ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「イチゴ」の検索結果

「イチゴ」に関連する情報 19126件中 1〜10件目

「イチゴ」に関連するグルメ情報

イチゴ

空気が乾燥した1日となった関東地方、この時期が1番皮膚の痛みを訴える人が多くなるという。自宅での対策として暖房のしすぎに注意し、うまく加湿器を使うと良い、部屋の湿度は55%前後が理想などとあげられている。冬型の気圧配置となったきょう、全国的には冬の冷たい風がふいた。高知市では今季最低の気温となり初霜を観測、平年より23日、去年より27日遅いものとなった。長野県上田市では昨夜から雪となり氷点下5度まで冷え込んだ、11月下旬並みの冷え込みの弱い朝となった。こうした中冬の味覚にも影響が、福井県小浜市では若狭カキの出荷が最盛期を迎えているが、夏場に水温が高かった影響で水揚げは例年の3割に落ち込む見通し。15度近くまで気温が上がった東伊豆町では地元の園児たちがいちご狩りを体験していた。台風の影響で収穫時期が10日ほど遅れたがいちごの出来は非常に良いという。


「イチゴ」に関連するグルメ情報

イチゴ

世田谷区の施設に設置されたスケートリンクには家族連れなどが滑りを楽しんだ。今日の東京は最高気温12.8度まで上がった。12度を超えるのは10日ぶりとのこと。最近10日間の日照時間は東京で平年の59%、横浜で平年の39%と曇りが続いた。甲府市では武田信玄像の大掃除がおこなわれた。尾道市ではデベラ干しが最盛期を迎えているとのこと。静岡県の観光農園では幼稚園児たちがいちご狩りを楽しんだ。


「イチゴ」に関連するグルメ情報

イチゴ

今年もクリスマスケーキの季節が近づいたものの、今年お大粒の苺が少ないことから悲しみの声が寄せられていた。今年は暖冬となっていることが理由となっていて、小ぶりかつ収穫が早まったためだった。


「イチゴ」に関連するグルメ情報

イチゴ

坂下千里子は「今日のクイズが勉強になった」とコメント、イチゴのヘタは「回して抜く」と答えエンディングを迎えた。


ビタミンC

イチゴのヘタを取るタイミング。南原清隆のチームはA、遠藤章造はCと回答した。正解はCの水洗いした後。濱裕宣さんによるとイチゴのヘタを取ると傷んでビタミンCの量が減るという。またビタミンCは水に溶けやすいためヘタを取って洗うと流れ出てしまうことから正解はCとなった。イチゴのヘタ付近はビタミンCの量が多いといい、栄養を考えると切るより摘んで取る方が良いとのこと。


「イチゴ」に関連するグルメ情報

イチゴ

イチゴのヘタを取るタイミング。南原清隆のチームはA、遠藤章造はCと回答した。正解はCの水洗いした後。濱裕宣さんによるとイチゴのヘタを取ると傷んでビタミンCの量が減るという。またビタミンCは水に溶けやすいためヘタを取って洗うと流れ出てしまうことから正解はCとなった。イチゴのヘタ付近はビタミンCの量が多いといい、栄養を考えると切るより摘んで取る方が良いとのこと。


ビタミンC

ひとつ目の問題は、イチゴのビタミンCを効果的にとる方法。購入した後、あるタイミングでヘタを取るとビタミンCが損なわれないという。選択肢は買った直後、水洗いする前、水洗いした後の3つ。


「イチゴ」に関連するグルメ情報

イチゴ

ひとつ目の問題は、イチゴのビタミンCを効果的にとる方法。購入した後、あるタイミングでヘタを取るとビタミンCが損なわれないという。選択肢は買った直後、水洗いする前、水洗いした後の3つ。


ビタミンC

健康のプロ・医師たちが実践する肝臓を労るお酒の飲み方を学ぶ。医師オススメの二日酔いを防ぐ寝方のポイント。右を下にして横になると胃に出口が下向きになって消化がスムーズになり、吐き気なども抑えられるという。また、柿・イチゴ・キウイはビタミンCの宝庫で、アルコール分解を助け肝機能を回復する効果がある。


「イチゴ」に関連するグルメ情報

キウイ

健康のプロ・医師たちが実践する肝臓を労るお酒の飲み方を学ぶ。医師オススメの二日酔いを防ぐ寝方のポイント。右を下にして横になると胃に出口が下向きになって消化がスムーズになり、吐き気なども抑えられるという。また、柿・イチゴ・キウイはビタミンCの宝庫で、アルコール分解を助け肝機能を回復する効果がある。