ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1536件中 1〜10件目

パーキンソン病

20年の介護期間が続いたというが、真矢ミキさんは「イルカさんは自分の思いではなく、人の思いを歌える人だと感じていたが、その背後にはこういう話があったのだな」などと話した。


パーキンソン病

夫の死後に発見した夫からの最期の手紙。イルカは「夫に先立たれて不幸にも思えるが、愛を貫いて成就したと思う」などと話した。


急性腎不全

夫を襲う謎の症状。当時多くのアイドルをプロデュースしていたかずおさん。深夜の帰宅も多かったが、段々手が震えるようになっていたという。疲れが溜まっているだけと考えていたが、病は静かに進行していた。急に散歩に出かけるといい出かけ、意識ははっきりとしているのに身体が言うことを聞かずに倒れ、倒れる前後の記憶が無かった。心と身体が動かせなくなる、パーキンソン病と診断された。すぐに投薬治療が始まったが、薬の副作用で夫が幻覚を見るようになり苦しんだ。当時年間100本のコンサートを行っていたイルカ。夫の笑顔を願って、歌ったという。介護期間は20年、仕事と介護を両立したが、2007年3月合併症で急性腎不全で永眠。


パーキンソン病

夫を襲う謎の症状。当時多くのアイドルをプロデュースしていたかずおさん。深夜の帰宅も多かったが、段々手が震えるようになっていたという。疲れが溜まっているだけと考えていたが、病は静かに進行していた。急に散歩に出かけるといい出かけ、意識ははっきりとしているのに身体が言うことを聞かずに倒れ、倒れる前後の記憶が無かった。心と身体が動かせなくなる、パーキンソン病と診断された。すぐに投薬治療が始まったが、薬の副作用で夫が幻覚を見るようになり苦しんだ。当時年間100本のコンサートを行っていたイルカ。夫の笑顔を願って、歌ったという。介護期間は20年、仕事と介護を両立したが、2007年3月合併症で急性腎不全で永眠。


パーキンソン病

村に戻ったショエイブとラシードは治る気配がなく看病する父ハシームにも限界がきていた。最初の検査から1年後、再びアクラム教授から連絡がきた。ニュースで紹介された事で有名人になっていた。血液・尿検査、超音波検査、心電図、X線検査、CTスキャンを行いコンピューターで解析。しかし、原因は解明できなかった。アクラム教授はパーキンソン病に症状が似ていると考えた。そこで神経部門のエキスパート、ラウル・ソヘイル医師を要請し2人にドーパミンを増やす薬を投与する事にした。しかし脳から信号を筋肉に伝えやすくする一方、幻覚や幻聴を起こす危険もある。


胆管がん

ノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥教授のiPS細胞研究所は、パーキンソン病に対するiPS細胞の世界初の臨床試験を開始。iPS細胞実用化に向けて250人以上の研究者が研究している。人生を変えてくれた人は、神戸製鋼を7連覇に導いた平尾誠二。山中教授は高校の時に平尾選手を知り、憧れて大学時代にラグビーをしていた。2010年、雑誌の対談で初対面した。その後何度も会うようになり、会うほど素敵さがわかってきたという。教授は部下の叱り方に悩み、長時間叱ることもあった。平尾さんから“プレーを責めても人格は責めない”、“あとでフォローする”、“他人と比較しない”、“長時間叱らない”との心得を教えられ、それが人生を変えた言葉とのこと。2015年、平尾さんに胆管がんが見つかった。


パーキンソン病

ノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥教授のiPS細胞研究所は、パーキンソン病に対するiPS細胞の世界初の臨床試験を開始。iPS細胞実用化に向けて250人以上の研究者が研究している。人生を変えてくれた人は、神戸製鋼を7連覇に導いた平尾誠二。山中教授は高校の時に平尾選手を知り、憧れて大学時代にラグビーをしていた。2010年、雑誌の対談で初対面した。その後何度も会うようになり、会うほど素敵さがわかってきたという。教授は部下の叱り方に悩み、長時間叱ることもあった。平尾さんから“プレーを責めても人格は責めない”、“あとでフォローする”、“他人と比較しない”、“長時間叱らない”との心得を教えられ、それが人生を変えた言葉とのこと。2015年、平尾さんに胆管がんが見つかった。


神戸大学

ノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥教授のiPS細胞研究所は、パーキンソン病に対するiPS細胞の世界初の臨床試験を開始。iPS細胞実用化に向けて250人以上の研究者が研究している。人生を変えてくれた人は、神戸製鋼を7連覇に導いた平尾誠二。山中教授は高校の時に平尾選手を知り、憧れて大学時代にラグビーをしていた。2010年、雑誌の対談で初対面した。その後何度も会うようになり、会うほど素敵さがわかってきたという。教授は部下の叱り方に悩み、長時間叱ることもあった。平尾さんから“プレーを責めても人格は責めない”、“あとでフォローする”、“他人と比較しない”、“長時間叱らない”との心得を教えられ、それが人生を変えた言葉とのこと。2015年、平尾さんに胆管がんが見つかった。


京都大学

ノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥教授のiPS細胞研究所は、パーキンソン病に対するiPS細胞の世界初の臨床試験を開始。iPS細胞実用化に向けて250人以上の研究者が研究している。人生を変えてくれた人は、神戸製鋼を7連覇に導いた平尾誠二。山中教授は高校の時に平尾選手を知り、憧れて大学時代にラグビーをしていた。2010年、雑誌の対談で初対面した。その後何度も会うようになり、会うほど素敵さがわかってきたという。教授は部下の叱り方に悩み、長時間叱ることもあった。平尾さんから“プレーを責めても人格は責めない”、“あとでフォローする”、“他人と比較しない”、“長時間叱らない”との心得を教えられ、それが人生を変えた言葉とのこと。2015年、平尾さんに胆管がんが見つかった。


iPS細胞研究所

ノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥教授のiPS細胞研究所は、パーキンソン病に対するiPS細胞の世界初の臨床試験を開始。iPS細胞実用化に向けて250人以上の研究者が研究している。人生を変えてくれた人は、神戸製鋼を7連覇に導いた平尾誠二。山中教授は高校の時に平尾選手を知り、憧れて大学時代にラグビーをしていた。2010年、雑誌の対談で初対面した。その後何度も会うようになり、会うほど素敵さがわかってきたという。教授は部下の叱り方に悩み、長時間叱ることもあった。平尾さんから“プレーを責めても人格は責めない”、“あとでフォローする”、“他人と比較しない”、“長時間叱らない”との心得を教えられ、それが人生を変えた言葉とのこと。2015年、平尾さんに胆管がんが見つかった。