ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヒノキ」の検索結果

「ヒノキ」に関連する情報 1099件中 1〜10件目

出雲大社

フォルカー氏とヤニック氏が出雲大社を視察した。宮大工の佐藤さんは木材をはめ込むために、斜めに穴を彫っていた。45度に入れるのが肝心なところで佐藤さんのアイデアであるという。

フォルカー氏とヤニック氏が出雲大社を視察した。出雲大社の会所は神職の身支度や高貴な人の控え室として使用されていたという。今回は敷居の修復作業が行われることとなった。

フォルカー氏とヤニック氏が出雲大社を視察した。ヒノキを敷居に使用する場合、摩耗を防ぐため堅い樫の木で補強されるという。樫の木を入れるための溝を掘ることが神業に近いという。

フォルカー氏とヤニック氏が出雲大社を視察した。樫の木を入れるための溝を掘る作業が行われた。作業後、樫の木は溝にはまっていった。フォルカー氏は最高であると感想を語った。

フォルカー氏とヤニック氏が出雲大社を視察した。神楽殿は1981年に造営され、奉納行事や祈祷を行う建物となっている。神楽殿のしめ縄は長さ13.5メートル、重さ4.5トンあるという。


タンパク質

花粉症について解説した。花粉症とは、体内に入った花粉が許容量を超えれば発症するアレルギー症状で、花粉の量と抗体の量で発症するかどうかが決まる。花粉の飛散量は東海・関東地方で多く、スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量は東京で大阪の2倍だという。また花粉を構成するタンパク質にはたくさんの種類があり、その中には花粉症の症状を引き起こしやすいものがあるため同じスギ花粉でも個体差がある。


ヒノキ

花粉症について解説した。花粉症とは、体内に入った花粉が許容量を超えれば発症するアレルギー症状で、花粉の量と抗体の量で発症するかどうかが決まる。花粉の飛散量は東海・関東地方で多く、スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量は東京で大阪の2倍だという。また花粉を構成するタンパク質にはたくさんの種類があり、その中には花粉症の症状を引き起こしやすいものがあるため同じスギ花粉でも個体差がある。


スギ

花粉症について解説した。花粉症とは、体内に入った花粉が許容量を超えれば発症するアレルギー症状で、花粉の量と抗体の量で発症するかどうかが決まる。花粉の飛散量は東海・関東地方で多く、スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量は東京で大阪の2倍だという。また花粉を構成するタンパク質にはたくさんの種類があり、その中には花粉症の症状を引き起こしやすいものがあるため同じスギ花粉でも個体差がある。


花粉症

花粉症について解説した。花粉症とは、体内に入った花粉が許容量を超えれば発症するアレルギー症状で、花粉の量と抗体の量で発症するかどうかが決まる。花粉の飛散量は東海・関東地方で多く、スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量は東京で大阪の2倍だという。また花粉を構成するタンパク質にはたくさんの種類があり、その中には花粉症の症状を引き起こしやすいものがあるため同じスギ花粉でも個体差がある。


ソメイヨシノ

兵庫県と鳥取県の県境にある氷ノ山。兵庫県宍粟市のガイドである加藤智子さんと八木偉行さんによれば、冬の時期に咲く桜があるという。だが気象条件が合わないと見ることが出来ないという。番組スタッフらも雪山装備を身に着け氷ノ山に向けて出発。悪戦苦闘しながらもスタッフらは天然ヒノキの大木を見たり、他の登山者からチョコレートを貰った。冬の桜の正体は樹氷だった。樹氷は絶妙な条件が重なると出現する珍しい現象。氷ノ山の樹氷桜はまるで千鳥ヶ淵のソメイヨシノのようだった。せっかくなので、スタッフらは大雪原で花見を楽しんだ。スタートから5時間半後に氷ノ山の山頂に到着。


ヒノキ

兵庫県と鳥取県の県境にある氷ノ山。兵庫県宍粟市のガイドである加藤智子さんと八木偉行さんによれば、冬の時期に咲く桜があるという。だが気象条件が合わないと見ることが出来ないという。番組スタッフらも雪山装備を身に着け氷ノ山に向けて出発。悪戦苦闘しながらもスタッフらは天然ヒノキの大木を見たり、他の登山者からチョコレートを貰った。冬の桜の正体は樹氷だった。樹氷は絶妙な条件が重なると出現する珍しい現象。氷ノ山の樹氷桜はまるで千鳥ヶ淵のソメイヨシノのようだった。せっかくなので、スタッフらは大雪原で花見を楽しんだ。スタートから5時間半後に氷ノ山の山頂に到着。


千鳥ヶ淵

兵庫県と鳥取県の県境にある氷ノ山。兵庫県宍粟市のガイドである加藤智子さんと八木偉行さんによれば、冬の時期に咲く桜があるという。だが気象条件が合わないと見ることが出来ないという。番組スタッフらも雪山装備を身に着け氷ノ山に向けて出発。悪戦苦闘しながらもスタッフらは天然ヒノキの大木を見たり、他の登山者からチョコレートを貰った。冬の桜の正体は樹氷だった。樹氷は絶妙な条件が重なると出現する珍しい現象。氷ノ山の樹氷桜はまるで千鳥ヶ淵のソメイヨシノのようだった。せっかくなので、スタッフらは大雪原で花見を楽しんだ。スタートから5時間半後に氷ノ山の山頂に到着。


四季島スイート

JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」の車両内部が公開された。総工費は50億円以上。上野駅から東北各地を、高級旅館のようなスイートルームに泊まりながら観光できるのが魅力だ。ヒノキ風呂を備えた「四季島スイート」は、3泊4日コース・2人一部屋で1人95万円。この価格にも関わらず、予約倍率は76倍にも達したという。5月1日に運行を開始する。


上野駅

JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」の車両内部が公開された。総工費は50億円以上。上野駅から東北各地を、高級旅館のようなスイートルームに泊まりながら観光できるのが魅力だ。ヒノキ風呂を備えた「四季島スイート」は、3泊4日コース・2人一部屋で1人95万円。この価格にも関わらず、予約倍率は76倍にも達したという。5月1日に運行を開始する。