ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ホンダ」の検索結果

「ホンダ」に関連する情報 16931件中 1〜10件目

彩り

シバタ工業では、これまでになかったデザイン重視と女性向けのレインブーツの開発に取り組んでいる。ホンダが開発した「彩り」は、長時間履いても苦痛にならない脚の形に合わせて手作りで製造している。また天然ゴムを使用し、柔らかく履き心地よさが売り。シバタ工業のオンラインストアではレインブーツ売上は前年比にくらべ30%伸びている。

レインブーツについてスタジオトーク。シバタ工業の「彩り」はふくらはぎの部分がカットされているため脚を曲げる時履き口が邪魔にならないという。


レインブーツ

梅雨本番となった中で、ここ数年特に人気となっているのは「レインブーツ」。民間調査によると2人1人がレインブーツを所有している女性が全体約50%をしめた。ほかにもレインパンプスなどが登場しているほか、マロニエゲート銀座 2&3では100種類以上が集められている。晴雨兼用が人気とし、老舗メーカーも参入している。

シバタ工業では、これまでになかったデザイン重視と女性向けのレインブーツの開発に取り組んでいる。ホンダが開発した「彩り」は、長時間履いても苦痛にならない脚の形に合わせて手作りで製造している。また天然ゴムを使用し、柔らかく履き心地よさが売り。シバタ工業のオンラインストアではレインブーツ売上は前年比にくらべ30%伸びている。

レインブーツについてスタジオトーク。シバタ工業の「彩り」はふくらはぎの部分がカットされているため脚を曲げる時履き口が邪魔にならないという。


ホンダ

先週末にはホンダも国内外の工場のシステムがサイバー攻撃受けていたことがわかった。このため、狭山工場では丸一日操業を停止し、約1000台分の生産に影響がでた。「WannaCry」と呼ばれる身代金を要求するウイルスに完成した可能性があるとみられている。ホンダはおととい朝にシステムが復旧し生産を再開したため、「生産計画に大きな影響はない」としている。


ホンダ 狭山完成車工場

ホンダは主力車種を生産する「ホンダ 狭山完成車工場」がサイバー攻撃の被害にあったと伝えた。ランサムウェアというウイルスに感染したとのこと。このことが影響して約1000台の生産に影響が出たと伝えた。


ホンダ

ホンダは主力車種を生産する「ホンダ 狭山完成車工場」がサイバー攻撃の被害にあったと伝えた。ランサムウェアというウイルスに感染したとのこと。このことが影響して約1000台の生産に影響が出たと伝えた。


ホンダジェット

フランス・マクロン大統領もパリ航空ショーを訪れ、川崎重工業の哨戒機「P-1」を視察。「ホンダジェット」などにも注目が集まっていたことを豊島記者がパリから中継で伝えた。


川崎重工業

フランス・マクロン大統領もパリ航空ショーを訪れ、川崎重工業の哨戒機「P-1」を視察。「ホンダジェット」などにも注目が集まっていたことを豊島記者がパリから中継で伝えた。


三菱重工業

国産初のジェット旅客機として開発中のMRJ。これまで5回の納入延期を繰り返してきたが、フランスで行われているパリ航空ショーで機体がお披露目された。ANAへの納期は当初2013年だったが7年もの遅れが発生している。三菱重工業・宮永俊一社長は「飛行機はこれだけ完成していることを見せたくてここまで運んできた」とコメント。篠辺修副会長は「早く受領できるように三菱さんにはぜひ頑張っていただきたい」とコメントした。

フランス・マクロン大統領もパリ航空ショーを訪れ、川崎重工業の哨戒機「P-1」を視察。「ホンダジェット」などにも注目が集まっていたことを豊島記者がパリから中継で伝えた。


「ホンダ」に関連するイベント情報

パリ航空ショー

国産初のジェット旅客機として開発中のMRJ。これまで5回の納入延期を繰り返してきたが、フランスで行われているパリ航空ショーで機体がお披露目された。ANAへの納期は当初2013年だったが7年もの遅れが発生している。三菱重工業・宮永俊一社長は「飛行機はこれだけ完成していることを見せたくてここまで運んできた」とコメント。篠辺修副会長は「早く受領できるように三菱さんにはぜひ頑張っていただきたい」とコメントした。

フランス・マクロン大統領もパリ航空ショーを訪れ、川崎重工業の哨戒機「P-1」を視察。「ホンダジェット」などにも注目が集まっていたことを豊島記者がパリから中継で伝えた。


ホンダ

国内自動車メーカー各社は、車が自動で運転をサポートするシステムに様々な名称をつけて技術を競い合っている。中でもスバルが業界に先駆けて実用化したのが運転支援システム「アイサイト」だ。車や人との距離を計測して衝突を防ぎ、高速道路の走行時に先行車についていく機能が大きな特徴だったが、今回、その改良版が公開された。ハンドルアシストの範囲が時速0〜120kmまでに拡大され、渋滞に対応できるようになったという。改良版はこの夏発表予定の新型車を皮切りに、全車種で標準装備にしていく予定だ。性能を高める一方で、新システムの価格上昇分を数万円程度に抑えるとしている。だが、ライバルもこの分野に力を入れる。日産は前の車に追従するシステム搭載の新型「セレナ」がヒット。システムはオプションで24万円を超えるが購入者の半数以上が取り付けている。また、トヨタやマツダも今後、運転支援システムを標準装備にする予定だ。こうした中、スバルが大切にしているのは「運転中の感覚」だという。取材した大浜は「油断させない技術にも需要がある」とコメントした。