ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「フォルクスワーゲン」の検索結果

「フォルクスワーゲン」に関連する情報 3357件中 1〜10件目

フォルクスワーゲン

中国の市場が大きくなっているため、BMWが動かざるを得なくなっていることに関して石黒さんは「中国のEV市場は高成長を掲げている。特にBMWは貿易関税の影響を受けやすい側面もあるので、こういった行動で貿易関税を和らげるということもあると思う。」などとコメントした。


フォルクスワーゲン

スタジオでは日本の謝罪会見について話題となった。専門家からは、謝罪会見は一種のショーのようなもので、みんな何かを演じており、責任追及については曖昧になっている気がするとの意見が挙がった。


BMW

ヨーロッパ委員会のユンケル委員長が今月トランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUを側はアメリカ・日本・韓国などの自動車輸出大国との交渉が可能かどうか検討し、既に数カ国には打診しているとのこと。協定の締結によって「アメリカが不公平に扱われている」とのトランプ大統領の主張に対応すると共に他の輸出国のコストも下げる狙い。一方、ドイツのベルリンで4日、アメリカの駐ドイツ大使がフォルクスワーゲン・ダイムラー・BMWのCEOと会談し、「アメリカとEUの双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をした」とドイツ紙などが報じた。貿易戦争の回避に向け、水面下での折衝が激しくなっている。


ダイムラー

ヨーロッパ委員会のユンケル委員長が今月トランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUを側はアメリカ・日本・韓国などの自動車輸出大国との交渉が可能かどうか検討し、既に数カ国には打診しているとのこと。協定の締結によって「アメリカが不公平に扱われている」とのトランプ大統領の主張に対応すると共に他の輸出国のコストも下げる狙い。一方、ドイツのベルリンで4日、アメリカの駐ドイツ大使がフォルクスワーゲン・ダイムラー・BMWのCEOと会談し、「アメリカとEUの双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をした」とドイツ紙などが報じた。貿易戦争の回避に向け、水面下での折衝が激しくなっている。


フォルクスワーゲン

ヨーロッパ委員会のユンケル委員長が今月トランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUを側はアメリカ・日本・韓国などの自動車輸出大国との交渉が可能かどうか検討し、既に数カ国には打診しているとのこと。協定の締結によって「アメリカが不公平に扱われている」とのトランプ大統領の主張に対応すると共に他の輸出国のコストも下げる狙い。一方、ドイツのベルリンで4日、アメリカの駐ドイツ大使がフォルクスワーゲン・ダイムラー・BMWのCEOと会談し、「アメリカとEUの双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をした」とドイツ紙などが報じた。貿易戦争の回避に向け、水面下での折衝が激しくなっている。


ダイムラー

EUは米との全面的な貿易戦争を回避するため、自動車輸出国の間で関税を引き下げる多国間協定の検討に入ったとフィナンシャル・タイムズが3日報じた。ユンケル欧州委員長が今月にトランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUは米日韓などとの交渉を検討し、すでに数カ国に打診しているという。協定締結によりトランプ大統領の「アメリカが不公平に扱われている」との主張に対応するとともに、他の輸出国のコストも削減するねらいだ。ドイツ紙報道によれば米の駐独大使は4日にフォルクスワーゲン、ダイムラー、BMWのCEOと会談。米EU双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をしたと報道。


フォルクスワーゲン

EUは米との全面的な貿易戦争を回避するため、自動車輸出国の間で関税を引き下げる多国間協定の検討に入ったとフィナンシャル・タイムズが3日報じた。ユンケル欧州委員長が今月にトランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUは米日韓などとの交渉を検討し、すでに数カ国に打診しているという。協定締結によりトランプ大統領の「アメリカが不公平に扱われている」との主張に対応するとともに、他の輸出国のコストも削減するねらいだ。ドイツ紙報道によれば米の駐独大使は4日にフォルクスワーゲン、ダイムラー、BMWのCEOと会談。米EU双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をしたと報道。


BMW

EUは米との全面的な貿易戦争を回避するため、自動車輸出国の間で関税を引き下げる多国間協定の検討に入ったとフィナンシャル・タイムズが3日報じた。ユンケル欧州委員長が今月にトランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUは米日韓などとの交渉を検討し、すでに数カ国に打診しているという。協定締結によりトランプ大統領の「アメリカが不公平に扱われている」との主張に対応するとともに、他の輸出国のコストも削減するねらいだ。ドイツ紙報道によれば米の駐独大使は4日にフォルクスワーゲン、ダイムラー、BMWのCEOと会談。米EU双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をしたと報道。


フィナンシャル・タイムズ

EUは米との全面的な貿易戦争を回避するため、自動車輸出国の間で関税を引き下げる多国間協定の検討に入ったとフィナンシャル・タイムズが3日報じた。ユンケル欧州委員長が今月にトランプ大統領と会談するのに向けたもので、EUは米日韓などとの交渉を検討し、すでに数カ国に打診しているという。協定締結によりトランプ大統領の「アメリカが不公平に扱われている」との主張に対応するとともに、他の輸出国のコストも削減するねらいだ。ドイツ紙報道によれば米の駐独大使は4日にフォルクスワーゲン、ダイムラー、BMWのCEOと会談。米EU双方が自動車の輸入関税を0%にする提案をしたと報道。


フォルクスワーゲン

アメリカのトランプ大統領が、EUからの輸入自動車に対して追加関税を示唆するなど、報復合戦は中国だけでなく、ヨーロッパにも広がっている。これを受け、ドイツの大手自動車メーカーの業績に対する懸念が高まっている。25日のフランクフルト証券取引所でも、ドイツの自動車大手の株価は軒並み下落している。