ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヒノキ」の検索結果

「ヒノキ」に関連する情報 1165件中 1〜10件目

「ヒノキ」に関連するグルメ情報

アスパラの漬物

家の裏手には疎開当時の小屋が残っている。母と2人、70年前に建てたのが現在の家である。13年前に母が亡くなるも菊地さんは裏の畑を耕し生活し続けている。団長が久しぶりの客だとし、多くの料理でもてなしてくれた。庭で捕まえたマムシの焼酎もごちそうになった。お風呂は山で拾った薪で沸かすヒノキ風呂である。菊地さんは小さい時から苦労して手をかけてきたもので、ずっと居たいと話している。


田本駅

今回は飯田線の田本駅を団長安田が調査。田本駅は断崖絶壁に作られた秘境駅だという。駅はトンネルとトンネルの間でホームは人がすれ違える程度の細さである。崖の下には天竜川が流れる。止まるのは日に合計17本。1本目の電車では誰も降りなかった。駅の周りを探索、落石の影響か柵も崩壊していた。山道を30分歩き通りに出た。

先へ進むと柚餅子の建物があった。おばあちゃんの話を聞くと、田本駅を利用したことはあるが、道路がよくなってから坂を降りなくなったという。昭和10年創業で当時は集落の人で大盛況だったという。昭和40年代に自動車が普及し利用者は激減した。安田はここで野宿の場所を確保した。

家の裏手には疎開当時の小屋が残っている。母と2人、70年前に建てたのが現在の家である。13年前に母が亡くなるも菊地さんは裏の畑を耕し生活し続けている。団長が久しぶりの客だとし、多くの料理でもてなしてくれた。庭で捕まえたマムシの焼酎もごちそうになった。お風呂は山で拾った薪で沸かすヒノキ風呂である。菊地さんは小さい時から苦労して手をかけてきたもので、ずっと居たいと話している。


篠原工務店

茨城県篠原工務店が「木で作る曲線の滑り台」の作製に挑戦。製作日数1週間の見事な曲線の滑り台が完成。サッカーボールの球体は秘密基地で五角形の空いた穴どこからでも入れて、全体はほぼヒノキで作られている。


篠原工務店

茨城県篠原工務店が「木で作る曲線の滑り台」の作製に挑戦。ブルーシートでS字になることを試す。まずは滑り台の底を作る。問題はカーブの外側が下がってしまうこと。そのため、杉の板を側面に張り付けバンクを作った。また、球体の秘密基地を作るため、五角形と六角形を組み合わせた。

茨城県篠原工務店が「木で作る曲線の滑り台」の作製に挑戦。細い木を扇形に切ってみたもののすぐ割れてしまう。そこで素材をヒノキから過ぎに変えてみたところ、ギリギリ割れずに曲がった。続いて木工用パテで穴を埋めていく。

茨城県篠原工務店が「木で作る曲線の滑り台」の作製に挑戦。現場で建込み開始。サッカーボールと柱を組み立てる。滑り台の踊り場を作り、くさびでしっかりと固定する。滑り台と外階段を取り付けたら見事完成。


「ヒノキ」に関連するグルメ情報

宇治抹茶ティラミス

京都で人気のスイーツが食べられるもみじ茶屋では「宇治抹茶ティラミス」を提供している。枡に入っておりヒノキの香りも楽しめる。スポンジの上にマスカルポーネチーズと生クリームのソースがたっぷりのっており、その上から抹茶が贅沢に使われている。出演者はネタを交えながらティラミスを楽しんだ。


「ヒノキ」に関連するレストラン・飲食店

京都で人気のスイーツが食べられるもみじ茶屋では「宇治抹茶ティラミス」を提供している。枡に入っておりヒノキの香りも楽しめる。スポンジの上にマスカルポーネチーズと生クリームのソースがたっぷりのっており、その上から抹茶が贅沢に使われている。出演者はネタを交えながらティラミスを楽しんだ。

もみじ茶屋には他にも白玉あんみつやしらすのおひつご飯など人気のメニューを提供している。


博多曲物

続いては博多曲物の弁当箱。朝にご飯を詰めると、5時間経った昼でもご飯がしっとり・もっちりの食感を保ったまま食べられるという。博多曲物はスギやヒノキの薄い木を曲げて作り、釘などの金属は使わず桜の皮で綴じて作る。


開運木鈴 こだま

舞の海秀平が「明治神宮」を散策した。大鳥居は樹齢1200年以上のヒノキで作られている。杜は人工的に作られているがとても神秘的だ。横綱が土俵入りする拝殿へ向かった。明治神宮は2020年に鎮座100年を迎えるため現在御社殿の修復工事が進められている。元々は皇室の土地で、大正初期は畑が広がっていたという。また倒れた木などで作られた開運の鈴など購入できる。鳥居から本殿までは750mほど。


明治神宮

舞の海秀平が「明治神宮」を散策した。大鳥居は樹齢1200年以上のヒノキで作られている。杜は人工的に作られているがとても神秘的だ。横綱が土俵入りする拝殿へ向かった。明治神宮は2020年に鎮座100年を迎えるため現在御社殿の修復工事が進められている。元々は皇室の土地で、大正初期は畑が広がっていたという。また倒れた木などで作られた開運の鈴など購入できる。鳥居から本殿までは750mほど。


カヌー

福田修史さんに密着。この日は地元の材木屋を訪れ、松村至さんにカヌーに使う材木を注文。ときがわ町は古くから林業が盛ん、建築用の杉やヒノキで知られている。木目の柄がしっかりと浮かび出るカヌーを作りたいのだという。

午後になり修史さんは一段落するとカヌー作りの作業場へ向かう。モールと呼ばれる5mほどの板を型に1枚1枚貼り合わせて船体を作っている。曲線を作るのに大事なのは接着面、モールに角度を付けて削っている。毎日作業を行い、1隻作るのに1か月ほどかかるという。

この日、カフェに次女とお孫さんが訪れた。さっそくみんなでカヌーを体験、贅沢な時間を優雅に過ごした。体を動かした後は庭でバーベキューを楽しんだ。