ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スマホ」の検索結果

「スマホ」に関連する情報 41628件中 1〜10件目

ロレックス デイトナ アイスブルー

ブランディア史上最も高額だった商品はロレックスデイトナアイスブルー。買取価格は600万円。605万で売れた。


デファクトスタンダード

ブランディア史上最も高額だった商品はロレックスデイトナアイスブルー。買取価格は600万円。605万で売れた。


ブランディア

ブランディア史上最も高額だった商品はロレックスデイトナアイスブルー。買取価格は600万円。605万で売れた。


ロレックス デイトナ アイスブルー

ブランディアで買い取られた商品は買い手がつくまで倉庫に保管しているが、50万店を出品している。売れ残るということはなく、3ヶ月でほとんどが売れる。仕組みにはオークションの最初の出品価格から数日にガンガン値下げし1円まで下がる。赤字になるが在庫を抱えるよりも商品を次々を仕入れるほうが良いと考えている。さらに倉庫の奥には総額3億5000万円以上の隠し部屋がある。そのなかの最も高額の商品はロレックスの腕時計。ロレックス デイトナ ゴールドは買い取り100万円だったが今は約120万円で出品されている。ブランディア史上最も高額だった商品はロレックスデイトナアイスブルー。買取価格は600万円。


ロレックス デイトナ ゴールド

ブランディアで買い取られた商品は買い手がつくまで倉庫に保管しているが、50万店を出品している。売れ残るということはなく、3ヶ月でほとんどが売れる。仕組みにはオークションの最初の出品価格から数日にガンガン値下げし1円まで下がる。赤字になるが在庫を抱えるよりも商品を次々を仕入れるほうが良いと考えている。さらに倉庫の奥には総額3億5000万円以上の隠し部屋がある。そのなかの最も高額の商品はロレックスの腕時計。ロレックス デイトナ ゴールドは買い取り100万円だったが今は約120万円で出品されている。ブランディア史上最も高額だった商品はロレックスデイトナアイスブルー。買取価格は600万円。


kate spade

怪しい商品を見極めるためにはまずバッグを例に行うと本物かどうかチェックするポイントをデータベースに商品情報を入力しチェックポイントが表示される。極小の文字で書かれた刻印などを確認しケイト・スペードのバッグは本物と認定された。椿鬼奴の87000円で購入したルイ・ヴィトンのバッグは6600円に。傷や汚れはあるがブランド力でこの査定に。さらにハワイで買ったサンダルの価格は2200円だったが価格は50円となった。


羽田空港

査定エリアには一日150人ほどが可動し、総勢400人いる。働いている人の中にはバンド活動をしている人や役者の卵などのバイトで殆どがアルバイトが行っている。アルバイトでも査定できるシステムになっていて、ブランディアには独自のデータベースがあり、そこにブランド名と素材、色などを入力。するといくつか候補が表示されその中からどの商品かを特定する。状態のチェックも行い、汚れや角のスレなどを確認し10段階で評価。買取価格が過去の実績から表示される。少しでも高く買い取ってもらうために簡単に掃除などをするだけで査定価格はあがる。衣類が必ず買い取りNGになってしまう事には素材表記。これがないと品質保証が出来ないという。


デファクトスタンダード

ブランド品の買い取りや販売を行っているブランディアは利用者数250万人以上おり、街ではどんな人がどんな風に査定されているのかわからないなどの疑問があがった。解決しに行くのはブランド品大好きな椿鬼奴。今回はもう使っていない品をブランディアに売り、それらを追跡してもらう。まずはハワイで買ったTOPSHOPのサンダル。ブランディアではブランド品だけでなく買い取るブランド品は7300件もあり、売りたいブランドがあるか検索もできる。さらにルイ・ヴィトンバッグやほかコーチのバッグなどを売却する。早速本社に行くと車内では一日に1000箱のブランド品が査定待ちになっており、一日一万点査定している。インターネットのみで売買しており、この場所ですべてのブランド品を会社内で査定している。ブランド品を売った人には査定額が支払われ、ブランディアは買い取った商品をネット上で販売。販売方法はオークション形式。人気のものは高額で売れるが、人気のない商品は買取価格を下回る。

査定エリアには一日150人ほどが可動し、総勢400人いる。働いている人の中にはバンド活動をしている人や役者の卵などのバイトで殆どがアルバイトが行っている。アルバイトでも査定できるシステムになっていて、ブランディアには独自のデータベースがあり、そこにブランド名と素材、色などを入力。するといくつか候補が表示されその中からどの商品かを特定する。状態のチェックも行い、汚れや角のスレなどを確認し10段階で評価。買取価格が過去の実績から表示される。少しでも高く買い取ってもらうために簡単に掃除などをするだけで査定価格はあがる。衣類が必ず買い取りNGになってしまう事には素材表記。これがないと品質保証が出来ないという。

怪しい商品を見極めるためにはまずバッグを例に行うと本物かどうかチェックするポイントをデータベースに商品情報を入力しチェックポイントが表示される。極小の文字で書かれた刻印などを確認しケイト・スペードのバッグは本物と認定された。椿鬼奴の87000円で購入したルイ・ヴィトンのバッグは6600円に。傷や汚れはあるがブランド力でこの査定に。さらにハワイで買ったサンダルの価格は2200円だったが価格は50円となった。

査定が終わったものはすぐにメールで送信され、それを売るかどうか判断できる。金額に納得行かなかった場合には返却を選択し、一点ごとにきれいに包んで無料で返送してくれる。事業を開始し今では売上高が20倍に上がった。ブランディアでは品物をなるべく購入するようにしていて、指輪など買い取ってもらえないものも買い取る。ほかの業者が買わない理由にはネームの刻印が入っているため。しかしブランディアではそれも買い取りOK。

ブランディアで買い取られた商品は買い手がつくまで倉庫に保管しているが、50万店を出品している。売れ残るということはなく、3ヶ月でほとんどが売れる。仕組みにはオークションの最初の出品価格から数日にガンガン値下げし1円まで下がる。赤字になるが在庫を抱えるよりも商品を次々を仕入れるほうが良いと考えている。さらに倉庫の奥には総額3億5000万円以上の隠し部屋がある。そのなかの最も高額の商品はロレックスの腕時計。ロレックス デイトナ ゴールドは買い取り100万円だったが今は約120万円で出品されている。ブランディア史上最も高額だった商品はロレックスデイトナアイスブルー。買取価格は600万円。


コーチ

ブランド品の買い取りや販売を行っているブランディアは利用者数250万人以上おり、街ではどんな人がどんな風に査定されているのかわからないなどの疑問があがった。解決しに行くのはブランド品大好きな椿鬼奴。今回はもう使っていない品をブランディアに売り、それらを追跡してもらう。まずはハワイで買ったTOPSHOPのサンダル。ブランディアではブランド品だけでなく買い取るブランド品は7300件もあり、売りたいブランドがあるか検索もできる。さらにルイ・ヴィトンバッグやほかコーチのバッグなどを売却する。早速本社に行くと車内では一日に1000箱のブランド品が査定待ちになっており、一日一万点査定している。インターネットのみで売買しており、この場所ですべてのブランド品を会社内で査定している。ブランド品を売った人には査定額が支払われ、ブランディアは買い取った商品をネット上で販売。販売方法はオークション形式。人気のものは高額で売れるが、人気のない商品は買取価格を下回る。


「スマホ」に関連するレストラン・飲食店

PLATINA 本店

歌舞伎町にあるホストクラブのPLATINA本店は高い売上を誇る人気店でホストは在籍数35名。中でも異彩を放つのはカリスマホストのローランド。芸能界にも幅広い交友関係を持つ。その人気の秘密は超強気な接客。ホスト業だけでなく、人気スパークリングワインのアジア担当モデルに起用。別の日には高橋みなみのラジオ番組に出演した。高橋みなみはローランドのTwitterなどをみてずっと会いたかったと話している。ローランドは去年の秋に所属するホストクラブの社長に独立を決意したことを伝えた。

去年10月、大阪にローランドはいた。ここでも大人気なローランドはたこ焼きを購入したがその理由に世間相場の金銭感覚を持ち続けていたいと話す。目的はPONTE VECCHIO 北浜本店で待ち合わせしていた大阪のホストのルイと出会うこと。ローランドの新店舗で働くか悩んでいるとSNSでメッセージを送ってきたという。ローランドはこうして将来有望なホストを口説き、直接話す。一時間説得するとルイは歌舞伎町での再開を約束した。別日には京都でホストのスカウト。さらに福岡にもやってきたローランドのは合同説明会と面接を行った。その頃、PLATINA 本店ではローランド目当てで入店希望者が殺到した。採用された新人ホストは新店舗オープンまでPLATINA本店在籍に。社長もローランドの新店舗オープンを応援している。そのホストの中には人気のホストやホスト未経験の元ユニクロ社員までいる。37歳でユニクロに6年勤務していたがローランドに憧れホストの世界に飛び込んだ。その名前誠二はローランドが名付け、由来はその熱意と情熱が好きと答え、今から人生を変えられるぞと伝わったら素敵なことだと答えた。

今回入った新人の中で最もヤバイ奴がいたと答え、ローランドは平成11年1月11日生まれと聞いてビビッときたと答えた。その名は流聖で19歳。入店一週間ながら軽快なトークで10名から指名をうけた。しかしちょっとした問題に先輩にタメ口を使う。さらにこの日は先輩ホスト尋美が一緒に接客についた。今や一人前のホストに急成長しているが、流聖は尋美にタメ口を使っていた。流聖はそれについて売り上げが低い先輩に敬語を使う必要はないと語り、その店のスタッフは生意気で世間知らずと答える。そんな空気を感じ取ったローランドは尋美と流聖を同じ席につけて接客をさせたがここでもタメ口。ローランドは尋美を呼び出して先輩の威厳をつけろと説教した。ローランドが行う営業前のミーティングでは流聖は唯一メモをとっている。その中にはお客の体調などを書いた接客ノートを携帯。さらにローランドがSNSで発信していることを常にチェックしている。流聖は最近までアメリカでバスケ留学をしていたが怪我で断念。迷っていたときにローランドに出会い、新たに選んだ道で誰にも負けたくないと考えている。ローランドは若い自分を見ているようだと答えた。

新人時代は生意気だったというローランドを知る先輩ホストが冬空雪咲。唯一のローランドの先輩で成功月収は500万円で看板ホストとして活躍していたが今や手取りは14万円。ここまで落ちた理由に本人は天狗になり、アフターも断ったりしていて世間を見下していたと答え、トップクラスだった売り上げも3ヶ月でランク外。40階のタワーマンションから今は寮に入っている。雪咲は今日でホストクラブを退店し卒業。ローランドも彼の常連客のテーブルにつき思い出を語り合った。ローランドは売れない新人時代から親しくしていた先輩で、立場が逆転しても変わらぬ関係を続けている。