ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「エアホッケー」の検索結果

「エアホッケー」に関連する情報 163件中 1〜10件目

CKD

CKDの浮上搬送装置を紹介した。液晶テレビの製造工場で使われる装置で、液晶テレビの薄いガラス板を自動的に移動させる機能がある。装置とガラスの基盤の間に0.25mmの空気の膜を張ってエアホッケーのように流す仕組みで、ガラスを弛めることなく平らなまま移動させることができる。

CKDの製品ラインナップは約50万点に及ぶ。自動機械と機能部品、どちらかを手がけるメーカーの多い中で、あえて両方を手がけるのは、顧客のニーズによりきめ細かく対応し、さらにはその希望に合わせて総合的にアレンジした商品を提供するためだ。新入社員たちは、CKDの商品について「目に見えやすいものとは違って、誰も気にしてないようなところでも便利なものを作っている」「私達の生活に身近に関わっている商品を作っている会社で働くことができるのが楽しみだな、と思うようになった」と話す。

CKDが出来たのは戦時中の1943年で、戦闘機の中に作られる部品を作る会社として誕生した。大きな変化を遂げたのは終戦2年後のことで、CKDとして初のオートメーション機械「真空管製造機械」を手がけた。さらに4年後には真空技術を活かして蛍光灯を作るオートメーション機械を開発した。このとき日本では蛍光灯の需要が高まっていて、「どこよりも速い機械の開発」に着手した。それから製造ライン上の蛍光灯の間隔を詰めるなど様々なスピードアップ技術を導入し、1992年の製造機械に結実する。1968年には1時間で1200本の生産が限界だったが、それが8000本にまで増加した。生産速度が世界トップクラスを誇り、国内外から支持された。創業から75年、今やCKDは日本のあらゆる産業分野に進出している。


液晶テレビ

CKDの浮上搬送装置を紹介した。液晶テレビの製造工場で使われる装置で、液晶テレビの薄いガラス板を自動的に移動させる機能がある。装置とガラスの基盤の間に0.25mmの空気の膜を張ってエアホッケーのように流す仕組みで、ガラスを弛めることなく平らなまま移動させることができる。


エアホッケー

アメリカテキサス州のオースティンでは、3月になると街角にドラマーやギタリストが登場。サウス・バイ・サウスウエストというイベントが開かれ、街中がお祭り騒ぎになるという。このイベントはエンターテインメントとベンチャー企業の祭典で、今年はVRを使った最新ゲームや巨大ロボットが出展され、技術力をアピールした。あのツイッターもここから飛躍を遂げたという、ベンチャーの登竜門として世界が注目するイベントだ。そこに日本の大企業、ソニーが進出した。そこに置かれていたエアホッケーには、車の自動運転などのために開発された最新の産業用センサーが使われている。ソニーブランド戦略部の森統括部長は、「ソニーはテクノロジー企業でありながらエンターテインメント企業でもある。驚いたり感動したりしてもらうことで、技術活用の新しい分野を見つけたい」などと話した。他にも、日本の大企業にはパナソニックが出展している。なぜベンチャーの祭典に出展したのか。


ソニー

アメリカテキサス州のオースティンでは、3月になると街角にドラマーやギタリストが登場。サウス・バイ・サウスウエストというイベントが開かれ、街中がお祭り騒ぎになるという。このイベントはエンターテインメントとベンチャー企業の祭典で、今年はVRを使った最新ゲームや巨大ロボットが出展され、技術力をアピールした。あのツイッターもここから飛躍を遂げたという、ベンチャーの登竜門として世界が注目するイベントだ。そこに日本の大企業、ソニーが進出した。そこに置かれていたエアホッケーには、車の自動運転などのために開発された最新の産業用センサーが使われている。ソニーブランド戦略部の森統括部長は、「ソニーはテクノロジー企業でありながらエンターテインメント企業でもある。驚いたり感動したりしてもらうことで、技術活用の新しい分野を見つけたい」などと話した。他にも、日本の大企業にはパナソニックが出展している。なぜベンチャーの祭典に出展したのか。


ツイッター

アメリカテキサス州のオースティンでは、3月になると街角にドラマーやギタリストが登場。サウス・バイ・サウスウエストというイベントが開かれ、街中がお祭り騒ぎになるという。このイベントはエンターテインメントとベンチャー企業の祭典で、今年はVRを使った最新ゲームや巨大ロボットが出展され、技術力をアピールした。あのツイッターもここから飛躍を遂げたという、ベンチャーの登竜門として世界が注目するイベントだ。そこに日本の大企業、ソニーが進出した。そこに置かれていたエアホッケーには、車の自動運転などのために開発された最新の産業用センサーが使われている。ソニーブランド戦略部の森統括部長は、「ソニーはテクノロジー企業でありながらエンターテインメント企業でもある。驚いたり感動したりしてもらうことで、技術活用の新しい分野を見つけたい」などと話した。他にも、日本の大企業にはパナソニックが出展している。なぜベンチャーの祭典に出展したのか。


「エアホッケー」に関連するイベント情報

サウス・バイ・サウスウエスト

アメリカテキサス州のオースティンでは、3月になると街角にドラマーやギタリストが登場。サウス・バイ・サウスウエストというイベントが開かれ、街中がお祭り騒ぎになるという。このイベントはエンターテインメントとベンチャー企業の祭典で、今年はVRを使った最新ゲームや巨大ロボットが出展され、技術力をアピールした。あのツイッターもここから飛躍を遂げたという、ベンチャーの登竜門として世界が注目するイベントだ。そこに日本の大企業、ソニーが進出した。そこに置かれていたエアホッケーには、車の自動運転などのために開発された最新の産業用センサーが使われている。ソニーブランド戦略部の森統括部長は、「ソニーはテクノロジー企業でありながらエンターテインメント企業でもある。驚いたり感動したりしてもらうことで、技術活用の新しい分野を見つけたい」などと話した。他にも、日本の大企業にはパナソニックが出展している。なぜベンチャーの祭典に出展したのか。

松下幸之助氏が創業したパナソニックは3月7日に創業100周年を迎える。社内では営業戦略、販売促進などのベテラン社員がメガネ型端末について会議していた。レンズ部分に調理手順を表示したメガネで飲食店向けに開発し従業員の研修などに使ってもらおうと考えている。まだアイデアのみの段階だが海外の展示会「サウス・バイ・サウスウエスト」に出すことを決めた。ベンチャー精神でアメリカに乗り込んだ。祭典では人だかりの先にメガネ型端末があった。持ってきたのは模型だけだがアイデアを丁寧に説明すると、科学や製造業など使える分野のアイデアが次々出てきた。さらに手握りを再現したおにぎりロボットの説明もしていた。3年前に作られたが日本では需要が見いだせず製品化を断念していた。ロボットが握ったおにぎりに昆布やシャケをトッピングし日本版ファストフードとして提案してみると大好評だった。パナソニックの加古さおりさんは市場がないという決めつけが社内にもあった、広く世界中に問うことは大事だと思ったと話した。アイデア段階でオープンに、創業100年の大企業が変化の時を迎えている。


京華城Living Mall

綾瀬はるかの台湾女子旅がスタートするが、後ろから見覚えのある怪しい影が。世界一周の旅をしていたが、綾瀬が台湾に来ると聞き小松原が駆けつけたという。そして綾瀬を楽しませる企画を用意したという。やってきたのは京華城Living Mall。施設内には400もの店が並び地元のファミリーで大賑わい。するとエアホッケーゲームを発見し、ちょっぴり寄り道。そしてようやく本来の目的地へ向かう。


「エアホッケー」に関連するグルメ情報

キムチ

山本アナが平昌五輪選手村の葛西選手を直撃取材。平昌五輪選手村へ。選手村があるのは雪上競技場がある平昌と氷上競技場がある江陵。選手村のレクリエーションセンターでは選手が真剣な表情でエアホッケーの勝負に挑んでいた。アスリートなので負けず嫌いなのだろう。宿泊部屋ではホテルのようなベッドで快適に眠れる。布団は選手たちが大会終了後に持ち帰ることが出来るという。そして今回、レジェンド・葛西紀明を取材できた。葛西選手は「昨日からキムチ食べてる。(調子は)今のところ大丈夫」と話した。後輩には「緊張・重圧があると思うが、それらが(競技に)響かないように僕が持っている経験を教えてあげたい」と話した。


選手村

山本アナが平昌五輪選手村の葛西選手を直撃取材。平昌五輪選手村へ。選手村があるのは雪上競技場がある平昌と氷上競技場がある江陵。選手村のレクリエーションセンターでは選手が真剣な表情でエアホッケーの勝負に挑んでいた。アスリートなので負けず嫌いなのだろう。宿泊部屋ではホテルのようなベッドで快適に眠れる。布団は選手たちが大会終了後に持ち帰ることが出来るという。そして今回、レジェンド・葛西紀明を取材できた。葛西選手は「昨日からキムチ食べてる。(調子は)今のところ大丈夫」と話した。後輩には「緊張・重圧があると思うが、それらが(競技に)響かないように僕が持っている経験を教えてあげたい」と話した。

韓国の選手村との通話で山本アナは「緊張感もあるが、選手はリラックスしているように見える。葛西選手がリーダーシップを発揮している。葛西選手は選手村の共用スペースにいると諸外国選手が話しかけてくるほどの存在。更に複数人用の宿泊部屋を一人で使うほどのレジェンド。葛西選手は北京ダックが好きとのこと」と話した。JIMINは「今の時期は寒いので体に気を付けて頑張ってください」と話した。JIMINはスノーボードが好きとのこと。


「エアホッケー」に関連するイベント情報

平昌五輪

山本アナが平昌五輪選手村の葛西選手を直撃取材。平昌五輪選手村へ。選手村があるのは雪上競技場がある平昌と氷上競技場がある江陵。選手村のレクリエーションセンターでは選手が真剣な表情でエアホッケーの勝負に挑んでいた。アスリートなので負けず嫌いなのだろう。宿泊部屋ではホテルのようなベッドで快適に眠れる。布団は選手たちが大会終了後に持ち帰ることが出来るという。そして今回、レジェンド・葛西紀明を取材できた。葛西選手は「昨日からキムチ食べてる。(調子は)今のところ大丈夫」と話した。後輩には「緊張・重圧があると思うが、それらが(競技に)響かないように僕が持っている経験を教えてあげたい」と話した。

韓国に発つ前の荒川静香と村上佳菜子へのインタビューを伝える。彼女らに今大会のフィギュア注目ポイントを聞くと全日本選手権2年連続2位のデカこと田中刑事、今季5本の4回転ジャンプを成功させた世界選手権2位の宇野昌磨、2014ソチ五輪金メダリストの羽生結弦。66年ぶりの男子2連覇に期待がかかっている。昨年11月にNHK杯の公式練習中に右足首の怪我があったが現在の状態について村上は「五輪にぶっつけ本番ということがあるからどうだろうとは言われているが、私は一緒にやってあまり心配していない。そこはしっかり合わせているイメージがある」と述べた。荒川は「二人の実力が抜けている感があるが、絶対がないのが五輪」と述べた。一方女子フィギュア注目の四大陸選手権優勝の坂本花織、全日本選手権4連覇の経験がある宮原知子。宮原は昨年2月に左股関節疲労骨折しているが、荒川は「今季に怪我から復帰して時間と共に自信も付き、表現力に深みが増した」と述べた。宮原の表現力は村上も「怪我から復帰したことで一皮剥けた大人の強さもあるので努力したと思う」と絶賛していた。今回の五輪開幕について村上は「ワクワクしていた。選手村・会場を想像し楽しみにしていた」と話し、荒川は普段フィギュアスケーターは時間感覚のない室内練習が多いので「あと何日もある」と「あと何日しかない」と思うので本番で出せる力も変わってくる」と述べた。

韓国の選手村との通話で山本アナは「緊張感もあるが、選手はリラックスしているように見える。葛西選手がリーダーシップを発揮している。葛西選手は選手村の共用スペースにいると諸外国選手が話しかけてくるほどの存在。更に複数人用の宿泊部屋を一人で使うほどのレジェンド。葛西選手は北京ダックが好きとのこと」と話した。JIMINは「今の時期は寒いので体に気を付けて頑張ってください」と話した。JIMINはスノーボードが好きとのこと。