ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「みのもんた」の検索結果

「みのもんた」に関連する情報 85569件中 1〜10件目

「みのもんた」に関連するグルメ情報

鬼まんじゅう

スタジオトークで、愛知出身の滝藤賢一は鬼まんじゅうは子どもの頃から食べていると話した。浅田舞は実家が梅花堂の近くでよく食べたと話した。浅田は子どもの頃にホットケーキミックスで作ってくれたと話した。川田裕美は蒸しパンだと思って食べて、美味しかったと話した。陣内孝則は中日劇場で差し入れでもらい食べたと話した。土田晃之は晩ごはんを食べに来ているので嬉しいと話した。

スタジオで出演者が鬼まんじゅうの試食をした。みのもんたはモチモチ感がいいと絶賛。白鳥久美子は「冷めててここまで美味しいので、福島でも真似して作ればいい」と話した。狩野英孝は「なぜか懐かしいし重さもちょうどいい」と話した。土田晃之が「2度と呼ばれないんじゃないか」と指摘。


「みのもんた」に関連するグルメ情報

むっちゃん万十 ハムエッグ

スタジオで、出演者が「むっちゃん万十」を試食。みのもんたは「マヨネーズがうまい」と絶賛。陣内孝則は生地はパンケーキみたいな感じだとした。的場浩司はしょっぱさと甘みが絶妙だとした。西川きよしは「まんじゅうじゃない、食べ物」だと話した。狩野英孝は1個じゃ足りないと言い、土田晃之が「残しているけど」と指摘。


見晴

約15分で鎌倉山にあるバス停「見晴」に到着。次の乗り換えまで約80分あるのでランチのお店を探そうと散策。その途中で徳さんがみのもんたさんの家へ向かい挨拶。本人は居なかった為に、徳さんが前から行きたかった蕎麦屋さんを探すことに。


京急バス

まずは地元の人にバス停を聞き鎌倉行きの時刻を確認。少し時間があるので海辺を散策。バスが来たのでバスに乗り込み、一行は鎌倉山を目指す。

約15分で鎌倉山にあるバス停「見晴」に到着。次の乗り換えまで約80分あるのでランチのお店を探そうと散策。その途中で徳さんがみのもんたさんの家へ向かい挨拶。本人は居なかった為に、徳さんが前から行きたかった蕎麦屋さんを探すことに。


「みのもんた」に関連するレストラン・飲食店

柳屋のキムチ納豆ラーメンがスタジオに登場。みのもんたは「辛さを感じるかと思ったけど甘みを感じる」とコメントした。石原良純は「具が多い。バランスがとれた食べ物」、田中美佐子は「懐かしい味」、浅野ゆう子は「発酵食品って健康だけじゃなくて美容にも良い」、壇蜜は「納豆汁+キムチってこういう味なんだなって親和性が高い」とコメントした。勝俣州和は「すりつぶした納豆がバターみたいな役割を果たしている」と語った。


「みのもんた」に関連するグルメ情報

キムチ納豆ラーメン

柳屋のキムチ納豆ラーメンがスタジオに登場。みのもんたは「辛さを感じるかと思ったけど甘みを感じる」とコメントした。石原良純は「具が多い。バランスがとれた食べ物」、田中美佐子は「懐かしい味」、浅野ゆう子は「発酵食品って健康だけじゃなくて美容にも良い」、壇蜜は「納豆汁+キムチってこういう味なんだなって親和性が高い」とコメントした。勝俣州和は「すりつぶした納豆がバターみたいな役割を果たしている」と語った。


新潮45

妻と死別した男性の6ヶ月以内の死亡率が約40%上昇するというデータが。新潮45に記載された特別企画「妻に先立たれた男の話」では妻を看取り残された夫の思いが綴られている。みのもんたは妻に先立たれふとした瞬間に襲ってくるむなしさを語り、仲代達矢は妻の後を追いたいとさえ思ったそう。妻である朝丘雪路を亡くした津川雅彦は僕より先に死んでくれて感謝と話したが、後悔の念もあるという。野村克也氏は妻の死後、男の弱さを語った。


としまえん

徳さんは、旧古河庭園を見て、みのもんたさんの家みたいだと話した。約100種類のバラが春と秋に見頃を迎える。2018年には緑色のバラなど更に品種が増えている。バラの妖精のような服装の女性に遭遇。会話を楽しんだ。また、洋風庭園の隣には日本庭園がある。徳さんが休んでいる間に、女性2人は池を散策した。庭園内には茶室もあり抹茶がいただける。築100年の洋館には喫茶室があり、女性2人はお茶をした。そのころ徳さんは公園のベンチで昼寝をしていた。父親と共にとしまえんへ行った幼い頃の夢を見ていたという。


カインダ・ブルー

徳さんは、旧古河庭園を見て、みのもんたさんの家みたいだと話した。約100種類のバラが春と秋に見頃を迎える。2018年には緑色のバラなど更に品種が増えている。バラの妖精のような服装の女性に遭遇。会話を楽しんだ。また、洋風庭園の隣には日本庭園がある。徳さんが休んでいる間に、女性2人は池を散策した。庭園内には茶室もあり抹茶がいただける。築100年の洋館には喫茶室があり、女性2人はお茶をした。そのころ徳さんは公園のベンチで昼寝をしていた。父親と共にとしまえんへ行った幼い頃の夢を見ていたという。


ロサ・キネンシス・シリディフローラ

徳さんは、旧古河庭園を見て、みのもんたさんの家みたいだと話した。約100種類のバラが春と秋に見頃を迎える。2018年には緑色のバラなど更に品種が増えている。バラの妖精のような服装の女性に遭遇。会話を楽しんだ。また、洋風庭園の隣には日本庭園がある。徳さんが休んでいる間に、女性2人は池を散策した。庭園内には茶室もあり抹茶がいただける。築100年の洋館には喫茶室があり、女性2人はお茶をした。そのころ徳さんは公園のベンチで昼寝をしていた。父親と共にとしまえんへ行った幼い頃の夢を見ていたという。