ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みずほフィナンシャルグループ」の検索結果

「みずほフィナンシャルグループ」に関連する情報 1222件中 1〜10件目

「みずほフィナンシャルグループ」に関連するイベント情報

経団連 夏季フォーラム2017

長野・軽井沢町で「経団連 夏季フォーラム2017」が開かれ、JR東日本の冨田哲郎社長は「物を買いたいという部分がまだまだ弱い」と語った。値上げに対して消費者に抵抗感があると感じるものの、三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄特別顧問は「ヤマト運輸の値上げなど、値上げに対して客の抵抗がなくなってくる可能性がある」と指摘。日本生命保険の岡本圀衞会長は「当然、賃金も配当も上げないといけない。バランスの中で経営をしている」、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は「賃金だけ上げても預金になりかねないので、将来に期待しようという話に持っていかないといけない」とコメント。


みずほフィナンシャルグループ

長野・軽井沢町で「経団連 夏季フォーラム2017」が開かれ、JR東日本の冨田哲郎社長は「物を買いたいという部分がまだまだ弱い」と語った。値上げに対して消費者に抵抗感があると感じるものの、三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄特別顧問は「ヤマト運輸の値上げなど、値上げに対して客の抵抗がなくなってくる可能性がある」と指摘。日本生命保険の岡本圀衞会長は「当然、賃金も配当も上げないといけない。バランスの中で経営をしている」、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は「賃金だけ上げても預金になりかねないので、将来に期待しようという話に持っていかないといけない」とコメント。


日本生命保険

長野・軽井沢町で「経団連 夏季フォーラム2017」が開かれ、JR東日本の冨田哲郎社長は「物を買いたいという部分がまだまだ弱い」と語った。値上げに対して消費者に抵抗感があると感じるものの、三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄特別顧問は「ヤマト運輸の値上げなど、値上げに対して客の抵抗がなくなってくる可能性がある」と指摘。日本生命保険の岡本圀衞会長は「当然、賃金も配当も上げないといけない。バランスの中で経営をしている」、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は「賃金だけ上げても預金になりかねないので、将来に期待しようという話に持っていかないといけない」とコメント。


ヤマト運輸

長野・軽井沢町で「経団連 夏季フォーラム2017」が開かれ、JR東日本の冨田哲郎社長は「物を買いたいという部分がまだまだ弱い」と語った。値上げに対して消費者に抵抗感があると感じるものの、三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄特別顧問は「ヤマト運輸の値上げなど、値上げに対して客の抵抗がなくなってくる可能性がある」と指摘。日本生命保険の岡本圀衞会長は「当然、賃金も配当も上げないといけない。バランスの中で経営をしている」、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は「賃金だけ上げても預金になりかねないので、将来に期待しようという話に持っていかないといけない」とコメント。


三越伊勢丹ホールディングス

長野・軽井沢町で「経団連 夏季フォーラム2017」が開かれ、JR東日本の冨田哲郎社長は「物を買いたいという部分がまだまだ弱い」と語った。値上げに対して消費者に抵抗感があると感じるものの、三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄特別顧問は「ヤマト運輸の値上げなど、値上げに対して客の抵抗がなくなってくる可能性がある」と指摘。日本生命保険の岡本圀衞会長は「当然、賃金も配当も上げないといけない。バランスの中で経営をしている」、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は「賃金だけ上げても預金になりかねないので、将来に期待しようという話に持っていかないといけない」とコメント。


JR東日本

長野・軽井沢町で「経団連 夏季フォーラム2017」が開かれ、JR東日本の冨田哲郎社長は「物を買いたいという部分がまだまだ弱い」と語った。値上げに対して消費者に抵抗感があると感じるものの、三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄特別顧問は「ヤマト運輸の値上げなど、値上げに対して客の抵抗がなくなってくる可能性がある」と指摘。日本生命保険の岡本圀衞会長は「当然、賃金も配当も上げないといけない。バランスの中で経営をしている」、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長は「賃金だけ上げても預金になりかねないので、将来に期待しようという話に持っていかないといけない」とコメント。


みずほフィナンシャルグループ

東京ユナイテッドFCの運営理念に賛同した大手企業が賛同、スポンサーに名乗りを上げている。大手のスポンサーをつけた秘密に福田は、元々営業マンで自分の人生かけたものを売り込むほど簡単な営業はないと謳う。東大に入って学んだことは、感情を論理的にどう伝えるかであるといい、論理的に伝えれば賛同してくれるという。


みずほフィナンシャルグループ

川田さんは男性の同性愛者でこれまで大きな葛藤を抱えていたことを明かす。そしてBest of IBMのスピーチで同性愛であることを告白。その後、LGBTへの理解を広める活動をしてきた。IBMではアライであることを証明するためにシールを貼っていて、社内でアライはおよそ20人。川田さんはLGBTへの理解を深めるため、月に1度話し合える機会を作っていて、2016年には同性のパートナーであっても配偶者と同じ福利厚生を受けられる制度を開始。トイレや更衣室を増やすなどLGBTの人が働く環境を改善していった。新入社員の岩渕さんもLGBTの一人で就職活動中、自分らしく働けるか不安だったと話す。大手企業では様々な福利厚生制度を受けることができるということもあり、それぞれが自分らしく生きることができる環境が作られている。


みずほフィナンシャルグループ

東芝は今日決算会見に臨む予定だったが、ドタキャンした。融資を行うメインバンクの首脳は発表をちゃんとできるかが問題だと話していた。東芝の株価じゃ一時9.4%と大幅下落、メインバンクの株価も値を下げ日経平均株価終値は220円もの値下がりとなった。一方、分社化予定の半導体事業で経済産業大臣賞が授与された。決算の公表は最長で1ヵ月の延期が決まった。午後6時半に会見が始まった。


みずほフィナンシャルグループ

みずほFGが「みずほ銀行」頭取に、藤原弘治常務を昇格決定。「みずほ信託銀行」社長には飯盛徹夫常務が就く。経営陣の若返りを図ると共に、グループ間の連携を強化する狙い。


検索結果の絞り込み