ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ほのか」の検索結果

「ほのか」に関連する情報 3622件中 1〜10件目

「ほのか」に関連するグルメ情報

煎酒

2本目のタレは料理研究家の野口英世さんが推薦する「煎酒」。日本酒に梅干しと鰹節を入れて煮詰めた室町時代に生まれた調味料で、ほのかな酸味と穏やかな塩味とカツオの風味が香る。試食して「昆布だしとは違う梅の酸味」などと話した。タレに合う料理はしゃぶしゃぶで、試食して「なんてウマいんだろう」などと話した。また、納豆と卵が用意され混ぜて食べると「煎酒を棺桶に入れてほしい」などと話した。


澤光青果

今日初競りにかけられた「いちごさん」。15個(450グラム)1万5300円で落札された。佐賀県では日本を代表する「さがほのか」以来20年ぶりの新品種。最大の特徴は濃い甘さと瑞々しさ。こだわったのは色と形。さがほのかとは違い、切った時の断面が美味しそうな赤。人気のさがほのかがあるのに、なぜ今新品種を売り出したのか。農家が高齢化し、佐賀県内のいちご生産は減りつつある、この状況を打破するためには新品種が必要だったという。日本の甘くて美味しいいちご。平昌五輪、カーリング女子の休憩時間(もぐもぐタイム)で話題になった韓国のいちご。外国でも美味しいいちごが作られ始めている。韓国のお店を覗いてみると雪香という品種のいちごが並んでいた。これは韓国では一般的なものだが1キロ約1500円という価格。韓国独自で開発されたといういちご。実際は日本の品種を掛け合わせて作ったとされる。韓国はこうしたいちごを海外に年間5000トン輸出している。佐賀県が20年振りに開発したいちごさん。世界に日本のいちごのブランド力をアピールする切り札となるのか!?果物店には今朝競り落とされたいちごさんがあった。店員も日本のいちごは世界一と太鼓判を押した。


「ほのか」に関連するグルメ情報

雪香

今日初競りにかけられた「いちごさん」。15個(450グラム)1万5300円で落札された。佐賀県では日本を代表する「さがほのか」以来20年ぶりの新品種。最大の特徴は濃い甘さと瑞々しさ。こだわったのは色と形。さがほのかとは違い、切った時の断面が美味しそうな赤。人気のさがほのかがあるのに、なぜ今新品種を売り出したのか。農家が高齢化し、佐賀県内のいちご生産は減りつつある、この状況を打破するためには新品種が必要だったという。日本の甘くて美味しいいちご。平昌五輪、カーリング女子の休憩時間(もぐもぐタイム)で話題になった韓国のいちご。外国でも美味しいいちごが作られ始めている。韓国のお店を覗いてみると雪香という品種のいちごが並んでいた。これは韓国では一般的なものだが1キロ約1500円という価格。韓国独自で開発されたといういちご。実際は日本の品種を掛け合わせて作ったとされる。韓国はこうしたいちごを海外に年間5000トン輸出している。佐賀県が20年振りに開発したいちごさん。世界に日本のいちごのブランド力をアピールする切り札となるのか!?果物店には今朝競り落とされたいちごさんがあった。店員も日本のいちごは世界一と太鼓判を押した。


「ほのか」に関連するイベント情報

平昌五輪

今日初競りにかけられた「いちごさん」。15個(450グラム)1万5300円で落札された。佐賀県では日本を代表する「さがほのか」以来20年ぶりの新品種。最大の特徴は濃い甘さと瑞々しさ。こだわったのは色と形。さがほのかとは違い、切った時の断面が美味しそうな赤。人気のさがほのかがあるのに、なぜ今新品種を売り出したのか。農家が高齢化し、佐賀県内のいちご生産は減りつつある、この状況を打破するためには新品種が必要だったという。日本の甘くて美味しいいちご。平昌五輪、カーリング女子の休憩時間(もぐもぐタイム)で話題になった韓国のいちご。外国でも美味しいいちごが作られ始めている。韓国のお店を覗いてみると雪香という品種のいちごが並んでいた。これは韓国では一般的なものだが1キロ約1500円という価格。韓国独自で開発されたといういちご。実際は日本の品種を掛け合わせて作ったとされる。韓国はこうしたいちごを海外に年間5000トン輸出している。佐賀県が20年振りに開発したいちごさん。世界に日本のいちごのブランド力をアピールする切り札となるのか!?果物店には今朝競り落とされたいちごさんがあった。店員も日本のいちごは世界一と太鼓判を押した。


「ほのか」に関連するグルメ情報

さがほのか

今日初競りにかけられた「いちごさん」。15個(450グラム)1万5300円で落札された。佐賀県では日本を代表する「さがほのか」以来20年ぶりの新品種。最大の特徴は濃い甘さと瑞々しさ。こだわったのは色と形。さがほのかとは違い、切った時の断面が美味しそうな赤。人気のさがほのかがあるのに、なぜ今新品種を売り出したのか。農家が高齢化し、佐賀県内のいちご生産は減りつつある、この状況を打破するためには新品種が必要だったという。日本の甘くて美味しいいちご。平昌五輪、カーリング女子の休憩時間(もぐもぐタイム)で話題になった韓国のいちご。外国でも美味しいいちごが作られ始めている。韓国のお店を覗いてみると雪香という品種のいちごが並んでいた。これは韓国では一般的なものだが1キロ約1500円という価格。韓国独自で開発されたといういちご。実際は日本の品種を掛け合わせて作ったとされる。韓国はこうしたいちごを海外に年間5000トン輸出している。佐賀県が20年振りに開発したいちごさん。世界に日本のいちごのブランド力をアピールする切り札となるのか!?果物店には今朝競り落とされたいちごさんがあった。店員も日本のいちごは世界一と太鼓判を押した。


「ほのか」に関連するグルメ情報

いちごさん

今日初競りにかけられた「いちごさん」。15個(450グラム)1万5300円で落札された。佐賀県では日本を代表する「さがほのか」以来20年ぶりの新品種。最大の特徴は濃い甘さと瑞々しさ。こだわったのは色と形。さがほのかとは違い、切った時の断面が美味しそうな赤。人気のさがほのかがあるのに、なぜ今新品種を売り出したのか。農家が高齢化し、佐賀県内のいちご生産は減りつつある、この状況を打破するためには新品種が必要だったという。日本の甘くて美味しいいちご。平昌五輪、カーリング女子の休憩時間(もぐもぐタイム)で話題になった韓国のいちご。外国でも美味しいいちごが作られ始めている。韓国のお店を覗いてみると雪香という品種のいちごが並んでいた。これは韓国では一般的なものだが1キロ約1500円という価格。韓国独自で開発されたといういちご。実際は日本の品種を掛け合わせて作ったとされる。韓国はこうしたいちごを海外に年間5000トン輸出している。佐賀県が20年振りに開発したいちごさん。世界に日本のいちごのブランド力をアピールする切り札となるのか!?果物店には今朝競り落とされたいちごさんがあった。店員も日本のいちごは世界一と太鼓判を押した。


「ほのか」に関連するグルメ情報

コシヒカリ

新男米の新米を孝子さん特製の梅干しと漬物や麻婆茄子とともに味わった。ふくおとこを食べた米鑑定師の入口さんはほのかな甘み感がある、もっと強烈な個性があったらいいと話した。


「ほのか」に関連するグルメ情報

龍の瞳

新男米の新米を孝子さん特製の梅干しと漬物や麻婆茄子とともに味わった。ふくおとこを食べた米鑑定師の入口さんはほのかな甘み感がある、もっと強烈な個性があったらいいと話した。


日本橋高島屋S.C.本館

新男米の新米を孝子さん特製の梅干しと漬物や麻婆茄子とともに味わった。ふくおとこを食べた米鑑定師の入口さんはほのかな甘み感がある、もっと強烈な個性があったらいいと話した。


「ほのか」に関連するグルメ情報

麻婆茄子

新男米の新米を孝子さん特製の梅干しと漬物や麻婆茄子とともに味わった。ふくおとこを食べた米鑑定師の入口さんはほのかな甘み感がある、もっと強烈な個性があったらいいと話した。