ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「エアホッケー」の検索結果

「エアホッケー」に関連する情報 153件中 1〜10件目

おはスタHP

小学8年生の特別付録「TABO8」は、専用アプリを使ってタブレットに置くだけ。するとエアホッケーで対戦したり、動きをプログラミングすれば司令道理に動いてくれる。もちろん自由に操作でき、音にも反応。さらに2台あればトントン相撲ができちゃん。対応アプリもたくさんあるので遊んでみてね。詳しくはおはスタHPをチェック。


小学8年生

小学8年生の特別付録「TABO8」は、専用アプリを使ってタブレットに置くだけ。するとエアホッケーで対戦したり、動きをプログラミングすれば司令道理に動いてくれる。もちろん自由に操作でき、音にも反応。さらに2台あればトントン相撲ができちゃん。対応アプリもたくさんあるので遊んでみてね。詳しくはおはスタHPをチェック。


TABO8

小学8年生の特別付録「TABO8」は、専用アプリを使ってタブレットに置くだけ。するとエアホッケーで対戦したり、動きをプログラミングすれば司令道理に動いてくれる。もちろん自由に操作でき、音にも反応。さらに2台あればトントン相撲ができちゃん。対応アプリもたくさんあるので遊んでみてね。詳しくはおはスタHPをチェック。


日光さる軍団

あらゆる動物に精通し、動物と同じ状態で接するため、冬でも私有地では裸で生活することもあるパンク町田さんにサルのすごい点を聞いた。パンク町田さんは、「ジャンプ力が優れている。三半規管自体も優れていると思う」と話した。そこで、サルの身体能力を調査。今回ご協力いただいたのは日光さる軍団。まずは動体視力を検証。方法は、メスのさくらちゃん8歳と横山さんのエアホッケー対決(3点先取)。結果は3-1でさくらちゃんの勝利。パンク町田さんはサルの動体視力について、「飛んでるハチを刺されないように素手で捕まえて食べることができる」と話した。通常の視力は人間並みだが、動きをとらえる能力に優れ、色も識別できるため、餌も匂いではなく目で探しているという。続いてサルと人間で対決するのは、走力。オスの秀吉くん6歳と元陸上部のADが20m走で対決した。僅差でスタッフが勝利したが、今回秀吉くんは紐付きというハンデがあった。パンク町田さんによると、サルの時速は最高で約40kmに及ぶこともあるという。人類最速のボルト選手は瞬間最大時速約45kmで、大きな差はない。最後の勝負は跳躍力。オスのりきくん7歳とADが走り高跳びで対決。スタッフは110cmで失敗したが、りきくんは一番高い120cmも軽々と成功した。さらにグラスを置き、その上にバーを立てて、132cmの高さに挑戦。これもりきくんは軽々と跳び、自分で拍手していた。身長の2倍以上の高さを飛べるニホンザルに対し、人間の走り高跳びの世界記録は身長195cmの選手が出した2m45cm。身長の2倍に大きく届かない。跳躍力はサルのほうが優れている。また、注目すべきは着地。サルは体をくるっと回転させ衝撃を殺している。そのため硬い地面でも衝撃はないという。


ニホンザル

およそ2か月前から街に出没しているニホンザル。関東各地で目撃情報が寄せられている。野生動物の生態に詳しいパンク町田さんはその能力について、「筋肉の構造もあるし、骨格の構成上の問題もあるので、人間より優れている」と話した。きょうのココ調はニホンザルの驚異の身体能力を徹底調査する。

千葉県の花見川区で調査開始したものの、なかなか有力情報をゲットできずに時間が経過。しかし捜索から5時間、ついにサルを発見。しかしすぐに姿を見失ってしまった。これまでも警察や自治体による捕獲をくぐり抜けてきたサル。その身体能力は並大抵ではない。

あらゆる動物に精通し、動物と同じ状態で接するため、冬でも私有地では裸で生活することもあるパンク町田さんにサルのすごい点を聞いた。パンク町田さんは、「ジャンプ力が優れている。三半規管自体も優れていると思う」と話した。そこで、サルの身体能力を調査。今回ご協力いただいたのは日光さる軍団。まずは動体視力を検証。方法は、メスのさくらちゃん8歳と横山さんのエアホッケー対決(3点先取)。結果は3-1でさくらちゃんの勝利。パンク町田さんはサルの動体視力について、「飛んでるハチを刺されないように素手で捕まえて食べることができる」と話した。通常の視力は人間並みだが、動きをとらえる能力に優れ、色も識別できるため、餌も匂いではなく目で探しているという。続いてサルと人間で対決するのは、走力。オスの秀吉くん6歳と元陸上部のADが20m走で対決した。僅差でスタッフが勝利したが、今回秀吉くんは紐付きというハンデがあった。パンク町田さんによると、サルの時速は最高で約40kmに及ぶこともあるという。人類最速のボルト選手は瞬間最大時速約45kmで、大きな差はない。最後の勝負は跳躍力。オスのりきくん7歳とADが走り高跳びで対決。スタッフは110cmで失敗したが、りきくんは一番高い120cmも軽々と成功した。さらにグラスを置き、その上にバーを立てて、132cmの高さに挑戦。これもりきくんは軽々と跳び、自分で拍手していた。身長の2倍以上の高さを飛べるニホンザルに対し、人間の走り高跳びの世界記録は身長195cmの選手が出した2m45cm。身長の2倍に大きく届かない。跳躍力はサルのほうが優れている。また、注目すべきは着地。サルは体をくるっと回転させ衝撃を殺している。そのため硬い地面でも衝撃はないという。


猿と人間・濱口によるエアホッケー対決。猿のさくらが一本先制するも、その後濱口も一本獲得。濱口はこんなに真剣に猿と戦ったのは初めてともらした。お互い一点とる中、最後に濱口が再び一本とり、濱口の勝利となった。猿のさくらは悔しそうなそぶりをみせ、濱口の握手に応じなかった。


日光さる軍団

日光さる軍団にやってきたが、上映時間は終わっていた。2年前にリニューアルオープンした日光さる軍団では、約30匹の猿が観光客を楽しませている。ご飯タイムの猿に会わせていただく。生後4か月のたいへいくんにミルクを飲ませてあげる。稽古中の猿がいるとのこと見学させてもらう。エアホッケーが強い猿さくらちゃんと対戦することになる。


クイズは日光東照宮にある動物の彫刻の中で一番多いのは猿である○か×か。答えは×。一番多いのは虎。虎の彫刻は41体ある。徳川家康が寅年だったことから虎の彫刻が多い。猿は5番目に多く20体。

さるVS人間エアホッケー対決で、勝つのは人間・濱口優か、◯×クイズが出題された。スタジオでは×が多い中、濱口と猿によるエアホッケー対決が始まった。


「エアホッケー」に関連するイベント情報

桜花賞

体育会チームとジョッキー軍がエアホッケーで対決。結果は体育会チームの勝利。


さる

日光市の日光さる軍団はすっきりしない天気の日でも屋内にあるので楽しむことができるといい、依田司さんはさるの「さくらちゃん」とエアホッケーで対戦したが、さるの力強い手さばきを前に負けていた。他にもさるがルーレットを回すサルベガスやウォーターサーカスなど様々なイベントが用意されている。


検索結果の絞り込み