ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スギ」の検索結果

「スギ」に関連する情報 15800件中 1〜10件目

胸が躍る ダンシングストーンピアスギャラクシー

「胸が躍るダンシングストーン特別セット」の通販情報。クロスフォーは、2000年から18年連続で日本ジュエリーベストドレッサー賞の受賞記念品に選出されている大人気ブランド。今回はテレビ東京ショッピングオーダーの特別デザインをご提供!人の鼓動や動きに反応し、中央の石だけが揺れ続ける構造になっている。デザインは「ギャラクシー」「アドバンス」「クロス」の3種類。また、ご要望にお答えして、同じデザインのピアス、イアリングも登場。お得な特別セットも提供。お申し込み・お問い合わせは、電話からは0120-88-04-88、パソコン・携帯からは「てれとマート」で検索。


「スギ」に関連する音楽・CD

フルートとハープのための協奏曲

「読売日本交響楽団演奏会のお知らせ 11月28日(水) 19時開演 サントリーホール 指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス フルート:エマニュエル・パユ/ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ スクロヴァチェフスギ ミュージック・アット・ナイト モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ほか」の告知テロップ。


「スギ」に関連する音楽・CD

ミュージック・アット・ナイト

「読売日本交響楽団演奏会のお知らせ 11月28日(水) 19時開演 サントリーホール 指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス フルート:エマニュエル・パユ/ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ スクロヴァチェフスギ ミュージック・アット・ナイト モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ほか」の告知テロップ。


「スギ」に関連する映画・DVD

デニス・ラッセル・デイヴィス

「読売日本交響楽団演奏会のお知らせ 11月28日(水) 19時開演 サントリーホール 指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス フルート:エマニュエル・パユ/ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ スクロヴァチェフスギ ミュージック・アット・ナイト モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ほか」の告知テロップ。


「スギ」に関連するイベント情報

読売日本交響楽団演奏会

「読売日本交響楽団演奏会のお知らせ 11月28日(水) 19時開演 サントリーホール 指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス フルート:エマニュエル・パユ/ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ スクロヴァチェフスギ ミュージック・アット・ナイト モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ほか」の告知テロップ。


サントリーホール

読売日本交響楽団によるブルックナー作曲 「交響曲第4番<ロマンティック>」変ホ長調 WAB.104からの演奏が流れた。

「読売日本交響楽団演奏会のお知らせ 11月28日(水) 19時開演 サントリーホール 指揮:デニス・ラッセル・デイヴィス フルート:エマニュエル・パユ/ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ スクロヴァチェフスギ ミュージック・アット・ナイト モーツァルト フルートとハープのための協奏曲 ほか」の告知テロップ。


スギタケ

八ヶ岳のキノコ仙人こと大林さんが発見したキノコは新種の可能性が高いという。首都大学東京の村上教授は今後、学会などで論文を発表することで正式に新種として認められるかもとのこと。塩基配列はスギタケに近いと思われていたが、違った部分は暫定的にTBSとなっているという。


キッコウスギタケ

今年は貴重なキノコも豊作。食用のコウタケは高価なキノコで、特徴は香辛料な独特な香りがすること。仙人小屋でも人気となっている。仙人のおすすめはバター炒め。この道50年の仙人は今年、新種とみられる驚きのキノコを発見したという。マツタケ以上の香りがするという「仙人マツタケ」は、立ち枯れた木から生えているとのこと。マツタケのような香りがするという。専門家に見てもらった。キッコウスギタケに似ているとのこと。見た目では確定できないため、遺伝子を鑑定することになった。鑑定結果はスタジオで。


「スギ」に関連するグルメ情報

コウタケ

今年は貴重なキノコも豊作。食用のコウタケは高価なキノコで、特徴は香辛料な独特な香りがすること。仙人小屋でも人気となっている。仙人のおすすめはバター炒め。この道50年の仙人は今年、新種とみられる驚きのキノコを発見したという。マツタケ以上の香りがするという「仙人マツタケ」は、立ち枯れた木から生えているとのこと。マツタケのような香りがするという。専門家に見てもらった。キッコウスギタケに似ているとのこと。見た目では確定できないため、遺伝子を鑑定することになった。鑑定結果はスタジオで。


首都大学東京

今年は貴重なキノコも豊作。食用のコウタケは高価なキノコで、特徴は香辛料な独特な香りがすること。仙人小屋でも人気となっている。仙人のおすすめはバター炒め。この道50年の仙人は今年、新種とみられる驚きのキノコを発見したという。マツタケ以上の香りがするという「仙人マツタケ」は、立ち枯れた木から生えているとのこと。マツタケのような香りがするという。専門家に見てもらった。キッコウスギタケに似ているとのこと。見た目では確定できないため、遺伝子を鑑定することになった。鑑定結果はスタジオで。

八ヶ岳のキノコ仙人こと大林さんが発見したキノコは新種の可能性が高いという。首都大学東京の村上教授は今後、学会などで論文を発表することで正式に新種として認められるかもとのこと。塩基配列はスギタケに近いと思われていたが、違った部分は暫定的にTBSとなっているという。