ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヒノキ」の検索結果

「ヒノキ」に関連する情報 1681件中 1〜10件目

ヒノキの学習机づくり体験ツアー

大島さんと延東さんが協力して行い始まったのが「ヒノキの学習机づくり体験ツアー」。この日やってきたのは子供連れの家族で勉強机がないので用意しようと思ったと話す。体験ツアーではヒノキの伐採を見学したり、組み立てなどを行った。2014年夏、ようやく仕事が軌道にのり新たな試みとして古民家再生プロジェクトを開始。2級建築士の資格を持っている大島さんの妻の奈緒子さんが中心となって行っていた。建物のお披露目は秋祭りの日で多くの村民がお祝いに駆けつけた。


スギ

1980年をピークにスギやヒノキの価格は下落。さらに安い輸入材料などが入り、日本の林業は大きく衰退し、西粟倉村も過疎化が進み荒廃した森のみが残るようになった。そこで、役場が中心となり荒廃した森を一括管理する「百年の森林構想」が開始。間伐材を使った商品で利益を出し、若者の定住を図る。しかし、村に9割を占めるのはヒノキで大島さんは使い方が広がらない限り、構想の実現はないと考え、思いついたのがヒノキの家具作りだった。かつては「立派なヒノキを2本切ると家が建つ」とされ、見ず知らずの若者に任せるなんてと協力してくれる村の人は多くなかったという。そんな中長年林業を営んでいる延東義太さんが子供や孫が林業を継ぐ気が無いことをしり悩んでいた所に大島さんと出会い、任せることを決意した。

大島さんと延東さんが協力して行い始まったのが「ヒノキの学習机づくり体験ツアー」。この日やってきたのは子供連れの家族で勉強机がないので用意しようと思ったと話す。体験ツアーではヒノキの伐採を見学したり、組み立てなどを行った。2014年夏、ようやく仕事が軌道にのり新たな試みとして古民家再生プロジェクトを開始。2級建築士の資格を持っている大島さんの妻の奈緒子さんが中心となって行っていた。建物のお披露目は秋祭りの日で多くの村民がお祝いに駆けつけた。


季譜の里

1980年をピークにスギやヒノキの価格は下落。さらに安い輸入材料などが入り、日本の林業は大きく衰退し、西粟倉村も過疎化が進み荒廃した森のみが残るようになった。そこで、役場が中心となり荒廃した森を一括管理する「百年の森林構想」が開始。間伐材を使った商品で利益を出し、若者の定住を図る。しかし、村に9割を占めるのはヒノキで大島さんは使い方が広がらない限り、構想の実現はないと考え、思いついたのがヒノキの家具作りだった。かつては「立派なヒノキを2本切ると家が建つ」とされ、見ず知らずの若者に任せるなんてと協力してくれる村の人は多くなかったという。そんな中長年林業を営んでいる延東義太さんが子供や孫が林業を継ぐ気が無いことをしり悩んでいた所に大島さんと出会い、任せることを決意した。


ヒノキ

家具の材料となる「ヒノキ」は鹿児島から福島に生育する針葉樹で主に日本しかない種類。昔から住宅用建材として使用されてきたが家具には適さないとされてきた。大島さんによると建築は重力などを生かして構築出来るが家具は接合点がいかに強固かを考えて作られていて、広葉樹に比べてすぐに木組みが壊れてしまうので無理だと言われていた。ヒノキを一般的な接合点で使用するとすぐに外れてしまうが、大島さんが考えた方法だとズレがなく形を保っていた。家具はオーダーメイドのため値段は安くはないが高い品質などが話題になり高級旅館などから注文が入るようになったという。

1980年をピークにスギやヒノキの価格は下落。さらに安い輸入材料などが入り、日本の林業は大きく衰退し、西粟倉村も過疎化が進み荒廃した森のみが残るようになった。そこで、役場が中心となり荒廃した森を一括管理する「百年の森林構想」が開始。間伐材を使った商品で利益を出し、若者の定住を図る。しかし、村に9割を占めるのはヒノキで大島さんは使い方が広がらない限り、構想の実現はないと考え、思いついたのがヒノキの家具作りだった。かつては「立派なヒノキを2本切ると家が建つ」とされ、見ず知らずの若者に任せるなんてと協力してくれる村の人は多くなかったという。そんな中長年林業を営んでいる延東義太さんが子供や孫が林業を継ぐ気が無いことをしり悩んでいた所に大島さんと出会い、任せることを決意した。

大島さんと延東さんが協力して行い始まったのが「ヒノキの学習机づくり体験ツアー」。この日やってきたのは子供連れの家族で勉強机がないので用意しようと思ったと話す。体験ツアーではヒノキの伐採を見学したり、組み立てなどを行った。2014年夏、ようやく仕事が軌道にのり新たな試みとして古民家再生プロジェクトを開始。2級建築士の資格を持っている大島さんの妻の奈緒子さんが中心となって行っていた。建物のお披露目は秋祭りの日で多くの村民がお祝いに駆けつけた。


木工房ようび

家具の材料となる「ヒノキ」は鹿児島から福島に生育する針葉樹で主に日本しかない種類。昔から住宅用建材として使用されてきたが家具には適さないとされてきた。大島さんによると建築は重力などを生かして構築出来るが家具は接合点がいかに強固かを考えて作られていて、広葉樹に比べてすぐに木組みが壊れてしまうので無理だと言われていた。ヒノキを一般的な接合点で使用するとすぐに外れてしまうが、大島さんが考えた方法だとズレがなく形を保っていた。家具はオーダーメイドのため値段は安くはないが高い品質などが話題になり高級旅館などから注文が入るようになったという。

1980年をピークにスギやヒノキの価格は下落。さらに安い輸入材料などが入り、日本の林業は大きく衰退し、西粟倉村も過疎化が進み荒廃した森のみが残るようになった。そこで、役場が中心となり荒廃した森を一括管理する「百年の森林構想」が開始。間伐材を使った商品で利益を出し、若者の定住を図る。しかし、村に9割を占めるのはヒノキで大島さんは使い方が広がらない限り、構想の実現はないと考え、思いついたのがヒノキの家具作りだった。かつては「立派なヒノキを2本切ると家が建つ」とされ、見ず知らずの若者に任せるなんてと協力してくれる村の人は多くなかったという。そんな中長年林業を営んでいる延東義太さんが子供や孫が林業を継ぐ気が無いことをしり悩んでいた所に大島さんと出会い、任せることを決意した。

大島さんと延東さんが協力して行い始まったのが「ヒノキの学習机づくり体験ツアー」。この日やってきたのは子供連れの家族で勉強机がないので用意しようと思ったと話す。体験ツアーではヒノキの伐採を見学したり、組み立てなどを行った。2014年夏、ようやく仕事が軌道にのり新たな試みとして古民家再生プロジェクトを開始。2級建築士の資格を持っている大島さんの妻の奈緒子さんが中心となって行っていた。建物のお披露目は秋祭りの日で多くの村民がお祝いに駆けつけた。

2015年7月、この頃になると林業を営む人などの間で「木工房ようび」の名は少しずつ知られ始め、この日東京・奥多摩町へ大島さんがやってきていた。ようびは長年木工所などを営んでいた方から工房などを譲り受けることになった。奥多摩には半数以上が人工森林が広がっている。森再生への関心が高まる中、大島さんにはセミナーの依頼が舞い込むようになっていた。旗揚げから6年、順風満帆だったようびに思うわぬ出来事が待っていた。


ヒノキ

オープニング映像。鳥取県との県境にある岡山・西粟倉村は人口約1500人ほど住んでおり村の面積の95%を森林が占め、その内86%がおよそ50年前に植えられたスギ・ヒノキが占めている。この村にある「木工房ようび」の代表である大島正幸さんはこの村のヒノキを見て惚れ込み移住したという。


スギ

オープニング映像。鳥取県との県境にある岡山・西粟倉村は人口約1500人ほど住んでおり村の面積の95%を森林が占め、その内86%がおよそ50年前に植えられたスギ・ヒノキが占めている。この村にある「木工房ようび」の代表である大島正幸さんはこの村のヒノキを見て惚れ込み移住したという。


木工房ようび

オープニング映像。鳥取県との県境にある岡山・西粟倉村は人口約1500人ほど住んでおり村の面積の95%を森林が占め、その内86%がおよそ50年前に植えられたスギ・ヒノキが占めている。この村にある「木工房ようび」の代表である大島正幸さんはこの村のヒノキを見て惚れ込み移住したという。


唐門

きのうの台風21号の影響で京都の文化財に被害をもたらした。京都市北区の平野神社は桜の名所と知られているが桜の木が倒れてしまった。指定文化財である拝殿は6本の柱が倒れ倒壊した。境内では今も太い木の枝が散乱している。京都市ではきのう14時半ごろ、観測史上2位の最大風速39.4メートルを記録した。また、渡月橋のヒノキ製の欄干が約90メートル近く倒れた。下京区の西本願寺では境内にある高さ約3メートルの塀がおよそ20メートルに渡って倒壊した。けが人はなく、能舞台や国宝の唐門には影響はないという。京都府によるとこれまで国や府の文化財で少なくとも25件の被害を確認しており、観光面への影響も懸念されている。


西本願寺

きのうの台風21号の影響で京都の文化財に被害をもたらした。京都市北区の平野神社は桜の名所と知られているが桜の木が倒れてしまった。指定文化財である拝殿は6本の柱が倒れ倒壊した。境内では今も太い木の枝が散乱している。京都市ではきのう14時半ごろ、観測史上2位の最大風速39.4メートルを記録した。また、渡月橋のヒノキ製の欄干が約90メートル近く倒れた。下京区の西本願寺では境内にある高さ約3メートルの塀がおよそ20メートルに渡って倒壊した。けが人はなく、能舞台や国宝の唐門には影響はないという。京都府によるとこれまで国や府の文化財で少なくとも25件の被害を確認しており、観光面への影響も懸念されている。