ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スギちゃん」の検索結果

「スギちゃん」に関連する情報 4419件中 1〜10件目

超飛びジャンボ 黒ひげ危機一発

黒ひげ危機一発の売り上げアップ作戦を紹介。まずは「人気者とコラボ」。2012年にはスギちゃん危機一発だぜぇ〜を発売。全15種類のボイスが流れる。次にドキドキをアップさせるために5倍飛ぶ「超飛びジャンボ 黒ひげ危機一発」を発売した。

「黒ひげが流行している想定外の場所とは?」という問題が出題された。ミキは「老人ホーム」、太田は「デイサービス」と答えた。正解は「老人ホームやデイサービス」で見事正解。指を使うことと適度な刺激がリハビリや脳の活性化に効果があるという。


スギちゃん危機一発だぜぇ〜

黒ひげ危機一発の売り上げアップ作戦を紹介。まずは「人気者とコラボ」。2012年にはスギちゃん危機一発だぜぇ〜を発売。全15種類のボイスが流れる。次にドキドキをアップさせるために5倍飛ぶ「超飛びジャンボ 黒ひげ危機一発」を発売した。


黒ひげ危機一発

黒ひげ危機一発の売り上げアップ作戦を紹介。まずは「人気者とコラボ」。2012年にはスギちゃん危機一発だぜぇ〜を発売。全15種類のボイスが流れる。次にドキドキをアップさせるために5倍飛ぶ「超飛びジャンボ 黒ひげ危機一発」を発売した。

「黒ひげが流行している想定外の場所とは?」という問題が出題された。ミキは「老人ホーム」、太田は「デイサービス」と答えた。正解は「老人ホームやデイサービス」で見事正解。指を使うことと適度な刺激がリハビリや脳の活性化に効果があるという。

岸顧問は黒ひげ危機一発のヒットについてオープンイノベーションだと解説。異分野のアイデアを組み合わせることで、黒ひげ危機一発と介護業界のアイデアが合致したと解説した。パックの豆乳を冷凍庫にいれるだけでアイスができるとネットで話題になり、キッコーマンがオフィシャルに紹介しだしたという事例も紹介した。


タカラトミー

黒ひげ危機一発の売り上げアップ作戦を紹介。まずは「人気者とコラボ」。2012年にはスギちゃん危機一発だぜぇ〜を発売。全15種類のボイスが流れる。次にドキドキをアップさせるために5倍飛ぶ「超飛びジャンボ 黒ひげ危機一発」を発売した。

「黒ひげが流行している想定外の場所とは?」という問題が出題された。ミキは「老人ホーム」、太田は「デイサービス」と答えた。正解は「老人ホームやデイサービス」で見事正解。指を使うことと適度な刺激がリハビリや脳の活性化に効果があるという。

岸顧問は黒ひげ危機一発のヒットについてオープンイノベーションだと解説。異分野のアイデアを組み合わせることで、黒ひげ危機一発と介護業界のアイデアが合致したと解説した。パックの豆乳を冷凍庫にいれるだけでアイスができるとネットで話題になり、キッコーマンがオフィシャルに紹介しだしたという事例も紹介した。


鴨川シーワールド

本日の放送を振り返りトーク。伊藤かずえは「ヘッドホン型のグッズがよかった」と話し、スギちゃんは「まだまだ暑いので、熱中症対策の勉強になりました」と話した。また、視聴者からのメールには「うちの熱中症対策には鴨川シーワールドのシャチショーで前列に座って大量の水をかけてもらうことです」と綴られていた。


熱中症

本日の放送を振り返りトーク。伊藤かずえは「ヘッドホン型のグッズがよかった」と話し、スギちゃんは「まだまだ暑いので、熱中症対策の勉強になりました」と話した。また、視聴者からのメールには「うちの熱中症対策には鴨川シーワールドのシャチショーで前列に座って大量の水をかけてもらうことです」と綴られていた。


熱中症

日が傾きはじめたころ、スギちゃんは駐車場の整備員を取材。熱中症対策としてビーチパラソルと扇風機を設置、かぶっている帽子や胸ポケットに保冷剤を入れていた。

スタジオで意外と知らない熱中症対策クイズ。「熱中症予防により効果的な飲料は?スポーツドリンクor経口補水液」、正解はスポーツドリンク。経口補水液は塩分濃度が高いため脱水症状を感じたら飲むもの。

「熱帯夜のエアコン設定。就寝後3時間後に切れる設定or朝までつけっぱなし」、正解は朝までつけっぱなし。熱帯夜の場合はエアコンをきって我慢するほうが体に負担がかかる。

「熱中症になったとき、どこを冷やすと効果的?」、正解はそけい部(足の付根)。このほか、脇の下など太い静脈が身体の表面付近にある場所を冷やす。


としまえん

日が傾きはじめたころ、スギちゃんは駐車場の整備員を取材。熱中症対策としてビーチパラソルと扇風機を設置、かぶっている帽子や胸ポケットに保冷剤を入れていた。


ハイドロポリス

スギちゃんが「としまえん」のプールを取材。去年よりも多くの業務用扇風機を園内に設置、スタッフの熱中症対策に役立てている。スギちゃんが向かったのは園内で最も暑いウォータースライダー「ハイドロポリス」のてっぺん、ここからスギちゃんが滑ると絶叫していた。スタッフの休憩所には麦茶が完備、さらにスタッフ同士で声を掛け合いながらお互いの体調を確認している。


熱中症

午前8時、「としまえん」のスタッフは開園準備に追われる。気温は35℃、素肌で触れる場所全てに打ち水を行う。午前9時にオープンするとお客さんは”よしず”で場所取りする。流れるプールの下には日陰の無料休憩エリアがあり、意外と知られていないスポット。売店では熱中症対策として塩気のあるお菓子や飲料を多く用意している。

帝京大学病院の三宅康史先生によると、暑い環境に長くいた後に何か体調不良が起こった場合は熱中症を疑う。1番軽い症状としては手のしびれやふくらはぎのこむら返り。子どもの場合は自由にさせておいても大丈夫、自分で喉が渇けば飲みに走るし疲れたら休むという。何かをやらされたり、集団行動で自分だけ弱音が吐けない状況だと、時々大きな事故につながる。

お客さんに何かあった時のためにあるのが救護室。氷を常備、保冷剤と違って溶ければ飲料水にもできるのがポイント。お昼をすぎると暑さはピーク、水は循環させているため常に26度前後をキープしている。監視員はプールサイドで常にお客さんの様子をみているが、各テントで飲物を用意している。1時間ほど監視した後に30分の休憩をする。

特に暑いのが売店の中、鉄板を使っているため40℃を超えている。暑さ対策として水分補給、ベテランの女性によると夏だけで5kgほど痩せるという。汗をかく人は水分と塩分の両方の補充が必ず必要。

スタジオで熱中症対策に使えるちょっと変わったひんやりグッズを紹介。サンコー「ヘッドホンなクーラー」はヘッドホンの形をしており、首にぶら下げることで風が顔の向かってでてくる。ロッテ「ヒヤロン」は叩くと冷たくなる冷却パック、即効性があり室内で40分ほど持続する。桐灰化学「熱中対策 タオルに氷をつくるスプレー」はタオルなどにスプレーするだけでー30℃の氷を作れる。ビッグウイング「しろくまのきもち」は水に濡らすことで膨らみ、首にまくとひんやりする。

スギちゃんが「としまえん」のプールを取材。去年よりも多くの業務用扇風機を園内に設置、スタッフの熱中症対策に役立てている。スギちゃんが向かったのは園内で最も暑いウォータースライダー「ハイドロポリス」のてっぺん、ここからスギちゃんが滑ると絶叫していた。スタッフの休憩所には麦茶が完備、さらにスタッフ同士で声を掛け合いながらお互いの体調を確認している。