ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1120件中 1〜10件目

糖尿病

将来的には線虫によるがんの発見以外にもがんの種類の特定も可能になるという。更にパーキンソン病や糖尿病などを早期発見出来る線虫の作製を目指している。早期発見が大切だが費用が高い、時間がないなどでついついという方には朗報、人間ドックのベースになったら心強いなどコメント。


パーキンソン病

将来的には線虫によるがんの発見以外にもがんの種類の特定も可能になるという。更にパーキンソン病や糖尿病などを早期発見出来る線虫の作製を目指している。早期発見が大切だが費用が高い、時間がないなどでついついという方には朗報、人間ドックのベースになったら心強いなどコメント。


がん

九州大学の広津助教が発表した線虫を使用した新たながん検診の実用化への構想はこれまでの常識を覆す画期的なものだという。この検診方法では精度が95%以上あり、早期がんでも変わらないという。また検診費用は数千円で収まり、検診時間は採尿の5分程度で将来的には当日にもがんの疑いが分かるようになるという。教授は3年以内の実用化を目指している。また広津助教は東大卒業後就職するも線虫の研究のため仕事を辞め、東大大学院博士過程へ入学。その後九州大学助教授となり2013年頃に犬を使用した研究をしていた医師から他の生物でも検知できるのではと相談を受けたことで線虫を使用したがん検診の研究を始めた。

将来的には線虫によるがんの発見以外にもがんの種類の特定も可能になるという。更にパーキンソン病や糖尿病などを早期発見出来る線虫の作製を目指している。早期発見が大切だが費用が高い、時間がないなどでついついという方には朗報、人間ドックのベースになったら心強いなどコメント。


九州大学大学院

九州大学の広津助教が発表した線虫を使用した新たながん検診の実用化への構想はこれまでの常識を覆す画期的なものだという。この検診方法では精度が95%以上あり、早期がんでも変わらないという。また検診費用は数千円で収まり、検診時間は採尿の5分程度で将来的には当日にもがんの疑いが分かるようになるという。教授は3年以内の実用化を目指している。また広津助教は東大卒業後就職するも線虫の研究のため仕事を辞め、東大大学院博士過程へ入学。その後九州大学助教授となり2013年頃に犬を使用した研究をしていた医師から他の生物でも検知できるのではと相談を受けたことで線虫を使用したがん検診の研究を始めた。

将来的には線虫によるがんの発見以外にもがんの種類の特定も可能になるという。更にパーキンソン病や糖尿病などを早期発見出来る線虫の作製を目指している。早期発見が大切だが費用が高い、時間がないなどでついついという方には朗報、人間ドックのベースになったら心強いなどコメント。


パーキンソン病

広島県福山の福山友愛病院。この病院で驚くべき事実が。病院の発表では、去年11月末から12月にかけて統合失調症などの6人の患者に、「レキップ」を通常の8倍投与。このうち1人が嘔吐する健康被害があったという。さらに病院には去年11月末使用期限の「レキップ」が残り70錠残っていてそのうち62錠が期限切れ前後に投与されていた。投与した医師は当時理事を務めていたが、今月11日に退職している。


おう吐

問題が明らかになったのは福山友愛病院で、今日午後広島県と福山市が立ち入り検査に入った。福山友愛病院は去年11月から12月にかけて、統合失調症などの患者6人に不必要なパーキンソン病の薬「レキップ」を投与していた。病院を運営する医療法人「鉱友会」の末丸鉱三理事が指示、通常の8倍の投与がされ、患者1人におう吐の症状が出た。残りの5人に体調不良は起きていないという。病院には当時使用期限の迫った「レキップ」が70錠残っていて62錠を患者に投与された。病院の調査委員会は「使用期限の迫った薬の在庫処分が投与のきっかけのひとつ」と結論づけたということ。


パーキンソン病

問題が明らかになったのは福山友愛病院で、今日午後広島県と福山市が立ち入り検査に入った。福山友愛病院は去年11月から12月にかけて、統合失調症などの患者6人に不必要なパーキンソン病の薬「レキップ」を投与していた。病院を運営する医療法人「鉱友会」の末丸鉱三理事が指示、通常の8倍の投与がされ、患者1人におう吐の症状が出た。残りの5人に体調不良は起きていないという。病院には当時使用期限の迫った「レキップ」が70錠残っていて62錠を患者に投与された。病院の調査委員会は「使用期限の迫った薬の在庫処分が投与のきっかけのひとつ」と結論づけたということ。


統合失調症

問題が明らかになったのは福山友愛病院で、今日午後広島県と福山市が立ち入り検査に入った。福山友愛病院は去年11月から12月にかけて、統合失調症などの患者6人に不必要なパーキンソン病の薬「レキップ」を投与していた。病院を運営する医療法人「鉱友会」の末丸鉱三理事が指示、通常の8倍の投与がされ、患者1人におう吐の症状が出た。残りの5人に体調不良は起きていないという。病院には当時使用期限の迫った「レキップ」が70錠残っていて62錠を患者に投与された。病院の調査委員会は「使用期限の迫った薬の在庫処分が投与のきっかけのひとつ」と結論づけたということ。


福山友愛病院

問題が明らかになったのは福山友愛病院で、今日午後広島県と福山市が立ち入り検査に入った。福山友愛病院は去年11月から12月にかけて、統合失調症などの患者6人に不必要なパーキンソン病の薬「レキップ」を投与していた。病院を運営する医療法人「鉱友会」の末丸鉱三理事が指示、通常の8倍の投与がされ、患者1人におう吐の症状が出た。残りの5人に体調不良は起きていないという。病院には当時使用期限の迫った「レキップ」が70錠残っていて62錠を患者に投与された。病院の調査委員会は「使用期限の迫った薬の在庫処分が投与のきっかけのひとつ」と結論づけたということ。


パーキンソン病

福山友愛病院で去年11月末から12月。統合失調症などの患者6人にパーキンソン病の治療薬レキップを投与していたことがわかった。通常の8倍の量で患者1人が嘔吐した。薬の使用期限がせまっていたからではないかとみられる。当時の理事は在庫処理を否定した。