ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ジャガイモ」の検索結果

「ジャガイモ」に関連する情報 12919件中 1〜10件目

「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

スモモとジャガイモの冷製ポタージュ オリジナルカクテル

続いて橋本環奈が注文した「スモモとジャガイモの冷製ポタージュ オリジナルカクテル」が登場。別撮りで1人で堪能した。値段は2800円と予想したが、正解は1600円だった。


「ジャガイモ」に関連するレストラン・飲食店

THE GRAND47

続いて菊池風磨が7400円と予想した「神戸牛のパン粉焼き「47」スペシャルソース」は12000円だった。

続いて橋本環奈が注文した「スモモとジャガイモの冷製ポタージュ オリジナルカクテル」が登場。別撮りで1人で堪能した。値段は2800円と予想したが、正解は1600円だった。

続いて岡村隆史が注文した「合鴨のロースト なにわ野菜といちじく」が登場。別撮りで1人で堪能した。値段は4800円と予想したが、正解は3000円だった。地元大阪食材を高めに読み過ぎた。


GINZA SIX

続いて菊池風磨が7400円と予想した「神戸牛のパン粉焼き「47」スペシャルソース」は12000円だった。

続いて橋本環奈が注文した「スモモとジャガイモの冷製ポタージュ オリジナルカクテル」が登場。別撮りで1人で堪能した。値段は2800円と予想したが、正解は1600円だった。

続いて岡村隆史が注文した「合鴨のロースト なにわ野菜といちじく」が登場。別撮りで1人で堪能した。値段は4800円と予想したが、正解は3000円だった。地元大阪食材を高めに読み過ぎた。


食中毒

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ポテトサラダ

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ジャガイモ

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。


JA全農ながさき

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。


日本農業新聞

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。


生鮮市場さんよう

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。


「ジャガイモ」に関連するレストラン・飲食店

今ジャガイモの値段が安くなってる、その原因の一つがポテトチップス。千葉県市川市にあるちょっとめずらしいジャガイモ料理専門のレストランでは1日に使うジャガイモの量は約10kg。ジャガイモを使ったメニューは約50種類。定番のコロッケやポテトグラタンのほか、じゃがいもアイスなどの変わり種もあった。ポテトグラタンにはジャガイモが器として使われていて、味については「ポテトがほくほくでホワイトソースとあっていて美味しい」とした。オーナーは「ジャガイモと二十何年付き合ってくると自分の子供のように思う。色んなものにチャレンジして色んな料理に使ってもらいたい」と話した。都内のスーパーの店先にはジャガイモが並んでいて1袋99円で売られていた。例年Lサイズ7〜8個で約200円だったが今はその半額と主婦の皆さんも思わず手の伸びる安さ。日本農業新聞が算出する日農平均価格では1kg65円と過去5年平均の約6割も安くなっていた。何故今ジャガイモの価格が暴落しているのか、ジャガイモの生産量全国2位を誇る長崎県でその理由を聞くと「ポテチショックから供給過多に陥っている」と話した。去年台風被害などによる一時的なじゃがいも不足でスーパーの棚からポテチが消えたポテチショック。メーカーは海外からの輸入を増やすなどの対策を取ったが生産量がもとに戻り、供給過多となったため価格が下落。更に去年、ポテトサラダが原因の食中毒が発生していこうジャガイモの加工食品の消費が伸び悩んでいることも一因。消費者には嬉しい値下がりだが、農家にとっては「出来が良いのに売れないのは災害と一緒。収支はマイナス。ここ50年ここまで安くなるのは初めて」と話した。JA全農ながさきによるとこのジャガイモの安値がいつまで続くのか現時点では見通しが立たないとしている。

 (洋食・欧風料理(その他))