ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ひよくもち」の検索結果

「ひよくもち」に関連する情報 6件中 1〜6件目

「ひよくもち」に関連するグルメ情報

ひよくもち

篠原信一はA:豆福の豆ミックスを紹介。神戸豆福は創業68年で取材NGのおかき・豆菓子の専門店。材料はすべて純国産で、備長炭で焼いている。続いて、B:LUCE FARMの太陽のプリンを紹介。オーナーが2年かけて集めたこだわり食材を使用し、牛乳は3種類をブレンド、卵は純国産鶏さくらの卵を使っている。


「ひよくもち」に関連するグルメ情報

よもぎ餅

奈良県中谷堂の高速餅つき職人・中谷充男さんを特集。観光客に大人気の中谷堂のよもぎ餅は佐賀県産のもち米・ひよくもちを使用し、よもぎは新芽のみ、あずきは北海道十勝産のものを使っている。美味しいお餅を味わってもらうため作りおきはせず売れ行きを見ながら新たに餅をついているという。餅つきの前のストレッチをした後、中谷さんは臼で2分半で約5キロの餅を1秒に2回つく。高速もちつきで大切なのは、打ち手と返し手の信頼関係だと中谷さんは言う。


「ひよくもち」に関連するグルメ情報

うなぎ

今回は三重県・尾鷲市にある「三重おわせ久?」、1972年の創業以来うなぎや海の幸を使ったグルメを全国に届けている。その中で今回紹介するのが「うなぎおこわ」。代表の方によると、うなぎ嫌いのお客さんに買ってもらおうとつくりあげた製品であるという。その製作工程が流された。南九州産のうなぎが使われており、ほかに佐賀県産のひよくもちなどが使われている。


「ひよくもち」に関連するグルメ情報

ひよくもち

今回は三重県・尾鷲市にある「三重おわせ久?」、1972年の創業以来うなぎや海の幸を使ったグルメを全国に届けている。その中で今回紹介するのが「うなぎおこわ」。代表の方によると、うなぎ嫌いのお客さんに買ってもらおうとつくりあげた製品であるという。その製作工程が流された。南九州産のうなぎが使われており、ほかに佐賀県産のひよくもちなどが使われている。


「ひよくもち」に関連するグルメ情報

うなぎおこわ

今回は三重県・尾鷲市にある「三重おわせ久?」、1972年の創業以来うなぎや海の幸を使ったグルメを全国に届けている。その中で今回紹介するのが「うなぎおこわ」。代表の方によると、うなぎ嫌いのお客さんに買ってもらおうとつくりあげた製品であるという。その製作工程が流された。南九州産のうなぎが使われており、ほかに佐賀県産のひよくもちなどが使われている。


三重おわせ久?

今回は三重県・尾鷲市にある「三重おわせ久?」、1972年の創業以来うなぎや海の幸を使ったグルメを全国に届けている。その中で今回紹介するのが「うなぎおこわ」。代表の方によると、うなぎ嫌いのお客さんに買ってもらおうとつくりあげた製品であるという。その製作工程が流された。南九州産のうなぎが使われており、ほかに佐賀県産のひよくもちなどが使われている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (6)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (5)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (1)