ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヒノキ」の検索結果

「ヒノキ」に関連する情報 1134件中 1〜10件目

JR西日本

来月1日から運行が開始する「TRAIN SUITE 四季島」、JR東日本の豪華寝台列車。東京・上野の起点に東日本を周遊。青森や弘前、宮城・鳴子温泉など各地の観光名所を旅することができる。2泊3日で最高70万円、3泊4日コースだと95万円。それでも予約が殺到し、プラチナチケットになっている。先頭車両に向かうと見たこともない絶景の展望車。運転席も丸見え、普段なかなか見ることのできない風景が見れる。客室は豪華絢爛、ゴージャスな固まり。列車の中で一番高い客室は2階建て。さらにヒノキの浴室もある。総工費は約50億円、24時間利用ができるラウンジも完備。10両編成に対し、定員はわずか34名。もちろんグルメも絶品。料理は仕込みから列車の中で料理されている。シェフの訓練は普段から電車に座らずバランス感覚を鍛えているという。来年3月まで満席となっている。JR九州「ななつ星」は最高140万円の料金でも人気。JR西日本も6月から「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始。「四季島」はシニア層と海外セレブがターゲット。


トワイライトエクスプレス瑞風

来月1日から運行が開始する「TRAIN SUITE 四季島」、JR東日本の豪華寝台列車。東京・上野の起点に東日本を周遊。青森や弘前、宮城・鳴子温泉など各地の観光名所を旅することができる。2泊3日で最高70万円、3泊4日コースだと95万円。それでも予約が殺到し、プラチナチケットになっている。先頭車両に向かうと見たこともない絶景の展望車。運転席も丸見え、普段なかなか見ることのできない風景が見れる。客室は豪華絢爛、ゴージャスな固まり。列車の中で一番高い客室は2階建て。さらにヒノキの浴室もある。総工費は約50億円、24時間利用ができるラウンジも完備。10両編成に対し、定員はわずか34名。もちろんグルメも絶品。料理は仕込みから列車の中で料理されている。シェフの訓練は普段から電車に座らずバランス感覚を鍛えているという。来年3月まで満席となっている。JR九州「ななつ星」は最高140万円の料金でも人気。JR西日本も6月から「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始。「四季島」はシニア層と海外セレブがターゲット。


JR九州

来月1日から運行が開始する「TRAIN SUITE 四季島」、JR東日本の豪華寝台列車。東京・上野の起点に東日本を周遊。青森や弘前、宮城・鳴子温泉など各地の観光名所を旅することができる。2泊3日で最高70万円、3泊4日コースだと95万円。それでも予約が殺到し、プラチナチケットになっている。先頭車両に向かうと見たこともない絶景の展望車。運転席も丸見え、普段なかなか見ることのできない風景が見れる。客室は豪華絢爛、ゴージャスな固まり。列車の中で一番高い客室は2階建て。さらにヒノキの浴室もある。総工費は約50億円、24時間利用ができるラウンジも完備。10両編成に対し、定員はわずか34名。もちろんグルメも絶品。料理は仕込みから列車の中で料理されている。シェフの訓練は普段から電車に座らずバランス感覚を鍛えているという。来年3月まで満席となっている。JR九州「ななつ星」は最高140万円の料金でも人気。JR西日本も6月から「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始。「四季島」はシニア層と海外セレブがターゲット。


JR九州ななつ星

来月1日から運行が開始する「TRAIN SUITE 四季島」、JR東日本の豪華寝台列車。東京・上野の起点に東日本を周遊。青森や弘前、宮城・鳴子温泉など各地の観光名所を旅することができる。2泊3日で最高70万円、3泊4日コースだと95万円。それでも予約が殺到し、プラチナチケットになっている。先頭車両に向かうと見たこともない絶景の展望車。運転席も丸見え、普段なかなか見ることのできない風景が見れる。客室は豪華絢爛、ゴージャスな固まり。列車の中で一番高い客室は2階建て。さらにヒノキの浴室もある。総工費は約50億円、24時間利用ができるラウンジも完備。10両編成に対し、定員はわずか34名。もちろんグルメも絶品。料理は仕込みから列車の中で料理されている。シェフの訓練は普段から電車に座らずバランス感覚を鍛えているという。来年3月まで満席となっている。JR九州「ななつ星」は最高140万円の料金でも人気。JR西日本も6月から「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始。「四季島」はシニア層と海外セレブがターゲット。


JR東日本

来月1日から運行が開始する「TRAIN SUITE 四季島」、JR東日本の豪華寝台列車。東京・上野の起点に東日本を周遊。青森や弘前、宮城・鳴子温泉など各地の観光名所を旅することができる。2泊3日で最高70万円、3泊4日コースだと95万円。それでも予約が殺到し、プラチナチケットになっている。先頭車両に向かうと見たこともない絶景の展望車。運転席も丸見え、普段なかなか見ることのできない風景が見れる。客室は豪華絢爛、ゴージャスな固まり。列車の中で一番高い客室は2階建て。さらにヒノキの浴室もある。総工費は約50億円、24時間利用ができるラウンジも完備。10両編成に対し、定員はわずか34名。もちろんグルメも絶品。料理は仕込みから列車の中で料理されている。シェフの訓練は普段から電車に座らずバランス感覚を鍛えているという。来年3月まで満席となっている。JR九州「ななつ星」は最高140万円の料金でも人気。JR西日本も6月から「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始。「四季島」はシニア層と海外セレブがターゲット。


四季島

来月1日から運行が開始する「TRAIN SUITE 四季島」、JR東日本の豪華寝台列車。東京・上野の起点に東日本を周遊。青森や弘前、宮城・鳴子温泉など各地の観光名所を旅することができる。2泊3日で最高70万円、3泊4日コースだと95万円。それでも予約が殺到し、プラチナチケットになっている。先頭車両に向かうと見たこともない絶景の展望車。運転席も丸見え、普段なかなか見ることのできない風景が見れる。客室は豪華絢爛、ゴージャスな固まり。列車の中で一番高い客室は2階建て。さらにヒノキの浴室もある。総工費は約50億円、24時間利用ができるラウンジも完備。10両編成に対し、定員はわずか34名。もちろんグルメも絶品。料理は仕込みから列車の中で料理されている。シェフの訓練は普段から電車に座らずバランス感覚を鍛えているという。来年3月まで満席となっている。JR九州「ななつ星」は最高140万円の料金でも人気。JR西日本も6月から「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始。「四季島」はシニア層と海外セレブがターゲット。


五重塔

ヒノキの魅力。杉だと朽ちやすいので適していない、松は松ヤニくさい、桜は水を吸収しやすいためお風呂には向かないということが考えられる。ヒノキは朽ちにくい、においが良い。木曽ヒノキは他のヒノキよりも育つのは倍以上かかる。他のヒノキだと長時間水を含むと白い部分がやせ、ガタガタになったり、組んだ部分がゆるんでしまう。人口の木曽ヒノキは管理された環境で栄養豊富のためすくすく育つ。天然の木曽ヒノキは日光を取り合い、栄養争奪戦が激しいためゆっくり育つため耐久性が高まる。ヒノキの名前の由来は「日の木」、尊く最高のものを表す「日」をとったという説もある。法隆寺の五重塔の柱に使われているのもヒノキ。ヒノキの強度は伐採した後に高まっていき、そこから緩やかに弱まるが、その後1000年以上で伐採時と同じ強度になる。今後木曽ヒノキは木曽地方の国有林の一部を「木曽悠久の森」に設定、保護・保存し復元を図る取り組みをしている。


ヒノキの魅力。杉だと朽ちやすいので適していない、松は松ヤニくさい、桜は水を吸収しやすいためお風呂には向かないということが考えられる。ヒノキは朽ちにくい、においが良い。木曽ヒノキは他のヒノキよりも育つのは倍以上かかる。他のヒノキだと長時間水を含むと白い部分がやせ、ガタガタになったり、組んだ部分がゆるんでしまう。人口の木曽ヒノキは管理された環境で栄養豊富のためすくすく育つ。天然の木曽ヒノキは日光を取り合い、栄養争奪戦が激しいためゆっくり育つため耐久性が高まる。ヒノキの名前の由来は「日の木」、尊く最高のものを表す「日」をとったという説もある。法隆寺の五重塔の柱に使われているのもヒノキ。ヒノキの強度は伐採した後に高まっていき、そこから緩やかに弱まるが、その後1000年以上で伐採時と同じ強度になる。今後木曽ヒノキは木曽地方の国有林の一部を「木曽悠久の森」に設定、保護・保存し復元を図る取り組みをしている。


ヒノキの魅力。杉だと朽ちやすいので適していない、松は松ヤニくさい、桜は水を吸収しやすいためお風呂には向かないということが考えられる。ヒノキは朽ちにくい、においが良い。木曽ヒノキは他のヒノキよりも育つのは倍以上かかる。他のヒノキだと長時間水を含むと白い部分がやせ、ガタガタになったり、組んだ部分がゆるんでしまう。人口の木曽ヒノキは管理された環境で栄養豊富のためすくすく育つ。天然の木曽ヒノキは日光を取り合い、栄養争奪戦が激しいためゆっくり育つため耐久性が高まる。ヒノキの名前の由来は「日の木」、尊く最高のものを表す「日」をとったという説もある。法隆寺の五重塔の柱に使われているのもヒノキ。ヒノキの強度は伐採した後に高まっていき、そこから緩やかに弱まるが、その後1000年以上で伐採時と同じ強度になる。今後木曽ヒノキは木曽地方の国有林の一部を「木曽悠久の森」に設定、保護・保存し復元を図る取り組みをしている。


ヒノキの魅力。杉だと朽ちやすいので適していない、松は松ヤニくさい、桜は水を吸収しやすいためお風呂には向かないということが考えられる。ヒノキは朽ちにくい、においが良い。木曽ヒノキは他のヒノキよりも育つのは倍以上かかる。他のヒノキだと長時間水を含むと白い部分がやせ、ガタガタになったり、組んだ部分がゆるんでしまう。人口の木曽ヒノキは管理された環境で栄養豊富のためすくすく育つ。天然の木曽ヒノキは日光を取り合い、栄養争奪戦が激しいためゆっくり育つため耐久性が高まる。ヒノキの名前の由来は「日の木」、尊く最高のものを表す「日」をとったという説もある。法隆寺の五重塔の柱に使われているのもヒノキ。ヒノキの強度は伐採した後に高まっていき、そこから緩やかに弱まるが、その後1000年以上で伐採時と同じ強度になる。今後木曽ヒノキは木曽地方の国有林の一部を「木曽悠久の森」に設定、保護・保存し復元を図る取り組みをしている。