ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みずほフィナンシャルグループ」の検索結果

「みずほフィナンシャルグループ」に関連する情報 1242件中 1〜10件目

Jコイン(仮称)

記者がデジタル通貨を使用して水を購入。三菱UFJフィナンシャル・グループが公開した独自の「MUFGコイン」。1コインを1円として送金や割り勘をできる精算機能などを紹介。現在は実証実験段階中。コインから円に交換も可能。みずほフィナンシャルグループも対応。Jコイン(仮称)の導入を検討。2020年までの実現を目指している。

スタジオでは仮想通貨とデジタル通貨の違いを解説。仮想通貨はビットコインに代表され、価格が変動し、管理者はいないとされている。一方でデジタル通貨は価格が固定で管理者は企業。佐々木紀彦は大手銀行が乗り出した背景としてビットコインが普及すると企業が個人とやり取りが可能になるので銀行が要らなくなる。そこで独自の通貨を作り取り引きを行おうという狙いと解説。普及のためにはどれだけ使えるか、他の人が持っているのかという広がり、互換性などが求められると解説。


MUFGコイン

記者がデジタル通貨を使用して水を購入。三菱UFJフィナンシャル・グループが公開した独自の「MUFGコイン」。1コインを1円として送金や割り勘をできる精算機能などを紹介。現在は実証実験段階中。コインから円に交換も可能。みずほフィナンシャルグループも対応。Jコイン(仮称)の導入を検討。2020年までの実現を目指している。

スタジオでは仮想通貨とデジタル通貨の違いを解説。仮想通貨はビットコインに代表され、価格が変動し、管理者はいないとされている。一方でデジタル通貨は価格が固定で管理者は企業。佐々木紀彦は大手銀行が乗り出した背景としてビットコインが普及すると企業が個人とやり取りが可能になるので銀行が要らなくなる。そこで独自の通貨を作り取り引きを行おうという狙いと解説。普及のためにはどれだけ使えるか、他の人が持っているのかという広がり、互換性などが求められると解説。


みずほフィナンシャルグループ

記者がデジタル通貨を使用して水を購入。三菱UFJフィナンシャル・グループが公開した独自の「MUFGコイン」。1コインを1円として送金や割り勘をできる精算機能などを紹介。現在は実証実験段階中。コインから円に交換も可能。みずほフィナンシャルグループも対応。Jコイン(仮称)の導入を検討。2020年までの実現を目指している。

スタジオでは仮想通貨とデジタル通貨の違いを解説。仮想通貨はビットコインに代表され、価格が変動し、管理者はいないとされている。一方でデジタル通貨は価格が固定で管理者は企業。佐々木紀彦は大手銀行が乗り出した背景としてビットコインが普及すると企業が個人とやり取りが可能になるので銀行が要らなくなる。そこで独自の通貨を作り取り引きを行おうという狙いと解説。普及のためにはどれだけ使えるか、他の人が持っているのかという広がり、互換性などが求められると解説。


三菱UFJフィナンシャル・グループ

記者がデジタル通貨を使用して水を購入。三菱UFJフィナンシャル・グループが公開した独自の「MUFGコイン」。1コインを1円として送金や割り勘をできる精算機能などを紹介。現在は実証実験段階中。コインから円に交換も可能。みずほフィナンシャルグループも対応。Jコイン(仮称)の導入を検討。2020年までの実現を目指している。

スタジオでは仮想通貨とデジタル通貨の違いを解説。仮想通貨はビットコインに代表され、価格が変動し、管理者はいないとされている。一方でデジタル通貨は価格が固定で管理者は企業。佐々木紀彦は大手銀行が乗り出した背景としてビットコインが普及すると企業が個人とやり取りが可能になるので銀行が要らなくなる。そこで独自の通貨を作り取り引きを行おうという狙いと解説。普及のためにはどれだけ使えるか、他の人が持っているのかという広がり、互換性などが求められると解説。


「みずほフィナンシャルグループ」に関連するイベント情報

シーテックジャパン2017

記者がデジタル通貨を使用して水を購入。三菱UFJフィナンシャル・グループが公開した独自の「MUFGコイン」。1コインを1円として送金や割り勘をできる精算機能などを紹介。現在は実証実験段階中。コインから円に交換も可能。みずほフィナンシャルグループも対応。Jコイン(仮称)の導入を検討。2020年までの実現を目指している。

スタジオでは仮想通貨とデジタル通貨の違いを解説。仮想通貨はビットコインに代表され、価格が変動し、管理者はいないとされている。一方でデジタル通貨は価格が固定で管理者は企業。佐々木紀彦は大手銀行が乗り出した背景としてビットコインが普及すると企業が個人とやり取りが可能になるので銀行が要らなくなる。そこで独自の通貨を作り取り引きを行おうという狙いと解説。普及のためにはどれだけ使えるか、他の人が持っているのかという広がり、互換性などが求められると解説。


第一生命保険

慶應義塾大学出身の森本世菜さん、伊藤礼さんは8つの内定を受け、田中健人さんは大手商社、加藤貴裕さんは大手金融への就職を控えている。就職先人気ランキングで慶應義塾大学は1位から5位まで「日本生命保険」、「三菱東京UFJ銀行」、「ソニー生命保険」、「大和証券グループ」、「みずほフィナンシャルグループ」、早稲田では「三菱東京UFJ銀行」、「第一生命保険」、「大和証券グループ」、「日本放送協会」、「全日本空輸」となっている。就職活動で「自己PR、何者か?」と問われた時、目を引く活動をしておくのが就職を優位に進めるという。また、長尾孟大さんは将来の起業を見据え、ベンチャー企業への就職を決意。こうしたリスクを取って、夢へとひた走る学生もいる。


日本放送協会

慶應義塾大学出身の森本世菜さん、伊藤礼さんは8つの内定を受け、田中健人さんは大手商社、加藤貴裕さんは大手金融への就職を控えている。就職先人気ランキングで慶應義塾大学は1位から5位まで「日本生命保険」、「三菱東京UFJ銀行」、「ソニー生命保険」、「大和証券グループ」、「みずほフィナンシャルグループ」、早稲田では「三菱東京UFJ銀行」、「第一生命保険」、「大和証券グループ」、「日本放送協会」、「全日本空輸」となっている。就職活動で「自己PR、何者か?」と問われた時、目を引く活動をしておくのが就職を優位に進めるという。また、長尾孟大さんは将来の起業を見据え、ベンチャー企業への就職を決意。こうしたリスクを取って、夢へとひた走る学生もいる。


全日本空輸

慶應義塾大学出身の森本世菜さん、伊藤礼さんは8つの内定を受け、田中健人さんは大手商社、加藤貴裕さんは大手金融への就職を控えている。就職先人気ランキングで慶應義塾大学は1位から5位まで「日本生命保険」、「三菱東京UFJ銀行」、「ソニー生命保険」、「大和証券グループ」、「みずほフィナンシャルグループ」、早稲田では「三菱東京UFJ銀行」、「第一生命保険」、「大和証券グループ」、「日本放送協会」、「全日本空輸」となっている。就職活動で「自己PR、何者か?」と問われた時、目を引く活動をしておくのが就職を優位に進めるという。また、長尾孟大さんは将来の起業を見据え、ベンチャー企業への就職を決意。こうしたリスクを取って、夢へとひた走る学生もいる。


みずほフィナンシャルグループ

慶應義塾大学出身の森本世菜さん、伊藤礼さんは8つの内定を受け、田中健人さんは大手商社、加藤貴裕さんは大手金融への就職を控えている。就職先人気ランキングで慶應義塾大学は1位から5位まで「日本生命保険」、「三菱東京UFJ銀行」、「ソニー生命保険」、「大和証券グループ」、「みずほフィナンシャルグループ」、早稲田では「三菱東京UFJ銀行」、「第一生命保険」、「大和証券グループ」、「日本放送協会」、「全日本空輸」となっている。就職活動で「自己PR、何者か?」と問われた時、目を引く活動をしておくのが就職を優位に進めるという。また、長尾孟大さんは将来の起業を見据え、ベンチャー企業への就職を決意。こうしたリスクを取って、夢へとひた走る学生もいる。


大和証券グループ

慶應義塾大学出身の森本世菜さん、伊藤礼さんは8つの内定を受け、田中健人さんは大手商社、加藤貴裕さんは大手金融への就職を控えている。就職先人気ランキングで慶應義塾大学は1位から5位まで「日本生命保険」、「三菱東京UFJ銀行」、「ソニー生命保険」、「大和証券グループ」、「みずほフィナンシャルグループ」、早稲田では「三菱東京UFJ銀行」、「第一生命保険」、「大和証券グループ」、「日本放送協会」、「全日本空輸」となっている。就職活動で「自己PR、何者か?」と問われた時、目を引く活動をしておくのが就職を優位に進めるという。また、長尾孟大さんは将来の起業を見据え、ベンチャー企業への就職を決意。こうしたリスクを取って、夢へとひた走る学生もいる。


検索結果の絞り込み