ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ゆうちょ銀行」の検索結果

「ゆうちょ銀行」に関連する情報 1256件中 1〜10件目

ゆうちょ銀行

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


富士重工業

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


日本興業銀行

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


一橋大学

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


東京駅

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


KITTE

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


PROUD

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


野村不動産ホールディングス

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


日本郵政

東京・千代田区で月曜日、日本郵政・長門正貢社長は一昨年買収したオーストラリアの物流会社の約4000億円の損失によって、2017年3月期の決算が289億円の赤字となったことを発表した。長門社長は高級分譲マンション「PROUD」などで知られる野村不動産ホールディングスの買収を検討しており、会見でこのことを問われると、明言を避けたものの意欲的な姿勢を見せた。日本郵政は全国24000を超える郵便局の他、医療施設・宿泊施設、東京駅前の一等地にある商業施設「KITTE」など多数の不動産を所有しており、郵便事業が苦戦する中、不動産事業で収益を上げたい考えだ。池田健三郎氏によると元々役所だった日本郵政には不動産の専門家がおらず、今回の買収でその道のプロを取り込もうという狙いがあると指摘した。長門社長は一橋大学卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行、その後富士重工業(現SUBARU)に移り、自動車部門 海外事業の統括となり副社長、ゆうちょ銀行社長などを歴任、去年日本郵政社長に就任した。


ゆうちょ銀行

民営化以来初の赤字転落をしたばかりの日本郵政が、野村不動産の買収を検討していることが明らかになった。狙いは郵便物の取り扱い件数が低下していることから、新たな収益手段を確保しなければならないためとされる。日本郵政の強みは、2万4000の郵便局を展開していることからの豊富な不動産を保有していること。そのためビル開発とマンション販売の実績とノウハウを持つ野村不動産と組むことで、資産を活用し収益を強化する狙いが有る。


検索結果の絞り込み