ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「アサダ」の検索結果

「アサダ」に関連する情報 25974件中 1〜10件目

「アサダ」に関連するイベント情報

浅田真央サンクスツアー新潟公演

浅田真央サンクスツアーが新潟で開幕した。大都市の大きな会場ではなく小さくても良いと日本各地のリンクを回ってフィギュアスケートを間近に感じてもらいたいという舞台が整った。2日間4公演のチケットは完売。家族連れや子どもたち、初めてスケートを見る人もたくさん詰めかけた。次から次へとつながっていく浅田真央プログラム。数々の名場面が蘇り、会場は大歓声。その裏ではせわしなく動き回るスケーター達。予想以上の疲労に襲われた真央さん、みんなが待っているリンクに元気に向かう。最後の曲が終わり、たくさんの大きな拍手に包まれた。

公演を終えて麻央さんは「途中足どうなるかと思った。だいぶ心配だった。とにかくありがとうございましたという気持ちがいっぱいある」と話した。舞さんと麻央さんは「涙が止まらない。アイスショーで想いが大きい。皆頑張ってるし自分も失敗してられない」と話した。感謝と喜びの涙を仲間たちと分かち合った。麻央さんは「たくさんの方の協力があって滑れるのはありがたい、幸せ」と話した。麻央さんが感じた幸せ、同じように皆が感じた幸せ、全てはリンクの中にあった。この幸せは沢山の人に届けられる。再びスケートと歩む人生の第2章も麻央さんは皆を明るく照らしていく。


「アサダ」に関連するイベント情報

浅田真央サンクスツアー

4月、ツアーの成功を祈願。気が引き締まったなどと語る。浅田は練習の無い時はTVTR出演、雑誌インタビューなどに追われるも手は抜かない。多くの人にツアーの開催を伝えたいなどと話す。原動力はリンクの中でのフィギュアへの想い。引退からツアー決定し滑る中で、ルールに従う機械のような現役時と違いスケートに行くのが楽しみ、他のスケーターと一緒に出来るのが楽しいと話す。同じだが違うフィギュアスケートとも。


「アサダ」に関連する音楽・CD

素敵なあなた

3月、ショーを行うと決めた日からできるだけ毎日リンクでの練習を行っていた浅田はなんとか10曲を滑りきれるようになっていた。史上最長滑っていると話す。ハードな練習中でも振り付けのことを考えており、選手の頃でも様々なことを考えていたという。2015年シーズンのSP「素敵なあなた」は男性と踊ると楽しいだろうなと思っていたという。ショーでは多くの男性に言い寄られつれなくする振り付けに挑戦。


「アサダ」に関連するイベント情報

浅田真央サンクスツアー

1月末、地元名古屋で1人で練習する場所として幼い頃に使っていたリンクを選んだ。「浅田真央サンクスツアー」は1時間20分に17曲、浅田は40分の10曲を滑る。ブランクがあり体力的に厳しく、練習では半分しか滑っていないのに厳しいなどと話した。現役時代と遜色なく見えるスピンも浅田自身はコーチにうるさいと叱られそうなどと評価。


「アサダ」に関連する音楽・CD

浅田は昨年11月にSuperflyのライブを見て1人で歌う姿に感動、自分のアイスショーも1人で行うものなので重ね合わせたと語る。特に好きな曲は「Wildflower」。初めて自分にぴったりだと思った曲、一番リンクする部分はまっすぐ進んでいた過去と悩みながら進む現在という部分。越智は「Wildflower」は米作りの話だと話す。

BGM:Superfly「Wildflower」

「Wildflower & Cover Songs;Complete Best 'TRACK 3'(通常盤)」

Amazon.co.jp


「アサダ」に関連する音楽・CD

Bloom

Superfly 23rdSingle「Bloom」の宣伝テロップ。


「アサダ」に関連するイベント情報

浅田真央サンクスツアー

浅田が一番会いたかったSuperflyの越智と会った。浅田は昨年4月に引退表明、5月3日「浅田真央サンクスツアー」で再びリンクに上がった。メインキャストとして日本中に感謝の気持ちを届ける旅に出る。大きな影響を与えたアーティストがSuperfly。越智は昨年11月、1年8ヵ月ぶりのステージに立った。浅田は自分と重ね合わせて見ており、同じように心に響くアイスショーを作りたいとした。対談が実現し、浅田は手書きの質問事項を持ち込んだ。