ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1249件中 1〜10件目

パーキンソン病

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


鬱病

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


鹿児島

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


アルコール依存症

裁判官を辞職した後、弁護士へ転職した袴田さん。1972年に事務所を開業し仕事は順調、プライベートでは2人の子供に恵まれた。1980年死刑判決を不服としてた袴田さんの弁護団だが、最高裁でも死刑が確定した。その報道をみた熊本は全ての責任は一審で判決文を書いた自分にあると攻めた。謝罪しようと拘置所を訪れたが家族以外の面会は許されなかった。罪悪感から酒に溺れアルコール依存症に、仕事も手につかなかった。さらに鬱病・パーキンソン病に襲われた。守秘義務があるため家族にも話はできず熊本の心を察してくれる人はいなかった。1990年に離婚、弁護士の仕事も解雇され鹿児島へ移住。1996年には弁護士登録を抹消した。


DDホールディングス

2017年9月。ダイヤモンドダイニングは持ち株会社に移行した。DDホールディングスとしてさらなる成長を目指し、経営体制を整える方針があきらかとなった。松村は引き続きトップとしてグループ全体を率いていく。よさこい祭りのプロジェクトも進行中だ。


ダイヤモンドダイニング

2017年9月。ダイヤモンドダイニングは持ち株会社に移行した。DDホールディングスとしてさらなる成長を目指し、経営体制を整える方針があきらかとなった。松村は引き続きトップとしてグループ全体を率いていく。よさこい祭りのプロジェクトも進行中だ。


ダイヤモンドダイニング

2015年のよさこい祭りでダイヤモンドダイニングのチームが金賞を受賞した。大賞に次ぐ賞で、県外のチームが受賞するのは10年ぶりの快挙だった。翌2016のよさこい祭り。松村の体調が絶不調のなか、ダイヤモンドダイニングはよさこい祭りに参加した。大賞を狙うも、結果は散々だった。しかし松村はあきらめなかった。「高知ラブは変わらない」と高らかに宣言した。


「パーキンソン病」に関連するイベント情報

よさこい祭り

2015年のよさこい祭りでダイヤモンドダイニングのチームが金賞を受賞した。大賞に次ぐ賞で、県外のチームが受賞するのは10年ぶりの快挙だった。翌2016のよさこい祭り。松村の体調が絶不調のなか、ダイヤモンドダイニングはよさこい祭りに参加した。大賞を狙うも、結果は散々だった。しかし松村はあきらめなかった。「高知ラブは変わらない」と高らかに宣言した。


若年性パーキンソン病

若年性パーキンソン病を患った松村を支えるスタッフを紹介した。運転手兼秘書の安芸、トレーナー兼秘書の大林、秘書の堀、の3人。このうち堀がいちばん長く松村の面倒をみている。堀は「(松村が)強烈な薬の眠さで急に寝てしまうことがあった」などの苦労話をしてくれた。「一時は退社も考えた」という堀だが、踏みとどまったのは、「病を克服しようとする松村の姿を見たから」ということだった。


「パーキンソン病」に関連するイベント情報

よさこい祭り

1967年大阪に生まれ、すぐに両親の地元である高知に移り住んだ松村さん。5歳上の姉とは仲も良かった。本や映画、プロレスが大好きで実家には松村さんが高校時代まで過ごした部屋にあったものがそのまま残っている。進学校・高知追手前高校に入学した松村さんはサッカー部のキャプテンを努め体育祭では団長を任されるなど当時からリーダー的存在だった。帰省に合わせ、高校時代の友人と同窓会を行った松村さん。大学で上京した時に、土佐弁が恥ずかしくて高知県出身と言いたくなかった。ある時に帰る所があっていいなと思い始めて、そこからは高知ラブの精神になったなどと話した。松村さんは楽しい学生時代を過ごした故郷・高知の魅力を発信しようと高知名物カツオのたたきを売りにした店を出すなど高知の食文化を発信し続けている。わらやき屋は13の店舗を展開していて今ではダイヤモンドダイニングの中でも人気の業態。高知からの出店依頼もあったが断ったという。高知で出したお店がヒットするとどこかのお店が潰れてしまう。逆に失敗した場合は松村は天狗だと言われる。どちらにしてもいいことはないなどと話した。違う形で恩返しが出来ないかと考え、松村さんが選んだのはよさこい祭り。よさこい祭りは1954年に始まった高知の夏祭りで約2万人、約200チームの踊り子が市内16の会場を移動しながら踊る。メイン会場は高知市中心部にある追手筋。松村さんも高校3年と大学1年の時に踊り子として参加していた。

病状が悪化する中、松村さんは祭りに向けて社内でプロジェクトチームを立ち上げていた。ダンスの振付を担当するのはダンスグループTEMPURA KIDZ。衣装や地方車と呼ばれる先導車のデザイン担当は増田セバスチャン。ダイヤモンドダイニングよさこいチームのテーマは東京のポップカルチャーと伝統のよさこいを融合させたハイブリッドよさこい。サーカスのピエロをイメージしたポップでカラフルな色使いとコミカルな動きの中に伝統的な振り。ダイヤモンドダイニングよさこいチームは初参加で審査員特別賞を受賞した。松村さんにとってよさこいとは?と聞かれ「夏の恋です」と答えた。