ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「タカタ」の検索結果

「タカタ」に関連する情報 2078件中 1〜10件目

キャリイ

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


エブリィ

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


スズキ

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


アベンシス

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


シエンタ

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


ノア

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


カローラ

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


トヨタ

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。


86

スバルなど3社が国交省にリコールを届け出た。スバルのリコール対象はインプレッサなど4種類、10万1153台。エンジンの部品に不具合があり、走行中にエンジンが停止するおそれがあるという。また、トヨタはタカタ製のエアバッグの不具合などで「カローラ」などを含む33万台以上がリコール対象。スズキの対象は、2014年以降製造のエブリィなどの5車種。自動変速機の構造や部品などに不具合があり、変速や走行が出来なくなるおそれがあるという。台数は26万5000台に上る。