を散策。商店街にある洋品店を訪れていたが、店内にいた赤ちゃんを見て洋服を見ていなかった。

谷中銀座を散策中、「ちょんまげいも」という看板が目に入り「ちょんまげいも たまる」に訪れ、「ちょんまげいも」を味わった。さらに、隣にある「ちょんまげいも」を名付けたというご主人の雑貨店に行くと、パンダグッズがありさっそく手に入れていた。

 (カフェ、和菓子、かき氷)