ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ツイッター」の検索結果

「ツイッター」に関連する情報 50294件中 1〜10件目

YOSHIKI ツイッター

「必ずや歌い続けていきます」「いつか一緒に創作しましょう」などとアーティストたちが引退発表した小室哲哉にメッセージを送った。

突然の引退報告に対し、アーティストから「必ずや歌い続けていきます」「またいつか一緒に音楽を創作しましょう」とエールが送られた。また、不倫を報じた週刊文春には「雑誌が一人の天才を殺した」など結果的に引退へ追い込んでしまった事に対し批判の声も上がった。


ノンストップ!

出演者挨拶とゲスト紹介に続いて、投稿テーマを発表。今週は「私や周りの自慢できる特技&体験」。番組HPからのメール、FAX番号03-5500-8822、ツイッターハッシュタグ「#ノンストップ」から。


KEIKOのツイッター

小室哲哉さんが先週の金曜日に引退を決意し「音楽活動は退く」ということを話したが、引退のきっかけとなった不倫疑惑の報道のあり方が問われている。舛添要一氏は週刊誌による報道を非生産的とツイートし、西野亮廣さんも他人の色恋沙汰に口を挟む道徳観を指摘した。川谷絵音さんも同様の指摘をするなど、不倫報道への厳しい声が寄せられたが、街の女性に話を聞いてみると「大人の女性に対してのコミュニケーション」という言葉を懐疑的に受け取っていた。また、くも膜下出血で療養中のKEIKOさんについても「一曲歌ってもらった曲があったが、それ以降は歌うことはなくなった」と話していた。この透き通った声は回復が順調したのではないかとファンは期待したが「欲がなくなってしまった」と話し「女性というよりも子どものよう。愛は深くなっている」と話した。小室さんは「小学4年生の漢字ドリルでリハビリしている」と話していたが、その説明前に「お恥ずかしい話」ということを付けていたことへも気になった人が多く、「疲れた」という言葉に介護疲れ気にする人も多かったものの、「甘え」という言葉に逃げる姿勢を指摘する人もいた。そして、引退理由に「償い」という言葉を述べていて、けじめとして引退することを選んだ小室さんだったが、なぜこの決断に至ったのか。


舛添要一氏のツイッター

小室哲哉さんが先週の金曜日に引退を決意し「音楽活動は退く」ということを話したが、引退のきっかけとなった不倫疑惑の報道のあり方が問われている。舛添要一氏は週刊誌による報道を非生産的とツイートし、西野亮廣さんも他人の色恋沙汰に口を挟む道徳観を指摘した。川谷絵音さんも同様の指摘をするなど、不倫報道への厳しい声が寄せられたが、街の女性に話を聞いてみると「大人の女性に対してのコミュニケーション」という言葉を懐疑的に受け取っていた。また、くも膜下出血で療養中のKEIKOさんについても「一曲歌ってもらった曲があったが、それ以降は歌うことはなくなった」と話していた。この透き通った声は回復が順調したのではないかとファンは期待したが「欲がなくなってしまった」と話し「女性というよりも子どものよう。愛は深くなっている」と話した。小室さんは「小学4年生の漢字ドリルでリハビリしている」と話していたが、その説明前に「お恥ずかしい話」ということを付けていたことへも気になった人が多く、「疲れた」という言葉に介護疲れ気にする人も多かったものの、「甘え」という言葉に逃げる姿勢を指摘する人もいた。そして、引退理由に「償い」という言葉を述べていて、けじめとして引退することを選んだ小室さんだったが、なぜこの決断に至ったのか。


ツイッター

週刊文春に掲載された不倫疑惑報道により、突然の引退を宣言した小室哲哉。2011年にくも膜下出血で倒れたKEIKOさんについては「僕から見る感じ女性から女の子みたいな。ピアノを弾いても30秒も聞くのが持たないくらいの奥さんという環境で非常に依存が彼女の方に強くなってしまいました」と話した。KEIKOさんの介護とともに、自身の健康にも問題を抱えていた小室は、週刊文春の報道が引退の引き金になったという。週刊文春のツイッターには約4000件のコメントが寄せられ、そのほとんどが記事の批判だった。小室の引退について記者に直撃した。


週刊文春

週刊文春に掲載された不倫疑惑報道により、突然の引退を宣言した小室哲哉。2011年にくも膜下出血で倒れたKEIKOさんについては「僕から見る感じ女性から女の子みたいな。ピアノを弾いても30秒も聞くのが持たないくらいの奥さんという環境で非常に依存が彼女の方に強くなってしまいました」と話した。KEIKOさんの介護とともに、自身の健康にも問題を抱えていた小室は、週刊文春の報道が引退の引き金になったという。週刊文春のツイッターには約4000件のコメントが寄せられ、そのほとんどが記事の批判だった。小室の引退について記者に直撃した。


ツイッター

先週金曜日、JR常磐線の松戸駅から柏駅へ向かって走行中の電車内で妊娠中の女性が突然産気づいた。出産を手伝った最上都寿美さんはたまたま隣に座っていて、5人の子どもを出産した元看護助手。柏駅に到着すると非常事態に気付いた他の乗客が緊急停止ボタンを押し、駅員に出発しないよう求めた。車内では青いビニールシートの向こうで女性は床の上に横になっていた。最上さんはたまたま持っていたタオルを床に広げ、そこに女性を寝かせると破水して5分しないくらいで赤ちゃんが産まれたという。まもなくして救急隊員が到着。女性と赤ちゃんは病院へ搬送。JR東日本は約30分間運転を見合わせた。その夜、出産女性とみられるツイッターでは母子ともに無事であることなど報告。ネット上では多数の祝福の声が挙がった一方で電車内で出産した女性に対して批判の声も。こうした批判に対して街の人々は「電車で産もうと思ってないでしょうか、彼女だって」「批判はおかしい」「闇雲に批判するのも違うかな」など述べていた。産婦人科医の海老根真由美さんは「みんなでお産を協力してあげる状況がよくないですか?陣痛とか出産とかを自分でコントロールできると思っている方が多いかもしれないですけど、本当はどういうふうな状況で陣痛がくるのかは妊婦さんは分かってないので出産はコントロールすることはできない。出産女性は電車内で産みたかったとは思っていない。いろんな人に助けてもらって、そういうふうな部分では悪いお産だったとは思いません」など述べた。


JR東日本

先週金曜日、JR常磐線の松戸駅から柏駅へ向かって走行中の電車内で妊娠中の女性が突然産気づいた。出産を手伝った最上都寿美さんはたまたま隣に座っていて、5人の子どもを出産した元看護助手。柏駅に到着すると非常事態に気付いた他の乗客が緊急停止ボタンを押し、駅員に出発しないよう求めた。車内では青いビニールシートの向こうで女性は床の上に横になっていた。最上さんはたまたま持っていたタオルを床に広げ、そこに女性を寝かせると破水して5分しないくらいで赤ちゃんが産まれたという。まもなくして救急隊員が到着。女性と赤ちゃんは病院へ搬送。JR東日本は約30分間運転を見合わせた。その夜、出産女性とみられるツイッターでは母子ともに無事であることなど報告。ネット上では多数の祝福の声が挙がった一方で電車内で出産した女性に対して批判の声も。こうした批判に対して街の人々は「電車で産もうと思ってないでしょうか、彼女だって」「批判はおかしい」「闇雲に批判するのも違うかな」など述べていた。産婦人科医の海老根真由美さんは「みんなでお産を協力してあげる状況がよくないですか?陣痛とか出産とかを自分でコントロールできると思っている方が多いかもしれないですけど、本当はどういうふうな状況で陣痛がくるのかは妊婦さんは分かってないので出産はコントロールすることはできない。出産女性は電車内で産みたかったとは思っていない。いろんな人に助けてもらって、そういうふうな部分では悪いお産だったとは思いません」など述べた。


柏駅

先週金曜日、JR常磐線の松戸駅から柏駅へ向かって走行中の電車内で妊娠中の女性が突然産気づいた。出産を手伝った最上都寿美さんはたまたま隣に座っていて、5人の子どもを出産した元看護助手。柏駅に到着すると非常事態に気付いた他の乗客が緊急停止ボタンを押し、駅員に出発しないよう求めた。車内では青いビニールシートの向こうで女性は床の上に横になっていた。最上さんはたまたま持っていたタオルを床に広げ、そこに女性を寝かせると破水して5分しないくらいで赤ちゃんが産まれたという。まもなくして救急隊員が到着。女性と赤ちゃんは病院へ搬送。JR東日本は約30分間運転を見合わせた。その夜、出産女性とみられるツイッターでは母子ともに無事であることなど報告。ネット上では多数の祝福の声が挙がった一方で電車内で出産した女性に対して批判の声も。こうした批判に対して街の人々は「電車で産もうと思ってないでしょうか、彼女だって」「批判はおかしい」「闇雲に批判するのも違うかな」など述べていた。産婦人科医の海老根真由美さんは「みんなでお産を協力してあげる状況がよくないですか?陣痛とか出産とかを自分でコントロールできると思っている方が多いかもしれないですけど、本当はどういうふうな状況で陣痛がくるのかは妊婦さんは分かってないので出産はコントロールすることはできない。出産女性は電車内で産みたかったとは思っていない。いろんな人に助けてもらって、そういうふうな部分では悪いお産だったとは思いません」など述べた。


松戸駅

先週金曜日、JR常磐線の松戸駅から柏駅へ向かって走行中の電車内で妊娠中の女性が突然産気づいた。出産を手伝った最上都寿美さんはたまたま隣に座っていて、5人の子どもを出産した元看護助手。柏駅に到着すると非常事態に気付いた他の乗客が緊急停止ボタンを押し、駅員に出発しないよう求めた。車内では青いビニールシートの向こうで女性は床の上に横になっていた。最上さんはたまたま持っていたタオルを床に広げ、そこに女性を寝かせると破水して5分しないくらいで赤ちゃんが産まれたという。まもなくして救急隊員が到着。女性と赤ちゃんは病院へ搬送。JR東日本は約30分間運転を見合わせた。その夜、出産女性とみられるツイッターでは母子ともに無事であることなど報告。ネット上では多数の祝福の声が挙がった一方で電車内で出産した女性に対して批判の声も。こうした批判に対して街の人々は「電車で産もうと思ってないでしょうか、彼女だって」「批判はおかしい」「闇雲に批判するのも違うかな」など述べていた。産婦人科医の海老根真由美さんは「みんなでお産を協力してあげる状況がよくないですか?陣痛とか出産とかを自分でコントロールできると思っている方が多いかもしれないですけど、本当はどういうふうな状況で陣痛がくるのかは妊婦さんは分かってないので出産はコントロールすることはできない。出産女性は電車内で産みたかったとは思っていない。いろんな人に助けてもらって、そういうふうな部分では悪いお産だったとは思いません」など述べた。