ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「メルセデス」の検索結果

「メルセデス」に関連する情報 3042件中 1〜10件目

外環道

メルセデス・ベンツが新車を発表。自動運転に一歩近づく技術が公開された。メルセデス・ベンツSクラスは、その時の最高技術が導入される車種として位置づけられている。今回の新型車には高速道路での自動車線変更やスマホで操作する機能が搭載されていて、車から降りて狭い車間での縦列駐車やロックの開け閉めができるようになったほか、24時間の故障通報にも対応するなどの技術が搭載されている。


メルセデス・ベンツSクラス

メルセデス・ベンツが新車を発表。自動運転に一歩近づく技術が公開された。メルセデス・ベンツSクラスは、その時の最高技術が導入される車種として位置づけられている。今回の新型車には高速道路での自動車線変更やスマホで操作する機能が搭載されていて、車から降りて狭い車間での縦列駐車やロックの開け閉めができるようになったほか、24時間の故障通報にも対応するなどの技術が搭載されている。


メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツが新車を発表。自動運転に一歩近づく技術が公開された。メルセデス・ベンツSクラスは、その時の最高技術が導入される車種として位置づけられている。今回の新型車には高速道路での自動車線変更やスマホで操作する機能が搭載されていて、車から降りて狭い車間での縦列駐車やロックの開け閉めができるようになったほか、24時間の故障通報にも対応するなどの技術が搭載されている。


メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス・ベンツ日本は最高級セダンの「Sクラス」を改良した新型モデルを公開した。新型「Sクラス」は先進的な運転支援システムを搭載し、高速道路で方向指示器を出すと自動的に車線を変更する機能などを標準装備している。また、日本初となる、車の外からスマホを使って縦列駐車ができる機能も搭載。価格は1,128万円からで、9月上旬から順次納入する。


メルセデス・ベンツ日本

メルセデス・ベンツ日本は最高級セダンの「Sクラス」を改良した新型モデルを公開した。新型「Sクラス」は先進的な運転支援システムを搭載し、高速道路で方向指示器を出すと自動的に車線を変更する機能などを標準装備している。また、日本初となる、車の外からスマホを使って縦列駐車ができる機能も搭載。価格は1,128万円からで、9月上旬から順次納入する。


メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ日本は最高級セダンの「Sクラス」を改良した新型モデルを公開した。新型「Sクラス」は先進的な運転支援システムを搭載し、高速道路で方向指示器を出すと自動的に車線を変更する機能などを標準装備している。また、日本初となる、車の外からスマホを使って縦列駐車ができる機能も搭載。価格は1,128万円からで、9月上旬から順次納入する。


メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツが最高技術を導入した新型Sクラスを発表。車線変更などの自動運転機能が進化した。スマホの捜査で狭い車間での縦列駐車やロック開閉が可能になった。24時間の緊急・故障通報にも対応するという。


「メルセデス」に関連するイベント情報

新型Sクラス発表会

メルセデスベンツの新型Sクラス発表会で発表した最高級セダンにスマホ操作で縦列駐車ができる日本初の技術が搭載された。自動でハンドルをきって駐車を行う。車外からの操作となるため荷物が多いときや狭い駐車場スペースでも楽に駐車できる。価格は税込み1128万円から。


セダン

メルセデスベンツの新型Sクラス発表会で発表した最高級セダンにスマホ操作で縦列駐車ができる日本初の技術が搭載された。自動でハンドルをきって駐車を行う。車外からの操作となるため荷物が多いときや狭い駐車場スペースでも楽に駐車できる。価格は税込み1128万円から。


メルセデスベンツ

メルセデスベンツの新型Sクラス発表会で発表した最高級セダンにスマホ操作で縦列駐車ができる日本初の技術が搭載された。自動でハンドルをきって駐車を行う。車外からの操作となるため荷物が多いときや狭い駐車場スペースでも楽に駐車できる。価格は税込み1128万円から。