ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「メルセデス」の検索結果

「メルセデス」に関連する情報 3067件中 1〜10件目

メルセデス・ベンツ

ダイムラーは組織を再編することを検討していると発表した。数億ユーロを投資する計画で技術革新への対応を狙う。一方で世界で100万台以上のメルセデス・ベンツをリコールすると発表した。ハンドル操作に関する部品の故障でエアバッグに不具合が生じることを理由にあげている。


ダイムラー

ダイムラーは組織を再編することを検討していると発表した。数億ユーロを投資する計画で技術革新への対応を狙う。一方で世界で100万台以上のメルセデス・ベンツをリコールすると発表した。ハンドル操作に関する部品の故障でエアバッグに不具合が生じることを理由にあげている。


トヨタMR2

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


メルセデス・ベンツ博物館

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


ポルシェ・ミュージアム

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


メルセデス・ベンツ

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


シュトゥットガルト駅

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


シュティフト教会

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


旧宮殿

ドイツ連邦共和国シュトゥットガルトには歴史ある建造物がある。シュトゥットガルトは工業地域でメルセデス・ベンツ本社がありメルセデス・ベンツ博物館などもある。カール・ベンツが世界初のガソリン動力のエンジンを展示。ポルシェ・ミュージアムもある。


メルセデス

電気自動車の時代がやってこようとしている。最新のEVとは?20世紀初頭、テキサス州で大油田が見つかった。大量生産によって大衆車T型フォードを発売した。蒸気エンジンからガソリンエンジンが爆発的に普及した。100年あまりが経過し、真っ赤なスポーツカートミーカイラZZという電気自動車、およそ800万円が誕生した。GLMが開発した。EVメーカーとして誕生して7年、世界最大の部品メーカードイツ・ボッシュ社と共同開発を開始、香港の投資会社からは120億円の資金提供を受けるなど世界進出をもくろんでいる。電気自動車のメーカーに集まる技術とカネの背景には?フランスパリでは電気自動車が街の至るところで見受けられる。市バスも電気、カーシェアリングのオートリブは使用される4000台すべてが電気自動車になっている。イギリスでも2040年までにガソリンとディーゼル車を販売禁止にする。ドイツでも議論が開始された。アメリカの一部の州ではZEV法といって各メーカーに一定割合のEV販売を義務付けている。一方、中国でも各メーカーに一定割合のEV販売を義務付けが2019年から施行される。トヨタ自動車はマツダやデンソーのEVの開発会社を設立して2019年をめどに量産化を検討している。大手メーカーも2025年前に電気自動車を店頭に並べるとしている。一方、先を行くのは年間5万台以上を製造販売しているテスラモーターズ。