ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「アカギ」の検索結果

「アカギ」に関連する情報 124件中 1〜10件目

「アカギ」に関連する本・コミック・雑誌

アカギ 〜闇に降り立った天才〜

福本伸行の「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」が最終回をむかえた。


アカギンザメ

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


ヨロイザメ

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


アカザエビ

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


アカムツ

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


タカアシガニアンコウ

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


読売新聞社

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


千葉県金谷港

挑むのは 武井壮と刺し網漁で深海の魚を捕獲する唯一の漁師手嶌久雄さん。手嶌さんは長さ3kmの網を深海300mの深海に沈め漁を行う。引き上げ開始10分でタカアシガニがかかり、その後もアンコウやアカムツなど高級魚がかかった。さらに東京湾では目撃数の少ないヨロイザメが7匹かかり、古代魚のアカギンザメなどをゲットした。深海刺し網漁をはじめた理由について手嶌さんは「誰もやっていない所に網入れたら何がかかるか?そういう夢があった」などと話した。


デザインウェーブ カフリンクス

本郷奏多さんは麻雀が得意で、「麻雀最強戦」の著名人代表決定戦で2017年に優勝したという。決勝対局がこれからあるが、1回限りの勝負なら25%勝てるという。本郷奏多さんの他に、もう1つ著名人代表枠で優勝したのは加賀まりこさんで、予選には蛭子さんや東国原さんが出場していた。なぜ麻雀が強いかについて「『アカギ』のドラマに出演して、色んなプロの方と交流を深めることによって、コーチしてもらった。」などと本郷奏多さんが話した。ファイナルトーナメントは皆さんスーツで出場するというので、本郷さんはORIHICAで浜田さんにカフスボタンを選んでもらいたいという。浜田さんが本郷さんのために選んだのは「デザインウェーブ カフリンクス」4212円で、「これ付けて戦ってきます!」などと本郷さんが話した。しかし、16人に勝ち残ったファイナルで、カフスの甲斐なく準決勝で敗退してしまったという。


ORIHICA

本郷奏多さんは麻雀が得意で、「麻雀最強戦」の著名人代表決定戦で2017年に優勝したという。決勝対局がこれからあるが、1回限りの勝負なら25%勝てるという。本郷奏多さんの他に、もう1つ著名人代表枠で優勝したのは加賀まりこさんで、予選には蛭子さんや東国原さんが出場していた。なぜ麻雀が強いかについて「『アカギ』のドラマに出演して、色んなプロの方と交流を深めることによって、コーチしてもらった。」などと本郷奏多さんが話した。ファイナルトーナメントは皆さんスーツで出場するというので、本郷さんはORIHICAで浜田さんにカフスボタンを選んでもらいたいという。浜田さんが本郷さんのために選んだのは「デザインウェーブ カフリンクス」4212円で、「これ付けて戦ってきます!」などと本郷さんが話した。しかし、16人に勝ち残ったファイナルで、カフスの甲斐なく準決勝で敗退してしまったという。