ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ブルーノート」の検索結果

「ブルーノート」に関連する情報 655件中 1〜10件目

ブルーノート

神野さんは1984年に「カモメお前なら」で歌手デビュー。来年35周年を迎える。正統派演歌から海外フェス出演まで、幅広い活動をこなしている。


「ブルーノート」に関連するイベント情報

ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018

「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」のイベント宣伝。


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

Blue Note Tokyo

CMの前から引き続き、「Blue Note Tokyo」の中で、ヤン富田のライブを取材する。今度は暗い中で、ヤン富田が1人で、静かな音楽を演奏した。中井りかは、1人でそれを見て、終了後に無言で拍手をして、エンディングとなった。


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

Blue Note Tokyo

CMの前から引き続き、いとうせいこう、中井りかが、「Blue Note Tokyo」の中で、ヤン富田のライブを見たり、ヤン富田にインタビューをする。ライブでは、ある曲では、ヤン富田が小山田圭吾らと、ラップのような歌を歌った。また、ある曲では、女性2人組・DOOPEESと共に歌った。ヤン富田へのインタビューでは、中井りかが、ヤン富田の主催している団体「オーディオ・サイエンス・ラボラトリー」に、自分も入りたいと話した。続きはCMの後で。


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

Blue Note Tokyo

CMの前から引き続き、いとうせいこう、中井りかが、「Blue Note Tokyo」の中で、ヤン富田のライブを見たり、ヤン富田にインタビューをする。ライブでは、ある曲では、会場内の大きなスクリーンに、宇宙空間や地球の映像が映し出されて、ヤン富田が機械で、未来的な音楽を演奏した。ある曲では、女性2人組・DOOPEESのコーラスに合わせて、ヤン富田が、小山田圭吾と共に、ギターを弾いたりした。その後、再び、いとうせいこうと中井りかによる、控え室での、ヤン富田へのインタビュー映像が紹介された。中井りかが、今日のライブのサントラが欲しいと言うと、ヤン富田が、自分はCDを出すことに興味はないと話した。続きはCMの後で。


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

Blue Note Tokyo

いとうせいこうと中井りかが、「Blue Note Tokyo」に到着して、中に入った。すると、ヤン富田がステージで、大きな音楽の機材の準備をしていた。その後、控え室で、2人がヤン富田にインタビューをした。ヤン富田は、自分のライブは、いつも5時間とかやっているので、みんな終電が無くなってしまうなどと話した。続きはCMの後で。


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

Blue Note Tokyo

番組レギュラーの、いとうせいこう、中井りかが、雨の夜中に町を歩いていた。そして、以前、この番組で、ヤン富田を取材した時の思い出を話し合った。そして、今日は、「Blue Note Tokyo」というジャズクラブに、ヤン富田のライブを見に行くと話し合った。


名古屋ブルーノート

森口博子ライブツアー2018 おかげSummer・おつかれSummer!!の告知。東京・渋谷区文化総合センター大和田などで開催される。


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

愚か者

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)


「ブルーノート」に関連する音楽・CD

愚か者よ

22年ぶりに新曲をリリースした萩原健一さんのライブがおととい、名古屋ブルーノートで行われた。この新曲は初めて萩原さんが作詞作曲したという。何故今新曲をリリースしたのか、その思いをノンストップに語ってくれた。「去年50周年ライブをやるつもりはなかったんですが湧き出たように応援してくれまして、今年も応援してくれるんで新曲を書こうかなっていう心境になりました。もう一度青春をやってもいいんじゃないかって、“原点回帰”をしようと」と話す。萩原さんにとっての原点とは一体何なのか。1967年、萩原さんは社会現象にもなったGSブームの最盛期を支えた「ザ・テンプターズ」の一員としてデビュー。「神様お願い!」や「エメラルドの伝説」など次々とヒット曲を発表した。解散後は当時人気を二分した沢田研二さんや岸部一徳さんらとバンド「PYG」を結成。テンプターズ時代とは違った音楽性を目指すもバンドは自然消滅してしまった。そこから音楽活動とは距離を起き、俳優として活躍。刑事ドラマ「太陽にほえろ!」やワイルドな探偵を演じた「傷だらけの天使」で不動の人気を手にいれた。その後ソロとして再開した音楽活動では「大阪で生まれた女」や「ラストダンスは私に」などカバー曲がヒット。さらに「愚か者よ」の異色のパフォーマンスは彼の代名詞になった。そんな萩原さんがデビューから50年以上。行き着いた答えが「原点回帰」。萩原健一は「僕が原点回帰っていうとみなさんGSのころと勘違いしますけど、プロになる前にベガーズ・バンドをやっていたんですけど、そのころのバンドが大好きでね、レイ・チャールズとかブルースが多かった」と話す。萩原さんが心から愛した音楽、ブルースに原点開始するため、22年ぶりの新曲にもブルースを取り入れた。そんなブルースへの愛ゆえにテンプターズとしてデビューした当時はある葛藤があったといい、「自分たちが思っている方向じゃなかった。タイツを履かされた、バレリーナみたいな。恥ずかしかった」等と話す。実際に当時の写真を見てもらうと「これ見て下さいよ、気持ち悪くないですか。でも一応その気になってるんですね」と笑った。その後1971年にテンプターズは解散。終止符を打ったのは萩原さん本人だった。そしてテンプターズ解散の裏には萩原さんの衝撃行動があった。(♪Time Flies/萩原健一)(♪神様お願い!/萩原健一)(♪大阪で生まれた女/萩原健一)(♪愚か者よ/萩原健一)