ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スポニチ」の検索結果

「スポニチ」に関連する情報 1512件中 1〜10件目

FRIDAY

竹野内豊&倉科カナの双方の事務所がコメントを出している。FRIDAYが交際を報じてからすぐに交際宣言をしたという。スポニチの阿部公輔部長は、部内ではお蔵入り物件になっていたという。女性にしたら30歳は節目だと出演者がいう。


女性自身

女性自身が、竹野内豊&倉科カナの破局を報じた。結婚話に折り合いがつかなかったという。夏頃に破局だったとのこと。円満な別れだったようだ。

竹野内豊&倉科カナの双方の事務所がコメントを出している。FRIDAYが交際を報じてからすぐに交際宣言をしたという。スポニチの阿部公輔部長は、部内ではお蔵入り物件になっていたという。女性にしたら30歳は節目だと出演者がいう。


スポニチ

きのうの時系列を土井が紹介。一連の家宅捜索等の後午後5時37分、JNN字幕速報で捜査が報じられた。6時8分には「逮捕状」との報道。6時43分にはJNNが日産のコメント「会長を解任へ」を発表。7時32分には逮捕を報道。午後10時すぎに日産が本社で記者会見した。ここまで、会長が日本到着から3時間という早さ。若狭は「日産と特捜部は密に協力していたと考えられる」とコメントした。会長はきょう夜に港区の焼き鳥店に予約を入れており、またあすは都内で小池百合子知事と対談予定だったことから、逮捕は予想外だったとみられる。若狭は「もしきょう逮捕であれば情報漏れが懸念されただろう」等とも説明。


スポニチ

日産の会長は1999年に2兆円超の負債を抱えていたが、工場閉鎖やリストラなどのコストカットによって4年でこれを0に戻していて、これが評価の始まりだった。せっかちな正確であることからゴルフは嫌いだといい、月1で行きつけの焼き鳥店に向かうことが有るのだという。

この事件によってフランスでは日産・ルノー・三菱の連合が聞きに陥る可能性が伝えられていて、ルノーの株価は一時13%以上下がっていて、日産は上場廃止の恐れもある。これについて池田さんは株を持っていなくても投資信託や年金の運用対象にもなっているために経済全体がダメになる可能性があると述べた。若狭さんは会長の脱税問題や、会社に損害を与える特別背任罪を行っていたのではないかが焦点になると見ていて、特別背任罪が認定された場合は会長だけが悪いと判断され評価がそれほど落ちない可能性があり、日産側は特別背任罪が認められてほしいのではないかと述べた。


スポニチ

情報ライブミヤネ屋の番組宣伝。「日本選手で17年ぶり4人目 快挙 大谷翔平選手 メジャー新人王」「『スポニチ』森デスク 本人直撃 真相は?4億円 松居一代 ”金銭トラブル”報道」などを伝える。


FRIDAY

情報ライブミヤネ屋の番組宣伝。「日本選手で17年ぶり4人目 快挙 大谷翔平選手 メジャー新人王」「『スポニチ』森デスク 本人直撃 真相は?4億円 松居一代 ”金銭トラブル”報道」などを伝える。


スポニチ

十朱幸代が初の自叙伝の出版記念イベントに登場。かつて結婚目前と言われていた西城秀樹について初めて語った。破局について家族からの反対があり、年齢差もあってそれを押し切るまでの自信がなかったなどと話した。西城秀樹が亡くなった際にもコメントはしなかったが病状は気にしていたとの事。(スポーツニッポン)


スポーツニッポン

スポーツニッポンから、いきものがかりが約2年ぶりに活動再開。2017年1月に放牧宣言をし活動休止。2年の沈黙を破って集牧宣言で活動再開。これを受け、新曲「太陽」を収録したCDをファンクラブを辞めなかった会員へ無料送付される。吉岡聖恵はスイスで放牧を見たと話した。

スポーツニッポンから綾野剛と佐久間由衣が熱愛報道。スポニチは2016年元日に報じていた。

スポーツニッポンから、斎藤工が六本木でハロウィーンのゴミ拾い活動を行った。


スポニチ

麻世さんとカイヤさんは18年の別居生活や、お互いの不倫疑惑から当時はこの裁判に呆れる人も多かったが、カイヤさんの家賃を払うのは嫌だとして5000万円を請求しているという報道や、カイヤさんも外国人と結婚したいと話すなど夫婦関係の悪化が現実味を帯びていて、17日にはカイヤさんが裁判内容を説明しないとして代理人弁護士を解任すると、第1回口頭弁論が延期となっていた。また、息子は先月22歳になったばかりだが、麻世さんを彼としか呼ばず、母を悪者にしているとまで主張している。これに対して麻世さんは何もお答えできませんと話していて、一方のカイヤさんはこれについて無言で去っていっている。


日刊スポーツ

スタジオでドラフト1位指名予想を紹介。根尾昂、小園海斗の名前が目立つ。吉田輝星の名前は見られない。スポニチは巨人、中日、ヤクルト、西武、楽天、日ハムが根尾指名、広島、ソフトバンク、オリックスが小園指名の予想。日刊スポーツは阪神、巨人、中日、ヤクルト、楽天、日ハムが根尾指名の予想で、小園指名はスポニチ同様。槇原は「牽制もあると思う」と指摘した。スポーツ各紙は根尾を最大7球団指名の可能性と報道。また吉田は競合なしの可能性。真中は吉田が2球団、根尾が4球団競合と予想。槇原は吉田は直前まで不明、根尾は4球団競合と予想した。

これまでのドラフト会議の歴史を振り返ると様々なことがあっ た。今のドラフト制度は1順目は入札抽選制単独指名だった場合は交渉権獲得、重複氏名の場合は抽選となる。2順目以降はウエーバー方式を採用している。長野義久選手は2006年に日本ハムにドラフト4位で指名された際、巨人でプレイをしたいことを理由に入団を拒否し、社会人リーグでホンダに入社。また、2008年のドラフト会議でロッテに指名された際にも巨人入りを目指し、入団拒否をした。