ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「サンケイスポーツ」の検索結果

「サンケイスポーツ」に関連する情報 47780件中 1〜10件目

サンケイスポーツ

安藤和津さんは練習映像を見て拍手をし、「きれいだった」とコメント。今夜GPシリーズ第5戦ロシア杯に出場する羽生結弦選手は日本時間の昨日、約40分の公式練習に参加した。4回転トーループとトリプルアクセルを成功させ、その後も連続ジャンプに成功。練習後には「今日できる調整はしっかりやった。自分への期待に応えられる演技をしたい」と話した。ガダルカナル・タカさんは練習映像について「簡単に跳べる感があって、跳び終わった後に足を上げるのがかっこいい」とコメント。森永卓郎さんは「プルシェンコ選手を尊敬しているため、ロシアで一発やってやろうという気持ちがあるようだ」と話した。春川正明さんは「2回金メダルを取ってまだ23歳。モチベーションは難しいと思う」と話した。これまで日本人選手がグランプリファイナルで優勝した数は、橋大輔選手が9勝しており羽生選手と並んでいる。今回羽生選手が勝てば男子で単独1位となる。浅田真央選手は15勝。

さくらももこさんのお別れ会に各界から著名人が参列。主題歌だけでなく一緒に仕事してファンになり、作品だけでなく人柄でも惹きつけているところがさくらさんの凄い所と山下。歌詞を書いた曲がレコード大賞を受賞するなど漫画家としてだけでなくプロデュース能力もある人だと宮根。がんの事は周囲にも隠していて、訃報で初めて知った人も多かったと山下。優しさだけでなく本質を見抜く目も大きな魅力だったと森永。地元にも大きく貢献していたなどと山下。


サンケイスポーツ

気になる契約金は推定1億円で年俸は推定1000万円とされる。10代の吉田投手にとって大きな額となるが球団からは浪費禁止と苦言が呈されている。使い道を訊かれると両親へのプレゼントに使いたいと述べている。吉田輝星投手 日本ハムと仮契約 契約金は?新天地への不安と期待に関するトークを展開。柳澤さんは東北生まれだから東北からこういった選手が出てくるのは嬉しいなどと言った感想を述べた。吉田投手のユニフォーム姿の初お披露目は札幌ドームで予定されている24日のファンフェスティバルと思われ、スポーツ紙によれば背番号は13か18が有力とのこと。


サンケイスポーツ

吉田輝星選手に、日本ハムのスカウト部長から「サインは活躍してから」「お金は浪費するな」「休日は有意義に過ごせ」との教えを言い渡された。大谷翔平選手も実践していたという。(サンケイスポーツ)


日本航空

パイロットのアルコール検査による運行遅延が日本航空など3社で16件あった。(サンケイスポーツ)


サンケイスポーツ

パイロットのアルコール検査による運行遅延が日本航空など3社で16件あった。(サンケイスポーツ)


全日空

乗務前のパイロットに対するアルコール検査で、社内基準を超えるアルコールが検出されたことが原因で去年4月以降、3社で合計16件の遅延が生じていたことがわかった。国土交通省は日本航空と全日空に今日までの再発防止策の報告を指示し、基準値を新設するなどルールの厳格化を図ることにしている。(サンケイスポーツ)


日本航空

乗務前のパイロットに対するアルコール検査で、社内基準を超えるアルコールが検出されたことが原因で去年4月以降、3社で合計16件の遅延が生じていたことがわかった。国土交通省は日本航空と全日空に今日までの再発防止策の報告を指示し、基準値を新設するなどルールの厳格化を図ることにしている。(サンケイスポーツ)


サンケイスポーツ

初日から4連敗だった横綱稀勢の里が、十一月場所5日目の昨日、休場を決めた。右膝挫傷捻挫で全治1か月だという。稀勢の里は「ファンには本当に申し訳ない。最後まで務めるのが責任だと思っていたが、体がついて行かなかった」と語り、親方には「もう一回チャンスをもらいたい」と訴えた。(サンケイスポーツ) 

乗務前のパイロットに対するアルコール検査で、社内基準を超えるアルコールが検出されたことが原因で去年4月以降、3社で合計16件の遅延が生じていたことがわかった。国土交通省は日本航空と全日空に今日までの再発防止策の報告を指示し、基準値を新設するなどルールの厳格化を図ることにしている。(サンケイスポーツ)

吉田輝星選手に、日本ハムのスカウト部長から「サインは活躍してから」「お金は浪費するな」「休日は有意義に過ごせ」との注文が出された。(サンケイスポーツ)


右膝挫傷捻挫

初日から4連敗だった横綱稀勢の里が、十一月場所5日目の昨日、休場を決めた。右膝挫傷捻挫で全治1か月だという。稀勢の里は「ファンには本当に申し訳ない。最後まで務めるのが責任だと思っていたが、体がついて行かなかった」と語り、親方には「もう一回チャンスをもらいたい」と訴えた。(サンケイスポーツ) 


「サンケイスポーツ」に関連するイベント情報

十一月場所

初日から4連敗だった横綱稀勢の里が、十一月場所5日目の昨日、休場を決めた。右膝挫傷捻挫で全治1か月だという。稀勢の里は「ファンには本当に申し訳ない。最後まで務めるのが責任だと思っていたが、体がついて行かなかった」と語り、親方には「もう一回チャンスをもらいたい」と訴えた。(サンケイスポーツ)