ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「スラムダンク」の検索結果

「スラムダンク」に関連する情報 727件中 1〜10件目

「スラムダンク」に関連する本・コミック・雑誌

スラムダンク

桜林直子のセブンルールの4つ目は、「ルール4 考えるために歩く」。午前10時、彼女は喫茶店で、ノートパソコンで仕事をしており、「家に居ると、「スラムダンク」を全巻、読んでしまう」などと話した。その後、西荻窪から渋谷まで、2時間もかけて歩いた。そうする理由を、「平泳ぎと歩くのは、いくらでも出来る。歩いている時に、考える」などと話した。


「スラムダンク」に関連する本・コミック・雑誌

スラムダンク

大豆から「納豆」へあだ名が変化した澤部。しかし、ある部活の活躍でプチ澤部ブームが起こる。中学時代はモテていたようで、バスケ部のエースとして女子にモテた。澤部によると、制服のボタンせがまれたことがあり、告白は6回されたという。


「スラムダンク」に関連する本・コミック・雑誌

スラムダンク

渋谷方面に歩くと、日本デザイナー学院を発見し、漫画の授業を見せてもらえることになった。設立は昭和40年で、インテリアデザインや舞台美術、映像など様々なジャンルのクリエイターを養成している。漫画の授業は人気で、ドミニカ共和国から学びに来た学生エレーラくんもいた。エレーラくんは井上雄彦を尊敬しているとのこと。デジタルで描いている学生もいて、消耗品が少ないためアナログよりもお金がかからないとのこと。


「スラムダンク」に関連する本・コミック・雑誌

スラムダンク

ソフトバンクが男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」を応援する公認ショップを9月19日にオープンさせた。今なら様々なスポーツの生中継が見放題のサービス「スポナビライブ」が加入日から8ヵ月間5000円で契約できるシーズンパスを限定販売中。また、ソフトバンクのスマホを契約し、シーズンパスの購入もしくはスポナビライブに加入すると、人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦先生がナビゲートしたMOOK本がもれなくもらえる。詳しくはソフトバンクのB.LEAGUE公認ショップまで。


シーズンパス

ソフトバンクが男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」を応援する公認ショップを9月19日にオープンさせた。今なら様々なスポーツの生中継が見放題のサービス「スポナビライブ」が加入日から8ヵ月間5000円で契約できるシーズンパスを限定販売中。また、ソフトバンクのスマホを契約し、シーズンパスの購入もしくはスポナビライブに加入すると、人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦先生がナビゲートしたMOOK本がもれなくもらえる。詳しくはソフトバンクのB.LEAGUE公認ショップまで。


スポナビライブ

ソフトバンクが男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」を応援する公認ショップを9月19日にオープンさせた。今なら様々なスポーツの生中継が見放題のサービス「スポナビライブ」が加入日から8ヵ月間5000円で契約できるシーズンパスを限定販売中。また、ソフトバンクのスマホを契約し、シーズンパスの購入もしくはスポナビライブに加入すると、人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦先生がナビゲートしたMOOK本がもれなくもらえる。詳しくはソフトバンクのB.LEAGUE公認ショップまで。


「スラムダンク」に関連するイベント情報

B.LEAGUE

ソフトバンクが男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」を応援する公認ショップを9月19日にオープンさせた。今なら様々なスポーツの生中継が見放題のサービス「スポナビライブ」が加入日から8ヵ月間5000円で契約できるシーズンパスを限定販売中。また、ソフトバンクのスマホを契約し、シーズンパスの購入もしくはスポナビライブに加入すると、人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦先生がナビゲートしたMOOK本がもれなくもらえる。詳しくはソフトバンクのB.LEAGUE公認ショップまで。


ソフトバンク

ソフトバンクが男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」を応援する公認ショップを9月19日にオープンさせた。今なら様々なスポーツの生中継が見放題のサービス「スポナビライブ」が加入日から8ヵ月間5000円で契約できるシーズンパスを限定販売中。また、ソフトバンクのスマホを契約し、シーズンパスの購入もしくはスポナビライブに加入すると、人気漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦先生がナビゲートしたMOOK本がもれなくもらえる。詳しくはソフトバンクのB.LEAGUE公認ショップまで。

きょうはソフトバンクの「モバイルバッテリー」を5名様にプレゼント。応募は00678-00-500まで。受付は携帯電話からのみで、1応募あたり税別50円の通話料がかかる。応募はきょう深夜0時まで。


「スラムダンク」に関連する本・コミック・雑誌

スラムダンク

父がアメリカ人で母が日本人での田中力は、中学生で史上初の日本代表候補に選出されたスーパー中学生である。さらに世界で12人しか入ることができないNBAグローバルアカデミーに合格し、東京五輪に期待が高まる。


「スラムダンク」に関連する本・コミック・雑誌

スラムダンク

呉市江田島で病院を経営していた浜井由香里さんの自宅を見せてもらった。元病院の建物(敷地面積300坪、建物550平米)を一部リフォームして、今ひとりで暮らしている。子供は2人いるがそれぞれ独立して、医師の夫はガンで旅立った。病院を閉めたのは2年前。5年間の保管が義務付けられているカルテはもちろん、診察室も当時のままだった。実際に使用していた医療器具から、ご主人の趣味のものまで、手付かずで残っていた。ご主人は約30年、江田島で町のお医者さんとして働き続けてきた。そのためか、体が不調でも休まず、亡くなる1か月前まで診察をしていた。ご主人との思い出などを話しながら、由香里さんは涙を流した。そんな由香里さんの心の支えは、広島東洋カープ(なかでも新井貴浩選手)や趣味のパッチワークだった。なお、住居スペースをのぞく病院建物は、現在デイサービスに転用されている。