ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1581件中 1〜10件目

パーキンソン病

認知症にも種類があり、アルツハイマー型認知症は異常なたんぱく質が脳の神経細胞を破壊してしまう物となっていて、実験が行われているものの除去は実現しておらず、年齢とともに増える反面60歳位から症状が始まる人もいる。脳血管性認知症は脳梗塞・脳出血によって神経細胞が損傷することで発症する。レビー小体型認知症はレビー小体という異常なたんぱく質が蓄積し神経細胞を破壊する病気となっている。そして、前頭側頭型認知症は前頭葉・側頭葉の萎縮によって発症し記憶障害は目立たないが人格が変わってしまう。安藤さんの家では前頭側頭型認知症が原因となっていて、以前はしっかりした性格だったのが攻撃的な性格に変わってしまい、人を攻撃することはなかったが物にぶつかることが多くなったと振り返っていた。


パーキンソン病

柴田秀一は先日、iPS細胞でパーキンソン病の治療をしよういうことになり手術が成功した。同じ様なやり方で治そうとしている。脊髄損傷治療はこれまでリハビリでしか方法がなかったがiPSでできるとやることが変わってくるとした。


産経新聞

柴田秀一は先日、iPS細胞でパーキンソン病の治療をしよういうことになり手術が成功した。同じ様なやり方で治そうとしている。脊髄損傷治療はこれまでリハビリでしか方法がなかったがiPSでできるとやることが変わってくるとした。


パーキンソン病

iPS細胞を使ってパーキンソン病を治療する初めての治験が京都大学のチームによって行われた。パーキンソン病はドーパミンを出す脳内の神経細胞が減少し体が震える、動作が緩慢になる難病。特殊な遺伝子の型を持つ人から作ったiPS細胞を使い、ドーパミンを出す神経細胞を作り男性患者の脳に移植した。


京都大学iPS細胞研究所

iPS細胞を使ってパーキンソン病を治療する初めての治験が京都大学のチームによって行われた。パーキンソン病はドーパミンを出す脳内の神経細胞が減少し体が震える、動作が緩慢になる難病。特殊な遺伝子の型を持つ人から作ったiPS細胞を使い、ドーパミンを出す神経細胞を作り男性患者の脳に移植した。


京都大学

iPS細胞を使ってパーキンソン病を治療する初めての治験が京都大学のチームによって行われた。パーキンソン病はドーパミンを出す脳内の神経細胞が減少し体が震える、動作が緩慢になる難病。特殊な遺伝子の型を持つ人から作ったiPS細胞を使い、ドーパミンを出す神経細胞を作り男性患者の脳に移植した。


パーキンソン病

iPS細胞を使って京大が世界で初めて50代の男性パーキンソン病患者の脳に移植する治験が行われた。経過は良好で今後2年かけ安全性や効果を確認する。


京大

iPS細胞を使って京大が世界で初めて50代の男性パーキンソン病患者の脳に移植する治験が行われた。経過は良好で今後2年かけ安全性や効果を確認する。


パーキンソン病

京都大学が、難病のパーキンソン病を治療するため、iPS細胞を変化させて患者の脳内に移植する世界初の治験を行ったと発表した。iPS細胞を実際の患者に臨床応用するのは、目、心臓に続いて3例目である。


京都大学

京都大学が、難病のパーキンソン病を治療するため、iPS細胞を変化させて患者の脳内に移植する世界初の治験を行ったと発表した。iPS細胞を実際の患者に臨床応用するのは、目、心臓に続いて3例目である。