ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「プラグイン・ハイブリッド車」の検索結果

「プラグイン・ハイブリッド車」に関連する情報 439件中 1〜10件目

トヨタ自動車

トヨタ自動車が2020年に中国で電気自動車を発売することを発表した。トヨタ自動車が電気自動車の発売時期を明らかにしたのは初めてだ。中国政府2019年から国内の一定の割合を電気自動車やプラグインハイブリッド車などに規制する方針だ。


浙江吉利HD

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


ポールスター2

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


ポールスター1

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


日本総研

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


プラグインハイブリッド車

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


電気自動車

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


ボルボ・カー

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


PHV

フォルクスワーゲンのミュラー会長は11日、2030年までに電気自動車などの電動化に200億ユーロ(2兆6000億円)を超える投資を行うと発表。アウディやポルシェを含むグループ全体で約300の全車種について、EV(電気自動車)かPHV(プラグインハイブリッド車)を揃える方針。車に搭載する電池の性能を向上させる他、工場や充電設備の整備なども進める。ミュラー会長は、「自動車産業の変革は止められない。フォルクスワーゲンが主導する」と強調している。


EV

フォルクスワーゲンのミュラー会長は11日、2030年までに電気自動車などの電動化に200億ユーロ(2兆6000億円)を超える投資を行うと発表。アウディやポルシェを含むグループ全体で約300の全車種について、EV(電気自動車)かPHV(プラグインハイブリッド車)を揃える方針。車に搭載する電池の性能を向上させる他、工場や充電設備の整備なども進める。ミュラー会長は、「自動車産業の変革は止められない。フォルクスワーゲンが主導する」と強調している。