ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「にあにゃあ」の検索結果

「にあにゃあ」に関連する情報 10件中 1〜10件目

「にあにゃあ」に関連するレストラン・飲食店

約2年半後、猫アレルギーの長尾昴さんは猫カフェで働いていた。およそ40畳の広さの店内に計13匹の猫を飼っていた。さらにこの店「猫カフェ にあにゃあ」は長尾さんが開いた店で全て1人で営業している。しかも猫アレルギーは全然治ってなかった。症状は日によるが喘息の薬を毎日吸引しているので重症化する事はない。お客さんがいない時はマスクをして毎朝掃除は欠かさない。月に1回は業者クリーニングを入れて細かいゴミを取ってもらう。24時間空気清浄機をつけ2〜3週に1回はプロを呼んでシャンプーをしてもらいフケや抜け毛を抑えてもらっている。しかもトリマーの兼丸さんも猫アレルギーだった。


猫アレルギー

大学4年生の長尾昴さんはずっとやりたかった猫カフェのアルバイトを始めた。働きたかった理由は小学校の頃、猫を飼っていて超猫好きだった。アルバイトを始めた直後、くしゃみと鼻水が出ていた。彼は猫好きなのに猫アレルギーを発症してしまっていた。猫アレルギーは猫の皮膚・毛・フケ・唾液・尿などが原因物質(アレルゲン)となり人の体内に入り込み発症する。症状はくしゃみ、鼻水、目のかゆみ、咳など。彼もそうだったが認めなかった。大げさにすれば猫の近くにいられなくなるので病院にはいかなかった。半年後、彼は猫と離れられず企業の内定をけって猫カフェに就職した。ほぼ毎日出勤し店の上に住み込んだ。部屋は店に出ない猫の休憩場所も兼ねていた。寝る時は別の場所に移し毎日掃除していた。そのうち呼吸がしづらく寝られない日もあった。ひどい時は結膜浮腫ができる事もあった。半年後、朝気がつくと息ができなくなり肺が押しつぶされそうになっていた。

長尾昴さんは大事にしたくなかったので救急車は呼ばず自力で病院へ向かった。呼吸が続かず何度も止まりながら進むしか無かった。徒歩3分を30分かかって病院に到着。すぐに処置してもらい楽になった。原因物質(アレルゲン)が体内へ入ると気管支が過敏に反応し収縮。空気の通り道が狭くなり喘息の発作を起こす事がある。処置が遅くなれば命の危険もあった。血液検査の結果、猫アレルギーと診断された。

久本雅美は花粉症でヒノキの症状もあった。ヒノキを入れた湯船に浸かったらくしゃみが止まらなかったと話した。岩田剛典は動物アレルギーで触った後に目を触ると目がブヨブヨになると話した。陣内智則は猫がなつくほどくしゃみが止まらず、花粉症の症状もあるので鼻を焼いたが効かなかった。丸岡いずみも猫アレルギーが酷かったが新人時代、猫を抱いてレポートしていた。菊地亜美はビュッフェを食べるロケで下半身にブツブツができたと話した。

約2年半後、猫アレルギーの長尾昴さんは猫カフェで働いていた。およそ40畳の広さの店内に計13匹の猫を飼っていた。さらにこの店「猫カフェ にあにゃあ」は長尾さんが開いた店で全て1人で営業している。しかも猫アレルギーは全然治ってなかった。症状は日によるが喘息の薬を毎日吸引しているので重症化する事はない。お客さんがいない時はマスクをして毎朝掃除は欠かさない。月に1回は業者クリーニングを入れて細かいゴミを取ってもらう。24時間空気清浄機をつけ2〜3週に1回はプロを呼んでシャンプーをしてもらいフケや抜け毛を抑えてもらっている。しかもトリマーの兼丸さんも猫アレルギーだった。

久本雅美が「実は私も猫アレルギーなんですよ」と言うと中居正広から「岩田くんに合わせたんじゃない?」と突っ込まれた。


花粉症

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


猫アレルギー

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


蕎麦アレルギー

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


「にあにゃあ」に関連するレストラン・飲食店

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。

 (そば、うどん)

モミ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


ヒノキ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


スギ

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


「にあにゃあ」に関連するレストラン・飲食店

猫カフェ「にあにゃあ」で店長として長尾昴さんは猫好きながら、猫アレルギー。酷いときは喘息の吸入薬がないと辛いという。ちなみにもう1人いる店員さんも猫アレルギーだった。続いて、東京森林組合の生森良太さんは重度の花粉症に悩まされているが林業に従事していて、「自分が花粉症だということを忘れ、就職した」と明かした。そして、明治36年創業の満留賀が113年の歴史に幕を閉じた理由が店主の蕎麦アレルギー悪化によるものだった。畢竟、向いてなくとも好きな仕事に就職する人はいるのだった。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (10)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店 (3)
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (7)