ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ホンダ」の検索結果

「ホンダ」に関連する情報 17383件中 1〜10件目

ハイブリッド車

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。


電気自動車

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


ボルボ・カー

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。

中国・上海でボルボ・カーの戦略発表会が開かれ、新型車「ポールスター1」が世界初公開。ガソリン電気を併用するプラグインハイブリッド車で、発売は2019年中旬頃。さらに2019年末までの生産開始を発表したのが「ポールスター2」で、ボルボグループとして初めてのEVとなっている。中国では大気汚染が深刻で、国策として自動車の電動化を推進している。中国の電気自動車、プラグインハイブリッド車のマーケットは2015年に年間33万台となり、日本の約11倍の規模。なお、ボルボの親会社は中国の浙江吉利HDで、電動化車両は中国国内で生産してコストを抑える効果を狙う。ボルボのトーマス・インゲンラートCEOは「顧客に新たな選択肢を提供するため、電動化ビジネスを成功させたい」と意気込む。


ホンダ

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。


ゼネラルモーターズ

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。


フォルクスワーゲン

世界中の自動車メーカーが電気自動車を増やす計画を相次いで発表している。車の電動化はEVのみならずハイブリッドも含むが、フォルクスワーゲンは25年までにグループで80車種、ゼネラルモーターズは23年までに20車種以上、ホンダは30年に販売台数の2/3を電動車とする方針。こうした中、ボルボ・カーは再来年以降に販売する全ての新型車を電動車にすると発表した。


ホンダ

皇族費は年間約2億円。秋篠宮さまは年3050万円、紀子さまは1525万円など秋篠宮家の合計は年間6710万円。陛下の退位で額が変わると言われている。元東宮侍従の竹元さんは秘書のような役割をしていたとコメント。天皇陛下のマイカーはホンダ・インテグラ。購入価格は120万円。CMはマイケル・J・フォックスだったと博多華丸がコメント。天皇陛下の生活は質素で国民とともにありたいという思いから。


インテグラ

皇族費は年間約2億円。秋篠宮さまは年3050万円、紀子さまは1525万円など秋篠宮家の合計は年間6710万円。陛下の退位で額が変わると言われている。元東宮侍従の竹元さんは秘書のような役割をしていたとコメント。天皇陛下のマイカーはホンダ・インテグラ。購入価格は120万円。CMはマイケル・J・フォックスだったと博多華丸がコメント。天皇陛下の生活は質素で国民とともにありたいという思いから。


フェラガモ

ホンダジェットはフェラガモのハイヒールの形をヒントにしている。機体の先端は空気の流れがスムーズになり、燃費・スピードが向上している。2005年にアメリカの航空ショーに出展後、3000時間以上の飛行試験を行って200万ページ以上の書類をまとめて型式証明を取得した。そして2015年、ホンダジェットが販売開始された。藤野道格は人生で成功するために必要なことについて「諦めないこと。全力でやってると自分が思ってなかったような人に出会えたり、あるいは思ってなかったようなヒントにフッと気がついたり」などとコメントした。


ホンダジェット

ホンダジェットはフェラガモのハイヒールの形をヒントにしている。機体の先端は空気の流れがスムーズになり、燃費・スピードが向上している。2005年にアメリカの航空ショーに出展後、3000時間以上の飛行試験を行って200万ページ以上の書類をまとめて型式証明を取得した。そして2015年、ホンダジェットが販売開始された。藤野道格は人生で成功するために必要なことについて「諦めないこと。全力でやってると自分が思ってなかったような人に出会えたり、あるいは思ってなかったようなヒントにフッと気がついたり」などとコメントした。

ホンダジェットについてスタジオトーク。玉川徹は「燃費なども大事だが美しいしかっこいい」とコメントした。