ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ホンダ」の検索結果

「ホンダ」に関連する情報 18729件中 1〜10件目

日刊スポーツ

本田圭佑が「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演。ハリルホジッチ前監督への思いを語り「プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ」と発言。(日刊スポーツ)スタジオでは自分を追い詰め結果を出す方と話した。ハリル前監督に従い選出されることは恥ずかしいとも発言、専門家はお互いのサッカー観が違うと指摘。ハリルは本田のサッカーに合わせるのは難しかった、監督が変われば選手評価が変わることはよくあるとも。ハリル前監督は日本人選手を活用出来る方だったのか試合後に検証しなければならないとコメント。


ホンダ

今日のキーワードは「燃料電池車」。燃料電池車は水素と酸素による化学反応で発電して走る。廃棄物は水しか出さないため、究極のエコカーとも呼ばれる。トヨタは2014年、世界で初めて燃料電池車を市販した。政府も燃料電池車の普及に力を入れている。世界各国は電気自動車に力を入れており、燃料電池車は現時点では劣勢にある。燃料電池車の販売数約5000台に対して電気自動車は200万台を超え、2020年には2000万台を超えるという予測もある。車両自体が高いことに加え、水素ステーションが少ないことがネックとなっている。そこで今年3月、関連会社11社が水素ステーション整備計画を発表した。燃料電池車は電気自動車に比べて走行距離が長いことから、トラックやバスなど長距離車で普及する可能性もある。


日刊スポーツ

本田圭佑が東京ヴェルディの練習に参加した。ヴェルディの選手たちの間で話題となっているのが、おととい放送されたTV番組で本田が「プロフェッショナルとはケイスケホンダ」と語った言葉。ある選手は「すげぇ〜なぁ〜って声出ちゃいました」と本田節に目を丸くしていた。(日刊スポーツ)


「ホンダ」に関連するイベント情報

W杯

日ハム 清宮幸太郎 22打席ぶり安打。ヤクルト 青木宣親 日本復帰初HR。大谷翔平は欠場するもチームは首位に浮上した。海外サッカーリーグのシーズンを終えた、日本代表候補の岡崎と武藤が帰国。ともにW杯代表入りへ強い意欲を示した。大相撲夏場所 栃ノ心が大関昇進へ無傷の3連勝。

本田圭佑が東京ヴェルディの練習に参加した。ヴェルディの選手たちの間で話題となっているのが、おととい放送されたTV番組で本田が「プロフェッショナルとはケイスケホンダ」と語った言葉。ある選手は「すげぇ〜なぁ〜って声出ちゃいました」と本田節に目を丸くしていた。(日刊スポーツ)


「ホンダ」に関連するイベント情報

TTレース

今日はユニークな取り組みで増収増益を続けるゴルフショップのリーダーに話を伺う。全国に362店舗を構えるゴルフショップ「ゴルフパートナー」。今日のリーダーはゴルフパートナー社長の石田純哉さん。ゴルフパートナーでは中古品の販売を全面に打ち出している。石田社長は中古車販売ガリバーのSVとして活躍した経験を買われ、2003年にゴルフパートナーの社長に就任。ゴルフ練習場にショップを併設し、客に商品を試し打ちさせるなど革新的なサービスを提供し続けている。ゴルフ不況と言われる中でゴルフパートナーの売上高は277億円と6年連続の増収増益。本日石田社長に紹介していただく書籍は「本田宗一郎との100時間」。経済小説の開拓者・城山三郎氏による本田宗一郎との100時間。世界のHONDAを率いた本田宗一郎氏に引退後100時間に渡り密着取材。本田氏の核心を描いた一冊。石田社長は「ホンダを“世界のHONDA“にしたという、マン島TTレースにチャレンジするのですが、その頃ホンダは潰れそうになっています。その潰れそうな時にあえて大きなレースに参戦することをホンダはまだ小さな会社の時にぶち上げています。」などと話した。本田宗一郎が47歳だった1954年。バイクの売上が悪く、創業以来の危機に陥る。しかし、そんな中でも世界的バイクレースへの出場を宣言。勝つためのバイク開発に情熱を燃やし続け、出場3年目で優勝。経営も立て直すことができた。石田社長は「経営者は経営が厳しい時に社員と一緒に盛り上げることが必要。」などと話した。石田社長は従業員とのフランクな関係を大切にしている。店舗を訪れればアルバイトスタッフと気さくに会話を交わす。この姿勢は本に記された本田氏の行動をヒントにしているという。石田社長は「従業員との距離感は大切に、ざっくばらんに話せる人間でありたい。」と話した。今日のEmma’sImpressionは「Accessible」。宮澤エマさんは「これは行きやすい、近づきやすいという意味があります。ゴルフをアクセスしやすいものにしていく。そして社長ご自身が近づきやすく、話しやすいリーダーの姿を従業員の方に提示されているのが印象的でした。」などと話した。


ホンダ

今日はユニークな取り組みで増収増益を続けるゴルフショップのリーダーに話を伺う。全国に362店舗を構えるゴルフショップ「ゴルフパートナー」。今日のリーダーはゴルフパートナー社長の石田純哉さん。ゴルフパートナーでは中古品の販売を全面に打ち出している。石田社長は中古車販売ガリバーのSVとして活躍した経験を買われ、2003年にゴルフパートナーの社長に就任。ゴルフ練習場にショップを併設し、客に商品を試し打ちさせるなど革新的なサービスを提供し続けている。ゴルフ不況と言われる中でゴルフパートナーの売上高は277億円と6年連続の増収増益。本日石田社長に紹介していただく書籍は「本田宗一郎との100時間」。経済小説の開拓者・城山三郎氏による本田宗一郎との100時間。世界のHONDAを率いた本田宗一郎氏に引退後100時間に渡り密着取材。本田氏の核心を描いた一冊。石田社長は「ホンダを“世界のHONDA“にしたという、マン島TTレースにチャレンジするのですが、その頃ホンダは潰れそうになっています。その潰れそうな時にあえて大きなレースに参戦することをホンダはまだ小さな会社の時にぶち上げています。」などと話した。本田宗一郎が47歳だった1954年。バイクの売上が悪く、創業以来の危機に陥る。しかし、そんな中でも世界的バイクレースへの出場を宣言。勝つためのバイク開発に情熱を燃やし続け、出場3年目で優勝。経営も立て直すことができた。石田社長は「経営者は経営が厳しい時に社員と一緒に盛り上げることが必要。」などと話した。石田社長は従業員とのフランクな関係を大切にしている。店舗を訪れればアルバイトスタッフと気さくに会話を交わす。この姿勢は本に記された本田氏の行動をヒントにしているという。石田社長は「従業員との距離感は大切に、ざっくばらんに話せる人間でありたい。」と話した。今日のEmma’sImpressionは「Accessible」。宮澤エマさんは「これは行きやすい、近づきやすいという意味があります。ゴルフをアクセスしやすいものにしていく。そして社長ご自身が近づきやすく、話しやすいリーダーの姿を従業員の方に提示されているのが印象的でした。」などと話した。


講談社

今日はユニークな取り組みで増収増益を続けるゴルフショップのリーダーに話を伺う。全国に362店舗を構えるゴルフショップ「ゴルフパートナー」。今日のリーダーはゴルフパートナー社長の石田純哉さん。ゴルフパートナーでは中古品の販売を全面に打ち出している。石田社長は中古車販売ガリバーのSVとして活躍した経験を買われ、2003年にゴルフパートナーの社長に就任。ゴルフ練習場にショップを併設し、客に商品を試し打ちさせるなど革新的なサービスを提供し続けている。ゴルフ不況と言われる中でゴルフパートナーの売上高は277億円と6年連続の増収増益。本日石田社長に紹介していただく書籍は「本田宗一郎との100時間」。経済小説の開拓者・城山三郎氏による本田宗一郎との100時間。世界のHONDAを率いた本田宗一郎氏に引退後100時間に渡り密着取材。本田氏の核心を描いた一冊。石田社長は「ホンダを“世界のHONDA“にしたという、マン島TTレースにチャレンジするのですが、その頃ホンダは潰れそうになっています。その潰れそうな時にあえて大きなレースに参戦することをホンダはまだ小さな会社の時にぶち上げています。」などと話した。本田宗一郎が47歳だった1954年。バイクの売上が悪く、創業以来の危機に陥る。しかし、そんな中でも世界的バイクレースへの出場を宣言。勝つためのバイク開発に情熱を燃やし続け、出場3年目で優勝。経営も立て直すことができた。石田社長は「経営者は経営が厳しい時に社員と一緒に盛り上げることが必要。」などと話した。石田社長は従業員とのフランクな関係を大切にしている。店舗を訪れればアルバイトスタッフと気さくに会話を交わす。この姿勢は本に記された本田氏の行動をヒントにしているという。石田社長は「従業員との距離感は大切に、ざっくばらんに話せる人間でありたい。」と話した。今日のEmma’sImpressionは「Accessible」。宮澤エマさんは「これは行きやすい、近づきやすいという意味があります。ゴルフをアクセスしやすいものにしていく。そして社長ご自身が近づきやすく、話しやすいリーダーの姿を従業員の方に提示されているのが印象的でした。」などと話した。


「ホンダ」に関連する本・コミック・雑誌

今日はユニークな取り組みで増収増益を続けるゴルフショップのリーダーに話を伺う。全国に362店舗を構えるゴルフショップ「ゴルフパートナー」。今日のリーダーはゴルフパートナー社長の石田純哉さん。ゴルフパートナーでは中古品の販売を全面に打ち出している。石田社長は中古車販売ガリバーのSVとして活躍した経験を買われ、2003年にゴルフパートナーの社長に就任。ゴルフ練習場にショップを併設し、客に商品を試し打ちさせるなど革新的なサービスを提供し続けている。ゴルフ不況と言われる中でゴルフパートナーの売上高は277億円と6年連続の増収増益。本日石田社長に紹介していただく書籍は「本田宗一郎との100時間」。経済小説の開拓者・城山三郎氏による本田宗一郎との100時間。世界のHONDAを率いた本田宗一郎氏に引退後100時間に渡り密着取材。本田氏の核心を描いた一冊。石田社長は「ホンダを“世界のHONDA“にしたという、マン島TTレースにチャレンジするのですが、その頃ホンダは潰れそうになっています。その潰れそうな時にあえて大きなレースに参戦することをホンダはまだ小さな会社の時にぶち上げています。」などと話した。本田宗一郎が47歳だった1954年。バイクの売上が悪く、創業以来の危機に陥る。しかし、そんな中でも世界的バイクレースへの出場を宣言。勝つためのバイク開発に情熱を燃やし続け、出場3年目で優勝。経営も立て直すことができた。石田社長は「経営者は経営が厳しい時に社員と一緒に盛り上げることが必要。」などと話した。石田社長は従業員とのフランクな関係を大切にしている。店舗を訪れればアルバイトスタッフと気さくに会話を交わす。この姿勢は本に記された本田氏の行動をヒントにしているという。石田社長は「従業員との距離感は大切に、ざっくばらんに話せる人間でありたい。」と話した。今日のEmma’sImpressionは「Accessible」。宮澤エマさんは「これは行きやすい、近づきやすいという意味があります。ゴルフをアクセスしやすいものにしていく。そして社長ご自身が近づきやすく、話しやすいリーダーの姿を従業員の方に提示されているのが印象的でした。」などと話した。

「燃えるだけ燃えよ―本田宗一郎との100時間 (講談社文庫)」

Amazon.co.jp


ガリバー

今日はユニークな取り組みで増収増益を続けるゴルフショップのリーダーに話を伺う。全国に362店舗を構えるゴルフショップ「ゴルフパートナー」。今日のリーダーはゴルフパートナー社長の石田純哉さん。ゴルフパートナーでは中古品の販売を全面に打ち出している。石田社長は中古車販売ガリバーのSVとして活躍した経験を買われ、2003年にゴルフパートナーの社長に就任。ゴルフ練習場にショップを併設し、客に商品を試し打ちさせるなど革新的なサービスを提供し続けている。ゴルフ不況と言われる中でゴルフパートナーの売上高は277億円と6年連続の増収増益。本日石田社長に紹介していただく書籍は「本田宗一郎との100時間」。経済小説の開拓者・城山三郎氏による本田宗一郎との100時間。世界のHONDAを率いた本田宗一郎氏に引退後100時間に渡り密着取材。本田氏の核心を描いた一冊。石田社長は「ホンダを“世界のHONDA“にしたという、マン島TTレースにチャレンジするのですが、その頃ホンダは潰れそうになっています。その潰れそうな時にあえて大きなレースに参戦することをホンダはまだ小さな会社の時にぶち上げています。」などと話した。本田宗一郎が47歳だった1954年。バイクの売上が悪く、創業以来の危機に陥る。しかし、そんな中でも世界的バイクレースへの出場を宣言。勝つためのバイク開発に情熱を燃やし続け、出場3年目で優勝。経営も立て直すことができた。石田社長は「経営者は経営が厳しい時に社員と一緒に盛り上げることが必要。」などと話した。石田社長は従業員とのフランクな関係を大切にしている。店舗を訪れればアルバイトスタッフと気さくに会話を交わす。この姿勢は本に記された本田氏の行動をヒントにしているという。石田社長は「従業員との距離感は大切に、ざっくばらんに話せる人間でありたい。」と話した。今日のEmma’sImpressionは「Accessible」。宮澤エマさんは「これは行きやすい、近づきやすいという意味があります。ゴルフをアクセスしやすいものにしていく。そして社長ご自身が近づきやすく、話しやすいリーダーの姿を従業員の方に提示されているのが印象的でした。」などと話した。


ゴルフパートナー

今日はユニークな取り組みで増収増益を続けるゴルフショップのリーダーに話を伺う。全国に362店舗を構えるゴルフショップ「ゴルフパートナー」。今日のリーダーはゴルフパートナー社長の石田純哉さん。ゴルフパートナーでは中古品の販売を全面に打ち出している。石田社長は中古車販売ガリバーのSVとして活躍した経験を買われ、2003年にゴルフパートナーの社長に就任。ゴルフ練習場にショップを併設し、客に商品を試し打ちさせるなど革新的なサービスを提供し続けている。ゴルフ不況と言われる中でゴルフパートナーの売上高は277億円と6年連続の増収増益。本日石田社長に紹介していただく書籍は「本田宗一郎との100時間」。経済小説の開拓者・城山三郎氏による本田宗一郎との100時間。世界のHONDAを率いた本田宗一郎氏に引退後100時間に渡り密着取材。本田氏の核心を描いた一冊。石田社長は「ホンダを“世界のHONDA“にしたという、マン島TTレースにチャレンジするのですが、その頃ホンダは潰れそうになっています。その潰れそうな時にあえて大きなレースに参戦することをホンダはまだ小さな会社の時にぶち上げています。」などと話した。本田宗一郎が47歳だった1954年。バイクの売上が悪く、創業以来の危機に陥る。しかし、そんな中でも世界的バイクレースへの出場を宣言。勝つためのバイク開発に情熱を燃やし続け、出場3年目で優勝。経営も立て直すことができた。石田社長は「経営者は経営が厳しい時に社員と一緒に盛り上げることが必要。」などと話した。石田社長は従業員とのフランクな関係を大切にしている。店舗を訪れればアルバイトスタッフと気さくに会話を交わす。この姿勢は本に記された本田氏の行動をヒントにしているという。石田社長は「従業員との距離感は大切に、ざっくばらんに話せる人間でありたい。」と話した。今日のEmma’sImpressionは「Accessible」。宮澤エマさんは「これは行きやすい、近づきやすいという意味があります。ゴルフをアクセスしやすいものにしていく。そして社長ご自身が近づきやすく、話しやすいリーダーの姿を従業員の方に提示されているのが印象的でした。」などと話した。