ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みずほフィナンシャルグループ」の検索結果

「みずほフィナンシャルグループ」に関連する情報 1381件中 1〜10件目

テレビ東京

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、キャッシュレス化を加速させるため、LINEやヤフーなど、あらゆる企業との連携を視野に入れていると述べた。


ヤフー

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、キャッシュレス化を加速させるため、LINEやヤフーなど、あらゆる企業との連携を視野に入れていると述べた。


LINE

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、キャッシュレス化を加速させるため、LINEやヤフーなど、あらゆる企業との連携を視野に入れていると述べた。


みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、キャッシュレス化を加速させるため、LINEやヤフーなど、あらゆる企業との連携を視野に入れていると述べた。


みずほ銀行

みずほフィナンシャルグループの坂井社長は、キャッシュレスの流れを加速させるためにLINEなどあらゆる企業との連携を視野に入れていると話した。現在みずほ銀行は交通系電子マネーと銀行口座を連動させたサービスを展開している。


みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループの坂井社長は、キャッシュレスの流れを加速させるためにLINEなどあらゆる企業との連携を視野に入れていると話した。現在みずほ銀行は交通系電子マネーと銀行口座を連動させたサービスを展開している。


みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループは、海外に住む富裕層を対象に、資産運用や相続などの金融事業を本格化する。特にアジアを重点戦略地域として、まずはシンガポールに居住する日本人向けに、専用の運用商品を提供する。国内のマイナス金利政策による個人向け事業での収益縮小を富裕層の開拓で補う。


日本経済新聞

政府は中央省庁に導入する機関システムについて、国内での情報漏洩を防ぐ新たな制度を作る。政府は機関システムを順次クラウドに切り替えていく方針だが、その競争入札には認証制度によって情報漏洩の懸念がない企業だけが参加できるようにする。データの国外流出が疑われる中国企業が念頭にある。重要データの流出は国益を損なうため、アメリカなどを参考に厳重に管理できるように体制を整えている。

アメリカのラサール・インスペント・マネジメントが、2020年までに日本の運用資産を2200億円増やすほか、香港系のESRも物流施設に投資するファンドを相次ぎ立ち上げる。日本を含め、世界の主要都市の不動産価格は高騰しているが、国内では資金の借入金利が低く、投資に対する利益を得やすいとみているという。

みずほフィナンシャルグループは、海外に住む富裕層を対象に、資産運用や相続などの金融事業を本格化する。特にアジアを重点戦略地域として、まずはシンガポールに居住する日本人向けに、専用の運用商品を提供する。国内のマイナス金利政策による個人向け事業での収益縮小を富裕層の開拓で補う。


みずほフィナンシャルグループ

みずほ銀行ではきのうから連休明けの17日午前8時まで、ネットバンキング、ATMを休止。現金を引き出し出来ず利用客が困惑している。みずほ銀行は現金引き出しを事前に呼びかけ。来年度前半にかけてシステム移行作業で、あと7回休止予定。


日本興業銀行

みずほフィナンシャルグループが、「次期勘定系システム」に移行するのにともない、14日土曜日の午前0時から、17日火曜日の午前8時まで、みずほ銀行のATMなどが使えなくなる。みずほグループは、3つのシステムを使ってきたが、今回4,000億円以上をかけて、次期システムに移行する計画。2019年度まで、あわせて9回オンラインサービスを休止するが、6月に行われた第1回目の作業は、トラブルなく完了した。


検索結果の絞り込み