ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「メルセデス」の検索結果

「メルセデス」に関連する情報 3493件中 1〜10件目

サグラダ・ファミリア

またアメリカを代表するアーティストバスキアの絵画をおよそ123億で購入、前の年にも同画家の絵を63億で購入していた。ピカソの絵画もおよそ25億で購入、車はメルセデスのマイバッハがおよそ8000万円、ブガッティ・シロンおよそ2億9100万円など複数あるという。車両のナンバーはZOZOに合わせて2020にしているという。また、会見で着けていた時計は1億くらいと語られた。千葉に造っている豪邸は総額100億円とも言われ、着工から4年でまだ完成しておらず一部ではまるでサグラダ・ファミリアだと言われているという。なお、前澤氏は年収35億だと足りないと言っているという。職人が技術を使って作ったものへのリスペクトを持っており、そういうものには相当の金額を払うのが当然という哲学を持っているのだと語られた。


ブガッティ・シロン

またアメリカを代表するアーティストバスキアの絵画をおよそ123億で購入、前の年にも同画家の絵を63億で購入していた。ピカソの絵画もおよそ25億で購入、車はメルセデスのマイバッハがおよそ8000万円、ブガッティ・シロンおよそ2億9100万円など複数あるという。車両のナンバーはZOZOに合わせて2020にしているという。また、会見で着けていた時計は1億くらいと語られた。千葉に造っている豪邸は総額100億円とも言われ、着工から4年でまだ完成しておらず一部ではまるでサグラダ・ファミリアだと言われているという。なお、前澤氏は年収35億だと足りないと言っているという。職人が技術を使って作ったものへのリスペクトを持っており、そういうものには相当の金額を払うのが当然という哲学を持っているのだと語られた。


メルセデス

またアメリカを代表するアーティストバスキアの絵画をおよそ123億で購入、前の年にも同画家の絵を63億で購入していた。ピカソの絵画もおよそ25億で購入、車はメルセデスのマイバッハがおよそ8000万円、ブガッティ・シロンおよそ2億9100万円など複数あるという。車両のナンバーはZOZOに合わせて2020にしているという。また、会見で着けていた時計は1億くらいと語られた。千葉に造っている豪邸は総額100億円とも言われ、着工から4年でまだ完成しておらず一部ではまるでサグラダ・ファミリアだと言われているという。なお、前澤氏は年収35億だと足りないと言っているという。職人が技術を使って作ったものへのリスペクトを持っており、そういうものには相当の金額を払うのが当然という哲学を持っているのだと語られた。


マイバッハ

またアメリカを代表するアーティストバスキアの絵画をおよそ123億で購入、前の年にも同画家の絵を63億で購入していた。ピカソの絵画もおよそ25億で購入、車はメルセデスのマイバッハがおよそ8000万円、ブガッティ・シロンおよそ2億9100万円など複数あるという。車両のナンバーはZOZOに合わせて2020にしているという。また、会見で着けていた時計は1億くらいと語られた。千葉に造っている豪邸は総額100億円とも言われ、着工から4年でまだ完成しておらず一部ではまるでサグラダ・ファミリアだと言われているという。なお、前澤氏は年収35億だと足りないと言っているという。職人が技術を使って作ったものへのリスペクトを持っており、そういうものには相当の金額を払うのが当然という哲学を持っているのだと語られた。


ZOZOTOWN

ZOZOTOWNを運営する前澤友作氏が、アメリカのベンチャー企業「スペースX」が開発する宇宙船で、月と地球を周回飛行する契約を結んだ。前澤氏が搭乗するのは全長100m、直径9mの「ビッグ・ファルコン・ロケット」。強力な推進力で押し上げた後、1段目を分離して月を目指す。軌道を外れないようマッハ25で動き続けるという。人類が初めて月に到達したのは「アポロ計画」。前澤氏が月に到達すれば1972年以来の快挙となる。前澤氏は初の月旅行の全席を買い取ったという。現地メディアによると、前澤氏はすでに100億円以上を支払っているとのこと。前澤氏は会見で「子供の頃から月が好きだった。月を間近に見るこの機会を逃さないつもり」などと話した。20年前に企業し、ファッション通販サイトのZOZOTOWNを開設。ネットで注文を受け、服を家まで発送するビジネスモデルで総資産3000億円を築き上げた。千葉・美浜区にある本社の会議室には現代アート作品が飾られ、前澤氏自身が空間をデザインしたという。月旅行について「初の月旅行がどう世界に発信できるか、平和に貢献できるかを考えた」などと話している。連れて行くアーティストたちの席も予約済みだという。1人100億円とも言われ、推定される費用総額は1000億円を超えるとの報道もある。

「発想がすごいですね」「すごいです」などと語られた。宇宙に行こうという発想について実際に会ってみてそういう発想をしそうな人か聞かれて滝川さんはあまり違和感がないなどと答えた。目がキラキラした少年のような経営者だという。一方平和に貢献したいと言っていたがそれが具体的に何を意味するのか、何故こういった事をやるのか説明を聞いてるだけでは合点がいかないなどと語られた。前から一席買うだろうと思われていたが買い占めるというのが彼のスケールの大きさだと述べられ、ビジネスで成功したものを夢に使っている人でもあるのではないかと語られた。ZOZOTOWNの由来は想像と創造のゾウ2つでZOZOだと説明され、時価総額は株価含めて1兆円と伝えられた。マザーズ上場から10年で50倍になっているという。前澤氏が意識しているユニクロのファーストリテイリングが3兆円なので並ぶのも夢ではないかも知れないと語られた。設立は1998年で従業員は990人平均年齢は31歳で勢いがあることが想像出来ると 述べられた。前澤氏の個人資産総額は2830億円で日本長者番付2018では18位、年収は株の配当だけで35億円と伝えられた。買い物はプライベートジェットをおよそ60億円で購入、今年7月にはこれを使い剛力彩芽さんとロシアのW杯決勝を観戦しに行った。

またアメリカを代表するアーティストバスキアの絵画をおよそ123億で購入、前の年にも同画家の絵を63億で購入していた。ピカソの絵画もおよそ25億で購入、車はメルセデスのマイバッハがおよそ8000万円、ブガッティ・シロンおよそ2億9100万円など複数あるという。車両のナンバーはZOZOに合わせて2020にしているという。また、会見で着けていた時計は1億くらいと語られた。千葉に造っている豪邸は総額100億円とも言われ、着工から4年でまだ完成しておらず一部ではまるでサグラダ・ファミリアだと言われているという。なお、前澤氏は年収35億だと足りないと言っているという。職人が技術を使って作ったものへのリスペクトを持っており、そういうものには相当の金額を払うのが当然という哲学を持っているのだと語られた。

現代アートの所持品の目録を見る機会があったが素晴らしいコレクションだったという。お金があって買い漁っていると言うよりも本当に絵が好きなのだと思ったという。専門家が見ると玄人好みなのだと語られた。アートは会社の社員に見せたり去年は一般公開も行っていて将来は美術館などを作るのではないかと述べられた。それも自慢したいのではなく良いものをみんなで観たいという印象だという。その後建設中の豪邸に美術館を作るらしいと説明された。去年の公開は代官山で行われ、入場は無料で写真撮影可能だったという。初日にはふらっと現れ気軽に握手に応じたりしていたとのこと。

前澤さんは「お金は使えば使うほど増える」これを無限ループ理論だと言う。お金を使う、とんでもないモノ体験ができる、気づいたら成長してる、今までより稼げるようになるそしてまたお金を使う。この無限ループ理論によって前澤さんにどういうことがあったか、バスキアの絵画を買ったときはレオナルド・ディカプリオから連絡があり自宅に招待された。給料20万入って1万円使う場合は想像しうる体験しかできないが20万すべて使うと今までにない体験ができるという。 夢を実現したいということにウソはないが一方でそれがビジネスの戦略として莫大な効果を生むという緻密の計算が働いている。一見両立しにくい二面性が経営者の前田さんの魅力だと滝川さんは話した。

前澤語録1、競争より強調競争させないために社内で基本給、ボーナスは全社員一律。役職給で差がつくことはあるが年功序列ではない。社内で競争があると隣の席の同僚に勝つために働くようになってしまう、その会社はつまらないし業績もあがらない。理想のチームはキャンプで川で釣った魚は均等に分け合う。これが前澤さんが考えている社内。そのためフレンドシップマネジメント部という社員同士が仲良くなるための部署がある。仲良くなるためにホテルを貸し切り全社員で「合唱」する。大事なのは合唱までのみんなで練習すること。男女の中も手助けし目安箱に気になる異性の名前を投書し食事会をセッティングするため社内カップルが多い。

前澤語録2、6時間勤務を奨励。前田さんは8時間勤務を疑っており「人間が集中できるのはせいぜい3〜4時間、好きに過ごした方が楽しい人生送れるんじゃない?」と自ら効率化を提案。資料作成の時間が無駄「口頭でいい」会議1時間もいらない「40分で十分」としている。東京語録3、東京に可能性を感じない。本社は千葉・幕張で本社付近に済むと毎月5万円の幕張手当がつく。社員の8割が幕張付近に住んでおり地域貢献につながる。千葉マリンスタジアム修繕の際は私費で...


フォルクスワーゲン

メルセデス・ベンツやアウディなど独大手が高級EV市場に相次いで参入している。アウディはテスラ本社のあるカリフォルニア州で「e-tron」の発表会を行った。ドイツでは年内に発売され、価格は約1000万円となる。技術開発責任者はテスラ追撃への自信を示した。フォルクスワーゲンの排ガス不正事件がEVにシフトするきっかけとなった。2025年までに20の電動モデルを投入する計画。


e-tron

メルセデス・ベンツやアウディなど独大手が高級EV市場に相次いで参入している。アウディはテスラ本社のあるカリフォルニア州で「e-tron」の発表会を行った。ドイツでは年内に発売され、価格は約1000万円となる。技術開発責任者はテスラ追撃への自信を示した。フォルクスワーゲンの排ガス不正事件がEVにシフトするきっかけとなった。2025年までに20の電動モデルを投入する計画。


アウディ

メルセデス・ベンツやアウディなど独大手が高級EV市場に相次いで参入している。アウディはテスラ本社のあるカリフォルニア州で「e-tron」の発表会を行った。ドイツでは年内に発売され、価格は約1000万円となる。技術開発責任者はテスラ追撃への自信を示した。フォルクスワーゲンの排ガス不正事件がEVにシフトするきっかけとなった。2025年までに20の電動モデルを投入する計画。


メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツやアウディなど独大手が高級EV市場に相次いで参入している。アウディはテスラ本社のあるカリフォルニア州で「e-tron」の発表会を行った。ドイツでは年内に発売され、価格は約1000万円となる。技術開発責任者はテスラ追撃への自信を示した。フォルクスワーゲンの排ガス不正事件がEVにシフトするきっかけとなった。2025年までに20の電動モデルを投入する計画。


テスラ

メルセデス・ベンツやアウディなど独大手が高級EV市場に相次いで参入している。アウディはテスラ本社のあるカリフォルニア州で「e-tron」の発表会を行った。ドイツでは年内に発売され、価格は約1000万円となる。技術開発責任者はテスラ追撃への自信を示した。フォルクスワーゲンの排ガス不正事件がEVにシフトするきっかけとなった。2025年までに20の電動モデルを投入する計画。