ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「クールジャパン機構」の検索結果

「クールジャパン機構」に関連する情報 114件中 1〜10件目

テイストメイド ジャパン

世界での月間再生数が25億回を超えるというテイストメイド社に、官民ファンドのクールジャパン機構が、およそ14億円を出資することが発表された。テイストメイド社は調達資金で、日本に新しいスタジオを設置し、日本発のコンテンツ動画を世界に向けて配信する。クールジャパン機構の出資先が事業に行き詰まるケースが目立ち、経常損失は累計で100億円にのぼった。そのため経営陣を刷新し、今回のテイストメイド社への出資が新体制の第1号案件となる。


クールジャパン機構

世界での月間再生数が25億回を超えるというテイストメイド社に、官民ファンドのクールジャパン機構が、およそ14億円を出資することが発表された。テイストメイド社は調達資金で、日本に新しいスタジオを設置し、日本発のコンテンツ動画を世界に向けて配信する。クールジャパン機構の出資先が事業に行き詰まるケースが目立ち、経常損失は累計で100億円にのぼった。そのため経営陣を刷新し、今回のテイストメイド社への出資が新体制の第1号案件となる。


クールジャパン機構

食や旅行などの動画を制作・配信するテイストメイド ジャパン社はきょう、Amazonなどから計約40億円の出資を受けることを発表した。都内のマンションの一室で動画を作成しているテイストメイド ジャパンは、今後伝統工芸品やレシピなど日本初のコンテンツ動画を発信する。ちびめしなど既に好評を得ているコンテンツを日本版に変更し配信する予定。訪日外国人増加の後押しとなることが期待される。


クールジャパン機構

菅義偉官房長官は「官民ファンドの統合等により収益構造の改善等を図ることとされている。今後も引き続き政府一体となってチェックを実施していく。」などと述べた。官民ファンドはアベノミクスの成長戦略を後押しする目的で設立を進んでいる。国は14のファンドに約8567億円の出資や融資をしている。しかしマレーシアに出店した百貨店は高い価格設定などのため赤字が拡大、1年半で事実上の撤退するなど失敗といえるプロジェクトが相次いでいる。政府は産業革新機構を持ち株を会社化し、クールジャパン機構を傘下に入れる方向で検討を進めている。


産業革新機構

菅義偉官房長官は「官民ファンドの統合等により収益構造の改善等を図ることとされている。今後も引き続き政府一体となってチェックを実施していく。」などと述べた。官民ファンドはアベノミクスの成長戦略を後押しする目的で設立を進んでいる。国は14のファンドに約8567億円の出資や融資をしている。しかしマレーシアに出店した百貨店は高い価格設定などのため赤字が拡大、1年半で事実上の撤退するなど失敗といえるプロジェクトが相次いでいる。政府は産業革新機構を持ち株を会社化し、クールジャパン機構を傘下に入れる方向で検討を進めている。


クールジャパン機構

出演者は「くじ引きの問題はセクハラというより、女性を仕事のしやすいようにという添え物にしか思っていない印象」、「今回の共通点は高学歴の50代。社会の改革に進んで行けていない人たちが、未だにセクハラ・パワハラ問題を起こしているという印象」などとトーク。

クールジャパン機構は、2013年設立された。「マンガ」、「アニメ」、「ファッション」、「グルメ」など日本の文化を海外に売り込む官民ファンド。今回のセクハラ疑惑は2015年ごろから始まったという。くじ引きやボディータッチでセクハラがあったという女性側の主張だが、クールジャパン機構としては、「くじ引きは事前に伝えていた。性的目的は一切なかった。ボディータッチも嫌がる相手にそうした行為を行うことなどあり得ない。セクハラ行為は存在しない」と全面的に否定している。原晋氏は「我々の時代は王様ゲームとかをやれば、女性が喜んでくれると思っていた。でも、今は違う。時代が追いついていない。感覚のズレがある」、弁護士の三輪記子氏は「セクハラを言ったら仕事上に自分に不利益があるのではや我慢できないのかという風潮もあった。こういうことをする人って女性を人間として扱っていない」などとコメントした。


クールジャパン機構

先週、会見で悔しさをにじませた29歳の女性。彼女は日本の文化を海外に売り込む官民ファンド「クールジャパン機構」に勤務。男性上司からセクハラ被害を受けたとして今、裁判を起こしている。セクハラが始まったのは3年前と主張。派遣社員として働いていた女性。この日は社内で歓迎会があり、その後、帰宅しようとしていた女性が方向が同じ上司・A氏(クールジャパン機構幹部)と電車を待っていた。そのA氏が突然、女性の肩に手を回してきたという。女性が何度拒否をしても止めることはなかったという。その後、電車に乗り込むと女性の手を何度も握ろうとしてきた。さらに、2016年、B氏(2016年から機構の幹部)の企画で慰労会が行われた。この日は会計士の男性と女性社員4人が参加した。おもむろにB氏はくじの入った封筒を女性たちに2〜3回引かせ内容について嬉しそうに説明していたという。さらに、女性社員に対し、2曲ずつ合計8曲をB氏が歌い、その会は終わったという。

この問題について担当弁護士は「肉体的に拒否をしたのに接触しているので完全にセクハラ。くじを引かせるのは完全に女性だから上司はそのようなことをしたわけなのでセクハラにあたる」と主張した。女性は2000万円の損害賠償を請求している。これに対して、先週開かれた第一回の口頭弁論ではクールジャパン機構は請求の棄却を求めた上で、駅でのセクハラ問題については「衆人環視の中、駅員等への通報リスクもある中で嫌がる相手にそうした行為を行うことなどあり得ない」と主張。2016年セクハラくじ引き問題については「くじ引きがあることは慰労会参加者に事前に伝えられていた。女性社員らと慰労を図る目的で事前に練習してきた曲を歌った」と主張し、言い分は対立。2回目の口頭弁論は来月の予定だ。


YouTube

先週、会見で悔しさをにじませた29歳の女性。彼女は日本の文化を海外に売り込む官民ファンド「クールジャパン機構」に勤務。男性上司からセクハラ被害を受けたとして今、裁判を起こしている。セクハラが始まったのは3年前と主張。派遣社員として働いていた女性。この日は社内で歓迎会があり、その後、帰宅しようとしていた女性が方向が同じ上司・A氏(クールジャパン機構幹部)と電車を待っていた。そのA氏が突然、女性の肩に手を回してきたという。女性が何度拒否をしても止めることはなかったという。その後、電車に乗り込むと女性の手を何度も握ろうとしてきた。さらに、2016年、B氏(2016年から機構の幹部)の企画で慰労会が行われた。この日は会計士の男性と女性社員4人が参加した。おもむろにB氏はくじの入った封筒を女性たちに2〜3回引かせ内容について嬉しそうに説明していたという。さらに、女性社員に対し、2曲ずつ合計8曲をB氏が歌い、その会は終わったという。


クールジャパン

クールジャパン機構の幹部からセクハラを受けたなどとして損害賠償を求めた裁判の第一回口頭弁論がひらかれた。訴状などによると、被害者は幹部から体を触られた、などと主張している。被害者は、セクハラを訴え労働組合を結成するも派遣契約が更新されず退社している。幹部らは請求の棄却を求め争う姿勢をみせた。次回の裁判は6月に行われる予定。


クールジャパン機構

クールジャパン機構の幹部からセクハラを受けたとして、元派遣社員らが計2000万円の損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が東京地裁で開かれ、幹部らは請求の棄却を求め争う姿勢を見せた。訴状などによると元派遣社員の女性は幹部から体を触られた他、親睦会で別の幹部から「幹部との映画鑑賞」などと書かれたクジを引かされ、実行するよう要求されたと主張している。女性はセクハラを訴え労働組合を結成するも、その後派遣契約が更新されず退社している。次回の裁判は6月に行われる予定。