ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ヒノキ」の検索結果

「ヒノキ」に関連する情報 1817件中 1〜10件目

ヒノキ

北海道旭川の情報カメラ、積雪は60センチ、きょういっぱいで横殴りの天気は落ち着くという。東京スカイツリーの情報カメラ、きれいな青空が広がっている。この映像を背景に全国の天気を伝えた。2019年の花粉の量について、北海道は例年に比べ少なめだがそれ以外は例年より多い見込みとなっている。今年はスギの花粉が多くなるという。1ヶ月予報では今週末から来週半ばまでは気温が高めに推移しそうだが2月1日までは寒さが続くそう。全国の週間天気予報を伝えた。


藤樹園

盆栽が盗難が相次いでいることについてスタジオトーク。海外ではBONSAIで通じるようになっていて、盗難物は海外に盗まれたのではないかとされている。埼玉は盆栽の山地で12日夜から13日朝にかけて喜楽園で盗難があり、真柏が4鉢盗まれ、中には樹齢400年のものもあり被害額が数千万円のものもあった。同様の事件が同じ埼玉県内で遭り、藤樹園では被害額が約2000万円で防犯カメラに犯行の様子が映っていて、数日前に似たような人物が映っていて、盆栽の真柏だけを撮影していた。被害者は「この木が好きだからというとり方じゃなく、写真を転送して商売をする。買い手が見つかったら盗みに入るというのを聞いていた」としている。別の業者では盗もうとした男はベトナム人で毎週のように店を訪れていて、一回1万円で盗むよう依頼されていた。鈴木さんは「運び方が手慣れていた。高い塀に囲まれていて出入り口は門からしか無い」と話した。どちらも狙われたのあ真柏という木の種類でヒノキ科の常緑樹で海岸沿いの崖の上や砂地など日当たりのよう乾燥した場所に自生し、成長が早く枝の曲がる範囲が広いため創作性が高い。生きている部分の茶と死んでいる白のコントラストが美しいため人気が高い。鈴木さんは「茶色で水を吸い上げていて、白は枝が枯れ、道も枯れる。色も美しいが生と死のコントラストも魅力の一つ。樹齢はふるさなどとだいたい推定できる。楽しみ方は木の高さに目線を置いて正面から見る。かがむと巨木の下から眺めるようになる」などと話し、値段は500万円だった。

盗まれた盆栽の行方について。盆栽業者は「島国に比べ検疫が比較的厳しくない中国に一度渡り、盆栽人気のあるシンガポールやヨーロッパ方面に転売されている」とされている。海外はBONSAIで通じていて輸出額は2013年で約94億円となっていて、10年前の10倍になっている。鈴木さんは若い世代について「盆栽の世界大会が埼玉で行われ注目され若手に人気になった。アートであり作り込むもの」などと話した。中国ベトナムイタリアなどが輸出先で、パリの盆栽専門店では38万までの盆栽が並んでいて、子供からお年寄りまで愛好者がいるという。香川では売り上げの半分は台湾や欧州の海外向けで、バイヤーが買い付けにやってきて、復興委員会は国内の愛好家が減っていく中で海外への輸出は欠かせないという。鈴木さんはスロバキアで盆栽のデモンストレーションを行い、アートとして評価されているという。古川さんらは「和室だけでなく洋間にもあう。植物なので屋外に育てるのが基本」等と話した。


真柏

盆栽が盗難が相次いでいることについてスタジオトーク。海外ではBONSAIで通じるようになっていて、盗難物は海外に盗まれたのではないかとされている。埼玉は盆栽の山地で12日夜から13日朝にかけて喜楽園で盗難があり、真柏が4鉢盗まれ、中には樹齢400年のものもあり被害額が数千万円のものもあった。同様の事件が同じ埼玉県内で遭り、藤樹園では被害額が約2000万円で防犯カメラに犯行の様子が映っていて、数日前に似たような人物が映っていて、盆栽の真柏だけを撮影していた。被害者は「この木が好きだからというとり方じゃなく、写真を転送して商売をする。買い手が見つかったら盗みに入るというのを聞いていた」としている。別の業者では盗もうとした男はベトナム人で毎週のように店を訪れていて、一回1万円で盗むよう依頼されていた。鈴木さんは「運び方が手慣れていた。高い塀に囲まれていて出入り口は門からしか無い」と話した。どちらも狙われたのあ真柏という木の種類でヒノキ科の常緑樹で海岸沿いの崖の上や砂地など日当たりのよう乾燥した場所に自生し、成長が早く枝の曲がる範囲が広いため創作性が高い。生きている部分の茶と死んでいる白のコントラストが美しいため人気が高い。鈴木さんは「茶色で水を吸い上げていて、白は枝が枯れ、道も枯れる。色も美しいが生と死のコントラストも魅力の一つ。樹齢はふるさなどとだいたい推定できる。楽しみ方は木の高さに目線を置いて正面から見る。かがむと巨木の下から眺めるようになる」などと話し、値段は500万円だった。

盗まれた盆栽の行方について。盆栽業者は「島国に比べ検疫が比較的厳しくない中国に一度渡り、盆栽人気のあるシンガポールやヨーロッパ方面に転売されている」とされている。海外はBONSAIで通じていて輸出額は2013年で約94億円となっていて、10年前の10倍になっている。鈴木さんは若い世代について「盆栽の世界大会が埼玉で行われ注目され若手に人気になった。アートであり作り込むもの」などと話した。中国ベトナムイタリアなどが輸出先で、パリの盆栽専門店では38万までの盆栽が並んでいて、子供からお年寄りまで愛好者がいるという。香川では売り上げの半分は台湾や欧州の海外向けで、バイヤーが買い付けにやってきて、復興委員会は国内の愛好家が減っていく中で海外への輸出は欠かせないという。鈴木さんはスロバキアで盆栽のデモンストレーションを行い、アートとして評価されているという。古川さんらは「和室だけでなく洋間にもあう。植物なので屋外に育てるのが基本」等と話した。


喜楽園

盆栽が盗難が相次いでいることについてスタジオトーク。海外ではBONSAIで通じるようになっていて、盗難物は海外に盗まれたのではないかとされている。埼玉は盆栽の山地で12日夜から13日朝にかけて喜楽園で盗難があり、真柏が4鉢盗まれ、中には樹齢400年のものもあり被害額が数千万円のものもあった。同様の事件が同じ埼玉県内で遭り、藤樹園では被害額が約2000万円で防犯カメラに犯行の様子が映っていて、数日前に似たような人物が映っていて、盆栽の真柏だけを撮影していた。被害者は「この木が好きだからというとり方じゃなく、写真を転送して商売をする。買い手が見つかったら盗みに入るというのを聞いていた」としている。別の業者では盗もうとした男はベトナム人で毎週のように店を訪れていて、一回1万円で盗むよう依頼されていた。鈴木さんは「運び方が手慣れていた。高い塀に囲まれていて出入り口は門からしか無い」と話した。どちらも狙われたのあ真柏という木の種類でヒノキ科の常緑樹で海岸沿いの崖の上や砂地など日当たりのよう乾燥した場所に自生し、成長が早く枝の曲がる範囲が広いため創作性が高い。生きている部分の茶と死んでいる白のコントラストが美しいため人気が高い。鈴木さんは「茶色で水を吸い上げていて、白は枝が枯れ、道も枯れる。色も美しいが生と死のコントラストも魅力の一つ。樹齢はふるさなどとだいたい推定できる。楽しみ方は木の高さに目線を置いて正面から見る。かがむと巨木の下から眺めるようになる」などと話し、値段は500万円だった。

盗まれた盆栽の行方について。盆栽業者は「島国に比べ検疫が比較的厳しくない中国に一度渡り、盆栽人気のあるシンガポールやヨーロッパ方面に転売されている」とされている。海外はBONSAIで通じていて輸出額は2013年で約94億円となっていて、10年前の10倍になっている。鈴木さんは若い世代について「盆栽の世界大会が埼玉で行われ注目され若手に人気になった。アートであり作り込むもの」などと話した。中国ベトナムイタリアなどが輸出先で、パリの盆栽専門店では38万までの盆栽が並んでいて、子供からお年寄りまで愛好者がいるという。香川では売り上げの半分は台湾や欧州の海外向けで、バイヤーが買い付けにやってきて、復興委員会は国内の愛好家が減っていく中で海外への輸出は欠かせないという。鈴木さんはスロバキアで盆栽のデモンストレーションを行い、アートとして評価されているという。古川さんらは「和室だけでなく洋間にもあう。植物なので屋外に育てるのが基本」等と話した。


ヒノキ

日本気象協会が花粉について発表したが、今年は花粉が多いと見られていて2月からすでに花粉が飛び始めるが、東京では花粉のピークが長く続くという。


ヒノキ

神奈川県自然環境保全センターのスギの木は花粉の詰まった雄花が鈴なりになっていたという。一粒に40万個の花粉が入っており、早ければ来月にも花粉が飛び散りだすという。日本気象協会は今日最新の花粉飛散予想を発表、今年の花粉は例年に比べ全国的に多めになるという。昨年の夏は関東甲信地方で初めて6月に梅雨が明け日照時間が長くスギなどの生育が進んだと考えられる上、過去には猛暑の翌年に平年の倍量の飛散を確認した事があり、今年も同様の大量飛散が予想される。神奈川県では花粉症対策として無花粉スギを生育、広める活動を行っている。すでに花粉症の症状が出始めている人もいる。今年の飛散予想では昨年比5倍以上の地域が目立ち、群馬は7倍、鳥取は9倍の予想となっている他、今年初めて花粉症の症状が出る人も多いと見られる。


ヒノキ

とらや赤坂店はリニューアルを行ったことで木造でありながらモダンさを兼ね備えた外見が特徴となっていて、ヒノキが使われているという。早速2階の販売フロアに向かってみると、美術館のような姿となっていて、ガラスの商品棚は採用されていなかった。これについて店長の村上さんはお客様に商品を身近に感じてもらい、店側もお客様に寄り添いたいという考えが込められているのだという。


とらや赤坂店

とらや赤坂店はリニューアルを行ったことで木造でありながらモダンさを兼ね備えた外見が特徴となっていて、ヒノキが使われているという。早速2階の販売フロアに向かってみると、美術館のような姿となっていて、ガラスの商品棚は採用されていなかった。これについて店長の村上さんはお客様に商品を身近に感じてもらい、店側もお客様に寄り添いたいという考えが込められているのだという。

とらやが創業したのは室町時代後期で、後陽成天皇の在位中に御所の御用を承ると、水戸黄門とも呼ばれる水戸光圀も愛したことで、1988年に霊元天皇に光圀はとらやのまんじゅうを献上したという。そして、地下1階にはとらやの歴史に触れることのできるスペースも有り、地下1階・企画展示説には羊羹の断面図が展示されていて、商品カタログとなっていた。かつてのカタログには450もの羊羹が紹介されていて、見本帳をめぐりながら羊羹を注文していて「新更科」というものは信州の月をモチーフにしていて、断面には風光明媚な情景が描かれているのも特徴となっていて、人気の「夜の梅」はあずきを梅の花に見立てた物となっていて、今でも大口注文であれば好きな羊羹を見本帳から注文することが出来るのだという。

とらや赤坂店で羊羹を頂くことに。「特製羊羹「千里の風」」は1日に千里を走る虎の勇猛さを表現したといい、職人が手で作っていることで柄がそれぞれ異なっているのも特徴となっている。そしてほどよい甘さが特徴となっていたが、虎屋が契約農家と開発して作った白小豆が原料となっていることからとらやでしか頂くことの出来ない一品となっている。そして「小倉羊羹「夜の梅」」は白ざらという純度の高い砂糖を使っていることから甘さとさっぱりとした味が味わうことが出来、テリーさんはコーヒーとも合うと話していたが、実際にエベレスト登頂に成功し三浦雄一郎さんも山頂の直前でとらやの「夜の梅」を食べていて2〜30本持っていったのだといい、南極観測隊もとらやの和菓子でエネルギーを補給していた。そして、「夜の梅」は防腐剤を使っていなくても日持ちするのが特徴となっている。

山本アナにはとらやの「虎」の周りの模様を樹にしていたが、これは「鐶」といい、タンスの取っ手がモチーフとなっているが、タンスに入れた財布を取っ手を入れて取り出すことから商売繁盛の象徴になったという説もある。さらに、かつてとらやで使われていた「雛井籠」はお客さんにお菓子を届けるための箱となっていたが、この箱に書かれた虎の絵は今もとらやの手提げ袋に使われていて、虎屋という名前には初代の当主が神聖と崇められる虎にあやかって名付けられたという説がある。


「ヒノキ」に関連するイベント情報

ワールド・ボンサイ・コンベンション

川口市で盗まれた盆栽は数千万円の価値があった。真柏は枯れた枝・幹と生きている幹が同居し、ヒノキ科の一種で日本でも貴重な木。外国では盆栽がブームで、展示会には多くの観光客が訪れている。外国では日本の4倍で取引され、真柏は気候が異なっても成長するため海外から人気。去年盗難にあった業者は、禁止とされている写真を撮ったり、値段ばかり聞く不審な外国人の姿を見ていた。警察は連続窃盗事件として調べている。