ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ホンダ」の検索結果

「ホンダ」に関連する情報 19215件中 1〜10件目

コヤマドライビングスクール二子玉川校

2016年10月、本田技研工業とヤマハ発動機が50CCバイク開発での提携を発表。今年発売した2車種はホンダに製造委託している。世田谷区のコヤマドライビングスクール二子玉川校では道路交通法が改正され、普通免許を持っている場合はAT小型限定普通二輪免許は教習日程最短3日から2日に短縮。日南田友行指導次長は週末で取得できるようになるとした。しかし全国オートバイ協同組合連合会の大村直幸会長は原付きバイクの衰退はバイク離れが加速すると懸念した。


本田技研工業

2016年10月、本田技研工業とヤマハ発動機が50CCバイク開発での提携を発表。今年発売した2車種はホンダに製造委託している。世田谷区のコヤマドライビングスクール二子玉川校では道路交通法が改正され、普通免許を持っている場合はAT小型限定普通二輪免許は教習日程最短3日から2日に短縮。日南田友行指導次長は週末で取得できるようになるとした。しかし全国オートバイ協同組合連合会の大村直幸会長は原付きバイクの衰退はバイク離れが加速すると懸念した。


ヤマハ発動機

2016年10月、本田技研工業とヤマハ発動機が50CCバイク開発での提携を発表。今年発売した2車種はホンダに製造委託している。世田谷区のコヤマドライビングスクール二子玉川校では道路交通法が改正され、普通免許を持っている場合はAT小型限定普通二輪免許は教習日程最短3日から2日に短縮。日南田友行指導次長は週末で取得できるようになるとした。しかし全国オートバイ協同組合連合会の大村直幸会長は原付きバイクの衰退はバイク離れが加速すると懸念した。


スウィッシュ

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。


Super CubC125

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。


トリシティMW125

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。


YSP西東京

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。


スズキワールド新宿

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。


ホンダドリーム松戸

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。


スズキ

千葉県松戸市のホンダドリーム松戸を取材、ホンダが発売した初となる125CCバイク「Super Cub C125」を紹介。125CCは最高速度60キロ、2人乗り可能。価格は約40万円、自賠責保険や軽自動車税は50CCと変わらない。ホンダの原付二種出荷台数は前年同期比で1.7倍となっている。長谷川岳之店長は「125CC市場は間違いなく伸びていく」と話した。スズキワールド新宿でも125CCを販売スウィッシュはヒーターもあり年中使用できる、石川行裕店長は安定の需要があるとした。西東京市のYSP西東京で、ヤマハ発動機販売の早田和正課長が「トリシティ125」を紹介。フロント2輪で安定している。ヤマハでは125CCは2車種だったが5車種に増やした。50CCは日本独自の規格、125CCはアジア主流のサイズで逆輸入している。50CCバイクの販売台数は減少が続き、各社はアジア市場をターゲットに開発を行っている。