ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みずほフィナンシャルグループ」の検索結果

「みずほフィナンシャルグループ」に関連する情報 1401件中 1〜10件目

みずほフィナンシャルグループ

メガバンクの4月~9月期の決算が今日出揃った。3社ともに純利益は増加したが、業務純益は三菱UFJ銀行と三井住友銀行が減益となった。こうした中、三菱UFJ銀行と三井住友銀行はATMの共通化に向けて動き出した。現在は他社のATMで銀行を利用すると手数料がかかるが、共通化することで無料になる。来年の早い時期を目処に2000カ所以上の店舗外ATMを共通化を進める計画。両行が共通化を進める1番の狙いが維持費削減。ATM1台の管理費は年間700〜1000万円とも言われ、共通化によって諸らい的にATM500台近くを廃止する方針で、年間数十億円のコスト削減を見込んでいる。一方、みずほ銀行は口座管理を行う新たなシステムの移行を進めていて、共通化には当面参加しない考え。


みずほフィナンシャルグループ


みずほフィナンシャルグループ

みずほ銀行のATMなどがあす午前0時〜12日月曜の午前8時まで休止。2019年度まで9回オンラインサービスの休止を予定している。みずほ銀行は現金を引き出す場合は今日中にATMを利用するよう呼び掛けている。


幕張メッセ

千葉県・幕張メッセで今日から一般公開が始まった、アジア最大級のIT見本市「CEATEC JAPAN 2018」。10月16日(火)から、19日(金)まで開催される。3つのメガバンクグループが、金融とITを融合させた「フィンテック」の、活用法を提示した。みずほフィナンシャルグループは、口座の残高状況などを答える、AI秘書を公開。リポーターの縄巻蘭が、そのAI秘書に「口座の残高を教えて」と話し掛けると、画面のAI秘書が、残高の状況について説明した。将来的には、銀行窓口での活用も模索したいとしている。また、三井住友フィナンシャルグループでは、AIによる株価予測プログラムを使った、投資ゲームを体験できる。その日の為替や、株に関するニュースをヒントに、AIと株の売買で勝負できる。株の初心者である番組ディレクターが、そのゲームに挑戦した。AIは、過去のデータから株価のトレンドを予測。勝負の結果、AIの圧勝だった。三井住友フィナンシャルグループは、この予測プログラムを使って、今後、株の売り買いのタイミングを、顧客にLINEやメールなどで通知する予定。三菱UFJフィナンシャルグループは、キャッシュカードの情報を登録したスマートフォンだけで、現金が引き出せるという、未来のATMを公開した。リポーターの奥山未季子が、そのATMを体験した。メガバンクグループは、フィンテックやデジタル技術を活用することで、異業種参入によって激しくなる競争を、勝ち抜いていきたい考えた。


「みずほフィナンシャルグループ」に関連するイベント情報

CEATEC JAPAN 2018

千葉県・幕張メッセで今日から一般公開が始まった、アジア最大級のIT見本市「CEATEC JAPAN 2018」。10月16日(火)から、19日(金)まで開催される。3つのメガバンクグループが、金融とITを融合させた「フィンテック」の、活用法を提示した。みずほフィナンシャルグループは、口座の残高状況などを答える、AI秘書を公開。リポーターの縄巻蘭が、そのAI秘書に「口座の残高を教えて」と話し掛けると、画面のAI秘書が、残高の状況について説明した。将来的には、銀行窓口での活用も模索したいとしている。また、三井住友フィナンシャルグループでは、AIによる株価予測プログラムを使った、投資ゲームを体験できる。その日の為替や、株に関するニュースをヒントに、AIと株の売買で勝負できる。株の初心者である番組ディレクターが、そのゲームに挑戦した。AIは、過去のデータから株価のトレンドを予測。勝負の結果、AIの圧勝だった。三井住友フィナンシャルグループは、この予測プログラムを使って、今後、株の売り買いのタイミングを、顧客にLINEやメールなどで通知する予定。三菱UFJフィナンシャルグループは、キャッシュカードの情報を登録したスマートフォンだけで、現金が引き出せるという、未来のATMを公開した。リポーターの奥山未季子が、そのATMを体験した。メガバンクグループは、フィンテックやデジタル技術を活用することで、異業種参入によって激しくなる競争を、勝ち抜いていきたい考えた。


三菱UFJフィナンシャルグループ

千葉県・幕張メッセで今日から一般公開が始まった、アジア最大級のIT見本市「CEATEC JAPAN 2018」。10月16日(火)から、19日(金)まで開催される。3つのメガバンクグループが、金融とITを融合させた「フィンテック」の、活用法を提示した。みずほフィナンシャルグループは、口座の残高状況などを答える、AI秘書を公開。リポーターの縄巻蘭が、そのAI秘書に「口座の残高を教えて」と話し掛けると、画面のAI秘書が、残高の状況について説明した。将来的には、銀行窓口での活用も模索したいとしている。また、三井住友フィナンシャルグループでは、AIによる株価予測プログラムを使った、投資ゲームを体験できる。その日の為替や、株に関するニュースをヒントに、AIと株の売買で勝負できる。株の初心者である番組ディレクターが、そのゲームに挑戦した。AIは、過去のデータから株価のトレンドを予測。勝負の結果、AIの圧勝だった。三井住友フィナンシャルグループは、この予測プログラムを使って、今後、株の売り買いのタイミングを、顧客にLINEやメールなどで通知する予定。三菱UFJフィナンシャルグループは、キャッシュカードの情報を登録したスマートフォンだけで、現金が引き出せるという、未来のATMを公開した。リポーターの奥山未季子が、そのATMを体験した。メガバンクグループは、フィンテックやデジタル技術を活用することで、異業種参入によって激しくなる競争を、勝ち抜いていきたい考えた。


三井住友フィナンシャルグループ

千葉県・幕張メッセで今日から一般公開が始まった、アジア最大級のIT見本市「CEATEC JAPAN 2018」。10月16日(火)から、19日(金)まで開催される。3つのメガバンクグループが、金融とITを融合させた「フィンテック」の、活用法を提示した。みずほフィナンシャルグループは、口座の残高状況などを答える、AI秘書を公開。リポーターの縄巻蘭が、そのAI秘書に「口座の残高を教えて」と話し掛けると、画面のAI秘書が、残高の状況について説明した。将来的には、銀行窓口での活用も模索したいとしている。また、三井住友フィナンシャルグループでは、AIによる株価予測プログラムを使った、投資ゲームを体験できる。その日の為替や、株に関するニュースをヒントに、AIと株の売買で勝負できる。株の初心者である番組ディレクターが、そのゲームに挑戦した。AIは、過去のデータから株価のトレンドを予測。勝負の結果、AIの圧勝だった。三井住友フィナンシャルグループは、この予測プログラムを使って、今後、株の売り買いのタイミングを、顧客にLINEやメールなどで通知する予定。三菱UFJフィナンシャルグループは、キャッシュカードの情報を登録したスマートフォンだけで、現金が引き出せるという、未来のATMを公開した。リポーターの奥山未季子が、そのATMを体験した。メガバンクグループは、フィンテックやデジタル技術を活用することで、異業種参入によって激しくなる競争を、勝ち抜いていきたい考えた。


みずほフィナンシャルグループ

千葉県・幕張メッセで今日から一般公開が始まった、アジア最大級のIT見本市「CEATEC JAPAN 2018」。10月16日(火)から、19日(金)まで開催される。3つのメガバンクグループが、金融とITを融合させた「フィンテック」の、活用法を提示した。みずほフィナンシャルグループは、口座の残高状況などを答える、AI秘書を公開。リポーターの縄巻蘭が、そのAI秘書に「口座の残高を教えて」と話し掛けると、画面のAI秘書が、残高の状況について説明した。将来的には、銀行窓口での活用も模索したいとしている。また、三井住友フィナンシャルグループでは、AIによる株価予測プログラムを使った、投資ゲームを体験できる。その日の為替や、株に関するニュースをヒントに、AIと株の売買で勝負できる。株の初心者である番組ディレクターが、そのゲームに挑戦した。AIは、過去のデータから株価のトレンドを予測。勝負の結果、AIの圧勝だった。三井住友フィナンシャルグループは、この予測プログラムを使って、今後、株の売り買いのタイミングを、顧客にLINEやメールなどで通知する予定。三菱UFJフィナンシャルグループは、キャッシュカードの情報を登録したスマートフォンだけで、現金が引き出せるという、未来のATMを公開した。リポーターの奥山未季子が、そのATMを体験した。メガバンクグループは、フィンテックやデジタル技術を活用することで、異業種参入によって激しくなる競争を、勝ち抜いていきたい考えた。


みずほ銀行

みずほフィナンシャルグループは9日午前8時までATMなどが休止すると伝えた。みずほグループは6月以降3回にわたりデータ移行したが、トラブルはなかった。


みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループは9日午前8時までATMなどが休止すると伝えた。みずほグループは6月以降3回にわたりデータ移行したが、トラブルはなかった。