ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スクープ投稿」の検索結果

「スクープ投稿」に関連する情報 162件中 1〜10件目

スクープ投稿

30℃以上の時間は仙台で午後4時頃までなどとなっている。こうした情報は気象庁のHPにも載っている。気温が上がり湿った空気が入ってきている影響で、太平洋側などで雷やにわか雨などに注意が必要。


TBSスクープ投稿

西日本豪雨など極端な気象が世界で相次ぐ。広島・府中町では、川が突然濁流と流木が押し寄せ水が溢れ出す。今年2月には、観測史上まれに見る豪雪を各地で記録、山形・大蔵村では4m45cmの積雪、福井県は大雪で車1400台が立ち往生。6月には、近畿地方で観測史上最大級の風速65メートルの竜巻とみられる突風が発生。関東甲信地方では、統計開始以来最も早い梅雨明けとなり、最も短い梅雨となった。一方、梅雨のないはずの北海道で梅雨前線の停滞により大雨が相次いだ。日本だけでなく、ケニアでは各地で洪水や土砂崩れが発生し100人が死亡、26万人が家を失った。トルコ・アンカラでは鉄砲水が市街地を飲み込んだ。アメリカ・カリフォルニアでは、気温が52度を記録するなど熱波が続き各地で山火事が発生。カナダ・ケベック州でも熱波で70人が死亡。冬の北極では、2月の平均気温が例年より20度以上高くなり、観測史上最も暑くなった分析が出された。こうした極端な温暖化で、早ければ2030年代に北極の海氷が消失すると予測。WMOも長期的な温暖化傾向が異常気象をもたらしている可能性があると警鐘を鳴らした。


TBSスクープ投稿

10日には、広島・府中町で榎川が氾濫。雨が上がっているにもかかわらず突如避難指示が出された。専門家によると、山から水がわきだし、土砂に水が含まれ破壊する土石流となるという。愛媛・大洲市では、川の水が一気に流れ込んだ。13日、気象庁は豪雨の解析結果を発表、東シナ海と日本の南の海上にある多量の水蒸気を含んだ大気が西日本で合流したことで広い範囲で大雨が発生、湿った空気が山にぶつかり積乱雲が次々にできるバックビルディング現象も起きたとみられる。


スクープ投稿

きのう各地で突然の大雨が降った。1時間に40〜50ミリ程度の雷雨に。森朗さんは降っているのは1〜2時間程度だが降り方が激しい。厚木市では大雨で道路全体が水浸しになった。こんな状態が月曜日にかけて続く」など述べた。


スクープ投稿

平成最悪となる被害が出た西日本豪雨。発生から1週間経ち、時間差災害として問題となっているのがため池決壊。なぜ晴れているのにため池は決壊するのか?専門家によると「油断した時に晴れていても襲ってくるので危険」など話す。雨が降り山に染み込むと山の中を通りため池へと流れ込む。するとため池の水位が上がり、決壊してしまう仕組み。ため池は降水量が少ない地域などで農業用水を確保するために人工的に造成された池。全国で20万か所あり、専門家は「農業を続けるかぎり必要なものだろう。一方農業をする人は減っているので維持管理する人がどんどん減っているのも事実」など述べた。雨が止んで3日後に榎川が氾濫。土砂が砂防ダムへなだれ込み榎川へ氾濫が起きた可能性がある。西日本各地では土砂災害警戒のため、10か所以上に避難勧告・避難指示が発令されている。


TBSスクープ投稿

午後4時頃神奈川・海老名市内の道路が冠水。今日も全国的に気温が上昇し最高気温は大分・日田市で36.1℃などとなった。これに伴い西日本などは大気の状態が不安定で局地的に雨雲が発生している。神奈川・海老名市では午後4時20分までの1時間に37.5ミリの雨量を観測した。気象庁は神奈川県に大雨洪水警報を発表し、土砂災害などに注意するよう呼びかけている。現在の赤坂の情報カメラでは局地的に暗くなっている場所が見える。


スクープ投稿

今月7日に堤防が決壊した直後の映像。濁流にタクシーが流され沈んでいく様子が捉えられていた。きのう、府中町では榎川が氾濫。雨が降っていないのに関わらず水害が発生。流木などが橋に引っかかり、水を堰き止め溢れ出したとみられる。肱川が氾濫した愛媛・西予市では34.1℃の中、片付け作業が行われていた。野村高校の野球部は、休校を利用し、ボランディア活動を始めてた。しかし、土砂は乾燥し砂埃が発生し、作業が進んでいないという。きょうも30℃超えの予想で捜索作業と片付けが続いている。


スクープ投稿

今回の災害では道路が寸断され孤立した地域がいくつも発生。その一つの広島・呉市では土砂災害の現場は手付かずで、スーパーでは物流が滞り飲料は選手土曜から入荷がストップした。入荷の目処は立っておらず、元の生活に戻るには時間がかかりそうだ。


スクープ投稿

今日午前11時半頃、広島・府中町内を流れる榎川が氾濫。その影響で住宅地に濁流が流れ込んでいる。原因は川に架かる総社橋に流木や土砂が堆積した影響で水をせき止めたため。付近の住民には避難指示が出され、現在も救助活動が続いている。土砂災害が起こった熊野町川角地区では猛暑の中救助活動が続いている。今回の豪雨で死者は150人を超え、以前約60人が行方不明。町の4分の1が浸水した岡山県・倉敷市真備町では自衛隊などが新たに水が引いた地域を中心に、取り残された人がいないか確認を続けている。真備町では昨日午後8時前に生存率が下がるとされる72時間を迎える中救助活動が続けられていたが、連絡が取れなくなっていたという男性が救助された。大雨の影響で家畜も被害に遭っており、牧場の牛小屋に設置された監視カメラの映像では濁流が牛の肩の高さにまで迫っていた。


スクープ投稿

広島の榎川が決壊し町に濁流が押し寄せ、避難指示が出された。雨は止んでいたが流木や土砂が堆積したことが原因となった。大雨洪水警報は土曜日の午前に解除されたものの西日本豪雨の影響は未だ各地にみられる。大規模な土砂災害により道路が寸断され物資が届けられない孤立した地域があるなどその被害は深刻である。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (162)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報 (4)
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (158)