ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1391件中 1〜10件目

腎不全

iPS細胞の治療は目の難病、加齢黄斑変性では既に臨床試験が実施されており、今後パーキンソン病、脊髄損傷、腎不全などが準備中となっている。心臓への臨床試験について「臨床になかなか進めないんですって日本の場合は。それでやっぱり海外でやるしかないなんて話を伺ったことがあるんですが慎重に進めながら是非勧めてほしいと思いますね、福音ですよ」「そうですね海外ではES細胞などからの手術は行われているようですがipsは日本オリジナル」などと語られた。ipsには拒絶反応や副作用が出る可能性があるという。本人んの細胞を利用すればリスクは減らせるが時間がかかる。また、大量に移植するとがん化や不整脈のリスクもあるという。


脊髄損傷

iPS細胞の治療は目の難病、加齢黄斑変性では既に臨床試験が実施されており、今後パーキンソン病、脊髄損傷、腎不全などが準備中となっている。心臓への臨床試験について「臨床になかなか進めないんですって日本の場合は。それでやっぱり海外でやるしかないなんて話を伺ったことがあるんですが慎重に進めながら是非勧めてほしいと思いますね、福音ですよ」「そうですね海外ではES細胞などからの手術は行われているようですがipsは日本オリジナル」などと語られた。ipsには拒絶反応や副作用が出る可能性があるという。本人んの細胞を利用すればリスクは減らせるが時間がかかる。また、大量に移植するとがん化や不整脈のリスクもあるという。


パーキンソン病

iPS細胞の治療は目の難病、加齢黄斑変性では既に臨床試験が実施されており、今後パーキンソン病、脊髄損傷、腎不全などが準備中となっている。心臓への臨床試験について「臨床になかなか進めないんですって日本の場合は。それでやっぱり海外でやるしかないなんて話を伺ったことがあるんですが慎重に進めながら是非勧めてほしいと思いますね、福音ですよ」「そうですね海外ではES細胞などからの手術は行われているようですがipsは日本オリジナル」などと語られた。ipsには拒絶反応や副作用が出る可能性があるという。本人んの細胞を利用すればリスクは減らせるが時間がかかる。また、大量に移植するとがん化や不整脈のリスクもあるという。


加齢黄斑変性

iPS細胞の治療は目の難病、加齢黄斑変性では既に臨床試験が実施されており、今後パーキンソン病、脊髄損傷、腎不全などが準備中となっている。心臓への臨床試験について「臨床になかなか進めないんですって日本の場合は。それでやっぱり海外でやるしかないなんて話を伺ったことがあるんですが慎重に進めながら是非勧めてほしいと思いますね、福音ですよ」「そうですね海外ではES細胞などからの手術は行われているようですがipsは日本オリジナル」などと語られた。ipsには拒絶反応や副作用が出る可能性があるという。本人んの細胞を利用すればリスクは減らせるが時間がかかる。また、大量に移植するとがん化や不整脈のリスクもあるという。


京都大学iPS細胞研究

京都大学山中教授が開発した万能細胞ips細胞を使って心臓の疾患を治療する臨床研究計画が今週厚労省に認められた。この治療法は大阪大学の澤教授が進めてきたもので、ips細胞を変化させた心筋細胞で直径数センチ、厚さ0.1ミリの心筋シートを作り心臓に貼り付けるとシートが心筋の一部になり弱った細胞が活性化し心臓の昨日が回復するという。動物に行った実験結果では心臓の機能が平均20%改善したという。心不全は状態によって薬が効かなくなり補助人工心臓を装着したり心臓移植をするしかなくなる場合があるという。ドナーの不足や拒絶反応もある。ips細胞を利用した治療法の場合、拒絶反応が起きる可能性も抑えられ、時間や費用の抑制も可能とのこと。研究チームは患者3人に手術し、効果や安全性を検証。5年後の実用化を目指すという。

iPS細胞の治療は目の難病、加齢黄斑変性では既に臨床試験が実施されており、今後パーキンソン病、脊髄損傷、腎不全などが準備中となっている。心臓への臨床試験について「臨床になかなか進めないんですって日本の場合は。それでやっぱり海外でやるしかないなんて話を伺ったことがあるんですが慎重に進めながら是非勧めてほしいと思いますね、福音ですよ」「そうですね海外ではES細胞などからの手術は行われているようですがipsは日本オリジナル」などと語られた。ipsには拒絶反応や副作用が出る可能性があるという。本人んの細胞を利用すればリスクは減らせるが時間がかかる。また、大量に移植するとがん化や不整脈のリスクもあるという。


パーキンソン病

神部はパーキンソン病を発病し、20年闘病していた。始めは病名がわからず精神的にもダメージを受けていた。イルカ自身は、息子の冬馬などのためにも、1日一回は笑わせるというよな気持ちで頑張ったと話し、一番つらいのは夫だったと話した。また闘病中に息子と夫が喧嘩したエピソードなども話した。


パーキンソン病

iPS細胞が再生医療にどう活かされているのか?神経や目の網膜、心筋細胞など様々な細胞に変化することができる。この変化した細胞を使った臨床研究が色んな分野で行われている。科学ジャーナリストの寺門和夫さんによると、iPS細胞が色んな細胞を作り出すことに成功しているため、今後は臨床試験で安全性などの効果を高めていく段階にまできているという。日本は世界的にも早く進んでいる。他にもパーキンソン病への活用や血小板や骨・軟骨の細胞を使い輸血や骨折などの治療にも役立てることができるという。寺門さんは「恐らく治療法も今年、来年、再来年にかけて臨床試験の申請が出て加速していくと思う。非臨床試験で動物でも安全性・効果を確認されている。5〜6年で臨床試験が成功して、医療法などで1年ほどかかって初めて保険を使って患者が使えるようになるので、早ければ10年くらい」などと解説した。

山中教授は「保険を使ってみんなが治療を受けられる世界にしたい」と話していた。水卜アナは山中教授のiPS細胞再生医療についてマラソンに例え「仲間とともに走る。ゴールに患者さんがいる。細胞を見ていると患者さんの顔が浮かぶ。そこに向かってみんなが頑張っている」などと伝えた。今後、パーキンソン病の治療にも役立てられるというが、寺門さんは「パーキンソン病はドーパミンという物質が少なくなっているために起こっているので、脳の中でドーパミンを作る細胞を再生させてあげるという研究。実際は細胞を脳に注射してあげて、そこでその物質を定着されて作るようにしてあげる。注射なのであまり負担はないと思う」、「また、iPS細胞から立体臓器を作る研究は進んでいるが、まだ初期段階。10、20年で具体的なところまでくると思う」などと解説した。出演者は「心臓は大きい。数千人が移植を待ちながら亡くなっている状況。明るい話題で期待したい」、「哲学的な話になると将来、堕落した人が臓器変えればいいじゃんという気の緩みが人類が生きている意味そのものがハテナがついちゃう」などと述べた。


大阪大学

大阪大学の研究チームはiPS細胞で心臓病の臨床研究を世界初の承認へ。ヒトのiPS細胞を生み出して11年。山中教授は「研究は5合目、山登りでいうとこれからが本番という場面に来た、ゴールははっきりしている。iPS細胞を一般的な医療として患者に届ける。いまは臨床試験ですけど試験ではなく、ここから先は実用化まで最低でも10年15年」と述べている。その背中を押すのは世界中から届いた患者さんや一般の方々がくれた実用化を願う手紙。山中教授はある患者が何人かの研究者と記念撮影をした時のエピソードについても話した。全員が人差し指を立てていて、そこには病気と戦う人の「頑張ってください、一日も早く」というメッセージが込められていた。日本中で取り組まれているiPS細胞の実用化に向けた研究、iPS細胞を使った心臓病治療の臨床研究は研究者にとっても患者にとっても大きな一歩なのだ。

山中教授は「保険を使ってみんなが治療を受けられる世界にしたい」と話していた。水卜アナは山中教授のiPS細胞再生医療についてマラソンに例え「仲間とともに走る。ゴールに患者さんがいる。細胞を見ていると患者さんの顔が浮かぶ。そこに向かってみんなが頑張っている」などと伝えた。今後、パーキンソン病の治療にも役立てられるというが、寺門さんは「パーキンソン病はドーパミンという物質が少なくなっているために起こっているので、脳の中でドーパミンを作る細胞を再生させてあげるという研究。実際は細胞を脳に注射してあげて、そこでその物質を定着されて作るようにしてあげる。注射なのであまり負担はないと思う」、「また、iPS細胞から立体臓器を作る研究は進んでいるが、まだ初期段階。10、20年で具体的なところまでくると思う」などと解説した。出演者は「心臓は大きい。数千人が移植を待ちながら亡くなっている状況。明るい話題で期待したい」、「哲学的な話になると将来、堕落した人が臓器変えればいいじゃんという気の緩みが人類が生きている意味そのものがハテナがついちゃう」などと述べた。


心臓病

iPS細胞の最新の研究成果を紹介。パーキンソン病の治療を探る高橋淳教授はiPS細胞でできた神経細胞を脳に移植する手法を考案し、サルの実験では症状が回復しているという。大阪大学の澤芳樹教授はiPS細胞で神経細胞をつくり、シート状にて患者の心臓に貼り付け、様々な心臓病を治療しようとしている。両教授とも今年度中にヒトへの移植を目指しているという。


大阪大学

iPS細胞の最新の研究成果を紹介。パーキンソン病の治療を探る高橋淳教授はiPS細胞でできた神経細胞を脳に移植する手法を考案し、サルの実験では症状が回復しているという。大阪大学の澤芳樹教授はiPS細胞で神経細胞をつくり、シート状にて患者の心臓に貼り付け、様々な心臓病を治療しようとしている。両教授とも今年度中にヒトへの移植を目指しているという。