ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スポーツニッポン」の検索結果

「スポーツニッポン」に関連する情報 40769件中 1〜10件目

スポーツニッポン

女子プロゴルファー宮里藍選手が昨日今シーズン限りでの引退を発表した。「初めて自分で決めたこと」だと明かした。関係者は「モチベーションの上げ方について悩んでいた。最近はそれに苦慮していた」と明かした。明後日に会見が行われる予定。(スポーツニッポン)


「スポーツニッポン」に関連するグルメ情報

小つぶカール

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


タカラ

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


人生ゲーム

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


週刊少年ジャンプ

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


日清食品

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


「スポーツニッポン」に関連するグルメ情報

出前一丁

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


日刊スポーツ

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


朝日新聞

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)


スポーツニッポン

明治製菓のスナック菓子「カール」が中部地方より東で8月生産分を最後に終了。9月中に市場から消える見通し。同社が日本発のスナック菓子として68年に売り出し始めた。主力のチョコレート以外で年間通して食べられる菓子として開発が始まった。米国出張でスナック菓子人気を知ったのは社員のアイデアから生まれた。「それにつけてもおやつはカール」のキャッチフレーズで宣伝し、菓子=甘い物という常識を覆した。名前はくるりんとした形などから命名。日本人好みの味を試行錯誤し、チーズとチキンスープ味の2種類からスタートし、累計200種類以上の味が発売された。68年の主な出来事は、この年日本はGNP世界第2位になる、2月には日清食品から即席麺・出前一丁が発売されるなど。カール発売は7月。CMでは和田アキ子・志村けん・三橋美智也ら芸能人が起用されCMソングを披露。最近では受験シーズンに「ウカール(受かる)」と受験生を応援するパッケージ商品を発売し話題に。だが、トウモロコシ系菓子は商品バリエーションがジャガイモ系に阻まれて低迷。90年代には190億円前後の年間売り上げは2015年度には60億円ほどまで減っていた。カール部門は十数年間赤字。「いいもんだ〜な〜♪ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り、3年前にはカール全商品の販売終了も検討されていたが、国民に長年愛され続けてきた商品だけに明治ではブランド存続の道を探ってきた。カールは全国の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀・京都・奈良・和歌山の1府2県以西で販売することで、ブランドを残す結論に。(スポーツニッポン/朝日新聞/日刊スポーツ)