ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1696件中 1〜10件目

パーキンソン病

パーキンソン病で寝たきりになっているというフランコ・ゼフィレッリ監督へ北川が手紙を書いた。

パーキンソン病で寝たきりになっているというフランコ・ゼフィレッリ監督へ北川が手紙を書いた。手紙と一緒に娘が撮影した写真も同封した。


「パーキンソン病」に関連する映画・DVD

ロミオとジュリエット

ベネチアから車で約1時間半、ベローナを北川悦吏子が訪れた。ずっと憧れだった街で、10年前は家族で訪れたという。北川はフランコ・ゼフィレッリ監督の映画「ロミオとジュリエット」(1968年)が大好き。ベローナはロミオとジュリエットの舞台となった街だという。前回訪問時は訪れなかったファーストシーンが撮影された地を訪れた。ジュリエットは数多の役者が演じてきたが、北川にとってはオリヴィア・ハッセーしかいないという。フランコ・ゼフィレッリ監督は95歳の現在も現役で、映画「ロミオとジュリエット」では演出だけでなく、脚本も手がけた。北川作品には「ロミオとジュリエット」の影響を受けたシーンが溢れているという。例えば、上と下で会話するシーンが多い。

イタリアを訪れた旅の最終日、北川はローマから車で1時間半の場所にあるラツィオ州・アルテーナを訪れた。北川が大好きな映画「ロミオとジュリエット」はファーストシーンだけベローナで撮影し、あとはイタリアの至る所で撮影されたのだという。アルテーナはバルコニーのシーンが撮影された場所で、観光客はほとんど訪れないという。バルコニーのシーンが撮影された個人の自宅を特別に訪れた。北川が何度も見たバルコニーはセットで作られたものだと判明した。

パーキンソン病で寝たきりになっているというフランコ・ゼフィレッリ監督へ北川が手紙を書いた。

パーキンソン病で寝たきりになっているというフランコ・ゼフィレッリ監督へ北川が手紙を書いた。手紙と一緒に娘が撮影した写真も同封した。


パーキンソン病

今年亡くなった人を偲ぶ「さよなら」3日目の今日は石牟礼道子さん。石牟礼道子さんは2月に90歳で亡くなった。送る会に先立ち弔問に訪れた美智子さまは「日本の宝を失いました」と語られた。石牟礼さんは「苦海浄土」という作品を執筆し水俣病を告発した。1969年に刊行sれたこの本により多くの人が水俣病について知るようになった。高度経済成長時代における日本に大きな衝撃を与えた。チッソが排出した有機水銀による公害で沿岸の人々に水俣病の症状が出た。石牟礼さんは患者の苦しみや叫びをありのままに描いた。石牟礼さんはチッソ本社前での患者団体の座り込みにも参加した。また、胎児性水俣病患者にも心を砕いた。石牟礼さんは晩年パーキンソン病を患い口述筆記で表現を続けた。


胎児性水俣病

今年亡くなった人を偲ぶ「さよなら」3日目の今日は石牟礼道子さん。石牟礼道子さんは2月に90歳で亡くなった。送る会に先立ち弔問に訪れた美智子さまは「日本の宝を失いました」と語られた。石牟礼さんは「苦海浄土」という作品を執筆し水俣病を告発した。1969年に刊行sれたこの本により多くの人が水俣病について知るようになった。高度経済成長時代における日本に大きな衝撃を与えた。チッソが排出した有機水銀による公害で沿岸の人々に水俣病の症状が出た。石牟礼さんは患者の苦しみや叫びをありのままに描いた。石牟礼さんはチッソ本社前での患者団体の座り込みにも参加した。また、胎児性水俣病患者にも心を砕いた。石牟礼さんは晩年パーキンソン病を患い口述筆記で表現を続けた。


水俣病

今年亡くなった人を偲ぶ「さよなら」3日目の今日は石牟礼道子さん。石牟礼道子さんは2月に90歳で亡くなった。送る会に先立ち弔問に訪れた美智子さまは「日本の宝を失いました」と語られた。石牟礼さんは「苦海浄土」という作品を執筆し水俣病を告発した。1969年に刊行sれたこの本により多くの人が水俣病について知るようになった。高度経済成長時代における日本に大きな衝撃を与えた。チッソが排出した有機水銀による公害で沿岸の人々に水俣病の症状が出た。石牟礼さんは患者の苦しみや叫びをありのままに描いた。石牟礼さんはチッソ本社前での患者団体の座り込みにも参加した。また、胎児性水俣病患者にも心を砕いた。石牟礼さんは晩年パーキンソン病を患い口述筆記で表現を続けた。


チッソ

今年亡くなった人を偲ぶ「さよなら」3日目の今日は石牟礼道子さん。石牟礼道子さんは2月に90歳で亡くなった。送る会に先立ち弔問に訪れた美智子さまは「日本の宝を失いました」と語られた。石牟礼さんは「苦海浄土」という作品を執筆し水俣病を告発した。1969年に刊行sれたこの本により多くの人が水俣病について知るようになった。高度経済成長時代における日本に大きな衝撃を与えた。チッソが排出した有機水銀による公害で沿岸の人々に水俣病の症状が出た。石牟礼さんは患者の苦しみや叫びをありのままに描いた。石牟礼さんはチッソ本社前での患者団体の座り込みにも参加した。また、胎児性水俣病患者にも心を砕いた。石牟礼さんは晩年パーキンソン病を患い口述筆記で表現を続けた。


講談社文庫

今年亡くなった人を偲ぶ「さよなら」3日目の今日は石牟礼道子さん。石牟礼道子さんは2月に90歳で亡くなった。送る会に先立ち弔問に訪れた美智子さまは「日本の宝を失いました」と語られた。石牟礼さんは「苦海浄土」という作品を執筆し水俣病を告発した。1969年に刊行sれたこの本により多くの人が水俣病について知るようになった。高度経済成長時代における日本に大きな衝撃を与えた。チッソが排出した有機水銀による公害で沿岸の人々に水俣病の症状が出た。石牟礼さんは患者の苦しみや叫びをありのままに描いた。石牟礼さんはチッソ本社前での患者団体の座り込みにも参加した。また、胎児性水俣病患者にも心を砕いた。石牟礼さんは晩年パーキンソン病を患い口述筆記で表現を続けた。


「パーキンソン病」に関連する本・コミック・雑誌

苦海浄土

今年亡くなった人を偲ぶ「さよなら」3日目の今日は石牟礼道子さん。石牟礼道子さんは2月に90歳で亡くなった。送る会に先立ち弔問に訪れた美智子さまは「日本の宝を失いました」と語られた。石牟礼さんは「苦海浄土」という作品を執筆し水俣病を告発した。1969年に刊行sれたこの本により多くの人が水俣病について知るようになった。高度経済成長時代における日本に大きな衝撃を与えた。チッソが排出した有機水銀による公害で沿岸の人々に水俣病の症状が出た。石牟礼さんは患者の苦しみや叫びをありのままに描いた。石牟礼さんはチッソ本社前での患者団体の座り込みにも参加した。また、胎児性水俣病患者にも心を砕いた。石牟礼さんは晩年パーキンソン病を患い口述筆記で表現を続けた。


パーキンソン病

今月5日にブッシュ元大統領の国葬が行われたが、そこで、棺に寄り添うブッシュ氏の介助犬・サリーの写真が話題になっている。サリーは追悼の催しでも、片時も棺から離れなかった。遺体が大統領専用機でワシントンへ運ばれる際も、そばに寄り添った。インスタグラムでは元大統領とサリーの日々を垣間見ることができる。サリーはことし6月から介助犬に。ハドソン川の奇跡の際の名機長の名前にちなんで名付けられた。サリーの主な仕事は物をとってくる、ドアを開ける、電話をとる。わずか5ヶ月の間でも、家族の一員として認められていた。今後は退役軍人たちを癒やす仕事に就く予定。ツイッターに載せられた話題の写真には、「任務完了」というキャプションが添えられた。


パーキンソン病

先ほど国葬が行なわれたジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の棺に寄り添うオスの介助犬・サリーの姿が写真がツイッターに投稿された。サリーはバーバラ夫人が亡くなり今年6月からパーキンソン病の元大統領の介助犬になった。サリーの名前で作られたインスタグラムには元大統領とサリーの日々が綴られていた。