ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ドリーミュージック」の検索結果

「ドリーミュージック」に関連する情報 3068件中 1〜10件目

「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

ドリーミュージック

好評発売中の森山良子 「Ryoko Classics2」の告知。


「ドリーミュージック」に関連するイベント情報

森山良子 with 東京フィルハーモニー交響楽団 〜Ryoko Classics 4〜

黒柳徹子は古希を迎えても変わらない森山の歌声に感激した。そんな森山はニューアルバムとコンサートの告知をした。アルバム「Ryoko Classics II」(ドリーミュージック)は9月5日発売予定。コンサートは9月20日にサントリーホール、11月4日にフェスティバルホールにて公演。


フェスティバルホール

黒柳徹子は古希を迎えても変わらない森山の歌声に感激した。そんな森山はニューアルバムとコンサートの告知をした。アルバム「Ryoko Classics II」(ドリーミュージック)は9月5日発売予定。コンサートは9月20日にサントリーホール、11月4日にフェスティバルホールにて公演。


サントリーホール

黒柳徹子は古希を迎えても変わらない森山の歌声に感激した。そんな森山はニューアルバムとコンサートの告知をした。アルバム「Ryoko Classics II」(ドリーミュージック)は9月5日発売予定。コンサートは9月20日にサントリーホール、11月4日にフェスティバルホールにて公演。


「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

ドリーミュージック

黒柳徹子は古希を迎えても変わらない森山の歌声に感激した。そんな森山はニューアルバムとコンサートの告知をした。アルバム「Ryoko Classics II」(ドリーミュージック)は9月5日発売予定。コンサートは9月20日にサントリーホール、11月4日にフェスティバルホールにて公演。


「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

黒柳徹子は古希を迎えても変わらない森山の歌声に感激した。そんな森山はニューアルバムとコンサートの告知をした。アルバム「Ryoko Classics II」(ドリーミュージック)は9月5日発売予定。コンサートは9月20日にサントリーホール、11月4日にフェスティバルホールにて公演。

「Ryoko Classic II」

Amazon.co.jp


「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

ドリーミュージック

1日、静岡県にある安良里港で「光進丸」が炎上してほとんどが黒焦げになり、所有していた加山雄三さんが「半身を失ったぐらい つらい」と会見で語っていた。加山さんは出火の翌日にこの船に乗船する予定で、管理会社がボイラーとエアコンを稼働していたという。


「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

ドリーミュージック

加山雄三さんの船である光進丸が炎上し、加山さんは会見を開き、「精神的に追い詰められた時に癒してくれた。半身を奪われたよう」などとコメントした。銀座で開催予定のライブも延期するとのこと。野村氏は「日本では船と人間との関係が深く、失うショックが大きい」などとコメントした。(日刊スポーツ)


「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

ドリーミュージック

歌手の加山雄三さんが相棒と呼んでいた船、光進丸が今月1日火災に見舞われた。消防や消防保安庁などが駆けつけ夜を徹して消火活動が行われ、発生から約42時間後に鎮火した。愛する船を失った心境について聞かれると「表現のしようがない。辛くなって精神的に追い詰められたと気にいつもあの船は温かく迎えてくれて癒やしてくれた。相棒を失った気持ち、辛い」と話した。相棒のような存在だった光進丸は過去には名前をタイトルにした歌も発表し、光進丸の為に芸能活動を続けると語るほど思い入れが強かった。加山さん自ら設計を手がけた光進丸には加山さんのこだわりがある。後方のデッキは絵を描くためのアトリエに、ソファーやバーカウンターが並ぶラウンジにはギターやキーボード等の楽器が置かれている。ゲスト用の部屋は豪華ホテル並みの内装で公開中に落ちないようにテレビは収納式になっている。今から35年前、加山さんが46歳のときには2か月掛けてサイパンやグアムまで行ったという。来月のGW明けには大勢で乗船する予定だった。何故火災が起きたかについて、出火当時光進丸は岸から30mの所に係留されていて、施錠され無人の状態だった。警察によると船内にはカビを防止する為に24時間空調の電源が入っていた。火災の原因は分かっていないが電気系統のトラブルにより出火した可能性がある。光進丸を失った加山さんは「辛いのが起きるのが人生。こんなに辛いのはめったにない」と話した。火災から3日経った今週水曜、光進丸が水没し今後の対応が検討されている。


「ドリーミュージック」に関連する音楽・CD

ドリーミュージック

一昨日午後9時20分ごろ、加山雄三さんが所有する光進丸が炎上していると通報があった。消火活動は今も続いている。火事によるけが人はいないという。出火当時、沖縄で開催されていたコンサートに出演していた加山雄三さんは、緊急の会見を行った。加山さんは「自分の半身を失ったくらい辛い」などとコメント。光進丸は加山さんが設計し、30年以上大切にしてきた。全長約26m、104tの大型船で中にはバーカウンターや音楽設備まで整っていた。過去にはグアムやサイパンなど、2ヵ月に及ぶ長期航海を共にした加山さんにとって特別な思い入れのある船だった。27歳で初代の光進丸を設計し、歌にするほど愛情を注いでいた。今回炎上したのは3代目の光進丸。現在沖に出るのは年に数回で、今年は一度も出航していなかった。停泊中は陸からケーブルで電気を供給していたという。炎上で放水を受けた光進丸は沈みかけている。船のエアコンは湿気をとるため、無人事も24時間稼働していたという。炎上した当日、管理する造船会社の関係者が入船したがその際の異常はなかったとのこと。