ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「モミ」の検索結果

「モミ」に関連する情報 2888件中 1〜10件目

春モミジ

埼玉県川口市の小林モミジ園を紹介した。ここでは春の新緑の中で春モミジが赤い葉となっていて、春モミジは太陽の紫外線から守るために赤くなっているといい、全体の2〜3割はこの品種だが、ここでは特にその数が多くなっていて見頃は来月まで続くとみられる。


小林モミジ園

埼玉県川口市の小林モミジ園を紹介した。ここでは春の新緑の中で春モミジが赤い葉となっていて、春モミジは太陽の紫外線から守るために赤くなっているといい、全体の2〜3割はこの品種だが、ここでは特にその数が多くなっていて見頃は来月まで続くとみられる。


日テレ・大屋根広場

埼玉県川口市の小林モミジ園を紹介した。ここでは春の新緑の中で春モミジが赤い葉となっていて、春モミジは太陽の紫外線から守るために赤くなっているといい、全体の2〜3割はこの品種だが、ここでは特にその数が多くなっていて見頃は来月まで続くとみられる。

日テレ・大屋根広場と汐留から天気を伝えた。あさってまで雨が降る見込みだが雨以降は気温が高くなり熱中症に警戒が必要となっている。


キブシ

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。


ヤマブキ

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。


ヒノキ

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。


モミジイチゴ

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。


ヤマザクラ

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。


龍籠山金刀比羅宮

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。


城山かたくりの里

新宿駅から京王線で約40分で橋本駅へ。そこからバスと徒歩で約30分、城山かたくりの里を訪れた。今年の開園期間は4月15日まで。

今日のお悩みは、「今週末のハイキングどうする?」。ゲストの橋谷晃が登場。にしおかすみこは、城山かたくりの里を訪れたと紹介した。橋谷は、かたくりの里は個人所有の山で、厚意で開放しているのだと解説した。

城山かたくりの里を訪れた2人を出迎えたのは、ミツバツツジのトンネル。園内には様々な春の花があり、咲く時期がずれ長く楽しめる。ミツマタは和紙の原料になり、日本の紙幣もミツマタを使用している。生育環境が非常に限られた幻の花オオイワウチワやハナモモの林などを見て楽しんだ。

2人は多年草カタクリの群落を発見した。園内には30万株群生している。可憐な花を咲かせるまで6年以上も要するという。アズマイチゲやショウジョウバカマも咲いていた。これらは「春の妖精たち」と呼ばれる。

橋谷が黄色いカタクリの群落を紹介。まだ時期は少し早いが、1本だけ咲いていると観光客に教えてもらった。にしおかすみこはキバナカタクリの写真を撮影した。

にしおかすみこが撮影したキバナカタクリについて、写真の構図が下手だったと薬丸がコメントした。城山かたくりの里の所有者は、花が好きで徐々に増やしていったのだという。橋谷は城山かたくりの里について、2〜3時間いても飽きないと語った。撮影時にキバナカタクリは1輪しか咲いていなかったが、現在は沢山咲いていると写真で伝えた。

春の花々を満喫した2人は、城山湖ハイキングコースへ。かたくりの里から城山湖までは歩いて約40分。このコースにも、春の花々が咲いている。道中、ヤマザクラやモミジイチゴなどを発見しながら歩き、神奈川の美林50選にも選ばれた川尻穴川のヒノキ林の道も楽しんだ。にしおかすみこは、橋谷の案内で龍籠山金刀比羅宮からの絶景を堪能した。そして、龍籠山金刀比羅宮の近くにある城山湖が、ハイキングコースのゴール。