ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「モミ」の検索結果

「モミ」に関連する情報 2574件中 1〜10件目

「モミ」に関連するレストラン・飲食店

沢中山駅周辺で聞き込みを行ったが住民に「諦めてもいいくらい何もない」などと言われた。ヨシミネという店を紹介されたが山の上にあるという。一行は駅から歩き、坂道を登って向かった。道中渡辺正行さんはバテてしまったが2.5kmでようやく到着した。「よしみね交流館」では「たてやまポークカレー」「たてやまポークサラダうどん」を注文。大きなお肉に一行は感動の声を上げた。


新国立劇場オペラパレス

9月9日・10日 新国立劇場オペラパレス。特別電話予約受付中!0570-02-9535

新国立劇場オペラパレスで行われるバレエ ロミオとジュリエットのイベント宣伝。


サン・ゼーノ教会

バレエ ロミオとジュリエットを手掛ける西本智実がイタリア・ヴェローナのサン・ゼーノ教会を訪ねた。西本智実は最期の場面はロミオとジュリエットが自ら死ぬ行動をとる、2人の死が愛するがゆえの死として、神の元で復活するというバランスが保たれる終わり方にしたいと話した。


「モミ」に関連するイベント情報

バレエ ロミオとジュリエット

バレエ ロミオとジュリエットを手掛ける西本智実がイタリア・ヴェローナのサン・ゼーノ教会を訪ねた。西本智実は最期の場面はロミオとジュリエットが自ら死ぬ行動をとる、2人の死が愛するがゆえの死として、神の元で復活するというバランスが保たれる終わり方にしたいと話した。

西本智実はシェイクスピアが遺した表現力を生かすため音楽と踊りにある演出を加える。それは字幕。西本智実は言葉の素晴らしさも上手く調和できたらと語った。

西本智実は古典はいろんなことを教えてくれる、一緒にドラマを同じ音楽とリズムの中で皆さんと共有したいと話した。究極の愛の芸術に西本智実の想いが重なる。

新国立劇場オペラパレスで行われるバレエ ロミオとジュリエットのイベント宣伝。


新国立劇場オペラパレス

9月9日・10日 新国立劇場オペラパレス。特別電話予約受付中!0570-02-9535

新国立劇場オペラパレスで行われるバレエ ロミオとジュリエットのイベント宣伝。


ジュリエットクラブ

バレエ ロミオとジュリエットを手掛ける西本智実は物語の舞台イタリア・ヴェローナのジュリエットクラブを訪れた。ここには世界中から年間1万通のジュリエットに宛てた恋愛相談が届く。返事を書くのは約20名のボランティア。クラブができる前、ジュリエットの墓と言われる棺に恋に悩む手紙がありジュリエットの名前で返事をしたのがキッカケで1972年にジュリエットクラブという形でボランティア団体を設立、いまでは様々な国から手紙が届く。階級や宗教の違いに悩む手紙も少なくない。西本智実は音楽を通じて表現したいことはボランティアがやっていることと同じと伝えた。


「モミ」に関連するイベント情報

バレエ ロミオとジュリエット

バレエ ロミオとジュリエットを手掛ける西本智実は物語の舞台イタリア・ヴェローナのジュリエットクラブを訪れた。ここには世界中から年間1万通のジュリエットに宛てた恋愛相談が届く。返事を書くのは約20名のボランティア。クラブができる前、ジュリエットの墓と言われる棺に恋に悩む手紙がありジュリエットの名前で返事をしたのがキッカケで1972年にジュリエットクラブという形でボランティア団体を設立、いまでは様々な国から手紙が届く。階級や宗教の違いに悩む手紙も少なくない。西本智実は音楽を通じて表現したいことはボランティアがやっていることと同じと伝えた。

西本智実は楽譜は時空を越えて届く作曲家からのメッセージだと考えている。西本智実のバレエ作りは音楽を踊りで表現すること。バレエ ロミオとジュリエットの音楽を生み出したのはセルゲイ・プロコフィエフ。ジュリエット役の中村美佳は中から表現しないと伝わらないなどと話した。

ロミオ役の法村圭緒は、表現者として音を体で表現すると話した。西本智実は2人の気持ちが伝わる、その先が見える音作りをしたい、音楽にときめくと話した。プロコフィエフの音楽は始まりの曲からすでに長い間続いてきた歴史が語られている。

新国立劇場オペラパレスで行われるバレエ ロミオとジュリエットのイベント宣伝。


新国立劇場オペラパレス

9月9日・10日 新国立劇場オペラパレス。特別電話予約受付中!0570-02-9535

新国立劇場オペラパレスで行われるバレエ ロミオとジュリエットのイベント宣伝。


「モミ」に関連するイベント情報

バレエ ロミオとジュリエット

西本智実が手掛けるバレエ ロミオとジュリエット。西本智実は物語の舞台イタリア・ヴェローナを訪れていた。西本智実はロミオとジュリエットの物語と音楽に魅力を感じていると話す。今回はグランドバレエという形で挑戦する。エルサレムでの公演で長く続く争いが現実であることを痛感、ロミオとジュリエットをやるのはエルサレムで感じたことも関係しているという。

今回、西本智実は特にリアリティーにこだわる。周りの人間が大きく物語を動かすという演出を加えていく。西本智実は本当の悪役は作りたくないと語る。登場人物を出演者の話を交えて紹介。西本智実は悲劇の瞬間を絵画のように演出しようとしている。玄玲奈は他にはない作品だと語る。西本智実は舞台を作る人間が命を燃やして一つの作品を作っていると話した。

新国立劇場オペラパレスで行われるバレエ ロミオとジュリエットのイベント宣伝。


「モミ」に関連する本・コミック・雑誌

神曲

当時、滞在していたダンテは神曲で統一が実現しないイタリアを嘆いていた。この詩からヒントを得てロミオとジュリエットが生まれたという。西本智実はダンテの子孫を訪ねた。ダンテも抗争の渦中にいたと話す子孫はイタリア人としていまだに統一は達成されていないと感じると話した。西本智実は統一が難しいことも見せ場、多面的な中から生まれた作品が理想と語る。