ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ブルーノート」の検索結果

「ブルーノート」に関連する情報 647件中 1〜10件目

「ブルーノート」に関連する音楽・CD

愚か者

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

愚か者よ

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

ラストダンスは私に

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

大阪で生まれた女

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


「ブルーノート」に関連する映画・DVD

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)

「名作ドラマBDシリーズ 傷だらけの天使 BD-BOX[VPXX-71968][Blu-ray/ブルーレイ]」

価格.com


日本テレビ

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


東宝

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


バップ

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


「ブルーノート」に関連する映画・DVD

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)

「太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOXI[VPBX-11920][DVD]」

価格.com


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)

「ザ・テンプターズ:コンプリート・シングルズ」

Amazon.co.jp