ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「カゴメ」の検索結果

「カゴメ」に関連する情報 3025件中 1〜10件目

「カゴメ」に関連するグルメ情報

小松菜


「カゴメ」に関連するグルメ情報

バナナ


「カゴメ」に関連するグルメ情報

にんじん


「カゴメ」に関連するグルメ情報

カゴメ 野菜生活100


「カゴメ」に関連するグルメ情報

うなぎ

トルコ最大の都市イスタンブールにある和食レストランITSUMI。店を経営する堀越さんには今大きな悩みがある。仕入れる食材が大幅に値上げした。原因はトルコ通貨リラの急落。リラは今月に入り対ドルで2割下落。食材のほとんどが輸入のため、リラの支払いが大幅に増加した。急遽メニューも値上げした。客は3割近く減少。利益も約5割減ったという。影響は日本の食品メーカーにも。カゴメは現地の子会社がトルコ農家向けにトマトの種を供給している。このトマトから出来たケチャップはトルコ国内で3割近いシェアを占める。仕入れ価格の状況は収益悪化の要因になる。カゴメの子会社はトルコ国内でも品種改良や生産を行っていて、トルコでの生産を増やせば通貨安の影響を軽くできるという。さらにリラの下落で輸出が有利になるため、現地生産した種をトルコ以外で売れば新たなチャンスとなる。一方、16年にわたり首相や大統領の地位にあるエルドアン大統領はアメリカとの対決姿勢を強めていて、リラ安はまだ止まりそうにない。エルドアン大統領の支持率は50%前後で世論は割れている。


「カゴメ」に関連するグルメ情報

エビ

トルコ最大の都市イスタンブールにある和食レストランITSUMI。店を経営する堀越さんには今大きな悩みがある。仕入れる食材が大幅に値上げした。原因はトルコ通貨リラの急落。リラは今月に入り対ドルで2割下落。食材のほとんどが輸入のため、リラの支払いが大幅に増加した。急遽メニューも値上げした。客は3割近く減少。利益も約5割減ったという。影響は日本の食品メーカーにも。カゴメは現地の子会社がトルコ農家向けにトマトの種を供給している。このトマトから出来たケチャップはトルコ国内で3割近いシェアを占める。仕入れ価格の状況は収益悪化の要因になる。カゴメの子会社はトルコ国内でも品種改良や生産を行っていて、トルコでの生産を増やせば通貨安の影響を軽くできるという。さらにリラの下落で輸出が有利になるため、現地生産した種をトルコ以外で売れば新たなチャンスとなる。一方、16年にわたり首相や大統領の地位にあるエルドアン大統領はアメリカとの対決姿勢を強めていて、リラ安はまだ止まりそうにない。エルドアン大統領の支持率は50%前後で世論は割れている。


カゴメ

トルコ最大の都市イスタンブールにある和食レストランITSUMI。店を経営する堀越さんには今大きな悩みがある。仕入れる食材が大幅に値上げした。原因はトルコ通貨リラの急落。リラは今月に入り対ドルで2割下落。食材のほとんどが輸入のため、リラの支払いが大幅に増加した。急遽メニューも値上げした。客は3割近く減少。利益も約5割減ったという。影響は日本の食品メーカーにも。カゴメは現地の子会社がトルコ農家向けにトマトの種を供給している。このトマトから出来たケチャップはトルコ国内で3割近いシェアを占める。仕入れ価格の状況は収益悪化の要因になる。カゴメの子会社はトルコ国内でも品種改良や生産を行っていて、トルコでの生産を増やせば通貨安の影響を軽くできるという。さらにリラの下落で輸出が有利になるため、現地生産した種をトルコ以外で売れば新たなチャンスとなる。一方、16年にわたり首相や大統領の地位にあるエルドアン大統領はアメリカとの対決姿勢を強めていて、リラ安はまだ止まりそうにない。エルドアン大統領の支持率は50%前後で世論は割れている。


「カゴメ」に関連するレストラン・飲食店

ITSUMI

トルコ最大の都市イスタンブールにある和食レストランITSUMI。店を経営する堀越さんには今大きな悩みがある。仕入れる食材が大幅に値上げした。原因はトルコ通貨リラの急落。リラは今月に入り対ドルで2割下落。食材のほとんどが輸入のため、リラの支払いが大幅に増加した。急遽メニューも値上げした。客は3割近く減少。利益も約5割減ったという。影響は日本の食品メーカーにも。カゴメは現地の子会社がトルコ農家向けにトマトの種を供給している。このトマトから出来たケチャップはトルコ国内で3割近いシェアを占める。仕入れ価格の状況は収益悪化の要因になる。カゴメの子会社はトルコ国内でも品種改良や生産を行っていて、トルコでの生産を増やせば通貨安の影響を軽くできるという。さらにリラの下落で輸出が有利になるため、現地生産した種をトルコ以外で売れば新たなチャンスとなる。一方、16年にわたり首相や大統領の地位にあるエルドアン大統領はアメリカとの対決姿勢を強めていて、リラ安はまだ止まりそうにない。エルドアン大統領の支持率は50%前後で世論は割れている。


「カゴメ」に関連するグルメ情報

トマト

アメリカ関係悪化でリラが急落、トルコに進出する日本企業への影響も出ている。豊島晋作がイスタンブールを取材、日本料理「ITSUMI」の堀越俊一オーナーはエビ、カニかまぼこ、ウナギなど食材が仕入れで50%値上がりしたと話した。リラは対ドルで約2割下落、食材の輸入でリラの支払いが大幅に増えメニュー価格は値上げもした。客は3割減、利益は5割減。食品メーカーのカゴメはトルコの農家にトマトの種を子会社が供給しているが、このトマトのケチャップはトルコ国内で3割近いシェアを誇る。カゴメの井上岳彦さんは販売している種の半分は輸入なので原価が上がるとした。井上さんはトルコでの生産を増やし、輸出することで追い風にできる可能性があるとした。


カゴメ

アメリカ関係悪化でリラが急落、トルコに進出する日本企業への影響も出ている。豊島晋作がイスタンブールを取材、日本料理「ITSUMI」の堀越俊一オーナーはエビ、カニかまぼこ、ウナギなど食材が仕入れで50%値上がりしたと話した。リラは対ドルで約2割下落、食材の輸入でリラの支払いが大幅に増えメニュー価格は値上げもした。客は3割減、利益は5割減。食品メーカーのカゴメはトルコの農家にトマトの種を子会社が供給しているが、このトマトのケチャップはトルコ国内で3割近いシェアを誇る。カゴメの井上岳彦さんは販売している種の半分は輸入なので原価が上がるとした。井上さんはトルコでの生産を増やし、輸出することで追い風にできる可能性があるとした。