ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1408件中 1〜10件目

明治大学

1987年にアントニオ猪木さんと2時間を超える「昭和の巌流島」の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは明治大学4年生の時に1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり、アメリカでも活躍した。2020年東京五輪の聖火ランナーを目指していたという。葬儀、告別式は近親者だけで行われる。


パーキンソン病

1987年にアントニオ猪木さんと2時間を超える「昭和の巌流島」の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは明治大学4年生の時に1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり、アメリカでも活躍した。2020年東京五輪の聖火ランナーを目指していたという。葬儀、告別式は近親者だけで行われる。


「パーキンソン病」に関連するイベント情報

東京五輪

1987年にアントニオ猪木さんと2時間を超える「昭和の巌流島」の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは明治大学4年生の時に1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり、アメリカでも活躍した。2020年東京五輪の聖火ランナーを目指していたという。葬儀、告別式は近親者だけで行われる。


パーキンソン病

1987年にアントニオ猪木さんと昭和の巌流島の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり活躍した。葬儀、告別式は近親者だけで行われる。


「パーキンソン病」に関連するイベント情報

東京五輪

1987年にアントニオ猪木さんと昭和の巌流島の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり活躍した。葬儀、告別式は近親者だけで行われる。


新日本プロレス

1987年にアントニオ猪木さんと昭和の巌流島の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり活躍した。葬儀、告別式は近親者だけで行われる。


パーキンソン病

プロレスラーとして活躍したマサ斎藤さんが長期にわたる闘病の末75歳で亡くなった。プロレスラー引退後はパーキンソン病と戦っていた。通夜・葬儀は関係者にて都内で行われる予定。


東京体育館

プロレスラーとして活躍したマサ斎藤さんが長期にわたる闘病の末75歳で亡くなった。プロレスラー引退後はパーキンソン病と戦っていた。通夜・葬儀は関係者にて都内で行われる予定。


パーキンソン病

アントニオ猪木さんと昭和の巌流島の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり活躍した。


「パーキンソン病」に関連するイベント情報

東京五輪

アントニオ猪木さんと昭和の巌流島の決戦をするなど数々の名勝負をし、新日本プロレスなどで活躍したレジェンドのマサ斎藤さんが亡くなった。75歳だった。17年に渡りパーキンソン病との闘病を続けてきたという。マサ斎藤さんは1964年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、その後プロレスラーとなり活躍した。