ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みずほフィナンシャルグループ」の検索結果

「みずほフィナンシャルグループ」に関連する情報 1295件中 1〜10件目

pepper

きょうのキーワードは「銀行大リストラ時代」。街の人に銀行に行くか聞いたところ、銀行に言っていない人がほとんどだった。あるメガバンクでは来店者数が10年で4割ほど減り、こうした中でみずほフィナンシャルグループは今後1万9000人を削減すると発表した。また三菱東京UFJ銀行が6000人、三井住友銀行が4000人の業務量を減らす方針。こうした動きの背景には日銀が続けるマイナス金利の影響があり、銀行大リスト時代に突入した。インターネットバンキングの普及で窓口業務の必要性が減り、イオン銀行の一部店舗ではクレジットカードの入会手続きをpepperだけで対応している。まだ実験段階だが、早ければ2019年度にロボットを導入した無人店舗を検討している。


イオン銀行

きょうのキーワードは「銀行大リストラ時代」。街の人に銀行に行くか聞いたところ、銀行に言っていない人がほとんどだった。あるメガバンクでは来店者数が10年で4割ほど減り、こうした中でみずほフィナンシャルグループは今後1万9000人を削減すると発表した。また三菱東京UFJ銀行が6000人、三井住友銀行が4000人の業務量を減らす方針。こうした動きの背景には日銀が続けるマイナス金利の影響があり、銀行大リスト時代に突入した。インターネットバンキングの普及で窓口業務の必要性が減り、イオン銀行の一部店舗ではクレジットカードの入会手続きをpepperだけで対応している。まだ実験段階だが、早ければ2019年度にロボットを導入した無人店舗を検討している。


日銀

きょうのキーワードは「銀行大リストラ時代」。街の人に銀行に行くか聞いたところ、銀行に言っていない人がほとんどだった。あるメガバンクでは来店者数が10年で4割ほど減り、こうした中でみずほフィナンシャルグループは今後1万9000人を削減すると発表した。また三菱東京UFJ銀行が6000人、三井住友銀行が4000人の業務量を減らす方針。こうした動きの背景には日銀が続けるマイナス金利の影響があり、銀行大リスト時代に突入した。インターネットバンキングの普及で窓口業務の必要性が減り、イオン銀行の一部店舗ではクレジットカードの入会手続きをpepperだけで対応している。まだ実験段階だが、早ければ2019年度にロボットを導入した無人店舗を検討している。


三井住友銀行

きょうのキーワードは「銀行大リストラ時代」。街の人に銀行に行くか聞いたところ、銀行に言っていない人がほとんどだった。あるメガバンクでは来店者数が10年で4割ほど減り、こうした中でみずほフィナンシャルグループは今後1万9000人を削減すると発表した。また三菱東京UFJ銀行が6000人、三井住友銀行が4000人の業務量を減らす方針。こうした動きの背景には日銀が続けるマイナス金利の影響があり、銀行大リスト時代に突入した。インターネットバンキングの普及で窓口業務の必要性が減り、イオン銀行の一部店舗ではクレジットカードの入会手続きをpepperだけで対応している。まだ実験段階だが、早ければ2019年度にロボットを導入した無人店舗を検討している。


三菱東京UFJ銀行

きょうのキーワードは「銀行大リストラ時代」。街の人に銀行に行くか聞いたところ、銀行に言っていない人がほとんどだった。あるメガバンクでは来店者数が10年で4割ほど減り、こうした中でみずほフィナンシャルグループは今後1万9000人を削減すると発表した。また三菱東京UFJ銀行が6000人、三井住友銀行が4000人の業務量を減らす方針。こうした動きの背景には日銀が続けるマイナス金利の影響があり、銀行大リスト時代に突入した。インターネットバンキングの普及で窓口業務の必要性が減り、イオン銀行の一部店舗ではクレジットカードの入会手続きをpepperだけで対応している。まだ実験段階だが、早ければ2019年度にロボットを導入した無人店舗を検討している。


みずほフィナンシャルグループ

きょうのキーワードは「銀行大リストラ時代」。街の人に銀行に行くか聞いたところ、銀行に言っていない人がほとんどだった。あるメガバンクでは来店者数が10年で4割ほど減り、こうした中でみずほフィナンシャルグループは今後1万9000人を削減すると発表した。また三菱東京UFJ銀行が6000人、三井住友銀行が4000人の業務量を減らす方針。こうした動きの背景には日銀が続けるマイナス金利の影響があり、銀行大リスト時代に突入した。インターネットバンキングの普及で窓口業務の必要性が減り、イオン銀行の一部店舗ではクレジットカードの入会手続きをpepperだけで対応している。まだ実験段階だが、早ければ2019年度にロボットを導入した無人店舗を検討している。


今週のニュース!気になる人物トップ10

今週月曜、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長が1万9000万人を2026年度末までに削減、近くの店舗を統合し500店舗を400店舗に減らす計画を発表。その翌日、三井住友フィナンシャルグループの国部毅社長もペーパーレス化を徹底し、4000人分の業務量を削減することを発表。同じ日に、三菱UFJフィナンシャルグループの平野信行社長は、事務作業の電子化を進め9500人分の業務量を削減すると発表。テレビ朝日記者によると、長引く超低金利時代と電子マネーなどの異業種の参入がビジネスモデルの転換期だといい、銀行業務は窓口のスリム化で人件費削減を考えているという。日本銀行決済動向

今週火曜、総理のご意向などの疑惑が浮上した加計学園の獣医学部新設について認可することが林芳正文部科学相から発表。加計孝太郎理事長は認可を受け、ホームページ上にコメントを発表、この日の喜びを心から分かち合いたいとした。認可の決まった翌日の国会では、閣議決定された獣医学部新設を認める石破4条件を満たしているのかという質問が集中。政府側から特区認定の条件をクリアしているという具体的根拠は示されなかった。新設される獣医学部では、来週水曜日から入試試験の出願受付が始まる。


日本銀行

今週月曜、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長が1万9000万人を2026年度末までに削減、近くの店舗を統合し500店舗を400店舗に減らす計画を発表。その翌日、三井住友フィナンシャルグループの国部毅社長もペーパーレス化を徹底し、4000人分の業務量を削減することを発表。同じ日に、三菱UFJフィナンシャルグループの平野信行社長は、事務作業の電子化を進め9500人分の業務量を削減すると発表。テレビ朝日記者によると、長引く超低金利時代と電子マネーなどの異業種の参入がビジネスモデルの転換期だといい、銀行業務は窓口のスリム化で人件費削減を考えているという。日本銀行決済動向


三井住友FG

今週月曜、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長が1万9000万人を2026年度末までに削減、近くの店舗を統合し500店舗を400店舗に減らす計画を発表。その翌日、三井住友フィナンシャルグループの国部毅社長もペーパーレス化を徹底し、4000人分の業務量を削減することを発表。同じ日に、三菱UFJフィナンシャルグループの平野信行社長は、事務作業の電子化を進め9500人分の業務量を削減すると発表。テレビ朝日記者によると、長引く超低金利時代と電子マネーなどの異業種の参入がビジネスモデルの転換期だといい、銀行業務は窓口のスリム化で人件費削減を考えているという。日本銀行決済動向


みずほFG

今週月曜、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長が1万9000万人を2026年度末までに削減、近くの店舗を統合し500店舗を400店舗に減らす計画を発表。その翌日、三井住友フィナンシャルグループの国部毅社長もペーパーレス化を徹底し、4000人分の業務量を削減することを発表。同じ日に、三菱UFJフィナンシャルグループの平野信行社長は、事務作業の電子化を進め9500人分の業務量を削減すると発表。テレビ朝日記者によると、長引く超低金利時代と電子マネーなどの異業種の参入がビジネスモデルの転換期だといい、銀行業務は窓口のスリム化で人件費削減を考えているという。日本銀行決済動向