ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「ポルシェ」の検索結果

「ポルシェ」に関連する情報 2808件中 1〜10件目

ポルシェ

石橋貴明は初めてポルシェを購入した時の話を紹介した。初めて買ったポルシェで地元の成増へ帰った石橋は何年か前、原チャリで走っていた時代を振り返り「俺、成功したなと思った」と話した。


DBX

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。


911

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。


マカン

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。


カイエン

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。

昨年、日本に上陸したランボルギーニ・ウルス。ハイエースと比較すると、その存在感は抜群。カッコよさは4点。ファミリーの項目はゴルフバックなどの収納や天井の高さを考慮し、2点。走りは、6つの走行モードを備え、様々な環境に対応。強力な馬力をもっているなどから、5点満点。一方、ワイルドさは意外と普通との印象から3点となった。最後に、コストパフォーマンスについては、2780万円の価格から、2点となった。


ウルス

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。

昨年、日本に上陸したランボルギーニ・ウルス。ハイエースと比較すると、その存在感は抜群。カッコよさは4点。ファミリーの項目はゴルフバックなどの収納や天井の高さを考慮し、2点。走りは、6つの走行モードを備え、様々な環境に対応。強力な馬力をもっているなどから、5点満点。一方、ワイルドさは意外と普通との印象から3点となった。最後に、コストパフォーマンスについては、2780万円の価格から、2点となった。


ポルシェ

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。


ランボルギーニ

ランボルギーニにがつくるSUVウルスが日本上陸。ロードインプレッションのご意見番である片岡龍也とともにレビューしていく。最近、各社がSUVを続々発売する背景に、片岡「SUVという入り口を広げて、結果それがブランドイメージの構築。それで成功したのがポルシェ」と語った。今回は、5項目でウルスを徹底チェックする。更に、後半は1000万円超えの高級セダンを、「買うならどっち!?」の視点でガチ比較する。

昨年、日本に上陸したランボルギーニ・ウルス。ハイエースと比較すると、その存在感は抜群。カッコよさは4点。ファミリーの項目はゴルフバックなどの収納や天井の高さを考慮し、2点。走りは、6つの走行モードを備え、様々な環境に対応。強力な馬力をもっているなどから、5点満点。一方、ワイルドさは意外と普通との印象から3点となった。最後に、コストパフォーマンスについては、2780万円の価格から、2点となった。


ポルシェ

徐行運転中にエアバッグが作動してしまう自己が発生したが、メーカー側は正常な作動だと説明していて、これは前方からの衝撃を計測して普段は作動するものの、溝など車体下部への衝撃にも作動するようになっていて、留め具と段差で合わせて16cmの段差ができる形となっていた。また、販売店側は車体下部と留め具が接触したことでエアバッグが作動したのではないかと見ていて、この事故を受けて四国中央市はスロープの工事を始めている。玉川さんは車高が低いことから擦ってしまった可能性があると話していて、長嶋さんも運転する人は常にエアバッグに気をつけないと行けないと話していた。


「ポルシェ」に関連する本・コミック・雑誌

サーキットの狼

あの頃どうかしていたブーム大反省会として、なぜ流行ったのかわからないものを紹介。70年代にスーパーカーブームが到来、きっかけは漫画「サーキットの狼」だった。日本各地でモーターショーが開催された。店内で写真が撮れるディーラーでは長蛇の列だった。当時の人気車種は「ランボルギーニ カウンタック LP400」「ロータス ヨーロッパ スペシャル」「ポルシェ 930ターボ」「フェラーリ365 GT4 BB」「ランボルギーニ ミウラP400」だった。スーパーカーの音だけが入ったレコードも販売。1979年にサーキットの狼が連載終了しブームは下火になった。