ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「パーキンソン病」の検索結果

「パーキンソン病」に関連する情報 1162件中 1〜10件目

パーキンソン病

MR.BIGの「Defying Gravity」MVが届いた。“重力に逆らう”というテーマに添って、様々な物が浮かび上がってしまう。ドラムのパット・トーピーは、3年前パーキンソン病の診断済み。しかし元気な様子で演奏していた。9月20日より日本公演も予定。


「パーキンソン病」に関連する音楽・CD

Defying Gravity

MR.BIGの「Defying Gravity」MVが届いた。“重力に逆らう”というテーマに添って、様々な物が浮かび上がってしまう。ドラムのパット・トーピーは、3年前パーキンソン病の診断済み。しかし元気な様子で演奏していた。9月20日より日本公演も予定。


パーキンソン病

明日発売のMR.BIGのアルバム「Defying Gravity」から表題曲のMVが届いた。パーキンソン病のメンバーも参加した。このアルバムをひっさげ日本でライブをおこなう。


「パーキンソン病」に関連する音楽・CD

Defying Gravity

明日発売のMR.BIGのアルバム「Defying Gravity」から表題曲のMVが届いた。パーキンソン病のメンバーも参加した。このアルバムをひっさげ日本でライブをおこなう。


「パーキンソン病」に関連する音楽・CD

Green Tinted Sixties Mind

今月9日、アメリカ・コネチカット州のステージ楽屋に姿を見せたMR.BIGのメンバーたち。大の親日家として口を出てくる日本への想いは変わっていない。エリック・マーティンさんは「僕らと日本とは美しい特別な絆があるよ」などと語る。新作アルバムのタイトルは重力に抗う、という意味だがパット・トーピーさんは、「病気と診断されてまずは精神的に乗り越えなければいけなかった、それはまさに重力に打ち勝つということだったんだ」と語るように、この重力に特別な意味を見出していた。パットさんは、パーキンソン病と戦っており、「病気のせいでボクは思ったようにドラムを叩けない」「ファンは良くしてくれる、だから大丈夫だよ」などと語った。MR.BIGは東日本大震災後、外国人アーティストとしては誰よりも早く被災地盛岡を訪れたバンドでチャリティーソングを作り収益を寄付するなど被災地に寄り添う姿勢を鮮明にしてきた。ビリー・シーンさんは「震災で家族や家を失った多くのファンがショーに来たけど、彼らに少しでも楽しい時間を与えられて嬉しかった」などと語った。またマンチェスターのテロについては「事件後の慈善コンサートはうまくいき、人々はまた普通の生活に戻った、すばらしいことだ」と話す。エリック・マーティンさんは「警備は厳重になって人々も用心深くなる、それが世界の現状、良いと思えないし悲しむべき状況」としながらも「しかし音楽の力は強い、音楽は人々を一つにできる」と語った。バンドは来年30週年を迎える。ポール・ギルバートさんは「MR.BIGはバンドであり僕の夢」「日本公演まで時間があるのは喜ばしいよ、だって僕らはツアーを通じて完璧なロックマシンへと研ぎ澄まされていくんだから」などと期待を寄せた。MR.BIGは日本には今年9月にやってくる。


「パーキンソン病」に関連する音楽・CD

TO BE WITH YOU

今月9日、アメリカ・コネチカット州のステージ楽屋に姿を見せたMR.BIGのメンバーたち。大の親日家として口を出てくる日本への想いは変わっていない。エリック・マーティンさんは「僕らと日本とは美しい特別な絆があるよ」などと語る。新作アルバムのタイトルは重力に抗う、という意味だがパット・トーピーさんは、「病気と診断されてまずは精神的に乗り越えなければいけなかった、それはまさに重力に打ち勝つということだったんだ」と語るように、この重力に特別な意味を見出していた。パットさんは、パーキンソン病と戦っており、「病気のせいでボクは思ったようにドラムを叩けない」「ファンは良くしてくれる、だから大丈夫だよ」などと語った。MR.BIGは東日本大震災後、外国人アーティストとしては誰よりも早く被災地盛岡を訪れたバンドでチャリティーソングを作り収益を寄付するなど被災地に寄り添う姿勢を鮮明にしてきた。ビリー・シーンさんは「震災で家族や家を失った多くのファンがショーに来たけど、彼らに少しでも楽しい時間を与えられて嬉しかった」などと語った。またマンチェスターのテロについては「事件後の慈善コンサートはうまくいき、人々はまた普通の生活に戻った、すばらしいことだ」と話す。エリック・マーティンさんは「警備は厳重になって人々も用心深くなる、それが世界の現状、良いと思えないし悲しむべき状況」としながらも「しかし音楽の力は強い、音楽は人々を一つにできる」と語った。バンドは来年30週年を迎える。ポール・ギルバートさんは「MR.BIGはバンドであり僕の夢」「日本公演まで時間があるのは喜ばしいよ、だって僕らはツアーを通じて完璧なロックマシンへと研ぎ澄まされていくんだから」などと期待を寄せた。MR.BIGは日本には今年9月にやってくる。


「パーキンソン病」に関連する音楽・CD

今月9日、アメリカ・コネチカット州のステージ楽屋に姿を見せたMR.BIGのメンバーたち。大の親日家として口を出てくる日本への想いは変わっていない。エリック・マーティンさんは「僕らと日本とは美しい特別な絆があるよ」などと語る。新作アルバムのタイトルは重力に抗う、という意味だがパット・トーピーさんは、「病気と診断されてまずは精神的に乗り越えなければいけなかった、それはまさに重力に打ち勝つということだったんだ」と語るように、この重力に特別な意味を見出していた。パットさんは、パーキンソン病と戦っており、「病気のせいでボクは思ったようにドラムを叩けない」「ファンは良くしてくれる、だから大丈夫だよ」などと語った。MR.BIGは東日本大震災後、外国人アーティストとしては誰よりも早く被災地盛岡を訪れたバンドでチャリティーソングを作り収益を寄付するなど被災地に寄り添う姿勢を鮮明にしてきた。ビリー・シーンさんは「震災で家族や家を失った多くのファンがショーに来たけど、彼らに少しでも楽しい時間を与えられて嬉しかった」などと語った。またマンチェスターのテロについては「事件後の慈善コンサートはうまくいき、人々はまた普通の生活に戻った、すばらしいことだ」と話す。エリック・マーティンさんは「警備は厳重になって人々も用心深くなる、それが世界の現状、良いと思えないし悲しむべき状況」としながらも「しかし音楽の力は強い、音楽は人々を一つにできる」と語った。バンドは来年30週年を迎える。ポール・ギルバートさんは「MR.BIGはバンドであり僕の夢」「日本公演まで時間があるのは喜ばしいよ、だって僕らはツアーを通じて完璧なロックマシンへと研ぎ澄まされていくんだから」などと期待を寄せた。MR.BIGは日本には今年9月にやってくる。

「ホワット・イフ・・・(期間限定スペシャル・プライス盤)」

Amazon.co.jp


パーキンソン病

今月9日、アメリカ・コネチカット州のステージ楽屋に姿を見せたMR.BIGのメンバーたち。大の親日家として口を出てくる日本への想いは変わっていない。エリック・マーティンさんは「僕らと日本とは美しい特別な絆があるよ」などと語る。新作アルバムのタイトルは重力に抗う、という意味だがパット・トーピーさんは、「病気と診断されてまずは精神的に乗り越えなければいけなかった、それはまさに重力に打ち勝つということだったんだ」と語るように、この重力に特別な意味を見出していた。パットさんは、パーキンソン病と戦っており、「病気のせいでボクは思ったようにドラムを叩けない」「ファンは良くしてくれる、だから大丈夫だよ」などと語った。MR.BIGは東日本大震災後、外国人アーティストとしては誰よりも早く被災地盛岡を訪れたバンドでチャリティーソングを作り収益を寄付するなど被災地に寄り添う姿勢を鮮明にしてきた。ビリー・シーンさんは「震災で家族や家を失った多くのファンがショーに来たけど、彼らに少しでも楽しい時間を与えられて嬉しかった」などと語った。またマンチェスターのテロについては「事件後の慈善コンサートはうまくいき、人々はまた普通の生活に戻った、すばらしいことだ」と話す。エリック・マーティンさんは「警備は厳重になって人々も用心深くなる、それが世界の現状、良いと思えないし悲しむべき状況」としながらも「しかし音楽の力は強い、音楽は人々を一つにできる」と語った。バンドは来年30週年を迎える。ポール・ギルバートさんは「MR.BIGはバンドであり僕の夢」「日本公演まで時間があるのは喜ばしいよ、だって僕らはツアーを通じて完璧なロックマシンへと研ぎ澄まされていくんだから」などと期待を寄せた。MR.BIGは日本には今年9月にやってくる。


「パーキンソン病」に関連する音楽・CD

1992

今月9日、アメリカ・コネチカット州のステージ楽屋に姿を見せたMR.BIGのメンバーたち。大の親日家として口を出てくる日本への想いは変わっていない。エリック・マーティンさんは「僕らと日本とは美しい特別な絆があるよ」などと語る。新作アルバムのタイトルは重力に抗う、という意味だがパット・トーピーさんは、「病気と診断されてまずは精神的に乗り越えなければいけなかった、それはまさに重力に打ち勝つということだったんだ」と語るように、この重力に特別な意味を見出していた。パットさんは、パーキンソン病と戦っており、「病気のせいでボクは思ったようにドラムを叩けない」「ファンは良くしてくれる、だから大丈夫だよ」などと語った。MR.BIGは東日本大震災後、外国人アーティストとしては誰よりも早く被災地盛岡を訪れたバンドでチャリティーソングを作り収益を寄付するなど被災地に寄り添う姿勢を鮮明にしてきた。ビリー・シーンさんは「震災で家族や家を失った多くのファンがショーに来たけど、彼らに少しでも楽しい時間を与えられて嬉しかった」などと語った。またマンチェスターのテロについては「事件後の慈善コンサートはうまくいき、人々はまた普通の生活に戻った、すばらしいことだ」と話す。エリック・マーティンさんは「警備は厳重になって人々も用心深くなる、それが世界の現状、良いと思えないし悲しむべき状況」としながらも「しかし音楽の力は強い、音楽は人々を一つにできる」と語った。バンドは来年30週年を迎える。ポール・ギルバートさんは「MR.BIGはバンドであり僕の夢」「日本公演まで時間があるのは喜ばしいよ、だって僕らはツアーを通じて完璧なロックマシンへと研ぎ澄まされていくんだから」などと期待を寄せた。MR.BIGは日本には今年9月にやってくる。


RBD

歩くと胸の痛みが出るという患者は何の病気かはわからないという。運動を控えているため筋力が落ちているという。藁をもつかむ思いで千葉大学病院総合診療科を訪れた。原因不明の症状の駆け込み寺だという。特定できる割合は9割だ。意外な診断方法とは患者から話を聞く問診だ。生坂医師の日本有数の診断能力を持っている。勉強会には各地から医師の生徒が集まる。ときには1時間以上問診する。診察後医師たちだけで病気を検討。次にベテラン医師も加わり意見交換をする。染谷さんが立つと血圧が下がる起立性低血圧だと言うことに気が付き、血圧が下がっているのに脈は上がっていないという。自立神経障害からくる胸の痛みという仮設を立てた。ベテラン医師が問診をした。パーキンソン病に近い症状が見受けられるという。昔から夢でけんかしていたということを聞きRBDだと結論を出した。筋肉のこわばりや睡眠障害も脳の神経細胞圭の病気だという。