ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ニューヨーク・ヤンキース」の検索結果

「ニューヨーク・ヤンキース」に関連する情報 5628件中 1〜10件目

早実

日本ハムの清宮幸太郎は高校通算本塁打が111本で、ダルビッシュ有選手から大谷翔平選手に11が引き継がれたので11も期待されていた。さらに早実の先輩である王貞治の1という説もあったが現在斎藤佑樹選手がつけている。結果的に21番に決まった。球団としては、何も色がついていない番号でこれから清宮選手が色づけてほしいという思いがこめられている。そもそも背番号はメジャーリーグでは1929年にニューヨークヤンキースが導入した。当時は1番打者が背番号1、2番打者は背番号2と打順が背番号になっていた。日本ではアメリカにならい打順で背番号にしていたが、阪神タイガースは1936年の設立当時、名字のいろは順にしていた。背番号のこだわりとして3番は長嶋茂雄のイメージが強く当時の銭湯の下駄箱は1と3が必ずなくなっていた。監督になってからは90番をつけているが背番の3と3塁手であったこと、打順が3番だったことから3をすべて足し0をつけたことから90になったとのこと。サッカー選手のイバン・サモラノはサッカー選手だった父親の背番号9にこだわっていたが埋まっていたため18の間にプラスのマークを入れ1と8を足して9という意味合いにしていた。ルーマニア代表のサッカーの練習用の背番号には数式が記載されていてルーマニアは学校の中途退学率が18%でサッカーと数学を一緒に学べるとして数式にしているとのこと。清宮選手の入団会見は大倉山ジャンプ競技場で行われたが五輪も行われた北海道で愛される場所、ジャンプ台だけに大きく飛躍してほしいという意味がある。


大倉山ジャンプ競技場

札幌、大倉山ジャンプ競技場で行われた日本ハムの入団会見、初めて日本ハムのユニフォーム姿を披露した。清宮幸太郎は「日本を代表するようなバッターになれればいい」などとコメント。契約金と年俸は上限いっぱいの最高金額。背番号は武田久がつけていた「21」。清宮幸太郎は「子どもたちに夢を与えられるようなプレーヤーになりたい」などとコメントした。栗山監督は「このユニフォームを着るために生まれてきたんだな」とコメントした。同じく日本ハムに入団した仲間からは「キヨッティ」と呼ばれている。

日本ハムの清宮幸太郎は高校通算本塁打が111本で、ダルビッシュ有選手から大谷翔平選手に11が引き継がれたので11も期待されていた。さらに早実の先輩である王貞治の1という説もあったが現在斎藤佑樹選手がつけている。結果的に21番に決まった。球団としては、何も色がついていない番号でこれから清宮選手が色づけてほしいという思いがこめられている。そもそも背番号はメジャーリーグでは1929年にニューヨークヤンキースが導入した。当時は1番打者が背番号1、2番打者は背番号2と打順が背番号になっていた。日本ではアメリカにならい打順で背番号にしていたが、阪神タイガースは1936年の設立当時、名字のいろは順にしていた。背番号のこだわりとして3番は長嶋茂雄のイメージが強く当時の銭湯の下駄箱は1と3が必ずなくなっていた。監督になってからは90番をつけているが背番の3と3塁手であったこと、打順が3番だったことから3をすべて足し0をつけたことから90になったとのこと。サッカー選手のイバン・サモラノはサッカー選手だった父親の背番号9にこだわっていたが埋まっていたため18の間にプラスのマークを入れ1と8を足して9という意味合いにしていた。ルーマニア代表のサッカーの練習用の背番号には数式が記載されていてルーマニアは学校の中途退学率が18%でサッカーと数学を一緒に学べるとして数式にしているとのこと。清宮選手の入団会見は大倉山ジャンプ競技場で行われたが五輪も行われた北海道で愛される場所、ジャンプ台だけに大きく飛躍してほしいという意味がある。


メジャーリーグ公式サイト

メジャーリーグ公式サイトでは、二刀流継続にDH制のア・リーグが有利として、ニューヨーク・ヤンキースが圧倒的な大本命としている。ヤンキースは若手2選手を放出し、大谷獲得の契約金枠を増やしていて、メジャー30チーム中2番目に多い契約金枠となっている。さらに、ヤンキースの松井秀喜GM特別アドバイザーは、「何か大谷獲得に関わるように言われればヤンキースの一員ですから私の役目です」とコメントしている。


サンケイスポーツ

日本相撲協会は冬巡業に貴乃花親方を帯同させない方向で調整していることがわかった。貴乃花親方は巡業部長として報告を怠ったことなどを疑問視する声が挙がっているという。(サンケイスポーツ)

ポスティングシステムでメジャーリーグ移籍を目指す大谷翔平選手についてアメリカのメディアではニューヨーク・ヤンキースを本命とする報道がされている。(サンケイスポーツ)


MLB公式サイト

日本ハムの大谷翔平選手がポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を表明した。代理人を青木宣親選手など多くの有力選手を抱えるネズ・バレロ氏に決めたことを明かし、「メジャーに行くためにこのタイミングで代理人を決めた」と報道陣に話した。去年、日本球界最速の165kmをマーク。さらに自身2度目の2桁勝利と2桁ホームランを達成し日本一に貢献。プロ野球史上初、投手と指名打者の2部門でベストナインに輝いた。メジャー公式サイトでは今シーズンオフの移籍で注目の25選手を発表。1位はダルビッシュ投手、2位に大谷選手が入り日本人右腕2人が移籍史上の中心になると掲載。さらに、大谷選手の移籍先は田中将大投手が在籍しているニューヨーク・ヤンキースと予想している。


報知新聞

安藤忠治さんの依頼品は「1956年 日米野球のサイン入り飾り皿」。1956年日米野球のためにブルックリン・ドジャースが来日。前年に毎日新聞社が開催したニューヨーク・ヤンキースとの日米野球に刺激された読売新聞社が招聘したものだった。その交渉にあたったのが鈴木惣太郎。1934年の日米野球の際には長い船旅を嫌ったベーブ・ルースに来日を快諾させた人物だという。当時ドジャースは1956年ワールドシリーズでヤンキースに競り負けたことから来日時にはチームの指揮は低かった。依頼品を再び紹介。サインが書かれた1956年11月6日は岐阜県営球場で巨人・中日・阪神の連合チームとの対戦予定だったが、雨のため中止し「日本陶器」を見学。その記念に飾り皿にサインをし、中にはジャッキー・ロビンソンなどのサインも。


週刊読売

安藤忠治さんの依頼品は「1956年 日米野球のサイン入り飾り皿」。1956年日米野球のためにブルックリン・ドジャースが来日。前年に毎日新聞社が開催したニューヨーク・ヤンキースとの日米野球に刺激された読売新聞社が招聘したものだった。その交渉にあたったのが鈴木惣太郎。1934年の日米野球の際には長い船旅を嫌ったベーブ・ルースに来日を快諾させた人物だという。当時ドジャースは1956年ワールドシリーズでヤンキースに競り負けたことから来日時にはチームの指揮は低かった。依頼品を再び紹介。サインが書かれた1956年11月6日は岐阜県営球場で巨人・中日・阪神の連合チームとの対戦予定だったが、雨のため中止し「日本陶器」を見学。その記念に飾り皿にサインをし、中にはジャッキー・ロビンソンなどのサインも。


ノリタケ

安藤忠治さんの依頼品は「1956年 日米野球のサイン入り飾り皿」。1956年日米野球のためにブルックリン・ドジャースが来日。前年に毎日新聞社が開催したニューヨーク・ヤンキースとの日米野球に刺激された読売新聞社が招聘したものだった。その交渉にあたったのが鈴木惣太郎。1934年の日米野球の際には長い船旅を嫌ったベーブ・ルースに来日を快諾させた人物だという。当時ドジャースは1956年ワールドシリーズでヤンキースに競り負けたことから来日時にはチームの指揮は低かった。依頼品を再び紹介。サインが書かれた1956年11月6日は岐阜県営球場で巨人・中日・阪神の連合チームとの対戦予定だったが、雨のため中止し「日本陶器」を見学。その記念に飾り皿にサインをし、中にはジャッキー・ロビンソンなどのサインも。


「ニューヨーク・ヤンキース」に関連するイベント情報

ワールドシリーズ

安藤忠治さんの依頼品は「1956年 日米野球のサイン入り飾り皿」。1956年日米野球のためにブルックリン・ドジャースが来日。前年に毎日新聞社が開催したニューヨーク・ヤンキースとの日米野球に刺激された読売新聞社が招聘したものだった。その交渉にあたったのが鈴木惣太郎。1934年の日米野球の際には長い船旅を嫌ったベーブ・ルースに来日を快諾させた人物だという。当時ドジャースは1956年ワールドシリーズでヤンキースに競り負けたことから来日時にはチームの指揮は低かった。依頼品を再び紹介。サインが書かれた1956年11月6日は岐阜県営球場で巨人・中日・阪神の連合チームとの対戦予定だったが、雨のため中止し「日本陶器」を見学。その記念に飾り皿にサインをし、中にはジャッキー・ロビンソンなどのサインも。


読売新聞社

安藤忠治さんの依頼品は「1956年 日米野球のサイン入り飾り皿」。1956年日米野球のためにブルックリン・ドジャースが来日。前年に毎日新聞社が開催したニューヨーク・ヤンキースとの日米野球に刺激された読売新聞社が招聘したものだった。その交渉にあたったのが鈴木惣太郎。1934年の日米野球の際には長い船旅を嫌ったベーブ・ルースに来日を快諾させた人物だという。当時ドジャースは1956年ワールドシリーズでヤンキースに競り負けたことから来日時にはチームの指揮は低かった。依頼品を再び紹介。サインが書かれた1956年11月6日は岐阜県営球場で巨人・中日・阪神の連合チームとの対戦予定だったが、雨のため中止し「日本陶器」を見学。その記念に飾り皿にサインをし、中にはジャッキー・ロビンソンなどのサインも。