ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ベルサイユ宮殿」の検索結果

「ベルサイユ宮殿」に関連する情報 584件中 1〜10件目

ベルサイユ宮殿

人気者ナインが「世界遺産」をテーマで挑戦。結果、20Pを獲得。


ベルサイユ宮殿

人気者ナインが「世界遺産」をテーマで挑戦。ここまで10Pを獲得。


東京大学理学部

平成29年度 高松宮妃癌研究基金学術賞等贈呈式へ、常陸宮さまは出席された。母親を癌でなくされた高松宮妃喜久子さまが、癌撲滅を願い、創設した。常陸宮さまが総裁をおつとめになっている。東京大学理学部で、細胞分裂について、学ばれた。昭和46年には癌の基礎研究について、講演をされた。癌研究会の名誉総裁をつとめている。その研究は世界でも高い評価を受けている。フランスのベルサイユ宮殿で行われた癌研究の授賞式に出席された。


平成29年度 高松宮妃癌研究基金学術賞等贈呈式へ、常陸宮さまは出席された。母親を癌でなくされた高松宮妃喜久子さまが、癌撲滅を願い、創設した。常陸宮さまが総裁をおつとめになっている。東京大学理学部で、細胞分裂について、学ばれた。昭和46年には癌の基礎研究について、講演をされた。癌研究会の名誉総裁をつとめている。その研究は世界でも高い評価を受けている。フランスのベルサイユ宮殿で行われた癌研究の授賞式に出席された。


ベルサイユ宮殿

平成29年度 高松宮妃癌研究基金学術賞等贈呈式へ、常陸宮さまは出席された。母親を癌でなくされた高松宮妃喜久子さまが、癌撲滅を願い、創設した。常陸宮さまが総裁をおつとめになっている。東京大学理学部で、細胞分裂について、学ばれた。昭和46年には癌の基礎研究について、講演をされた。癌研究会の名誉総裁をつとめている。その研究は世界でも高い評価を受けている。フランスのベルサイユ宮殿で行われた癌研究の授賞式に出席された。


「ベルサイユ宮殿」に関連するイベント情報

高松宮妃癌研究基金学術賞等贈呈式

平成29年度 高松宮妃癌研究基金学術賞等贈呈式へ、常陸宮さまは出席された。母親を癌でなくされた高松宮妃喜久子さまが、癌撲滅を願い、創設した。常陸宮さまが総裁をおつとめになっている。東京大学理学部で、細胞分裂について、学ばれた。昭和46年には癌の基礎研究について、講演をされた。癌研究会の名誉総裁をつとめている。その研究は世界でも高い評価を受けている。フランスのベルサイユ宮殿で行われた癌研究の授賞式に出席された。


ベルサイユ宮殿

坂下千里子の注目ニュースは、2108年、ベルサイユ宮殿の一部がホテルになるということ。ベルサイユ宮殿は、17世紀にフランス王ルイ14世が建設し、マリー・アントワネットなどが暮らした。今回の決定は、フランス政府が、歴史的な建造物を民間の資金で有効活用しよう、維持する費用を稼ごうとしたものである。ベルサイユ宮殿はトイレが中になく、外のところにトイレがある。ホテル化に向けては工事費が12億円ほどかかるという。


ベルサイユ宮殿

坂下千里子の注目ニュースは、2108年、ベルサイユ宮殿の一部がホテルになるということ。


ベルサイユ宮殿

27年前に購入したという生島ヒロシの4億円大豪邸に潜入。11畳のリビングはベルサイユ宮殿の鏡の間をイメージ。幅3m以上の装飾鏡も特注品。暖炉はガス式で、27年前に成城で購入以来愛用している。リビングの片隅にはアンティーク調のピアノがある。


「ベルサイユ宮殿」に関連するグルメ情報

ブドウ

世界遺産のオーヴィレール村がシャンパン誕生の地。歴史家のアレキサンドル・ロワールさんが「この辺りの畑すべてがかつて修道院のものだった」と話した。ワイン作りは修道院を中心に行われていた。修道士ドン・ペリニヨンの墓があった。約300年前にシャンパン作りを始めて確立したといわれている。ルイ14世が望んだ泡のでる白いワインを47年もかけて完成させた。ブドウの圧搾所では昔から伝わる「桶の中でブドウを90cm以上積み重ねない」という決め事を今も守っている。メゾン・ガティノワ醸造最高責任者のルイ・シェバル=ガティノワさんは「ブドウの皮は赤いが身は白い」と話した。優しくブドウを圧搾することで皮や種の色が果汁につくのを防ぐ。ドン・ペリニヨンの製法を守ったものだけがシャンパンとなる。果汁はピンクがかっているが半日ほど寝かせると色素が沈み透明になる。酵母を加え発酵させてワインにする。ブドウの出来は年ごとに違うので、収穫した年・畑・種類の異なるブドウのワインをブレンドし味を守っている。再び酵母を加えて瓶につめ、カーヴで2度目の発酵をさせる。この製法がたくさんのきめ細かい泡を生む。18世紀のベルサイユ宮殿の様子を描いたジャン=フランソワ・ド・トロワ「牡蠣の昼食」に氷で冷やしたシャンパンが登場している。