ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フォルクスワーゲン」の検索結果

「フォルクスワーゲン」に関連する情報 3146件中 1〜10件目

フォルクスワーゲン

ドイツ・ドレスデンで100円グッズ調査、ドイツはベンツ・BMW・ポルシェなど車大国。ベンツ社員が気になったグッズが「ピーラーグローブ」、包丁を使わずに手袋でこするだけで野菜の皮を剥ける。続いて子どもたちが選んだのは「伸び〜る靴ひも」、ゴム素材でできているため紐を解かずラクに履くことができる。続けてケーキ職人のパウルさんを取材、バウムクーヘンを作っており100円のキッチングッズを選んだ。


フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンは今後の経営戦略を発表。2020年の業績見通しを上方修正。売上高見通しについては3月時点で去年比20%超としていたが、今回は新興国での新型SUVの堅調な需要を受けて25%超の増加に引き上げた。営業利益見通しも25%以上と3月時点よりやや引き上げた。


トヨタ

世界ラリー第12戦のイギリス大会2日目。2013年にフォルクスワーゲンから参戦して以来4年連続で年間王者を獲得しているオジェは絶対王者と呼ばれている。昨年フォルクスワーゲンが世界ラリーから撤退しオジェはMスポーツフォードに移籍した。ヒュンダイ・ヌービルがオジェに勝つには大差をつけて上位でフィニッシュすること。タナックは今シーズン2回の優勝を勝ち取っている。E・エバンスは第5戦・アルゼンチンでゴール目前にして石の桟橋にヒットしヌービルに逆転され優勝を逃した。第12戦・イギリス大会2日目の結果は1位がエバンス。

世界ラリー第12戦のイギリス大会3日目。最大の山場はナイトステージ。タナックはライトのセッティングトラブルでタイムロスをし、優勝戦線から脱落した。3第12戦・イギリス大会3日目の結果は1位がエバンス。

世界ラリー第12戦のイギリス大会最終日。総合順位でヌービルに逆転されたオジェだが「それは重要ではない」とコメント。運命の最終SSでは1位から5位のドライバーに5〜1ポイントのボーナスポイントが与えられる。オジェは総合順位で3位以内、最終SSで4番手以上で優勝となる。条件をクリアしたオジェが5年連続で年間王者に輝いた。ヌービルは最終SSでトップタイムを叩き出し意地を見せた。エバンスは世界ラリー初優勝を果たした。しかしオジェの年間王者獲得に会場は沸いており、またしても日が当たらないエバンスだった。年間ドライバーポイントランキングは215Ptでオジェに決定した。トヨタは18年ぶりの参戦で3位に入賞した。


フォルクスワーゲン

世界ラリー第12戦のイギリス大会2日目。2013年にフォルクスワーゲンから参戦して以来4年連続で年間王者を獲得しているオジェは絶対王者と呼ばれている。昨年フォルクスワーゲンが世界ラリーから撤退しオジェはMスポーツフォードに移籍した。ヒュンダイ・ヌービルがオジェに勝つには大差をつけて上位でフィニッシュすること。タナックは今シーズン2回の優勝を勝ち取っている。E・エバンスは第5戦・アルゼンチンでゴール目前にして石の桟橋にヒットしヌービルに逆転され優勝を逃した。第12戦・イギリス大会2日目の結果は1位がエバンス。

世界ラリー第12戦のイギリス大会3日目。最大の山場はナイトステージ。タナックはライトのセッティングトラブルでタイムロスをし、優勝戦線から脱落した。3第12戦・イギリス大会3日目の結果は1位がエバンス。

世界ラリー第12戦のイギリス大会最終日。総合順位でヌービルに逆転されたオジェだが「それは重要ではない」とコメント。運命の最終SSでは1位から5位のドライバーに5〜1ポイントのボーナスポイントが与えられる。オジェは総合順位で3位以内、最終SSで4番手以上で優勝となる。条件をクリアしたオジェが5年連続で年間王者に輝いた。ヌービルは最終SSでトップタイムを叩き出し意地を見せた。エバンスは世界ラリー初優勝を果たした。しかしオジェの年間王者獲得に会場は沸いており、またしても日が当たらないエバンスだった。年間ドライバーポイントランキングは215Ptでオジェに決定した。トヨタは18年ぶりの参戦で3位に入賞した。


「フォルクスワーゲン」に関連するイベント情報

世界ラリー選手権

ゲストは森泉。今回は世界ラリーも残り2戦となった第12戦のイギリス。コジナビからラリークイズ「グラベルとは一体何のこと?」との問題が出題。正解は「舗装されていない道路」。現地にはブリリアンが行っており1年間の集大成のロケだという。

今回は世界ラリー第12戦のイギリスでブルゾンちえみ with BのBの方であるブリリアンが現地リポート。世界ラリー芸人No.1決定戦と題し芸人力&リポート力を審査する。第1審査は「ラリーファン盛り上げ対決」。コージは乳首触り作戦を実行するが失敗。次にウェーブ作り作戦を見事成功させた。ダイキはコール&レスポンスで盛り上げる作戦で盛り上げた。

続いて第2審査は「食リポ対決」。舞台は現地のパブ「ブリューハウス&キッチン」でコージが「スタウトパイ」、ダイキが「フィッシュ&チップス」の食リポを行った。森泉の判定はドロー。また、アマンダはイギリス戦が世界ラリーにハマったキッカケのラリーでラトバラもイギリス戦でデビューしたと話した。

今回は世界ラリー第12戦のイギリス。毎年激しい雨と泥でクラッシュ続出。今回は年間チャンピオンが決定するかもしれない大注目のラリー。ランキングトップはオジェ。2位で追うのがチームメイトのタナック。ヌービルが2位に1PT差で迫っている。

世界ラリー第12戦のイギリス大会2日目。2013年にフォルクスワーゲンから参戦して以来4年連続で年間王者を獲得しているオジェは絶対王者と呼ばれている。昨年フォルクスワーゲンが世界ラリーから撤退しオジェはMスポーツフォードに移籍した。ヒュンダイ・ヌービルがオジェに勝つには大差をつけて上位でフィニッシュすること。タナックは今シーズン2回の優勝を勝ち取っている。E・エバンスは第5戦・アルゼンチンでゴール目前にして石の桟橋にヒットしヌービルに逆転され優勝を逃した。第12戦・イギリス大会2日目の結果は1位がエバンス。

E・エバンスは地元ウェールズ地方の出身であることを紹介。アンジャッシュは八王子出身で成人式に招待され、ネタをスベったことを明かした。

世界ラリー第12戦のイギリス大会3日目。最大の山場はナイトステージ。タナックはライトのセッティングトラブルでタイムロスをし、優勝戦線から脱落した。3第12戦・イギリス大会3日目の結果は1位がエバンス。

世界ラリー第12戦のイギリス大会最終日。総合順位でヌービルに逆転されたオジェだが「それは重要ではない」とコメント。運命の最終SSでは1位から5位のドライバーに5〜1ポイントのボーナスポイントが与えられる。オジェは総合順位で3位以内、最終SSで4番手以上で優勝となる。条件をクリアしたオジェが5年連続で年間王者に輝いた。ヌービルは最終SSでトップタイムを叩き出し意地を見せた。エバンスは世界ラリー初優勝を果たした。しかしオジェの年間王者獲得に会場は沸いており、またしても日が当たらないエバンスだった。年間ドライバーポイントランキングは215Ptでオジェに決定した。トヨタは18年ぶりの参戦で3位に入賞した。


日産

日産自動車のEV「リーフ」は全世界で約28万台を販売した最も売れているEVだが、先月、新型リーフを発表した直後に従業員の無資格検査の問題が発覚し、スタートで躓いた格好になっている。そこに割って入ったのは、ドイツのフォルクスワーゲン。日本市場に初めて「ゴルフ」のEV「e-Golf(イーゴルフ)」を投入。その試乗会がきょう、開かれた。イーゴルフの航続距離は約300キロ。ボディーは白色のみで展開する。価格は約500万円とリーフと比べると高いが、来年からは中国でも販売が予定されていて、販売台数を増やすことでコストダウンにつなげていく狙いだ。


リーフ

日産自動車のEV「リーフ」は全世界で約28万台を販売した最も売れているEVだが、先月、新型リーフを発表した直後に従業員の無資格検査の問題が発覚し、スタートで躓いた格好になっている。そこに割って入ったのは、ドイツのフォルクスワーゲン。日本市場に初めて「ゴルフ」のEV「e-Golf(イーゴルフ)」を投入。その試乗会がきょう、開かれた。イーゴルフの航続距離は約300キロ。ボディーは白色のみで展開する。価格は約500万円とリーフと比べると高いが、来年からは中国でも販売が予定されていて、販売台数を増やすことでコストダウンにつなげていく狙いだ。


e-Golf

日産自動車のEV「リーフ」は全世界で約28万台を販売した最も売れているEVだが、先月、新型リーフを発表した直後に従業員の無資格検査の問題が発覚し、スタートで躓いた格好になっている。そこに割って入ったのは、ドイツのフォルクスワーゲン。日本市場に初めて「ゴルフ」のEV「e-Golf(イーゴルフ)」を投入。その試乗会がきょう、開かれた。イーゴルフの航続距離は約300キロ。ボディーは白色のみで展開する。価格は約500万円とリーフと比べると高いが、来年からは中国でも販売が予定されていて、販売台数を増やすことでコストダウンにつなげていく狙いだ。


ゴルフ

日産自動車のEV「リーフ」は全世界で約28万台を販売した最も売れているEVだが、先月、新型リーフを発表した直後に従業員の無資格検査の問題が発覚し、スタートで躓いた格好になっている。そこに割って入ったのは、ドイツのフォルクスワーゲン。日本市場に初めて「ゴルフ」のEV「e-Golf(イーゴルフ)」を投入。その試乗会がきょう、開かれた。イーゴルフの航続距離は約300キロ。ボディーは白色のみで展開する。価格は約500万円とリーフと比べると高いが、来年からは中国でも販売が予定されていて、販売台数を増やすことでコストダウンにつなげていく狙いだ。


VW

日産自動車のEV「リーフ」は全世界で約28万台を販売した最も売れているEVだが、先月、新型リーフを発表した直後に従業員の無資格検査の問題が発覚し、スタートで躓いた格好になっている。そこに割って入ったのは、ドイツのフォルクスワーゲン。日本市場に初めて「ゴルフ」のEV「e-Golf(イーゴルフ)」を投入。その試乗会がきょう、開かれた。イーゴルフの航続距離は約300キロ。ボディーは白色のみで展開する。価格は約500万円とリーフと比べると高いが、来年からは中国でも販売が予定されていて、販売台数を増やすことでコストダウンにつなげていく狙いだ。