ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スペースポート」の検索結果

「スペースポート」に関連する情報 53件中 1〜10件目

スペースポート・アメリカ

アメリカのトゥルース・オア・コンシクエンシーズには宇宙旅行に関する資料館がある。町の近くには宇宙旅行専用の空港「スペースポート・アメリカ」があり、来年スタートに向けて着々と準備が進んでいる。


スペースポート・アメリカ

アメリカ・ニューメキシコ州にスペースポート・アメリカが誕生。スペースポート・アメリカは宇宙旅行専用のエアポート。2018年のスタートを目指して、民間企業によって計画が進んでいる。


スペースポート・アメリカ

新しい散骨、故人の遺灰をロケットで宇宙空間に飛ばす「宇宙葬」を紹介。実際の映像を紹介した。次回は来年4月に打ち上げ予定。


スペースポート

東京ディズニーランドにオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」を紹介。乗るたびに変わる50通り以上のストーリーが3D映像で楽しめる。

アメリカ・カリフォルニア南部の町モハベでは宇宙船の開発が盛んに行われていて、宇宙へ旅立つスペースポートもある。NASAの依頼でロケットエンジンを作っていた「エックスコア エアロスペース」では、パイロットと乗客2人乗りの宇宙船を現在手がけている。


東京ディズニーランド

東京ディズニーランドにオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」を紹介。乗るたびに変わる50通り以上のストーリーが3D映像で楽しめる。

アメリカ・カリフォルニア南部の町モハベでは宇宙船の開発が盛んに行われていて、宇宙へ旅立つスペースポートもある。NASAの依頼でロケットエンジンを作っていた「エックスコア エアロスペース」では、パイロットと乗客2人乗りの宇宙船を現在手がけている。


スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

東京ディズニーランドにオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」を紹介。乗るたびに変わる50通り以上のストーリーが3D映像で楽しめる。

アメリカ・カリフォルニア南部の町モハベでは宇宙船の開発が盛んに行われていて、宇宙へ旅立つスペースポートもある。NASAの依頼でロケットエンジンを作っていた「エックスコア エアロスペース」では、パイロットと乗客2人乗りの宇宙船を現在手がけている。


スター・ウォーズ

東京ディズニーランドに新しくオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」を紹介。スター・ウォーズの世界をめぐる旅が、リアルな3D映像になった。

アメリカ・ロサンゼルス郊外の町・モハベの空港は、宇宙へ旅立つスペースポートでもある。2004年、ここから世界初の民間宇宙船「スペースシップワン」が飛び立った。宇宙船を製造する「インターオービタル システムズ」では、最先端の技術を駆使して6人乗りの新型宇宙船の開発に力を注いでいる。


スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー

東京ディズニーランドに新しくオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」を紹介。スター・ウォーズの世界をめぐる旅が、リアルな3D映像になった。

アメリカ・ロサンゼルス郊外の町・モハベの空港は、宇宙へ旅立つスペースポートでもある。2004年、ここから世界初の民間宇宙船「スペースシップワン」が飛び立った。宇宙船を製造する「インターオービタル システムズ」では、最先端の技術を駆使して6人乗りの新型宇宙船の開発に力を注いでいる。


東京ディズニーランド

東京ディズニーランドに新しくオープンした「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」を紹介。スター・ウォーズの世界をめぐる旅が、リアルな3D映像になった。

アメリカ・ロサンゼルス郊外の町・モハベの空港は、宇宙へ旅立つスペースポートでもある。2004年、ここから世界初の民間宇宙船「スペースシップワン」が飛び立った。宇宙船を製造する「インターオービタル システムズ」では、最先端の技術を駆使して6人乗りの新型宇宙船の開発に力を注いでいる。


スペースポート

これまでNASAが主導してきたアメリカの宇宙開発に新たな動きが出てきている。民間のベンチャー企業が主役となりつつある宇宙開発ビジネスで今何が起きているのか、その最前線を取材。4月19日、去年引退したスペースシャトル「ディスカバリー」が展示のためスミソニアン航空宇宙博物館に引き渡された。そして今月22日に打ち上げられた民間宇宙船「ドラゴン」は国際宇宙ステーションとのドッキングに成功し、食料などの荷物を届けた。成功させたスペースXの1回の打ち上げ費用は約43億円で、スペースシャトルの1/9という。スペースの宇宙船「ドラゴン」は任務後に地球に帰還する。機体を再利用する事で製造コストを抑えている。テスラ・モーターズの創業者としても活躍するイーロン・マスクCEOに、スペースXの目指す宇宙ビジネスについて聞いた。イーロン・マスクCEOはこれに対し「スペースXの強みは予算など全てに決断力がある事。自動車産業のトヨタのように宇宙事業をリードしたい」とコメントした。

アメリカでは今、多くの民間企業が宇宙ビジネスに乗り出している。カリフォルニア州のモハーベ砂漠では、夫がエンジニアで妻がCEOを務めるインターオービタル・システムズのロケット開発が進んでいる。民間の宇宙ベンチャーで、従業員は8人。大半が大学卒業後の若手エンジニアとなっている。現在、超低コストのロケットを製造中で、今年中にも開始を予定している打ち上げサービスは1回30万ドル(約2370万円)からと、これまでの常識では考えられない安さとなっている。40年前のど居つの技術を再利用してロケットは作られており、小型ロケット5本を束ねて打ち上げるという。この会社では人間が1週間宇宙に滞在出来る宇宙船「CM-1」を開発している。宇宙旅行は1人約4億円で来年の初飛行を目指している。

リスクが高い宇宙事業だが、日本市場を狙う動きも出ている。今月東京で開かれたイギリスのヴァージンギャラクティックによる宇宙旅行の説明会には、宇宙旅行を希望する30人が集まった。この会社の宇宙船「スペースシップ2」は約46分後に大気圏外に到達し、約4分間の無重力体験が可能になるという。料金は20万ドル(約1600万円)で、既に520人が予約している。ヴァージン・ギャラクティックが利用するのは世界初の宇宙旅行専用の宇宙港「スペースポート・アメリカ」で、現在ニューメキシコ政府が建設中で、来月にも完成する予定。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (53)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD (1)
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (2)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (50)