ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フォルクスワーゲン」の検索結果

「フォルクスワーゲン」に関連する情報 3405件中 1〜10件目

テスラ

フォルクスワーゲンが、市販価格1万8000ユーロ(約230万円)の小型EVを追加する計画であることを発表した。2020年以降に販売する見通しで、ドイツ国内工場で年20万台生産する予定。


ブルームバーグ

フォルクスワーゲンが、市販価格1万8000ユーロ(約230万円)の小型EVを追加する計画であることを発表した。2020年以降に販売する見通しで、ドイツ国内工場で年20万台生産する予定。


フォルクスワーゲンが、市販価格1万8000ユーロ(約230万円)の小型EVを追加する計画であることを発表した。2020年以降に販売する見通しで、ドイツ国内工場で年20万台生産する予定。


フォルクスワーゲン

9月のEU各国の新車登録台数は109万1220台と前年比 ↓23.5%各国の内訳はドイツ↓30.5%、イタリア↓25.4%など5大都市すべてで2桁の減少となった。メーカー別ではフォルクスワーゲンが↓52.2%と大幅減少。調査元は8月に駆け込み登録が急増した反動で驚くことではないとしている。


フォルクスワーゲン

ディーゼル車買い替えについて、ドイツがメーカーに負担を要請した。(日本経済新聞)


フォルクスワーゲン

アメリカ・カリフォルニア州。電気自動車大手・テスラの本拠地があるこの場所をアウディは新たなEVの発表の場として選んだ。世界から集まったおよそ600のメディアが向かった先は大型客船。船に乗ること1時間、船の上空では沢山の光るドローンがアウディのロゴを作る演出が。会場の壁には巨大なプロジェクションマッピングと、とても一台の車の発表とは思えない力の入れようだ。17日午後7時半発表会が始まった。アウディ初の量産型EV「e-tron(イートロン)」が発表された。e-tronはフル充電の状態で航続距離400キロ以上、モーターを前輪後輪にひとつずつ搭載し四輪駆動となっている。テスラを上回る最大150キロワットの急速充電が可能で、これを使えば約30分で充電が完了する。また電子ミラーを搭載している。このe-tronは日本では来年後半の発売となるが、ドイツでは年内に発売され、価格は7万9900ユーロ(約1000万円)となる。アウディのウルリッヒCOOは「e-tronのデザインやインテリアは100%アウディの車に仕上がっている。100年にわたり高級車を造ってきたので、市場の競争では優位性がある」と語った。アウディがEVにシフトするきっかけの一つが、2015年に発覚したフォルクスワーゲンの排ガス不正。ことし6月にはアウディの社長を務めていたシュタドラー氏も、排ガス不正に関与した疑いで逮捕された。車の電動化を推進して、排ガス規制をクリアすることはアウディにとっていわば背水の陣の戦いとなっており、2025年までに20の電動モデルを市場に投入する計画。ドイツの高級車メーカーがEVへのシフトを進めることで、今後高級EV市場が急速に拡大していきそうだ。


レクサス

アメリカ・カリフォルニア州。電気自動車大手・テスラの本拠地があるこの場所をアウディは新たなEVの発表の場として選んだ。世界から集まったおよそ600のメディアが向かった先は大型客船。船に乗ること1時間、船の上空では沢山の光るドローンがアウディのロゴを作る演出が。会場の壁には巨大なプロジェクションマッピングと、とても一台の車の発表とは思えない力の入れようだ。17日午後7時半発表会が始まった。アウディ初の量産型EV「e-tron(イートロン)」が発表された。e-tronはフル充電の状態で航続距離400キロ以上、モーターを前輪後輪にひとつずつ搭載し四輪駆動となっている。テスラを上回る最大150キロワットの急速充電が可能で、これを使えば約30分で充電が完了する。また電子ミラーを搭載している。このe-tronは日本では来年後半の発売となるが、ドイツでは年内に発売され、価格は7万9900ユーロ(約1000万円)となる。アウディのウルリッヒCOOは「e-tronのデザインやインテリアは100%アウディの車に仕上がっている。100年にわたり高級車を造ってきたので、市場の競争では優位性がある」と語った。アウディがEVにシフトするきっかけの一つが、2015年に発覚したフォルクスワーゲンの排ガス不正。ことし6月にはアウディの社長を務めていたシュタドラー氏も、排ガス不正に関与した疑いで逮捕された。車の電動化を推進して、排ガス規制をクリアすることはアウディにとっていわば背水の陣の戦いとなっており、2025年までに20の電動モデルを市場に投入する計画。ドイツの高級車メーカーがEVへのシフトを進めることで、今後高級EV市場が急速に拡大していきそうだ。


e-tron

アメリカ・カリフォルニア州。電気自動車大手・テスラの本拠地があるこの場所をアウディは新たなEVの発表の場として選んだ。世界から集まったおよそ600のメディアが向かった先は大型客船。船に乗ること1時間、船の上空では沢山の光るドローンがアウディのロゴを作る演出が。会場の壁には巨大なプロジェクションマッピングと、とても一台の車の発表とは思えない力の入れようだ。17日午後7時半発表会が始まった。アウディ初の量産型EV「e-tron(イートロン)」が発表された。e-tronはフル充電の状態で航続距離400キロ以上、モーターを前輪後輪にひとつずつ搭載し四輪駆動となっている。テスラを上回る最大150キロワットの急速充電が可能で、これを使えば約30分で充電が完了する。また電子ミラーを搭載している。このe-tronは日本では来年後半の発売となるが、ドイツでは年内に発売され、価格は7万9900ユーロ(約1000万円)となる。アウディのウルリッヒCOOは「e-tronのデザインやインテリアは100%アウディの車に仕上がっている。100年にわたり高級車を造ってきたので、市場の競争では優位性がある」と語った。アウディがEVにシフトするきっかけの一つが、2015年に発覚したフォルクスワーゲンの排ガス不正。ことし6月にはアウディの社長を務めていたシュタドラー氏も、排ガス不正に関与した疑いで逮捕された。車の電動化を推進して、排ガス規制をクリアすることはアウディにとっていわば背水の陣の戦いとなっており、2025年までに20の電動モデルを市場に投入する計画。ドイツの高級車メーカーがEVへのシフトを進めることで、今後高級EV市場が急速に拡大していきそうだ。


アウディ

アメリカ・カリフォルニア州。電気自動車大手・テスラの本拠地があるこの場所をアウディは新たなEVの発表の場として選んだ。世界から集まったおよそ600のメディアが向かった先は大型客船。船に乗ること1時間、船の上空では沢山の光るドローンがアウディのロゴを作る演出が。会場の壁には巨大なプロジェクションマッピングと、とても一台の車の発表とは思えない力の入れようだ。17日午後7時半発表会が始まった。アウディ初の量産型EV「e-tron(イートロン)」が発表された。e-tronはフル充電の状態で航続距離400キロ以上、モーターを前輪後輪にひとつずつ搭載し四輪駆動となっている。テスラを上回る最大150キロワットの急速充電が可能で、これを使えば約30分で充電が完了する。また電子ミラーを搭載している。このe-tronは日本では来年後半の発売となるが、ドイツでは年内に発売され、価格は7万9900ユーロ(約1000万円)となる。アウディのウルリッヒCOOは「e-tronのデザインやインテリアは100%アウディの車に仕上がっている。100年にわたり高級車を造ってきたので、市場の競争では優位性がある」と語った。アウディがEVにシフトするきっかけの一つが、2015年に発覚したフォルクスワーゲンの排ガス不正。ことし6月にはアウディの社長を務めていたシュタドラー氏も、排ガス不正に関与した疑いで逮捕された。車の電動化を推進して、排ガス規制をクリアすることはアウディにとっていわば背水の陣の戦いとなっており、2025年までに20の電動モデルを市場に投入する計画。ドイツの高級車メーカーがEVへのシフトを進めることで、今後高級EV市場が急速に拡大していきそうだ。


テスラ

アメリカ・カリフォルニア州。電気自動車大手・テスラの本拠地があるこの場所をアウディは新たなEVの発表の場として選んだ。世界から集まったおよそ600のメディアが向かった先は大型客船。船に乗ること1時間、船の上空では沢山の光るドローンがアウディのロゴを作る演出が。会場の壁には巨大なプロジェクションマッピングと、とても一台の車の発表とは思えない力の入れようだ。17日午後7時半発表会が始まった。アウディ初の量産型EV「e-tron(イートロン)」が発表された。e-tronはフル充電の状態で航続距離400キロ以上、モーターを前輪後輪にひとつずつ搭載し四輪駆動となっている。テスラを上回る最大150キロワットの急速充電が可能で、これを使えば約30分で充電が完了する。また電子ミラーを搭載している。このe-tronは日本では来年後半の発売となるが、ドイツでは年内に発売され、価格は7万9900ユーロ(約1000万円)となる。アウディのウルリッヒCOOは「e-tronのデザインやインテリアは100%アウディの車に仕上がっている。100年にわたり高級車を造ってきたので、市場の競争では優位性がある」と語った。アウディがEVにシフトするきっかけの一つが、2015年に発覚したフォルクスワーゲンの排ガス不正。ことし6月にはアウディの社長を務めていたシュタドラー氏も、排ガス不正に関与した疑いで逮捕された。車の電動化を推進して、排ガス規制をクリアすることはアウディにとっていわば背水の陣の戦いとなっており、2025年までに20の電動モデルを市場に投入する計画。ドイツの高級車メーカーがEVへのシフトを進めることで、今後高級EV市場が急速に拡大していきそうだ。