ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ジャガイモ」の検索結果

「ジャガイモ」に関連する情報 13746件中 1〜10件目

「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ジャガイモ

街の人々は黒木さんの趣味について気になるもよう。黒木さんは読書・映画鑑賞・舞台監督を趣味としているそうで、休日に誰かの芝居を見に行くこともあるという。黒木さんはお笑いも好きで、最近は大阪を中心に活躍するコンビ「金属バット」が気になるという。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ジャガイモ

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

カリフラワー

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

芽キャベツ

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ニシユタカ

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ファミリーセブン

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


花蕾

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

ブライダル

南原の目に止まったのは久本の植えたカリフラワー。1ヶ月前に比べ大きくなった。今後花蕾と呼ばれる食べる部分ができる。陣内が植えた芽キャベツ、南原のジャガイモも大きくなった。ジャガイモはタネイモの芽が育つ。タネイモを植えてから10日後に発芽し4本の茎が成長。長いものだと約40センチ。芽の本数が多いと栄養が分散し芋が小さくなるので本数を減らす。南原は「そんな残酷なことできない」と言った。さらにタネイモの上にイモができるので成長に合わせて土を盛る。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

3種のキノコ、オニオンとジャガイモ

東京・目黒区祐天寺にあるスペイン料理店のbocataで食べられるタマゴサンドはボカタ。このボカタはトルティージャというスペインの卵焼きをサンドイッチにしたものである。タマゴを挟むバケットにも一工夫し本場と同様にすりおろしたトマトをパンに塗り自家製のソースをかけて仕上げている。


「ジャガイモ」に関連するグルメ情報

カレー

カレーが誕生したのは今から30年前。大将のおじにあたる先代がまかないとして作ったのが始まり。それが常連さんに口コミで広がり、今でも大人気のメニューとなった。そのメニューを30年間ひたすら守り続けている大将。このカレー、忙しくうなぎを焼く傍らで3日間かけて作る本格的なもの。味のもととなるスープは豚のげんこつから作る。大量の出るあくを取り続け、さらにジャガイモ、ニンジン、タマネギを仕込む。そして翌日、営業前からじっくりを野菜を煮込み、うまみを引き立たせるため12時間寝かせる。うなぎ店のため大きな寸胴鍋がないため、店中の鍋がフル稼働。木曜日の営業が終わった午後12時すぎ、いよいよカレーの味付けを始める大将。うなぎのタレの代わりになる隠し味がチョコレートと黒砂糖。さらにコクを出すためバターを入れていた。そして迎えた金曜日のランチ営業。この日は看板メニューのうなぎは封印。そのお味は甘みがあるカレーだと思いきや、後からスパイスの香りが効いてくるという。